184860 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

しっぽのきもち   

全231件 (231件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

こたもんずのこと

2012.07.22
XML
カテゴリ:こたもんずのこと
本当に久しぶりに自分のブログを覗きました。
(他人事のようだけど・・・)

やっぱり『こたもんず』と生きた毎日を
振り返るのが、辛かったんです。

あの子達と過ごした7年間は
どたばたとした日々もあったし
穏やかに静かに流れる日々もありました。
でも、どんな日にも
優しい風がず~っと吹いていました。

愛情は枯れることがないんだな。と強く強く思った日々でした。

ありがとう・・・。
キミたちはもうお空で飛び回っているんだろうか。
時々、私たちのことを覗いているのかもしれないね。
小太郎はルビーみたいに澄んだ目で。
紋ちゃんは、ちょっと困った顔をして・・・。

結婚して10年間・・・
人間の子供はいなかったけど
キミたちが私にとっての大切な『わが子』でした。
しんどいとき、つらいとき、
支えになってくれたのは
小さなキミたちでした。
キミたちがいたから、私は元気にやってこれたんだよ。

どこを見てるの?


キミたちのいない生活にもだいぶ慣れました。
寂しくて
他の子をお迎えしたいときもあったけど・・・

でも、かわいい愛する子が病気になるのは
私はもう辛いし、耐えられないだろうな、
というところで
踏みとどまっています。

ひとつの時代が終わった・・・そう表現してくれたお友達もいました。
いろいろやってあげたかったことは山盛りだけど
でもでも
幸せで、充分私は胸がいっぱいです。

DSCF0504


『出会えてよかった』

キミたちも少しでもそう思ってくれて
またフェレットとして、でなくても
私のところへ戻ってきてくれるって
いつかまた・・・・
絶対に絶対に会える・・・って信じてるよ。





このブログを通して
たくさんのフェレット友達ができました。
あの子達に出会っていなかったら
きっと知り合うこともなかったと思います。
生前、あの子達を愛して気遣ってくれてありがとうございました。
これからも
変わらず仲良くしてくださいね。
本当にありがとうございました。






最終更新日  2012.07.22 23:57:32
コメント(11) | コメントを書く
2012.04.19
カテゴリ:こたもんずのこと
紋ちゃんが昨日(4月19日)、亡くなりました。
7歳と2ヶ月。

腸炎を起こし食べられなくなって低血糖になった・・・

のが、直接の原因です。

17日の夜から食べられなくなり
18日はぐったりして様子がおかしいので
休診日でしたが、急遽病院へ。

一日預かってもらって
糖や点滴、お薬で回復して
退院してくるって思ってんたんだけど。

025


今でも実感がわかず、
本当に死んじゃったのかな・・・なんて思っています。

とりあえず・・

生前、紋ちゃんを愛してかわいがってくださった皆様
ありがとうございました。

たくさんたくさん頑張った紋ちゃんを
たくさんたくさん褒めてあげたいと思います。

ありがとうございました。







最終更新日  2012.04.20 10:42:40
コメント(5) | コメントを書く
2012.04.17
カテゴリ:こたもんずのこと
と~ってもお久しぶりの更新です。みなさま、お変わりありませんか?
twitterやmixiでは自分や紋ちゃんのことも
ちょこちょこお話させていただいていたのですが
本館(?)のこちらがすっかりおろそかになっておりました。
しばらく見ないうちに、いろいろ変わってたんですね・・・設定とか。

さて・・・かれこれ半年以上投稿していないうちに
紋ちゃんもす~っかりおじいさんになってしまいました。
年表が作れそうショック

2月2日に(もう2ヶ月も前・・・)
めでたく紋ちゃんは7歳のお誕生日を迎えるコトができました。

ケーキ.jpg

かわいいでしょ?ケーキ屋さんで作ってもらいました。

病気のデパート、と言ってもいいくらいに
フェレットでかかりやすい病気(副腎・インスリ・リンパ腫)を一通りやっていて
おまけに、昨年10月にはリンパ腫を再発しているのですが
それでも、ヨイショ!と乗り越えてくれた紋ちゃん。

まさか、まさか、
7歳のお誕生日を迎えてくれるとは思ってもいませんでした。
(小太郎のほうが長生きすると思ってた・・・)

長い間、そばにいてくれてありがとう!!

このケーキを見たときは
なんともいえない気持ちが胸いっぱいになり
涙が出ちゃいました・・・。

015

少し満開には早かったけど
一緒に念願のお花見にも行くことができましたさくら

025

病院帰りに、少しだけ浜名湖ガーデンパークにも寄りました。

031


寒かった今年の冬を越して
一緒に春を迎えるコトができて本当に幸せです・・・。

写真を見て気付く方も見えるかもしれないのですが


ヨボヨボです・・・ショック

あんまりにヨボヨボヨレヨレで見るも無残なので
ちょっと全身写真の載せるのは自主規制です。

足がすっかり弱ってしまって
トイレにも行くことができなくなりました。
本格的な介護生活が
ここ1ヶ月くらいで始まっています。
ご飯をあげること以上に
お下のお世話がなかなか大変で・・・しょんぼり

それでもね~
生きていてくれているからこそ、です。
おかあちゃん、頑張っちゃうよ。

・・・と、そろそろもんちゃんの
ご飯の時間なので
続きは次回・・・です。

ではまた~~~。






最終更新日  2012.04.18 02:23:27
コメント(8) | コメントを書く
2011.10.24
カテゴリ:こたもんずのこと
毎年恒例になっている、袋井市浅羽町のコスモス畑花花
台風直撃の被害も多少あったけど
それでも、元気に咲いてくれたコスモスたちがいたんだよ!
さすが!地植えは強いねスマイル

今年はお友達のれんげちゃんとララちゃんも一緒なんだ。

177


お天気は・・・少し曇っていたけど
晴れてたら暑くなるだろうから、ちょうど良かったなどきどきハート

秋桜ないたち


ボク、イケメンだから
お花が引き立て役ってとこかな・・・( ̄ー ̄)ニヤリ


お外に久しぶりに出たのでちょっとドキドキしてるんだよ星
お散歩バッグで・・・。



コスモスの咲くシーズンだけど
ひまわりもお隣にはたくさんあったんだ。
贅沢だね~~~スマイル
137


219

初めて海も見たよ。



223
年下の彼女にも見える・・・・??
誰?
孫なんて言ってるのは!?


だっこも好き。
童顔だけど・・・もう6歳と10ヶ月になるんだよ。
今では抱っこのほうが楽チンだったりするんだ目がハート
だけど・・

来年もきっと一緒に来るんだもんね四つ葉


秋桜とこたもんず

去年は小太郎兄ちゃんも一緒だったね。
ちょっと時期が遅くて
お花は終わりがけだったっけ。
これが
お兄ちゃんとは最後のお散歩だったなぁ・・・

どこを見てるの?

思い出してみると
ボクとおにいちゃんはよくお花見にも行ったっけさくら

おかあさんが
「いろんなことを思い出したら懐かしくて泣けてきちゃったよ」って
言ってるよ・・・。
だから、もう今日はこの辺で日記はおしまいにするって(笑)

また一緒にお散歩に行こうね赤ハート
245


※オチがなくてスミマセン・・・






最終更新日  2011.10.24 18:23:47
コメント(6) | コメントを書く
2011.10.14
カテゴリ:こたもんずのこと

富士山ネタで日記(しかもさわりだけ・・・)を中途半端に投稿してから
はや、3ヶ月。
月日の経つのは早いものです(遠い目・・・)

季節は夏から秋へ・・・この冷たい雨が止めば
また一気に冬へ向かっていくのでしょうね。

富士山の話はまず置いておいて・・・
今さらって感じもあるしショック

私のフェレ仲間のあきの華さんちの
かわいい、かわいい、ぷりんたんが
月曜日に虹の橋を渡って
旅立っていったそうです。
陽だまりの中で気持ちよさそうに眠る姿に
何度も癒されました。

切ないですね・・・

どんなに愛しても、
どんなに抱きしめても、
神様は
私達の手から大切なものを奪っていってしまうんです。

かわいいから神様が連れて行ってしまうんでしょうか。

IMG_0817

今年に入ってから
「虹の橋を渡りました」という辛い報告を
フェレ友達さんから何度か聞きました。
みんな、そういう年齢になってきたんだね。

もんちゃんは、
6歳9ヶ月になりました。
小太郎よりも長生きさんになってくれています。
今年はじめに
突然の腸管からの大出血で
一時は命が危なかったときもあったけど
きっと、小太郎が守ってくれたんだと思っています。

穏やかに穏やかに
ゆっくりと過ごせるこの時間を
大切に過ごしていきたいって
心から思います。

お散歩バッグで・・・。


まとまらない文章になってしまいましたが・・・。

どうか、
みなさんの愛しい人、愛しいものと過ごせる幸せな時間が
一秒一分でも長く続きますように・・・。

IMG_2863







最終更新日  2011.10.14 23:54:36
コメント(6) | コメントを書く
2011.06.26
カテゴリ:こたもんずのこと
超お久しぶりの更新になってしまいましたショック
この『しっぽのきもち』ブログを始めて以来の
大サボりです雫

3月11日
東北地方を中心に大きな地震が起きました。
みなさま、ご無事だったでしょうか?
今は、少しずつでも普通の生活を送れるようになったでしょうか?
笑顔は戻ってきているでしょうか?

当たり前に生活できることのありがたさを
ひしひしと感じました。
そして
日本人の強さ、優しさ、忍耐強さを
強く感じました。
正直、地震の後、一ヶ月ほどは、毎日不安でした
『日本はこのまま終わってしまう』と。

でも、今はそうは思いません。
少しずつだけど、前へ・・・進んでいますよね。
私もできることは少しだけど・・・
力になれたらと思います。

**********************************

さて・・・

我が家の紋次郎君のお話ですが。

前回の3月の最後の更新以降
紋ちゃんの病状のその後をお伝えしていなかったのですが・・・。

現在、紋ちゃんはリンパ腫、インスリノーマ、副腎腫瘍を抱えながらも
毎日、元気に過ごしています。
IMG_0051


1月の頭に
お尻から急な大出血を起こし、緊急入院。
「連れて帰ったらこの子は間違いなく死にます」と言われて
「タスケテ」とすがる紋ちゃんを泣きながら病院に預けてきました。
もう時間は夜中3時過ぎていました。
動揺していて
どうやって帰ってきたのか、記憶にありません。

IMG_0823

なかなか下痢と出血が止まらないこともありましたが、
8日間の入院と抗がん剤治療を経て退院できました。

その後は
食欲が戻らなかったので、シリンジで強制給餌をしたり
病院へ更なる抗がん剤治療のため通院したり、
下痢が収まらず脱水を起こした時も
皮下補液のために通院したり・・・・。

そんな紋ちゃんでしたが
今は、抗がん剤治療も終えて
ステロイドで調子を保っています。

ちょっとだけお花見。



腸管型リンパ腫ですので、お腹はどうしてもゆるいです。
インスリもあるので
下痢が続くのはホント怖いです。
それでも、今はウンティもそれなりの形もあるから・・・
調子はいいようです。

昼間も4時間おきにご飯をあげないといけないので
職場(旦那の実家)にケージを置き
仕事の合間にお世話をしています。

そんなこんなで・・・
穏やかな毎日が続いています。
基本、寝てばかり・・・。
大好きな靴下も1足隠せば満足しちゃって
すぐにキャリーで寝ちゃいます眠い..

mon2.JPG
でも、いいんです。
すでに小太郎の亡くなった『6歳5ヶ月』という年齢に追いつこうとしています。
病気がちだった紋ちゃんが・・・です。

どうか、一日でも長く
この穏やかで愛しい日々が続きますように・・・・赤ハート赤ハート

mon1.JPG

お友達のフェレさんたちも・・・
どうか一緒に過ごせる幸せな日が一日でも長く続くことをお祈りしております

ちょこっとお外に出てみたよ







最終更新日  2011.06.26 21:41:43
コメント(16) | コメントを書く
2011.03.08
カテゴリ:こたもんずのこと
紋ちゃんのこと。。。

彼自身にも、たくさんのことが起こっていて
どこからお話しようかな・・・とショック

話はさかのぼること、8ヶ月前(そんな前かよ・・・)
私は、卵巣にチョコレート膿腫ができて
腹腔鏡手術と4日間の入院をしなくてはいけなくなってしまいました病院
その間
小太郎はお友達のおうちに預かってもらい
紋ちゃんは、
副腎・脾臓・インスリの腫瘍を手術してもらうつもりで
病院へ預けていたのですが、
紋ちゃんのコンディションが良くなかったことと
私本人が入院中で
病院と連絡が取りづらかったことと・・・
そういうわけで
紋ちゃんの手術は見送られました。

私の体調の万全なときにしましょう・・・と先生も言ってました。

ちょこっとお外に出てみたよ



で・・・その後、
ご飯のコントロールとステロイドの投与で
紋ちゃんの調子はまずまずだったのですが、
それでも時々
涎をたらしてぐったりすることがあり、
先生からも手術を勧められるようになりました。

秋桜ともんちゃん


そして、10月末。

面会してきました。最初はぼんやりしてましたが、ぶどう糖とご飯をも...

いろいろ悩みましたが
紋ちゃんのお腹を開けてもらい
すい臓にできた腫瘍、腸管膜の腫瘍を切除してもらいました。
紋ちゃんのすい臓には3つの腫瘍があったそうです。
その他
肝臓の一部を切除して病理にも出してもらいました。

早くカラーとってほしいねぇ

この病院では、手術の後は2~3日で退院するらしいのですが
紋ちゃんは麻酔からなかなか目が覚めず
けっこう危なかったらしかったしほえー
いろいろ心配な点もあったようで
結局丸5日間の入院を経て退院してきました。

カラーつきでの退院でしたので、
本人も動きづらく窮屈そうでかわいそうでしたしょんぼり

そんな大変な生活も強いられましたが、
その後、
インスリの原因であった腫瘍を切除したおかげか
インスリの発作は出ていません。
すい臓に3つも腫瘍があって、時間がかかってしまったため
副腎は触らず、お腹を閉じたそうです。

でも、今のところ
副腎は腫れることもなく、おとなしくしてくれています。
(ちょっと尻尾の毛は薄くなっちゃったけどね)


12月19日に
小太郎がお空へ旅立つまで、
紋ちゃんと小太郎は
毎日一緒に同じケージで寝ていました赤ハート

IMG_0229

紋ちゃんは
病院帰りに小太郎にいじめられてキューキュー鳴いていたこともありましたが
昨年の夏以降は
かまれることもなくなりました。
以前は
一日紋ちゃんを病院に預けると
10日間は別居生活が続いたんですけどね~雫


仲良しの小太郎が亡くなって
相当さびしがるかな・・・と思っていたのですが
見た目は、それまでとはあまり変わりはありませんでした。

が・・・・
お腹がずっとゆるめで
病院でも「お腹がゆるめなのだから心配だ」と
先生に相談していたのですが
小太郎の件があってゆっくり検査してもらうこともなく
ただお腹の具合を整えるサプリメントを出してもらうだけでした。

今思えば
ちゃんと血液検査をしてもらうべきだった・・・と後悔しています


シマともんちゃん

まさか、この時は
そんなことが起ころうとは夢にも思っていなかったのです。


長くなりそうなので次回へ続く・・・








最終更新日  2011.03.09 01:30:34
コメント(8) | コメントを書く
2011.02.26
カテゴリ:こたもんずのこと
どうも、お久しぶりでございます~。

ほぼ半年ぶりでしょうかショック

ブログ仲間のゆば。さんがブログを再開したのに刺激されて
私もそろそろ・・・と。
春の訪れさくらと共に、またゆっくりのんびりと
日々の出来事を綴っていけたらいいなと思いますパソコン

さて・・・この半年間・・・
私にも、小太郎にも、紋ちゃんにも、
たくさんのいろんなことが起こりました。

mixiやツイッターでお付き合いのある方にはお知らせしたのですが・・・

昨年、12月19日
私の大切な小太郎がお空へ旅立ちました。
6歳と5ヶ月・・・。


風邪と予防接種でしか病院のお世話にならなかった
健康優良鼬だったのに、
10月に急な吐き気と下痢で体調を崩したまま
食欲が戻らないまま・・・・。

『腸管型リンパ腫』
それが、小太郎を蝕んだ病気でした。

最期は慢性的に食べられなかったことにより
低血糖を起こし
病院で入院中に、亡くなりました・・・。

IMG_0277


この頃は、既にかなり痩せてしまっていましたが
それでも元気はあって、
大好きなボールをPCデスク下に隠して遊んでいたりもしました。

亡くなったときのコトを思い出すと
今でも後悔だらけです。
狂い死にしそうなほど、悲しくて、胸が張り裂けそうです。

もっとちゃんと治療をしてあげれば
もう少し長く生きられたんじゃないか・・・、と。
その時はは思わなかったけど
病院の対応にだって、今は疑問が残っています。

悔しいです・・・。

ほほえむいたち


小太郎は、よその鼬ちゃんとは仲良くできなかった子でした。
オフ会では、大暴れをして、ほとほと困らせてくれたものでしたが、
でも・・・
どういうわけか、紋ちゃんにだけは優しかったんですよね。

IMG_0127


若い頃は、手も足もカミカミする子だったけど
年をとってきたら、
甘えんぼうになりました。
膝の中で丸くなって眠る時は
私にとっては暖かい至福の時間でした。

指紋見る?


こうして、紋ちゃんとくっついて寝る姿見られなくて寂しいです。
ケージに一人ぼっちで眠る紋ちゃんは
やっぱり寂しそうです。

小太郎と出会ったのは、『運命的』でした。
「フェレットをお迎えしたい!そして最初の子はセーブルだ」って
思ってたのに・・・
「アルビノだけど一応見てみるか」って
電話で連絡をして足を運んだホームセンターでは
ほぼ「予約済み」状態。
いかにも人相が悪くて売れ残りそうな子で(笑)
抱っこした、ねずみによく似た子を店員に返すのが
なんだか気の毒だったんですよね雫

だけど・・・
小太郎との出会いがあったから
私の今のフェレットライフがあり
フェレット仲間さんとの出会いもありました。

大好きで、大切で、かわいい、優しい子でした。
真っ赤な目は、いつもルビーのように澄んでいて、
アルビノの魅力にとりつかれてしまいました。
今でも、これからもずっと・・・です。

小太郎 膝の中で その2


お別れは、後悔だらけで、今でも涙が出ちゃうけど・・・

また、今度生まれ変わっても、うちの子になりなよ・・・って思ってます。
きっと、いつかまた私のそばに
やってきてくれるって信じています・・・

バイバイ、小太郎。
また会おうね四つ葉






最終更新日  2011.02.26 22:16:32
コメント(14) | コメントを書く
2010.08.19
カテゴリ:こたもんずのこと
超・超・超久々の更新になってしまいました雫
いろいろありましたが、私もこたもんずもまずまず元気です。
小太郎君は、7月下旬に6歳のお誕生日を迎えましたお誕生日
寝る時間が長くなったものの、
お医者さんでも病気を指摘されたことのない健康優良じいさん鼬になりました。
本当にありがたいことですスマイル

IMG_0881

最近では、病院帰りの紋ちゃんをいじめることもなくなりました。

私の入院中にお友達のお宅に預かってもらっていた間、
紋ちゃんがいなかったのが、相当寂しかったのか・・・。

「紋次郎を大事にしなくっちゃ!!しょんぼりって彼なりに気付いたのかもしれないですよね。
早く気付けよ~~(笑)

何はともあれ!元気なご長寿いたちになってほしいと思います四つ葉

一方・・・・紋ちゃんのほうなのですが・・・
私の入院中に、副腎・脾臓・インスリ(疑惑)の手術をお願いしていたわけですが、
私が入院中で、先生と連絡携帯電話が取りづらかったことと
紋ちゃんのコンディションがイマイチだったこともあって
手術は延期となりました。

その後、インスリの発作が出てしまい、ステロイド投薬を開始しました。
現在は、1日1回の投薬と4時間おきのご飯で、状態は落ち着いています。

晴れ5時半に1回(旦那担当)
仕事に出かける前に2回
午後に一旦帰宅して1回
仕事後帰宅した後2回
夜中月1時に1回


・・・という感じでドライフードを手動ミルでガリガリ挽いて
免疫サポートを混ぜて、ゆるゆるに溶いてあげています。
でも・・・やっぱり昼間は仕事に出かけるので時間が空いてしまうのが、心配ですショック
一旦帰宅できるのが救いかなぁ~

先生に相談したら「朝の薬の時間だけはずらさないよう、頑張ってください」って。

今はそれで落ち着いているけど、
いずれ、
職場に紋ちゃんを連れて行ってご飯をあげることも考えないといけないだろうなぁ。
幸い、私の職場は旦那の実家なので
義両親に土下座でもして、お願いすればなんとかなるでしょう!!

細切れの睡眠しか取れなくて、ちょっとしんどいし
休みの日は、旦那が起きてくれないので(怒)
夜更かし→早起きの生活を送っています。


いやはや、インスリの闘病生活って大変なのね~~~ほえー

それでも、お薬が効いて、調子がいいらしく
ご機嫌の時にはククク音符なんて鼻歌を歌って、とことこ歩いているし・・・。

IMG_0925

そんな姿を見ると、おかーさんはまた「頑張ろう」って思うのです。

IMG_0888

6歳を迎えてもまだまだ元気な小太郎。
若い頃から、病気がちでお医者さんのお世話になっている紋ちゃん。

同じように生活して、同じように愛情をかけても病気になる子はなるし、
ならない子はならない。

それが『個体差』と言ってしまえば、それだけなんだけど・・・。


でも、そこであきらめたらダメなんですよね。
できることしかできないけど、できる限りの事をしてあげたいな。

もっともっと、小太郎も紋ちゃんも一緒にいるんだもんね。
私が辛いとき、しんどいとき、そばにいてくれたんだから
今度は私が恩返しする番です。


がんばるよグッド






最終更新日  2010.08.19 22:27:48
コメント(9) | コメントを書く
2010.07.06
カテゴリ:こたもんずのこと
私が入院中、小太郎と紋ちゃんは別々のところで生活していました。

紋ちゃん病院用と小太郎お預け用キャリー

別々のキャリーで出発です・・・しょんぼり

涼しい時期だったら、
旦那に世話をお願いしておいてもよかったんだけど・・・
天候不良で落雷いなずまで停電してエアコンが!!
なんてことになったら、困っちゃうし、
私本人が心配でしょ~がなかったので、
預かってもらうことにしたんです。

本当は、
小太郎と紋ちゃんセットで、
フェレ友さんのゆ~こさんのお宅で預かってもらう予定だったのです。
が・・・
紋ちゃんの『脾臓肥大』や副腎のことが心配で
ほんと~に悩んで悩んで
「もしできるのなら・・・」って
病院病院に預けて、検査→手術をしてもらうことにしたのです。

ですが・・・
結局、紋ちゃんは検査の結果がよろしくなかったため
手術は延期になり、土曜日に我が家に帰ってきました。
(退院翌日でしたが、引きつる腹の違和感に耐えつつ、
頑張って迎えに行ってきました。我ながらちょっとムチャしたかも)


で、小太郎は、
入院前日の月曜日から丸々1週間、
ゆ~こさんのお宅でお世話してもらっていましたスマイル

1週間もいれば、ゆ~こさんちのイタチちゃんと少しはなじめたかと思いきや・・・

結局、最後までなじむことはできず、
挙句、ゆ~こさんの旦那さんと息子さんの足どくろ
血が出るまでカミカミしちゃったようです。
ううっ・・・なんという無礼者ショック

それでも、心の広いゆ~こさんのご家族は
そんな小太郎を大切にお世話してくださいました。
その様子はぜひ、
ゆ~こさんのブログ『こけももな日々』でご覧ください音符

ひびきくんとこたろう.jpg
息子さんに抱っこされている小太郎。
こんなに大切にされているのに、足を・・・足を・・・ほえー

IMG_0708
梱包材の中で遊ぶ・・・。

IMG_0711
そして・・・噛む・・・・炎(息子さんの手です)

こ~んなに荒くれ者だし、
紋ちゃんともしばらく別生活をしているから
さぞかし、帰宅したら
同居までに時間がかかるだろう・・・
と思いきや、

IMG_0732


あれっ!!あっさり一緒に寝るようになっちゃった眠い..
昨夜帰ってきて、一晩別居して、もう同居・・・。

う~ん・・・ちゃんと同居人だってことがわかってるんだね。
ちょっと小太郎、見直しちゃった(親ばかでスミマセン)

ちなみに・・・
紋ちゃんと一緒に、小太郎も病院でエコーを撮ってもらったので
2本揃って、お腹にバンカーゴルフができてしまいました。

お腹にバンカーができちゃった

IMG_0729



何はともあれ、ようやく家族が揃って、
ひと安心ですウィンク


長くなっちゃったので
紋ちゃんの、検査の結果の話は次回ってことで・・・。






最終更新日  2010.07.06 17:22:06
コメント(4) | コメントを書く

全231件 (231件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

PR

プロフィール


まっぴー530

カレンダー

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

カテゴリ

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

台風来んな! そし… YAGAMYさん

【小さな革命】獣医… いたち丼ferretさん

にょろりんず チエミRMYLさん
プリン@アラモード… あきの華さん
Tiare~ティアレ~ネ… ティアレ1120さん
爆走★水無月親衛隊 gakushi-aさん
★☆★☆★みつみつのブロ… 3232みつ3232さん
動物優先 沙椰.さん
ふぇれっと日和 こりんーこりんさん
ふりふりしっぽとち… 鷹槻れんさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.