000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ビジネスセラピスト大谷更生

9/11 第7回起業家応援セミナー 平野さん

日時:9/11(土) 14:30 ~ 16:00
講師:平野 秀典さん
肩書:一言でいうと「演出家」/またの名を感動プロデューサー

内容
セミナー案内はここ

<会場の雰囲気>
・仮設を含む120席余りが埋まる超満員。
・うち女性が10%~15%と、いつもより多い気がする。
・突然会場が暗くなり、ラテンダンスのビデオが上映。
 「何で?」って思っているうちに、講師の平野さんのナレーションが入
る。
 「スーっと入ってくる、心地よい声。さすが役者さん!」と思わず聞き
入る・・・

<内容>
・新たなモノを生みだすやりかた
 ⇒今までにあるモノを組み合わせてみる。

・歯医者/美容師/役者の共通点は?
 ⇒お客様にリピーターになってほしい。
 ⇒リピートを生みだすにはどうしたらよいか。
 ⇒感動してもらえばよい。
  プロであれば感動は設計できる。(例 平泳ぎのチーム北島)

・20世紀のビジネスは「戦闘力」
 会社の中で使われる、戦闘に関わる言葉のなんと多いことか。
 お客を落とす/攻略する、戦略を立てよう など
 21世紀のビジネスは「感動力」

・お客様の気持ちの公式
 期待 >>  実感 ⇒ 怒り(最悪のケース)
 期待 >   実感 ⇒ 不満
 期待 =   実感 ⇒ 満足
 期待 <   実感 ⇒ 感動
 期待 <<  実感 ⇒ 感激
 期待 <<< 実感 ⇒ 感謝

・実感をコントロールするためにメイクドラマの技を使う。
 ●シナリオ
 ●プロデュース(演出)
 ●パフォーマンス(表現力)

・シナリオのコツは基本構成
  単語  記号  風姿花伝
 ●質問 / ? / 序
 ●驚き / ! / 破
 ●納得 / ~ / 急 ※へぇ~
 【自分の思い】
 質問は、相手が食いついてくるようなものでないとダメだよね。
 とすると、相手の興味がどこにあるかを理解することも大事では。

・プロデュースのコツ
 ●現象を先に言わない
 ●オプションを持つ
  同じネタは2回やらない
 ●タネを教えない
  ⇒思いがけなさにつながる
 【自分の思い】
 過去どんなときに現象を先に言って失敗しただろう。
 そういえば、こないだの電話セールスで「びっくりしてほしいんです」
って言ってたけど、あれは失敗だ。

・パフォーマンスのコツ
 ●笑顔
 ●イメージを共有する
 【自分の思い】
 自然な笑顔って難しいな。
 「イメージを共有する」は今回のセミナーで一番心に残った言葉。
 自分が属しているそれぞれのグループでは、イメージの共有はできてい
るのだろうか・・・。
  会社の所属部署⇒全然ダメ
  会社のプロジェクト⇒結果的にやろうと試みている
  ダイビング/ジム/沖縄つながり/行きつけのお店
  ⇒趣味という共通のキーワードで集まっているので、かなり共有され
ているんじゃないかな~。
 イメージを共有するために何をしたらよいのだろう。
 ⇒前に読んだ本に、オフサイトミーティング(気楽にまじめな話をする
場)と書いてあったな~。
  仕事だと、合宿と称してメンバー集まってることもある。
  ただ、強制召集(やらされてる感が強い)だと効果は薄いだろうな。
  イメージが共有されている空間に行って雰囲気を感じるのもいいかも
しれない(その空間がお店だったら、なおよし)

・最後の言葉
 あの頂(いただき)で会いましょう!
 【自分の思い】
 んー、どういう意味だろう??(苦笑)

・講演後
 思わず著書 儲けを生みだす表現力の魔法 を買ってしまいました(^^ゞ
 ちなみに 感動力 あなたの人生に「ドラマ」を生みだす7つの魔法 は売り切れ(T_T)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.