548525 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

雪月花~北海道からの日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


kotetu8103

カレンダー

お気に入りブログ

コメント新着

おきにめしまし@ Re:懐かしい歌「六年間」(03/24) 子供たちが音楽で習ってる曲を聞いて、い…
なおなお@ Re:懐かしい歌「六年間」(03/24) 私もこの曲大好きです!! 小学生の時、毎…
ワタワタ@ Re:再生ソフト不良の件(01/13) Leawo Blu-ray Playerを試してみませんか…
http://buycialisky.com/@ Re:とろろ芋(04/09) cialis for lesscialis and vision proble…
http://buycialisky.com/@ Re:野球練習(06/03) can i take viagra after taking cialisci…

ニューストピックス

カテゴリ

カテゴリ未分類

(34)

遊び

(89)

仕事

(448)

ペット

(25)

やま

(348)

たび

(39)

できごと

(484)

随想

(219)

ほん

(39)

電化製品

(51)

映画

(32)

お店

(11)

(27)

食べ物

(78)

家族

(169)

パソコン

(114)

健康

(130)

自動車

(51)

スポーツ

(62)

歴史

(0)

スマホ

(1)
2018.08.22
XML
テーマ:お勧めの本(6005)
カテゴリ:ほん


​​
  ​先日​​​,本屋さんで立ち読みをしていたら,
三毛別事件に関するお話の本を見つけました。
真ん中の「羆風」という本です。
山と渓谷社からでている文庫本ですが,マンガです。
それも1000ページもの分厚い文庫本。
測ってみたら4センチを優に超える厚さです。
1700円もするので,金欠の私も躊躇したのですが,衝動買いしてしまいました。

内容は,吉村昭の「熊嵐」とほぼ同じです。
なぜかというと,2人とも,三毛別事件を調べた木村盛武さんの資料を
もとにしているからです。
原作者は,動物文学の先駆者戸川幸夫。
作画は「釣り吉三平」の矢口高雄。

違うところといえば,「羆風」は,羆の立場の言葉も描かれており,
自然の掟やルールについて考えさせられるところでしょうか。
自然の掟では,弱い物を食べてより強いものが生き残ることは
当たり前のことなのです。
人間が羆の世界に入っていって,仲間が食われたからといって駆除することは,
自然の中では勝手な行いになるのでしょう。
そんな羆の言い分は我々をハッとさせてくれます。
小説とは違い,登場人物が絵で描かれているので,
余計生々しい現場の惨状を実感できます。
このマンガ,1996年に執筆されて,その後単行本になり,
しばらく絶版になっていたようですが,
今年になって版元を変えて再発行となったようです。

実話だといことを頭に入れて読んだり,北海道の現場を訪れたりすると,なお実感がわきますよ。








最終更新日  2018.08.22 22:05:37
コメント(0) | コメントを書く
[ほん] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.