1223967 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

コシペ通信

全196件 (196件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

LIVEを観た!

2020.02.17
XML
カテゴリ:LIVEを観た!
昭和女子フェス大盛況で終了!

夕焼けは、たぶん間違えて来てしまった人含め、超満員のお客さま。
内容も素晴らしく、楽しいライブとなった。
結局俺も観に行った。

ソロあり、コラボあり。
オリジナルを歌う人もいれば、昭和な曲を歌う人もいたり。
出演者の皆さんは、この日のために練習してきた、とっておきの演奏を披露。
いいライブになることは必至だったのね。

●Azusa+和音♪(オープニング)

挨拶の後、意外にも静かに始まる。

●和音♪+Uta

うたちゃんのギタープレイは誰もが絶賛。

●Uta

歌もいいわ~

●Sumi

しっとり聴かせてくれた。

●Yu-yake MIYUKI

頑張れ~

●福

なんと天地真理の曲を6曲メドレーで弾き語り。
こんなのやるのは世界で福ちゃんだけと思う。

●まき

グッと引き込まれるのだ。

●Yu-yake MIYUKI+Azusa+まき

みゆきちゃん、めっちゃいいわ~

●Azusa

いつも一緒にやってる曲をソロで。
俺いらんかなあ。。。

●和音♪

やっぱロックシンガーやね。
ギターもめっちゃカッコよかった。

●ALL

最後はAzusaがこのイベントのために作った「Sister」を全員で。
そしてアンコールに昭和の名曲「あの素晴らしい愛をもう一度」を会場みんなで歌って終了。

全24曲、2時間半を越えるライブだったが、あっという間に感じた。
打ち上げも美味しく楽しく過ごしたのだ。

大阪からわざわざ観に来てくれた耕さん。

ありがとうございました。
そして翌日(2/17)誕生日、おめでとうございます。


皆さんお疲れさまでした。

(まきさん帰宅後、ごめん)

調子に乗って第二弾をやるとか。
3年に一回くらいでいいかなあ。。。

「昭和男子フェス」という話もあったが、俺は出ないだろう。






最終更新日  2020.02.17 00:07:26
コメント(2) | コメントを書く


2020.02.16
カテゴリ:LIVEを観た!
昨夜は、各地でイベント目白押し。
そんな中で俺は寅若さんのライブを観に行った。


場所はノエルフュージョン。
徒歩圏内なのだ。
飲むぞ~

35分歩いて、ようやく会場着。
続々と集まる寅若さんのファンの皆さん。
いつしか会場は超満員に。
人気者!


たくさん歩いたのでビールが美味いのだ。
ライブ開始前に既におかわりを終え、この調子だとどれだけ飲むんだ~状態。
しかし、ライブが始まると、その凄まじい演奏に飲むことすら忘れていた。



メンバー全員プロの演奏やね。
カッコイイわ~

わぁ~~やまごんがサックス吹いてる。

ポールの「My Love」ってのがまた泣ける。
俺的クライマックスだった。
やまごん凄いなあ。。。
あ、パーカッションの井上恭子さんの貴重なドラムも聴けた。

アンコールでは、ドラムに菅沼孝三さんを迎え、さらに凄まじく。
菅沼さん、つい3日くらい前にASKAのコンサートで叩いていたような。。。
よく来てくれたなあ。。。

一番最後は、ゲストプレイヤー多数入り乱れての演奏。
寅若さんの人柄やねぇ。
ものすごく羨ましい光景だった。

こうして、見所満載のライブは終了。
寅若さん、カッコよかった~
また何かで突然お願いしようと思ったのだ。


楽しいライブを観て、気持ち晴れやかに家路に着いたのだった。
よく歩いた~






最終更新日  2020.02.16 09:53:52
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.20
カテゴリ:LIVEを観た!
昨日は、ライブを観に教会へ。
教会なんて誰かの結婚式でしか行かないが、ライブもいいなあ。。。と思った。

会場は、日本バプテスト連盟金沢キリスト教会。
新しく建て替えて1年くらいの木の香りが気持ちいい教会だ。

テンガロンハッツの松本さんからお誘い頂いたが、来てみると他の出演者もほぼ知り合い。
安心して楽しめたライブだった。

●H&H&M


全て意外な選曲で驚く。

●ろんシャンバンド


オリジナル、いい曲ばっかやなあ。。。

●Near to One


驚きの「プラスティックラブ」。
カッコいいわ~

場つなぎの牧師さんは愉快な人。


この牧師さんが懺悔を聞いてくれるのか!?

●テンガロンハッツ


一応マイクはあるが、ほぼ生音。
楽しかったり、美しかったり、怪しかったりでテンガロンらしくて、トリに相応しいステージだった。
そしてこのライブで、ちみこさんがテンガロンを卒業するという。


寂しすぎて泣きかけたのだ。
いろいろな事情があって相当の決断だったと思うが、何とか続けられないものか。
またできるようになったら、いつでも戻ってきて欲しい。
そしてその時のためにテンガロンもずっと続けて欲しいと思う。

こうして、最後はちょっと寂しくなったが、概ね楽しいライブは終了。
教会いいね!






最終更新日  2020.01.20 20:04:43
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.15
カテゴリ:LIVEを観た!
昨夜は、夕焼けで近藤房之助さんのライブ観戦。
前日の宗玄さんのマンスリーの前座で出演し、SNSをザワつかせた房之助さん。
今回は、ピアノの堀田幸祐さんとのデュオなのだ。

ライブ開始。


なんか凄いわ。
房之助さん独特のグルーブなのだ。
誰と一緒にやっても房之助ワールドになる。


キーボードもリズム楽器、と誰かが言っていたが、堀田幸祐さんはまさにそんなプレイ。
ソロはもちろんカッコいいが、ソロ以外のときも目が離せない。


最後は、H.Uさんも加わり、ブルースで締め。


こうして、感動的なライブは終了。

ピアノとギターのデュオは、A-Bandと同じなのだが、どうやったらこうなるんだ!?
俺も頑張ろうと思ったのだ。

ピアノの堀田幸祐さん。

夕焼けによく来る関西アーティストとの繋がりが多く、一気に親近感が湧いた。

近藤房之助さん

いつも素晴らしいライブをありがとうございます。

またお待ちしています。






最終更新日  2019.12.15 10:33:14
コメント(2) | コメントを書く
2019.12.12
カテゴリ:LIVEを観た!
今日は、かわべれん&ノンシャンのホールコンサート「エンド オブ イノセンス 私たちは今を生きる戦士だ」。


21世紀美術館のホールに行ってきた。


平日なのにたくさんのお客さん。
二人の頑張りを感じた。
すごいぞ。

そしてライブ開始。
一人ずつギター1本弾き語り。

●かわべれん


感動的な最高のライブ。
言うことなし。
早く有名になってくれ!

●ノンシャン


RENで盛り上がった会場が、スっと静まりかえるノンシャンワールド。
それにしてもいい曲ばかり。
またまた感動のライブだった。

どちらのライブもよく観ているので、いいことは分かっていたが、ホールで観るとまた一段といい感じだった。

最後に一曲だけ、一緒に作った歌を一緒に演奏。

これもいい曲。

こうして、二人の熱い思いが伝わる素晴らしいコンサートは終了。

平日の19時開始なので、仕事を若干早退しての参戦だったが、来てよかったと思ったのだ。
ありがとう。

グッズがうまく作ってあって、思わず缶バッジを購入してしまう。
サインがついてきたり、いちいち心憎いのだ。
ノンシャンのCDもようやく買えた。






最終更新日  2019.12.13 00:15:37
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.08
カテゴリ:LIVEを観た!
昨日はチャリティーライブ観戦のダブルヘッダー。
一つ目は、クラシックコンサート。


お目当ては、ギターの村治奏一。
遥か彼方の3階席で、ギターが聴こえるか不安だったが、さすがにマイクを使っていたようだ。


クラシックギターを少し侮っていたが、超絶テクニックに驚くばかり。
ロックやジャズに進出すると面白いのにね。
コンサート後半は、久し振りに聴くベト7。
大好きな第二楽章に熱くなったのだ。


そして夜は、ホンキーハウスへ。
病気療養中のセンチメンタル・シティ・ロマンスの中野督夫さんを応援するチャリティーライブだ。
中野さんがホンキーハウスの名付けの親ということで、中野さんとホンキーハウス縁のアーティストが集合した。

お久しぶりの村本守。


いつもよりMC短めの宗玄さん。


ナチュラリーズは最高。


ドラムの女性住職が話題の西照寺jazz研究会。


東京から帰ってきた足で駆けつけたウオチャンと夕焼けのっぽさん。


チョッキン&ラスカルは、センチのキーボーディスト細井豊さんを迎えて本物の演奏を。


千寿ちゃんは、いつものようにオッサンを鷲掴み。


H.Uさん、沖村さん、細井さん、ウオチャン。


H.Uさん、主催お疲れ様でした。
楽しいライブでした。
中野督夫さんに届くといいなあ。







最終更新日  2019.12.08 11:07:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.02
カテゴリ:LIVEを観た!
昨夜、ポンポロF&Pホールで今年最後の「ほっとほっとコンサート」を観てきた。
I/GO倶楽部のライブだ。

I/GO倶楽部は、丸山ももたろうさんと古橋かずあきさんのギターデュオ。
丸山ももたろうさんは、以前、コラボナイトに出ていただいたことがあり、松山千春のカバーで弾いてもらったことがある(恐ろしいことをしていた)。
古橋かずあきさんはお初。
どんな演奏をするのか、楽しみで仕方ないのだ。



ライブ開始早々、凄いことになる予感!
MCで大爆笑、演奏でグッと来るというパターンで、あっという間に引き込まれていたのだ。
インストあり、歌ものありの演奏は、ギターのアンサンブルやソロバトルなど聴き応え十分で、油断する間もなく過ぎていく。
二人ともどんなジャンルでもいけるのね。
フィンガーピッキングの超絶な感じではないところが逆に良くて、でも決して真似はできない。
そんな演奏だったのだ。

こうして最高のライブは終了。

丸山ももたろうさん、お久しぶりです。


古橋かずあきさん、お初です。


楽しいライブをありがとうございました。

丸山ももたろうさんのCDを購入。

穏やかな演奏が素晴らしい。






最終更新日  2019.12.02 11:44:34
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.30
カテゴリ:LIVEを観た!
昨夜は、H.Uさんの演奏活動再会10周年記念ライブを観に夕焼けへ。

ずっとやっている印象のH.Uさんだが、長いブランクがあったらしい。
10年前に活動再会してからの活躍はご存知のとおり。
そして、いろんな大物アーティストを連れてきてくれるH.Uさん。
H.Uさんのお陰で、俺もたくさんのアーティストに出会うことができたのだ。
いつもありがとうございます。

昨夜のライブは、関西friendsをお迎えしての豪華なライブだった。

左から、Sassy Tomoさん、ウオちゃん、スワンピー・たけしさん、H.Uさん、杉本Q仁美さん(後ろ)、ぎょ坂巻さん



自分の曲は少ししかやらない。
あとは皆でセッションを楽しむという、やりたい放題のようで、H.Uさんのルーツが見える素晴らしいライブだった。

H.Uさん、おめでとうございます。


たけさん、お久しぶりです。


Qちゃん、今回も凄い演奏でした。
ぎょさん、いつも凄いです。


初めましてのTomoさん。
クールなピアノでした。


ウオちゃん、お疲れさまでした(写真撮り忘れ)。
痩せたねぇ。。。

大阪にまた行きたくなったのだった。


そういえば、A-Bandはちょうど30年くらいの気がするが。。。
まあ、いいかな。






最終更新日  2019.11.30 23:36:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.10
カテゴリ:LIVEを観た!
毎日いい天気。
しかし、公園には秋の虫の声はほとんどなく、冬が近いことを感じたのだ。


昨日は、北陸バンドサークルのライブに行ってきた。
北陸バンドサークルというのを初めて知ったが、学生時代にバンドをやっていた人達が就職して、落ち着いた頃にまたバンドやりたいなあ、、、といった人が集まるサークル。
たぶんそんな感じだと思う。
そして気の合う人同士でバンドを結成し、たまに昨日のようなライブを開催している。
そこに俺の甥っ子(レアキャラ)のしゅんちゃんが所属していて、出演するというので行ってきた。

場所は、お初のgate Black。
いつも入口に怪しい奴らがいて、とっても入りにくい地下のライブハウスなのだ。
思ったより狭いが、PAや照明はそこそこしっかりしているっぽい。

ライブは15時から9つのバンドが出るらしいが、最初の方にAzusaのボーカルの生徒さんが出て、最後の方にしゅんちゃんが出るということで、ずっと観ていることにした。


すべてのバンドがコピー。
しかもこのバンドの曲しかやらないとか、そんなバンドばかりなのだ。
俺の知っている曲は2割程度。
コピー元のバンド名すら知らないバンドもいた。
演奏は、どのバンドもまずまずで、そこそこ上手い人やかわいい女子もいた。

しゅんちゃん(一番右)は、サイドギター&コーラスという脇役だったが、それなりにロックっぽい動きでカッコよかった。
何より、楽しそうなのがいい。


地元のアマチュアのライブなのに、俺はしゅんちゃん1人、Azusaはそれに加えて生徒さん2人しか知っている人がいないというアウェー感。
一番後ろで立ったり座ったり、誰からも干渉されずに過ごしたのだ。
「ずっと居たけど、あいつら誰!?」状態だったに違いない。
たまにはこういうのもいいなあ。

その後、Azusaと2人で打ち上げ。

またロックバンドやりたいね、といいながら楽しい夜は過ぎていったのだった。

街はもうクリスマス!






最終更新日  2019.11.10 22:24:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.04
カテゴリ:LIVEを観た!
昨夜は、夕焼けでブルース。

~呑んだくれ BLUESツアー~
カサスリム&篠原裕

飲みながらやるぞ!と宣言したライブなのだ。
カサスリム(カサやん)も篠原裕(シノちゃん)もそれぞれ別ユニットで何度も観ているが、この組み合わせは初。
それぞれの実力は、折り紙つきなだけに楽しみにしていたライブなのだ。





最初から最後まで最高だった。
この二人、天才なのだ。
飲みながらのんびりやっているように思わせておいて(本人たちはそうかもしれないが)、油断する暇もないくらいスリリングな演奏。
カッコイイわ~
やっぱブルースやね。(←影響されやすい)

マジで飲んでしまおうかと思ったのだ。(←車で来たので我慢)

こうして、ブルースに浸った夜は過ぎて行ったのだ。

また来てね~






最終更新日  2019.11.04 11:43:49
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全196件 (196件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.