285498 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私のNゲージ考古学

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


高志国太郎

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

管理人@ Re[1]:トレイン(神崎レンタルサービス)その2(09/18) New! ケミカルさま はじめまして。コメントい…
ケミカル@ Re:トレイン(神崎レンタルサービス)その2(09/18) New! はじめまして、いつもブログ拝見させてい…
管理人@ Re[1]:多田製作所のロコメート(補遺その2)(08/22) 光山市交通局さま ありがとうございます…
管理人@ Re[1]:205系のNゲージ(09/11) 光山市交通局さま コメントいただきあり…
光山市交通局@ Re:多田製作所のロコメート(補遺その2)(08/22) 童友社のプラモ版C58は私も以前KATOのC62…

フリーページ

ニューストピックス

2019.06.05
XML
カテゴリ:TMS
1965年に,日本初のNゲージメーカーとして関水金属が名乗りを上げた後,第2の国内Nゲージメーカーはなかなか現れませんでした。
1967年には,銃玩具で知られる多田製作所が「ロコメート」ブランドでC58や0系新幹線を発売しますが,玩具的色彩の濃い製品であり,Nゲージ鉄道模型とは言いがたいものでした。
その後,1973年にトミーの2軸貨車,1975年にマックスの客車キットといった製品が発売され,ようやく今日につながる各メーカーが出揃うこととなります。

この間,16番で有名な鉄道模型社も,Nゲージに関わっています。鉄道模型趣味(TMS)誌の広告から見てみましょう。

まず,TMS1969年12月号に掲載された鉄道模型社の広告は,以下のとおりです。
「≪Nゲージ≫ フラットカー 新発売
No.SF-697 (プラ車輪付)400円 (真鍮車輪付)440円
模型界の新メーカー精機産業≪商標TECMO(テクモ)≫が放つ第1弾
[Nゲージ]フラットカーが出来上り,当社より発売する事になりました
カラーは,ブラック,ブラウン,スカイグレー,ダークイエロー,オレンジイエローの5色セット
ぜひ一度お近くの店でごらん下さい
なお第2第3弾として≪真鍮製≫ナイアガラ,サンタフェハドソン,ビッグボーイ,C62,D51等を順次発売の予定です。 御期待下さい!!」


(鉄道模型趣味1969年12月号(258号)より)


(精機産業のフラットカー・キット)

このフラットカーキットは,プラ製で,グリーンマックスや中村精密の客車キットのようなビニール袋に入れられています。「鉄道模型考古学N」等の文献にも見当たらず,謎の多いモデルです。
外国型で,しかも余りにも地味な題材であることから,注目を惹かないのかもしれません。


そして,1972年に発売されたのが,真鍮製の10系客車です。TMSでは1972年9月号の新製品紹介で取り上げられています。翌10月号の広告は,以下のとおりです。
「9mmゲージ ナハ10系 全真鍮製・塗装済車体 発売中
●ナハ10 ●ナハフ10 ●ナロ10 ●オユ10 各1200円(台車別)
9mmゲージの国鉄軽量客車ナハ10系4形式はただいま好評発売中です。ナンバーは、ナハ・ナハフが各12種、オロ・オユが各6種用意してございます。」


(鉄道模型趣味1972年10月号(292号)より)



(キャブのオユ10。ナンバーは「オユ10 2017」となっている)

この真鍮製10系は,当時,科学教材社の「模型とラジオ別冊 Nゲージ」の製品一覧に掲載されており,後に「鉄道模型考古学N」や「新・鉄道模型考古学N」で取り上げられるなど,比較的有名な製品です。

鉄道模型社とNゲージとの関わりについては,あまり情報が見当たらず,これらの製品やTMSの広告が数少ない手がかりと言えそうです。今後,新たな情報が得られれば,追記していきたいと思っています。


<余談>
先日,ドイツのニュルンベルクにあるDB(ドイツ連邦鉄道)博物館に行ってきました。
Nゲージもたくさん展示されていましたが,「考古学」的観点から感動したのは「Nゲージの歴史」が紹介されていたことです。
最新のNゲージ製品を実車の登場順に並べた「Nゲージでたどる実車の歴史」はあちこちで見かけますが,Nゲージ製品の販売順に並べた「Nゲージ(そのもの)の歴史」を展示した例は大変珍しいと思います。







最終更新日  2019.06.05 22:50:45
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:TMSに見るNゲージの歴史 鉄道模型社とNゲージ(06/05)   光山市交通局 さん
 69年頃のTMSは持っているのですが、鉄道模型社のフラットカーと言うのは見逃しておりました。本当に雑誌と言うのは広告の隅々まで見ていないといけないですね(汗)

 フラットカーをこのタイミングで製品化していたという事はある程度北米への輸出を前提としていたものではないかと思いますが、実際彼の地で売られていたのかも興味がありますね。

 NゲージでブラスモデルのC62やD51まで考えていたとは天賞堂やワールド工芸などの無かった当時としてはかなり野心的な企画だったと思います。

  (2019.06.17 23:31:26)

Re[1]:TMSに見るNゲージの歴史 鉄道模型社とNゲージ(06/05)   管理人 さん
光山市交通局さま

フラットカーは,最近たまたま入手したところ,意外に古い製品だったので,驚きました。おそらく輸出メインのモデルだったのでしょうが,「考古学」本でも全く見たことがないので,研究のしがいがありそうです。

1960年代末から70年代初頭の時点で,ブラスのC62,D51が出ていたらどうなっていたかを想像すると,夢が膨らみます。当時は,童友社のプラモデルC58やC11がようやく出てきた頃ですから,SLブームと相まって,9mmゲージブームを起こしていたか,あるいはあまり売れずに,直後に出たカトーの優秀なプラ製品の影に忘れられる存在となったか・・・。
(2019.06.18 20:11:44)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.