355480 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ビジネスセラピスト大谷更生

11/12 第9回起業家応援セミナー 高萩さん

 今夜は起業サポーターズ倶楽部のセミナー(講師 高萩さん)のために銀座へ。

 高萩さんは、「サービスの教科書」の著者。
 この本からいろいろな気付きをもらい、「いつかこの人に会ってみたい!」と思っていた方です♪

お話を聞いての印象は
●まっすぐ前を向いている人
●気持ちが伝わる人

「お客様の困難を一つ一つクリアして無事旅行に行くことができた」というエピソードを聴いたとき、恥ずかしながら涙が出そうでした。

冒頭にお話しいただいた「社名をつけたときのエピソード」
●を は使えない(オに変換されてしまう)
 サービスが人を飛躍させる 株式会社
●長い名前だと途中で切れてしまう
 ベルテンポ・トラベル・アンドコンサツタンツ 
●間違われやすい
 ベルテンポ⇒ベル店舗
「というわけで、起業する皆さん、社名はシンプルなものがいいですよ」の言葉には実感こもりまくりで、笑わせていただきました(^o^)


<講演での気付き>
※ は自分の思い

●リフレーミング(坪田一男さんの言葉)
 フレームを移す(活動の場所を変える)ことで状況が一変(好転)することもある。

●売上、利益=人数×単価×回数

●集客⇒教育⇒販売⇒リピート のサイクル
 集客/教育 はセールス(マーケティング)
 販売/リピート はサービス

●商材やサービスはツールに過ぎない
 お客様が本当にほしいのはツールを通じての「目標達成」「満足」であることに気付いた。
※大金をブランド品にかけるという心理もそうだなー

●サービスとセールスの違い
 値引/おまけ はサービスではなくセールス(販売するための手段)である

●お客様にとってのサービス提供者は、パートナーで対等の関係である。
 サービス提供の対価で報酬をもらっているのだ。

●利益を得ることを恥じない

●3つのHappy
 お客様-経営者-スタッフ

●起業したら、自分がどこへ向かおうとしているかを意識しよう
※起業はゴールではなく、スタート

 講演終了までの2時間弱、はたから見た自分は目をキラキラさせながら
高萩さんのお話を聴いていたことでしょう(^^♪

 今回のセミナーには2ヶ月前の平野さんのセミナーでお会いした方も
何人か参加しており、サッチーさん・Hさん・Sさん・Kさんなどと、久々の再会を楽しみました。


さて、交流会。
運良く高萩さんの隣に座ることができました。
「サービスの教科書」を読んで一番聞きたかった「クレームメールへの対応」のことを伺ったところ、「いやー、やっぱり最初は頭に血が上りましたよ。でもね、このメールに真正面から理屈でぶつかっても何の解決にもならないと思い、考えぬいてあの返信をしたんですよ」
とのこと。
高萩さんも聖人君子ではなく、自分と同じ感情を持った人間なんだなーって妙に安心しました(爆)

今回も起業して1年以内で「苦戦してますよ」という方の具体的なエピソードを伺えたり、アイディアの交換をしたり、他愛もない話をしたり・・・
ちょっと前のメルマガで「風邪引いて体調崩している」と書いてた増澤さんの元気な姿を見れて一安心。
楽しくお酒が飲めました(^o^)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.