1332181 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「ことば探し」

全358件 (358件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 36 >

人間関係について

2018.10.23
XML
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

http://www.kotobasagashi.net/yomikata/reading.php?reading_id=3604&p_num=1■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




「信頼される上司」とはどんな人物なのでしょう?
人間的に器の大きい人?
カリスマ性のある人?
颯爽とした人?
いいえ、こういった人それぞれの好みとは別に、
組織で働くすべての人に共通する
「信頼できる上司の条件」というものが存在します。
それは、

・自分のことをしっかり見ていて、長所も短所も
 把握している上司
・自分の存在を認め、成長を願ってくれている上司


この2点に集約できると、私は考えています。
ですから、世間で話題になる「理想の上司像」や
カリスマリーダーになるといったことは気にせず、
部下の一人ひとりをきちんと把握することだけに
集中すればいいのです。
それなら、今すぐ誰でも取り組めますね。


出典元 「<チーム編>教える技術 行動科学で成果が上がる組織をつくる!」
おすすめ度 4.5
著者名 石田 淳



上記のことを実行するためには、
やってほしいことが2つあるそうです。

1.すべての部下について、長所や仕事面で評価できることを
  2個ずつ書いてみること。
2.「おはよう、○○さん!」「△△君、おつかれさま」と、
  あいさつの際にその部下の名前を覚えること

小さなことですが、この積み重ねが大切だそうです。

1.については、わかっていても、
ついつい短所ばかりが目につくので、たとえば、
「1週間に1日だけでもよいので、部下の長所をひとつ見つけて
 ノートにつける」とよいそうです。

そして、このような積み重ねができていると、
仮に叱っても、改善点を指摘しても、
「私の成長のために言ってくれているんだ!」と
前向きに受け止めてくれるそうです。

これは、部下だけではなく、家族でも友人にも、
身近な人にも役立つようですね。




■今日のおすすめ本

タイトル : 空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
著者 : 松本 幸夫
出版社 : 東京書籍 (2012/7/5)
おすすめ度 : 4


≪本からの紹介文≫

20世紀、人間関係と話し方に革命を起こした
巨人デール・カーネギーの世界的ベストセラーの真髄を、
現代日本の実践的事例に置き換えて徹底図解。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「今日のおすすめ本」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年9月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.10.23 21:54:37
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.18
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

http://www.kotobasagashi.net/yomikata/reading.php?reading_id=3604&p_num=1■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




自分と他人は違うのだから、伝わらなくてあたり前。
説明しないと、伝わらない。
そういう前提で考えたほうがいい。

だから、
共通に理解しあえるところまで深く掘り下げて、
伝えていくために「論理的に考える」ことが
必要になってくるのだ。

結局、「論理的に考える」とは、
他者を尊重するということになる。
相手の立場を尊重したり、相手の立場に立ったりするから、
相手にもわかるように論理的に考えて
説明しようと思うのである。

決して相手を言い負かしたり、
自分の立場を押しつけたりするために、
論理的な考え方が存在しているのではないことを
覚えておかなければならない。


自分と相手はそもそも違う。
だれ一人、同じ人間はいない。
だから、共通の物差しを探し、歩み寄る。
論理的に考えることは、相手に対する優しさの表れである。


出典元 「考える訓練」
おすすめ度 4
著者名 伊藤 真



「論理的に考える」などと言われると、
理詰めで考えなくちゃ、つじつまが合わないと突かれる、
感情を排除しなくちゃ、などというようにむずかしく、
理屈っぽい感じを持ちがちですが(私だけかな)
そういうことではなく、相手に対しての尊重や優しさのため、
でもある、ということなのですね。
ディベートと違って、勝ち負けの世界ではもちろんなく、ね。

論理的に考え、論理的に話すなんてなかなかできませんが、
「自分と相手はそもそも違う」ことを前提に、
「お互いが理解できる物差し」探しをする、
と考えてみるといいそうです。
まずは、ここから、ということでしょうか。

そして、それをうまく伝えるためには、
自分の言いたいこと、わかってほしいこと、また、
相手の言っていることなど、「文章に書いてみる」
つまり可視化するとよいそうです。

日本人は、伝え方下手と言われます。
「あうんの呼吸」「空気を読む」「気を利かす」
(最近は「忖度」もかな)
ことが大事と言われつつ、育ってきましたので、
それが自然と身についていて、
「違っていても、互いに理解しあうのが当然」
「根はいっしょ」「言わなくてもわかる」などと、
勝手に思い込んでいるようなところがあり、
伝えることを積極的にはしてこなかった、からです。

しかし最近は、それでは伝わらないことが多くなってきて、
はっきりと伝えないとわかってもらえない、
相手の基準で話さないと伝わらない、ことも多いと感じます。
「論理的に考える」ことも取り入れていくことも大切と思います。




■今日のおすすめ本

タイトル : どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
著者 : アルバート エリス
出版社 : 川島書店 (1996/07)
おすすめ度 : 4


この本には、例えば、カウンセラーのところへ相談に行くほどの
悩みではないけれど、いつも心にひっかかって、いまいち人生が
楽しくない、というような方のための「気持ちが晴れる方法」が
書かれています。そうはいうものの、やや専門的です。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「今日のおすすめ本」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年8月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.09.18 23:00:03
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.21
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」





自分のことは棚に上げて、他人の発言に対しては、
「平凡だ」「常識外れ」「論外」などと言い募る人です。
彼らの攻撃に負けないことも、発想の重要な一部分です。

「コロンブスの卵」という言葉があります。
ご存じのように、
簡単なことも最初に実行するのは難しいという意味です。

アメリカ大陸の「発見」で有名になったコロンブスに、
彼を妬む人が「たまたま見つけただけだろ」と難癖をつけました。
コロンブスは卓上のゆで卵を示し、
「立ててみてください」と言います。
誰も出来ない中、彼は卵の一部を割って簡単に立てました。

「誰にでもできる」と笑う人々に、
コロンブスはこう言ったのでした。
「成功した後で「自分もできる」と言うのは簡単ですよね」



出典元 「ひらめきクリック! 大全」
おすすめ度 4.5
著者名 桑原 晃弥



いますよね、
どこにでも「揚げ足取り」って(苦笑)
誰かがアイデアをした後に、簡単に否定したり、
誰かが何かを実現や実行した後に、
自分はやってもいないのに、ああでもないこうでもないと
文句を言ったり、批判したり、難癖をつけてみたり…

でも、そんな「揚げ足取り」を上手にあしらうこと、
利用すること、その攻撃に負けないことも、
アイデアを生かすためや仕事を成功に
結びつけていくためには、大切だということです。

今どきは、いろいろなアイデア商品が多く出回っていて、
「おおっ、こんな商品があったんだ、なるほど便利だ」
「すごいね、この商品は」
などと思うことが多いですが、そのような商品でも、
揚げ足取りがいて、難癖をつける人がきっといて、
でも、それを越えて商品化しているのだと思います。

この本で「消しゴム付き鉛筆」の話が出てきますが、
この発想も、誰にでも思いつきそうなアイデアです。
でも、やっぱり最初に思いついた人はスゴイ、ですよね。




■今日のおすすめ本

タイトル : やっかいな「女」を味方につける心理技術
著者 : 伊東 明
出版社 : 講談社 (2001/03)
おすすめ度 : 4.5


男性、女性の心理学専門家である著者が、主にビジネス場面で、
女性を上手に動かすときにどうすればいいか、実践的なテクニック
を教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「異性を“敵”にするか、それとも、“味方”につけるかは、
 あなたのビジネスキャリアにとって非常に重要な問題である。
 しかし、その分かれ目というのは、ちょっとした知識や
 テクニックを身につけ、実戦するかどうか、ただそれだけの
 ことだ。
 「男VS女」…この永遠のすれ違いを埋めるためのカギを、
 ぜひともあなたの手に入れていただきたいものである」


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「今日のおすすめ本」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年7月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.08.21 22:52:53
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.06
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■「2018年6月の人気ベスト5」をアップしました。
 ぜひ、見てみてくださいね。<(_ _)>

★詳細→http://www.kotobasagashi.net/kotoba/vest5.php


■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




日本のトヨタ生産方式に
「診断士ではなく治療士になれ」
という言葉がある。
現場を見て「ここが悪い」と問題を診断しても、
それだけで現場が改善されることはない。
大切なのは実際に改善をすること、
つまり治療だという意味だ。

アドラーも言う。
「裁判官の役割を放棄し、
 仲間や医者の役割を果たさなければならない」
と。



出典元 「1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則」
おすすめ度 4.5
著者名 桑原 晃弥



何か問題が起こったとき、ついつい第三者的目で見てしまい、
診断士になり、問題を指摘したり、
裁判官になり、どれが正しいとか、
間違っているとか、誰かを裁いたりしがちです。
それでは、本当の意味の問題解決にはならないというのです。

それより、仲間となり励まし、応援し、
あるいは、医者となり治療していく、
そうしていきつつ、改善し、よくしていくほうがよいと。

例えば、問題を起こす子がいたとして、
問題を指摘したり、厳罰を与えればいいかというと、
それでは、表面的な対処にしかならない。
根本的に解決していくためには、
「根を抜くためには、深く穴をほることが必要」で、
そのためには、仲間や医者の役割が大切だというのです。

一緒に問題点を見つけ、時間をかけて、
一緒に解決していく、そのために、支えあい、勇気づけ、
道を開いていける方法をさぐっていくことが大切だと。
なかなかこうは出来ませんが(汗)
そうなんだろうな~と思います。




■今日のおすすめ本

タイトル : “問題行動の意味”にこだわるより“解決志向”で行こう
著者 : 森 俊夫
出版社 : ほんの森出版
おすすめ度 : 4


著者は、
問題行動や症状を通して、本人が何かを訴えようとしている場合も
あるが、それがすべてではなく、問題行動や症状は、いろいろな
理由から起こり、いろいろな仕方で起こる。
また、問題行動や症状の「原因や仕組み」をあれこれ考えても、
解明しても、それが「解決」に結びつくわけでもないので、
頭でいろいろと考えて、何もしないより、
「見えるものを見る。見えたものを、なるべくそのまま屁理屈つけ
 ないで見る。見えたらすぐ動く。具体的に動く。もしそれで動き
 方がの間違いが見えてきたら、すぐに変える。それを何度も
 繰り返してうちに、物事が良い方向に動き出したことが見えて
 くるかもしれない。
 そこからようやく正しい「理解」につながっていくんだと思う
 んです」
ということが大事だと言っています。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「今日のおすすめ本」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年6月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.07.06 13:08:51
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.03
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




親子対立の元にあるのは、
親子の緊張と頑張りである。

頑張ってきたのは親だけではない。
親が頑張っていれば、子どもも頑張っていたはずだ。


子の怒りは、
「親だけが頑張ってきたと思っているんだろう」
という怒り、自分の頑張りを認めてくれない親への怒り、
言う通りにしてきたのに、どうしてうまくいかないんだ、
という怒りである。
そこが見えると心は動き出す。


出典元 「心をはなれて、人はよみがえる」
おすすめ度 4.5
著者名 高橋 和巳



このことばは「引きこもり」をしている息子について、
カウンセリングを受けた母親の事例に書かれていました。
母親は、息子に
「僕がこうなったのはお母さんのせいだ」
と責められ、母親に怒りの矛先が向かい、
親子関係がどんどん悪化していったそうです。
事例では、この母親がそのことに気がつき、
徐々に気持ちが落ち着き、変わり、すると息子も少しずつ伝わり、
息子との関係性も取り戻していったそうです。

このことばを読み、私自身が
「ああ、そうだったのか、私が母親に持っていた怒りは、
 これだっかもしれない」
と、腑に落ちました。
「そうだそうだ、
 両親(またはそのどちらかが)頑張っていれば、
 子どももまた子どもなりに、頑張っているのだ」と。

そして、これをわかってもらえず、両親(またはそのどちらかが)
自分だけが頑張っていると思い込んでいると、
子どもの頑張りは、とてもわかってもらえず、
無視され、寂しい思いをするだろうと思います。
そんなことを思いました。




■今日のおすすめ本

タイトル : 子どもの心に届く言葉、届かない言葉
著者 : 小山 英樹 (著), 佐々木 喜一 (監修)
出版社 : 学習研究社 (2008/06)
おすすめ度 : 5


教育コーチで社団法人日本青少年育成協理事(出版時)の著者が、
子どもの心に届き、生きる力を引き出すようなコミュニケーション
方法、教育コーチングを38教えてくれる本。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「今日のおすすめ本」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.07.03 11:37:28
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.13
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




雑宝蔵経(ぞうほうぞうきょう)というお経の中に、
「無財の七施」という次のような教えがあります。

1.言辞施(ごんじせ)…やさしい言葉をかける
2.眼施(げんせ)…あたたかいまなざしを注ぐ
3.身施(しんせ)…身体による手当てを施す
4.心施(しんせ)…心をこめて施し、こころを与える
5.和顔悦色施(わげんえつしきせ)…やわらかな顔で接する
6.床座施(しょうざせ)…(席をゆずる、けんそん、下座の行い)
7.房舎施(ぼうしゃせ)…(一宿一飯、部屋を整え、もてなす)


この教えに、医療者の姿勢の原点が示されているような気がします。
と同時に、これは、どんな人間関係においても通ずる
<ふれあい>の大切さを説いた教えだと思います。


出典元 「愛のストローク療法(セラピー)」
おすすめ度 4
著者名 近藤 裕



このところ疲れもあり、気持ちに余裕が持てず、
また、いろいろなことが思うように進まず焦りもあり、
すぐにイラッときたり、誰かのささいな言葉に反応して、
反抗的になったりして、そんな自分がイヤになり、
落ち込んだりしています。
笑顔も消えているし…(苦笑)

「無財の七施」…どれも出来てないなぁ、
どんな人なら、「無財の七施」が出来るのかなぁ、
と思いました。

昨日の、NHKの「ガッテン!」でも、
「人に親切な行動」を1日3回1ヶ月間行った人は、
体内の炎症を促す遺伝子の働きが抑えられることが分かり
「人に親切な行動」をすることが、寝たきりを防ぐために
大切なことだとわかったと放送してました。
(カリフォルニア大学ロサンゼルス校の
 スティーブ・コール教授の研究から)

まずは、疲れをとって身体を楽にして、楽しいこと、
好きなこともして、心の余裕を取り戻したいと思います。
そうしたら、少しは「無財の七施」ができるかな。




■今日のおすすめ本

タイトル : お坊さんが教えるこころが整う掃除の本
著者 : 松本 圭介
出版社 : ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014/7/28)
おすすめ度 : 4.5


≪本からの紹介文≫

アメリカ、イタリア、フランス、中国本土、台湾、韓国……
世界中からオファー殺到!
お掃除のプロ、お坊さんから、部屋もこころもきれいになれる、
本格的な掃除のしかたを習いましょう。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/yomikata/reading.php?reading_id=3562&p_num=1



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.06.13 22:04:54
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.07
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》


■「今日のことば」5月の人気ベスト5アップしました。
 どんなことばだったか、確認してみてくださいね。
 ★詳細は→http://www.kotobasagashi.net/kotoba/vest5.php

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




誰かと別れずにいるからといって、
それでその人物を救える保証はない。



出典元 「ブラックメール―他人に心をあやつられない方法」
おすすめ度 4
著者名 スーザン・フォワード



相手のことを考える(相手がどうなるかを考える)と、
とても心配で別れられない、
彼(彼女)、家族、友人などを救えるのは自分しかいない、
と考えて、別れた方がいいと、自分もまわりも、
わかっていても別れず、別れられず、
相手に尽くしたり、相手の言う通りにしてしまう人がいますが、
こういうことが決して「相手を救う保証にはならない」し、
相手のためにも自分のためにもいいことでもない、
とこの本では、言っています。

一方が、常に助けを求め、救われる、
一方は、常に助ける、救うだけ、
またこちらが、
相手が(こちらの思う通りに)変わることを望み、
相手は、全く変わりたくない、などという場合も同様、
一方的な関係は、実りがないとも言っています。

現実的には、いろいろな事情も重なり、
そう簡単に別れられるものではないですが、
別れずにいることが、
その人を救うことになる、とは限らない、
別れずにいるから、
その人が救われているかどうかはわからない、
そしてまた、
別れずにいることが、相手のために本当によいか、
自分のために本当によいかどうかもわからない、
そんなことを考えてみる必要があるのだなと感じたしだいです。




■今日のおすすめ本

タイトル : 「逃げ出したい!」自分を救う本
著者 : 斎藤 茂太
出版社 : ベストセラーズ (2006/05)
おすすめ度 : 4.5


精神科医の著者が、逃げ出したいときの「原因と対策」について、
分かりやすく教えてくれる本。

例えば、こんなことが書かれています。
 ◎自分の「逃げ出したい!」を認めよう
 ◎なぜ逃げたくなるのか
 ◎すべての原因は「しがらみ」にある
 ◎あなたの「逃げ出したい!」はどのタイプ
 ◎人間関係を決める「鏡の法則」
 ◎断ることも仕事のうち
 ◎仕事に追われる、仕事を追う
 ◎家族だからこそルールが必要
 ◎その常識は本当に「常識」?
 ◎これまで同じく「どうにかなる」


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/yomikata/reading.php?reading_id=3561&p_num=1



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.06.07 14:40:22
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.05
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■「今日のことば」5月の人気ベスト5アップしました。
★詳細は→http://www.kotobasagashi.net/kotoba/vest5.php 

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




「前提」に気づけば「視点」「行動」が変わる。

わかっているはずだけど、
あるいはわかっていなくては困るのに
意外にしっかりと「共有」されていないのが、
企業における前提ではないでしょうか。

時間がないから、あるいはいつまでも「目的は」などと
やっていると他の人に迷惑がかかるからといって、
「前提」をはっきりさせておかなかったために、
とんでもないどんでん返しが起きたり、
あとになって後悔したことはありませんか?

これは議論の場合だけでなく、チームで行動したり、
立てた戦略をさまざまな現場で実行したりするときも、
「ボタンのかけ違い」として起こります。

「前提」は、はっきりと理屈では説明されないことが多いため、
さまざまな意見が交錯、対立しやすく、突き詰めるよりは
「まあまあこれくらいで」となりがちです。

組織の中では、ともすると本当は了解したいないのに、
「暗黙の了解」ができあがっていたりします。
本来は前提をはっきりさせ、共有化することが
きわめて重要であるにもかかわらず、
「次の本題」に入ってしまうことが多いのです。(略)

どんなに考えてもいい解決案が思いつかないとか、
やってもやっても失敗ばかりだという閉塞感を感じている方が
いるとすれば「起点」「前提」をもう一度見直してみては
どうでしょうか。


出典元 「その前提が間違いです。」
おすすめ度 4
著者名 清水 勝彦



しっかり「前提」を話すこと、「前提」を共有することは、
仕事をする上で、当然ながらとても大事なことだそうです。
しかし日本人は、みんな「もうわかっているはず」との
暗黙の了解も多く、「前提」をはしょられることが多いようです。

しかし、長く会社にいる方々には、当然過ぎることでも、
新しく入ったり、仕事が変わったり、年齢や環境が違えば、
「前提」が全く違うことは多々あります。
同じクライアント対応でも、
ある部署では、とにかくスピードが早いことが前提、
ある部署では、スピードより間違いがないことが前提、
などと、違っていたりします。
すると仕事をしていても、何か求められていることが違う、
と感じられてきます。
そして、大分たってから「前提が違っていた」と気づき、
そのときに、やり方が違っていたことがわかることもあります。

このことは、ビジネスだけでなく、
どんな人間関係にもあることのように思います。
たとえば、Aさんは、友人同士が気持ちよく過ごすため、
コミュニケーションが大事という前提のもと、
ゆっくりとコミュニケーションに時間をかけます。
一方、Bさんは、楽しく時間を過ごすことが大事という前提で、
面倒くさいことは避けて、楽しい時間を過ごしたいと考えています。

AさんもBさんも友人同士の関係を大切に思っていますが、
Aさんは、Bさんのやり方は短絡的過ぎて、一方的だから、
もっと意見を聞いてほしい、と思うし、
Bさんは、Aさんのやり方を、面倒でまどろっこしいし、
しつこい、もっとさらっとしたほうがいい、などと、
互いに不満を持ってしまいます。

こんな時、たとえば「これからも楽しく友人関係を続けていく」
という前提を確認し合いつつ、話し合ってみると、
両者が受け入れられるやり方がみつかったりします。
何かがどうもうまく通じない、なんかどっかズレている、
などと感じるときには、「前提」を見直してみるといいかも。
そもそも「前提」そのものが違っているかもしれませんからね。

いちいち「前提」確認するのは面倒ですけど、
これをしておかなかったばかりに、話がまとまらず、
誤解されるなんてこともあるので、わかっているはず、
などと勝手に思わず、確認せねばな、と思ったしだいです。




■今日のおすすめ本

タイトル : 言いたいことを確実に「伝える技術」
著者 : 岡本 象太
出版社 : 河出書房新社 (2005/8/20)
おすすめ度 : 4.5


広告宣伝を通して、人に伝えることを研究してきた著者が、相手を
「振り向かせる」「共感させる」「信用させる」「説得する」など
具体的手法を教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「誰だって、いろいろと経験を積んでくれば、それなりに成長も
 するし、磨かれてもくる。その部分で、大差はないだろう。
 差がつくとすれば、自分が持っているものや考えていることを
 きちんと伝え、わかってもらう能力だ。
 いちばん必要なのは、わかってもら熱意ではなく、言いたいこと
 を確実に伝える技術、考えていることや伝えたいことをわかって
 もらう技術なのだ」


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/yomikata/reading.php?reading_id=3560&p_num=1



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.06.05 21:21:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.27
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




自己評価というのは、ことのほか難しい。
人は自分の努力を、誰かにわかってほしいと思う。
自分に対しては甘く、すぐに過剰な期待を抱く。
期待が外れると、今度はもうやめてしまおうか考える。

「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、
 がっかりするほど見ていなくはない」
という考え方は、ぶれやすい心に安定をもたらす、
それは過不足のない、とても現実的な考え方だ。
この考え方をよくわかってさえいれば、
今はうまくいかない仕事も、
そのうち必ずうまく流れはじめる。



出典元 「絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ」
おすすめ度 3
著者名 見城 徹 (著), 藤田 晋 (著)



「どうせ、私のことなんか、誰も見てくれない、
 誰も評価してくれない」
「どうせ、努力しても報われない」
などと思い始めると、努力なんてしたくなくなりますよね。
「やるだけムダ」と思えてきますから。

でも、成功した方々や何かを成し遂げている方々、
活躍しているスポーツ選手、芸能人の方なども、
必ず「人知れず」のものすごい努力をしていて、
それを人には見せず、やってもやっても報われないことに耐えて、
それでも努力をしているそうです。

ちょっとばかり努力をして、
それを誰も見てくれないから、報われないから、
とくさって、努力をやめてしまうようでは、
ますます見てもらえなくなりますよね。
「あの人は、見ていないとやらない」
なんて言われる人になったりね。

「誰も見ていない、どうせやっても報われない」
と思うのは早計で、その時には、
「この程度ではだめだ、もっとやらなければ」と考え、
10ではなく100をめざし、仕事に打ち込むと、
必ず人は気づき、大きなチャンスが巡ってくるし、
必ず評価されるということです。

「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、
 がっかりするほど見ていなくはない」
しっかり、覚えておこうと思いました。




■今日のおすすめ本

タイトル : 「ちゃんと評価される人」がやっている仕事のコツ
著者 : フラナガン 裕美子
出版社 : 同文舘出版 (2016/2/6)
おすすめ度 : 4


≪本の紹介文より≫

普段、一生懸命やっているのに評価がついてこない……。
そんなふうに悩んでいらっしゃる皆さん、実はそこには
「ちょっとしたコツ」があるのです。
本書では、

・先読み仕事ができるようになる「奥の手ポケット」
・どんな上司とでもうまくいくボス・マネジメント術
・損をしないコミュニケーション術
・自分トレーニングになるミス・トラブル対策
・成長し続けるための自分磨き


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=2702



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年3月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.04.27 12:39:41
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.04
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




すべての人から好かれることはない。
私はときどき、講演会などに呼ばれてお話することがあります。
講演しながら聞いている人を見ていると、どんな場所でも、
だいたい共通の反応があります。

1割ほどの人は、何をいってもムスッとしている。
2割ほどの人は、何をいってもうれしそうにうなずく。
7割ほどの人は、雰囲気によって変わる。


私がどんなに頑張っていい話をしても、
1割の人からはつねに否定的にとらえられます。
いっぽう、無条件で好んでくれる人も2割ほどいるわけです。
あとの7割はどちらでもない人たちです。

このルールは、一般的な人にも当てはまります。
どこに行っても、何をしても、
自分とうまくいかない人が、1割ぐらいはいるもの。
気に病んでもしかたないのです。
できることといえば、
好んでくれる2割の人に感謝するぐらいです。
他人の心は簡単には変えられません。


出典元 「困ったときは、トイレにかけこめ!」
おすすめ度 4
著者名 星 一郎



否定的な人の言動は気になったりしますよね。
あれ、私の言ってること間違っているかな、とか、
面白くなかったかな、気に食わなかったかな、などと気になって。
それで、ついつい無理をして気に入られよう、
好意をもってもらおう、なんて無理してしまい、
疲れてしまったり、墓穴を掘ることもあります。

反面、好意的な人には、せっかく好意的なのに、
それを素直に受け止めず、本当にわかっているのかな、
好意的なのかな、誰にでもこうなんじゃないかな、なんて、
こちらが否定的な見方をしてしまうこともあります。
もったいないですね、本当は。

否定的な1割の人を、どうこうしよう、振り向かせようとするより、
(そんなに簡単に変わるはずないですし、
 誰からも好かれるなんてないから)
その人たちは、その人たちの好きなようにさせて、
2割の好意的な人に感謝し、残りの7割の人に対して、
働きかけをしていく方がいいな、と思ったしだいです。




■今日のおすすめ本

タイトル : 誰からも好かれようとする女たち
著者 : ウーテ エーアハルト
出版社 : 講談社
おすすめ度 : 4


ドイツの女性セラピストが、多くの女性たちの「思い込み」に
ついて様々な角度から分析し、その「思い込み」から自由になる
具体的なアプローチの仕方を書いた本。

先進諸国の女性たちは、日本の女性と違って、その思い込みや、
社会状況から、もっと自由だと思いがちですが、この本を読むと、
日本とほとんど変わらないと気が付きます。
どこの国でも、女性たちの「思い込み」は、同じなようです。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=1114



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年2月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.04.04 13:58:18
コメント(0) | コメントを書く

全358件 (358件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 36 >

PR

Recent Posts

Calendar

Comments

Category

Archives

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Favorite Blog

MGCオリンピックマラ… New! ヒロくん2010さん

そういえば ひろみ(70%)さん

お盆休み明けで仕事… sokuchiさん

ZOOSHIMIDY の航海… ズーシミディさん
ハピくるネット生活 naniwaakoさん

Profile


まゆ3281


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.