184796 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

しっぽのきもち   

全4件 (4件中 1-4件目)

1

山登り

2016.07.29
XML
カテゴリ:山登り
その後、山に行ってないので
新しいネタもなく
のんびり更新中ですぽっ

山頂木曽小屋の夜はふけて...。
小屋で用意してくれたペットボトル湯タンポのおかげで
あたたかく眠れました。
(湯たんぽパワーすごい)

私たちは
二日目は木曽駒ヶ岳のお隣の
『将棋頭山』にいく予定だったので
3時半に起床して
4時半に出発。
他のみなさんは
同じく3時半に起床して
木曽駒ヶ岳からのご来光を楽しみ、
小屋で朝御飯を食べて帰る、という
予定なんだそうです。

山小屋に泊まるのは
これで八回目。
いつも夕御飯を小屋で食べて
朝は早く出掛けてしまうので
朝御飯を小屋で出してもらうことが
ないのです。
また他の機会で
山頂木曽小屋に泊まって
朝御飯までいただいてみたいなと
思いました。

そこまで思った小屋は
過去にそんなになかったっけぽっ

rblog-20160729220250-00.jpg

朝焼けがきれいだね!

rblog-20160729220250-01.jpg

御嶽山の朝焼けも美しい。
御嶽山、いつか登りたいな。

木曽駒ヶ岳から将棋頭山までは
コースタイムだと約2時間。
しかし!!
その道はなかなか険しくて
大きな岩がごーろごろ。
rblog-20160729222907-00.jpg
しかも、稜線の上は
横風がつよくて、気をぬくと倒れそう。
寒いし、日焼けしそうだし
手拭いが役に立ちます。
rblog-20160729222907-01.jpg
(これ、わたしです)

分岐へザックをデポしてから
約40分。
やっとこすっとこ
将棋頭山へ到着~。
小屋で一緒になったお兄さんも
途中まで同行してたんだけど
彼は濃ヶ池の分岐から
下っていきました。
また会えるといいね~。

rblog-20160729222907-02.jpg
将棋頭山からは
御嶽山、乗鞍、穂高山脈
南アルプス、富士山も!
ぐるーっと360度の大パノラマ。
すばらしい景色でしたよぽっ

駒ヶ岳はけっこう人が多かったけど
将棋頭山は私たち以外誰もいなくて
ゆっくり静かに
じんわりと楽しめました。

さて、
ここからまたザック地点へもどって
濃ヶ池から宝剣山荘へ
そこから千畳敷へ戻ります。

ここからがまた遠かった...

rblog-20160729222907-03.jpg
分岐から下りたところに
濃ヶ池がありました。
遠くに宝剣岳があって
それが池に映ってます富士山


黒ユリもひっそりと咲いていました。
rblog-20160729222907-04.jpg


濃ヶ池からの道のりもなかなか大変で
沢を越えたり
梯子を登ったり。
虫も多いので
口を開けて息してると
ぶーーんって入ってくるショック
でも、お天気はずっとよくて
景色も遠くまですっきりはっきり。
あとちょっと頑張らなきゃ。
rblog-20160729222907-05.jpg
将棋頭山から分岐は40分
濃ヶ池までは20分
宝剣岳山荘まではけっこうな登りで
50分。。。

ただでさえ鈍足なのが
さらに足取りは重く(^^;

宝剣山荘にヘロヘロになって到着。
少し休憩して
また千畳敷へ。
もぉー疲れたよぅ(笑)
rblog-20160729221953-00.jpg
最後のおやつ、ということで
はごろもフルーツ!
普段なら飲み干さない甘いシロップも
ここではイッキ飲み!!
この一杯のために生きてるな手書きハート

そして、
下山したら駒ヶ根名物のアレが待ってる!!
それを心の支えに
がんばる!!
宝剣山荘から千畳敷ロープウェイまでは
約40分。
登りも苦手だけど下りも苦手。
でも、アレのためにがんばる!!
そんなことを考えながら(笑)
無事駅に到着!

ロープウェイに乗って
しらび平駅へ
そこから菅の台バスセンターへ。
こまくさの湯で汗を流したあとは

rblog-20160729221953-01.jpg
キターーー!!

駒ヶ根名物ソースカツ丼(≧▽≦)

さっくりぱっくり
おいしくいただきました。
ちなみにお店は
菅の台バスセンター近くの
『明治亭』さん。
あんなに疲れてたのにね。
温泉入ってカツ丼食べたら
もう元気。

そうそう。
バスとロープウェイがセットになった
年間パスポートがあるんだって!
けっこう安くて
三回くらい行くと元とれちゃう!

また個人的に来ちゃおうかなぁ。
また次の機会の小屋も
山頂木曽小屋に決まりグッド






最終更新日  2016.07.29 22:29:06
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.22
カテゴリ:山登り
2週間も前のことを
未だに更新できずにいるという...。

で、前回の続きです。

今回の宿泊場所は
『頂上木曽小屋』

rblog-20160722124306-00.jpg

駒ヶ岳頂上山荘に泊まるつもりでしたが
なんとびっくりこの日は
「平日なのでお休み」。
というわけで、
頂上のすぐ脇にある頂上木曽小屋に
泊まることになりました。

ネットでとりあえず情報を見てみたところ
「古い」「トイレがオール和式」
「食事が質素すぎる」という評価。

でもねー
山小屋なんてどこもそんなもんでしょ、
とも思うんだけど
トイレが和式なのはちとツライ(笑)

とりあえず
頂上から少し下って
小屋へ向かいます。

小屋へ着くと
腰の曲がったおじいちゃんが出て来て
迎えてくれます。
予約した名前と人数を伝えていたら
60代半ばくらいのおじさんも出て来て
対応してくれました。

お部屋はお座敷で
すでに5名先客が。
どうやら今夜はみんな同じ部屋で
泊まるみたい。
小屋はそんなに大きくなくて
この収容人数15人程度の部屋と
二階に1部屋と
あとは2段ベットのある部屋。

汗をかいたから
部屋でごそごそ着替えようとしたら
小屋のおじさんが

「女性のかた、更衣室があるから
そちらを使ってくださいねー」って。

こ、こ、更衣室??
なかなか山小屋に女性更衣室なんて
ないよね、と思っていたら
2段ベットの部屋を貸してくれました。
なんて親切!!

そして、
「お着替えすんだら
食堂でお茶出しますからどうぞ」って。

ええええーーー!
この小屋で!このちいさな小屋で!?
そんなサービスが?!

そもそも
過去に泊まった小屋では
宿泊の受付とご飯の時に声をかけられるくらいで
お茶の用意なんてしてもらったことないよーびっくり

なんなの、この気遣いハート

rblog-20160722124306-01.jpg

食堂はこんな感じ。
ランプが雰囲気いいよね。

rblog-20160722124306-02.jpg
で、DOCOMOのアンテナも!
着いたときは電源が入ってなかったけど
電源がはいると普通に携帯が使えました。
(DOCOMOのみ)
「充電もできますからねー」という
おじさんのありがたいお言葉も。

北アルプスの小屋だと
こういうサービスってありなのかな、
って思ってたけど
まさか木曽駒ヶ岳の
このちいさな小屋でねぇぽっ

着替えをすませて
少し昼寝して
食堂へいくと、
今夜ここに泊まるという
他のお客さんとお話しができました。
東京からみえた初老のご夫婦、
同じく東京から一人でバスで来て、
一人で登ってきた女性、
三河から来た仲良しおじさんトリオ、
富士市から来た気のいいお兄さん、
香港びっくりから木曽を旅にきた若者、
で私たち4人。 
このときはこれだけだったけど、
混むときはもっとたくさんいて
小屋が満員になることもあるとか。

初めて会った人たちなのに
山の話で大盛り上がり!!
下界ではこういうのって
なかなかないよね。

rblog-20160722125008-00.jpg
で、これが晩御飯。
おじさん手作りの肉じゃが!!
ワインもサービスでついてきましたワイングラス
下戸の私も
嬉しくなってきて飲んじゃいました。

rblog-20160722125008-01.jpg
夕方はガスってて真っ白だったけど
一瞬だけ
夕焼けが見えました。
一斉にみんな外に出て
わーい!わーい!って(笑)

山でのテンションの高さってなんでしょうね(笑)

私たちは翌日は
木曽駒ヶ岳の東側の将棋頭山へ行く予定でしたが
他の人たちは
御来光を見て朝ご飯を食べて  
下山する、とのこと。

お天気よくなるといいなぁ、、、ぽっ

《続く...》







最終更新日  2016.07.31 05:11:41
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.16
カテゴリ:山登り
前回からの続きです。
rblog-20160716112614-00.jpg


恐怖の宝剣岳を無事下山し
宝剣岳山荘の前でお昼御飯タイムです。
rblog-20160716112614-01.jpg

山登りの楽しみのひとつはこれ!
というか
一番の楽しみかも。


今回のメニューは
炒めるだけのナポリタン(ソフト麺みたいなやつね)と
マルシンハンバーグ。
マルシンハンバーグから脂が出るから
炒め物に最適なんですよぺろり

あとは定番のコーヒーコーヒーとバナナ。

山で食べるごはんは本当においしい手書きハート

宝剣岳山荘から木曽駒ヶ岳山頂の間に
中岳があり、
そこをひとやま越えて
木曽駒ヶ岳へ向かいます。

と、このあたりから
うちの旦那はんの様子に異変が!
過去に泊まりで山に来たことが2回あるんだけど、
2回とも頭痛、吐き気を起こした経験あり。
また、高山病かぁ~ショック

標高が2900m近くだし
一気にロープウェイで上がったこともあり
体が高度順応しきれなかったのね。

水を飲んで
深呼吸して
ゆっくりゆっくり先へ。。。
(高山病もひどくなると生命に関わるので要注意なのです。
本当に辛い場合、下山するのが一番良いと思います)


ふりかえると
宝剣岳と宝剣岳山荘があんなにちいさい。
傾斜はゆるいんだけど
空気が薄いから息があがります。


rblog-20160716112614-02.jpg

宝剣山荘から歩くこと約40分。
木曽駒ヶ岳山頂へ到着!!

向かい側に見えるのは御岳山。
rblog-20160716112614-05.jpg
山を愛して自然を愛して
登っていた人たちが
あの噴火の
惨事に巻き込まれたとおもうと
胸が痛みます。


ようやく登頂して
喜ぶのも束の間。
ガスが上がってきて、
みるみるうちに周りは真っ白!

rblog-20160716112614-04.jpg



白い~(笑)
本日の宿泊場所の
『頂上木曽小屋』へ向かいます。

rblog-20160716112614-06.jpg


ネットでの情報が少し古いようで
実際に泊まってみた印象とは
大違い!!

次回は
小屋のお話を載せようと思います。

ちなみに
小屋に着いても
旦那の高山病は続いたのでありましたしょんぼり









最終更新日  2016.07.16 11:51:30
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.14
カテゴリ:山登り
こちらに日記を投稿するのは
ひさしぶりですね。
フェレットたちはいなくなっても
ここは大切な場所。
また、blog再開、です(^_^)
誰かまた気づいてくれるかな(笑)

さて、なんやかんやで
初めての富士登山から5年が経とうとしています。
その後、懲りるどころか
山登りにドはまり!
いい山の友達にも恵まれて
続けていられます。

で、
今回は
長野県の木曽駒ヶ岳へ
一泊で登ってきました。
rblog-20160714131707-00.jpg

千畳敷までは観光で来たことがあるのですが、
山頂までは初めて!
しかも、今回は小屋泊➡将棋頭山
というコース。
ちょっと運動不足ぎみで不安満点ショック

駒ヶ根市の菅の台バス停に車を駐車。
そのあと、バスに乗り換え
しらび平駅からロープウェイで
一気に千畳敷へ!
千畳敷の時点で標高が2612m。
高度順応のために
ここで一時間くらい軽く食事をしました。

山頂までは
岩ごろごろの登山道を歩いていきます。
rblog-20160714131707-01.jpg

登り始めとは言えど
標高が高いので息があがります。

rblog-20160714131707-02.jpg

rblog-20160714131707-03.jpg

しんどいけどね、
お花が真っ盛りで気が紛れます(笑)

木曽駒ヶ岳は日帰りで来る方も多いみたい。
下山してきたおじさんやおばさんに
励まされながら登ります(^^;

山登りを初めて
もう5年になるけど
1度も楽だった山登りなんてないです。
でも、
可憐な花とか
同じく登山されてる方との挨拶やおしゃべりとか
青い空とかおいしいご飯とか
いろんなことに励まされて
頑張って登るんですよぽっ

rblog-20160714131707-04.jpg
千畳敷から一時間弱(鈍足です)。
乗越浄土へ着きました。

ここから
今回は宝剣岳へ登って
木曽駒ヶ岳へ
そして小屋へ、のプランでしたが

その宝剣岳というが
途中で崩落していて
私たちが
宝剣岳麓の宝剣岳山荘で休憩してる間に、

整備の方が
わっせわっせと登山道の整備をしてくれていました。
rblog-20160714131707-05.jpg

鎖場だらけの
険しい山です。
登山地図には《危険》のマークだらけ。

崩落してるんだから
今回は行かないのかなーーと
微かに期待してたんだけど
(ものすごく怖かったんだもん)
そうこうしてるうちに
整備が終わってしまい
挑戦することになりました。

rblog-20160714131707-06.jpg

rblog-20160714131707-07.jpg

rblog-20160714131707-08.jpg

残念ながら
山頂の岩によじのぼる勇気はなかったので
写真はナシ!

足の置場、
岩をつかむところ、
山歩きのリーダーさんと
うちの旦那はんに
指示してもらってなんとか登頂。

はーー、こわかったショック
途中、眼下の川が
三途の川のようにみえたよっ!!

とりあえず、
今回の目標はひとつ達成。

rblog-20160714131707-09.jpg

宝剣岳ってこんな形です。
カッコイイ!

このあと、
木曽駒ヶ岳山頂へ向かい
山小屋へ。

続きはまたぱー












最終更新日  2016.07.14 13:18:24
コメント(2) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

プロフィール


まっぴー530

カレンダー

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

カテゴリ

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

台風来んな! そし… New! YAGAMYさん

【小さな革命】獣医… いたち丼ferretさん

にょろりんず チエミRMYLさん
プリン@アラモード… あきの華さん
Tiare~ティアレ~ネ… ティアレ1120さん
爆走★水無月親衛隊 gakushi-aさん
★☆★☆★みつみつのブロ… 3232みつ3232さん
動物優先 沙椰.さん
ふぇれっと日和 こりんーこりんさん
ふりふりしっぽとち… 鷹槻れんさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.