1335689 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「ことば探し」

全358件 (358件中 351-358件目)

< 1 ... 31 32 33 34 35 36

人間関係について

2006.10.18
XML
カテゴリ:人間関係について
種はたくさん播いておきましょう。
畑に種をせっせと播いておくと何本かの芽を出します。

親が子供の心によい種をたくさん播いておくと、
親がこの世を去ったあとに、子供は思いがけず、
親の播いてくれた種が自分の中で大木に育ち、
実を付けているのを発見することがあります。

そんな時、人は誰でも親のありがたさを、
どんな時より身にしみて感じるのです。



出典元 「シスター鈴木秀子の愛と癒しの366日」
著者名 鈴木 秀子


私は、両親にとても感謝していることがある。
その1つは、本をふんだんに与えてくれたことだ。

私は、幼稚園の頃から絵本を与えてもらった。
毎月2冊、本屋さんから届くのだ。
それを、楽しみに待ち、読んでもらい、
私も、くいるように何度も何度も読んだ。
その他にも本はふんだんに与えてもらった。
そのことが、今の私のすべての
始まりであったと思っている。

お話の素晴らしさを知り、
本を読む楽しさを知り、
本から学ぶことを知り、
絵本を見て、絵の美しさを知り、
色の素晴らしさを知り、
美術系の学校に入学した。

今の自分の根幹は、間違いなく、
この両親によって植え付けられてできたものであり、
このことに感謝しない日はない。

私の中で、両親が播いてくれた種が、
間違いなく実をつけていると思う。
本当にありがたいことだと思っている。

シスター鈴木秀子の愛と癒しの366日


■「ぼちぼち日記」↓
「おやっ、これはなんだろう?」


道ばたで見つけた、「おやっ、これはなんだろう?」と思ったもの
たちシリーズです。そう思うものがいっぱいあるものですね。



■今日のおすすめ本 ↓
 「親が変われば子は変わる!」

濤川 栄太  高橋史朗著

著者は、こう言っています。
「子供をより良く変えたいなら、親自らが自ら渾身の力で、身も心
 も惜しまず変える実践から、その一歩を踏み出さねばなるまい」

例えば、こんなことが書かれています。
1.子供たちはなぜキレるのか
2.混乱の元凶は、戦後社会の「自由」のはき違え
3.こうすれば登校拒否は解決できる
4.教育に関わった私の心象風景
5.いまの教育に決定的に欠けていること
6.キレる子供に、親は何ができるか
7.キレる子供に、教師は何ができるか
8.日本の母性が危機に瀕している
9.立ち直った!感性教育とカウンセリングの現場から

子供、親の心理、周りの環境の対応の仕方、子供との距離の取り方
など、親が親として知っておくべきことや考えるべきことが、わか
やすく、びしっと書かれている本です。
子育てや教育に興味ある方に、現在親業をしている方にとてもおす
すめの一冊です。


■アファメーション毎日変わります!

自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」


■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。

 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み


■「ことば探し」HP↓
 http://www.kotobasagashi.net/
見に来てくださいね。






Last updated  2006.10.18 11:26:32
コメント(0) | コメントを書く
2006.10.14
カテゴリ:人間関係について
「和敬清寂」わけいせいじゃく

キュウリとしらすの和え物は、それぞれの味が
引き立って美味しいけれど、これをミキサーにかけて
どろどろのジュースにしてしまったら、
どちらの味も死んでしまう。
キュウリとしらすは、それぞれの個性そのままで、
一緒に小鉢にいてくれるのが平和です。

仲良しでいるということは、自分を相手に
合わせていればいいというものではなく、
自分という個性をそのままに、相手の個性も
そのまま認めて一緒に過ごすということ。
これが「和」です。

和でいるコツは、相手を敬うこと。
その結果、居心地のよい清々しい関係ができます。


出典元 「ほっとする禅語70」
著者名 石飛 博光 , 渡会 正純


今日は「禅語」から。

「禅語」というと、むずかしい、わからないとか、
抵抗を感じる方がおられるかもしれませんが、
この本は、その禅語をわかりやすく身近な例えなどで、
教えてくれるありがたい本です。
読んでみると、日本人の心の機微にふれることが出来て、
ちょっとさわやかな気持ちになります。
心がざわざわするようなときには、おすすめです。


って、本の紹介になってしまいましたが、
今日のことば「和敬清寂」
私の好きな禅語の1つです。

「和」というのは、
お互いに、ただ同化してしまうものでなくて、
無理になんでも相手に合わせるものではなくて、
自分も相手も、殺すものではなくて、
それぞれが生かされるものであるということですね。
今どきの「和」の意味と、
ちょっと意味合いが違うと感じる
禅語の「和敬清寂」です。



■「ぼちぼち日記」↓
「「秋の嵐の日」の驚きの話」


先日の嵐の日…知らなかったが、どうやらすごいことが起こって
いたらしい。その事実を知って驚いた。風ってすごいのね。



■今日のおすすめ本 ↓
 「あなたは他人からどんなタイプの人間と思われているか?」

長住 哲雄 著

著者は、こう言っています。
『自分は他人からどう思われているか?
 それを気にしないという人は、おそらくいないでしょう。
 人は、大なり小なり、他人の目に映る「自分」を
 気にする生きものなのです。

 そして、悲しいことに、人の目に映っている自分は、
 自分が「こうありたい」と思っている姿とは、
 かなり違っているのです。
 どうしてそんな違いが生じてしまうのか?
 その違いをどう埋めていけばいいのか?』

この本には、自分が本当のところはどういうタイプなのか、
何を隠していて、人からはどう見られているか、
テストや、192通りの見え方などが書かれています。


■アファメーション毎日変わります!

自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」


■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。

 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み


■「ことば探し」HP↓
 http://www.kotobasagashi.net/
見に来てくださいね。






Last updated  2006.10.14 11:58:22
コメント(0) | コメントを書く
2006.10.11
カテゴリ:人間関係について
あれも言いたい、これも言わなければと
思うときほど、ちょっと立ち止まって、
自分の心、相手の心にどれくらい
“ゆとり”があるかを
振り返ってみることが大切なのです。



出典元 「最初は良かったのに…この人、いったい何考えてるの? 」
著者名 高橋 愛子


たくさん言いたいことがあると、
ついつい、なんでもかんでも
あれもこれも、
一気に話してしまおう、
聞いてもらおうと思う。

しかし、一気に言われたり、
聞かされるのは辛いものだ。
それに、なんでもかんでも
伝えようとすると、散漫になって、
かえって伝わらないものだ。

以前も書いたが、
「言いたいことは一度にひとつ」
なのだと思う。

そして、話す相手に、
今、どれだけゆとりがあるか、
聞いてくれる余裕があるのか、
そんなことを、ちょっと
考えてみることが大切だと思う。



■「ぼちぼち日記」↓
「「ランチ」のラーメン屋一風堂に行ってみた」


先日、店頭に紛らわしいPOPを貼ってあったと紹介した、ラーメ
ン屋に行ってきた。そして、ランチセットを食べてみた。どうだっ
かと言うと…トッピング充実してました。



■今日のおすすめ本 ↓
 「心がやすらぐ魔法のことば」

山崎 房一著

お父さんへ対するこんなメッセージが書かれています。
「「うちの女房は、近ごろ、きつくなった」と思っている
 お父さん。それは、お父さんの思いやり不足です。
 やさしくなってください。」
他、13の妻に対する思いやりを教えてくれます。

おかあさんには、
「自分は主人や子どもに対して、ちょっときつ過ぎるかな」
 と気づいているお母さん、やさしくなってください。
 理由があってやさしくなれないお母さん、やさしい
 演技だけでもやってみてください。家族一人ひとりの
 味方になってください」
他、4つのお父さんに対する思いやりを教えてくれます。


■アファメーション毎日変わります!

自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」


■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。

 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み


■「ことば探し」HP↓
 http://www.kotobasagashi.net/
見に来てくださいね。






Last updated  2006.10.11 11:49:19
コメント(0) | コメントを書く
2006.10.07
カテゴリ:人間関係について
チャーリー・ブラウンは、
「何をやってもうまくできない」症候群
に苦しんでいた。

ルーシーは、そんな彼にいつでも
欠点を指摘してあげた。


あるとき、ルーシーは腰に手をあてながら
こう言った。

「チャーリー・ブラウン、
 あんたって人生の
 ファール・ライナーよ!
 サッカーのオウン・ゴールよ!
 ビリヤードの空振りよ!
 18番のボギーよ!
 ボーリングのガーターよ!
 湖に落っこちた釣り竿とリールよ!
 フリースローの失敗よ!
 大きくそれた9番アイアン、わかってるの?
 あたしの言ったこと、理解した?」


出典元 「幸福セラピー」
著者名 グレン・ヴァン・エカレン


思わず、笑ってしまったことば。
ここまで言われたら…笑うしかないなぁ。

それと、昨日、国会の質疑応答に立った、
女性議員のことを、ふと思い出してしまった。
いつも、面白い比喩をする人ですね。
ルーシーも大きくなったら、あんなふうに
元気な人になるのかもしれないなぁ、
などと、思ってしまった…


人は、相手に欠点を正しく指摘してあげれば、
その人は、その欠点を素直に認め、そして直し、さらに、
その欠点を教えたあげた自分に感謝してくれるはずだと、
思っているようなところがある。

しかし、そんなことはあまりない。
「あなたには言われたくない、
 あなたにだって、こんなところがあるじゃない」
などと反論されるのがオチだ。

自分が欠点を指摘されたら、どう思うか、
ありがたい、そうだ、直そうと思えるかどうか。
考えてみてば、それはわかることだと思う。

しかし…そうわかっていても、
相手の欠点はよく見えるし、気になるので、
自分のことはちゃんと棚に上げ、
指摘してみたりする…ものだなぁ。
気を付けよう。



■「ぼちぼち日記」↓
「ちょっとユニークなものたち(写真中心)」


久しぶりに
「街で見かけた、ちょっとユニークで楽しいものたち」
を紹介。いろんな楽しいものがあるんです、
見つけると、ちょっと嬉しくなります。



■今日のおすすめ本 ↓
 「いいことから始めよう」

エイブラハム・J. ツワルスキー 著

人気漫画のピーナッツのマンガを取り上げながら、
人間心理について、教えてくれる、楽しくてわかりやすい
心理学の本です。
著者はこう言っています。
「チャーリーブラウンは、私にはできないような仕方で
 患者の心の扉をあけることができたのです」と。

マンガを見ながら、人間心理もわかるのですんなりと
読めると思います。おすすめです。


■アファメーション毎日変わります!

自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」


■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。

 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み


■「ことば探し」HP↓
 http://www.kotobasagashi.net/
見に来てくださいね。






Last updated  2006.10.07 12:20:31
コメント(0) | コメントを書く
2006.10.04
カテゴリ:人間関係について
毒になる人は、いつも相手を自分のレベルまで
ひきずりおろそうとする。


あなたにできないことをすべて指摘して攻撃する。
「不景気だ」「困っている」
「まもなくあなたの人生に問題が起こるだろう」
「将来、ひどい事態が予想される」
というような、あなたの気分を滅入らせることを
面と向かって平気で口にする。(略)

毒になる人の話を聞くと、あなたは
すっかり暗い気分になって落ち込んでしまう。
こういう人のことを「ドリーム・キラー(夢を壊す人)」と
表現した本を読んだことがことがある。
また「エネルギーの吸血鬼」と書いた人もいる。



出典元 「できる人とできない人の小さな違い」
著者名 ジェフ・ケラー


この本では、
「ドリーム・キラー」や「エネルギーの吸血鬼」
のようなネガティブな人から離れて、
その逆の、
自分の夢を応援してくれる人や、
エネルギーを与えてくれる人に
近づきなさいと言っている。
そうでなければ、いつも自分のエネルギーや
やる気を吸い取られてしまうと。


確かに、そういう人はいる。
その人といると、妙に暗くなったり、
後で、どっと疲れたり、頭に来たり、
そういう人は…夢やエネルギーを
吸い取っていくんだなぁ。

逆に、話していると、元気になり、
落ち込んだ気分が一掃され、またやってみようと
パワーをもらえる人もいる。

どちらの人とつき合って行くか…
それは自分が選んで決めていくのだなぁ。



■「ぼちぼち日記」↓
「白い靴の謎」


白い靴がゴミを捨ててもいい日以外に、捨てられていた。
これが、目立つのだ。なんでこんなふうに捨てられたのか、
興味を持った…



■今日のおすすめ本 ↓
 「運をつかむ人、のがす人」

さい ふうめい著

この本には、運について書かれています。
著者はこう言っています。

「実は運は誰にでも平等にあるのです。
 だから、誰もが幸運な人生を手に入れられるのです。
 
 人には運がよいときと悪いときがあります。
 運がいいときはちょっとぐらい無理してもうまくいきます。
 しかし、運が悪いときは無茶してはいけません。
 慎重にことを進めなければなりません。」

「運を育てる」とは自分を育てることで、
そのためにはトレーニングがいるそうです。
この本ではその、トレーニングも教えてくれます。


■アファメーション毎日変わります!

自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」


■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。

 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み


■「ことば探し」HP↓
 http://www.kotobasagashi.net/
見に来てくださいね。






Last updated  2006.10.04 12:06:13
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.30
カテゴリ:人間関係について
自分の弱点をさらけ出しても、拒絶されたり、
裁かれたり、非難されるということがなく、
そのままの自分を受け入れてもらえるという
安心感があるときにのみ、
人は自分の心の内の世界を解放し、
その内の世界に相手を迎入れる気が起こるものである。


固く口を閉ざした貝を開かせるには
塩水につけることが必要なように、相手を包む、
それも相手の弱さをも包むことができる愛の温かみに浸るとき、
人の心は自然に開かれてくる。

こうして、相手を包む広い心は安心感を生み、
安心感は、相手に身も心もゆだねる信頼感を生む。


出典元 「夫の心理 妻の心理」
著者名 近藤 裕


すごく理想的な関係かもしれないが、
こういうことが人間関係、特に、近しい間柄には、
大切なことなのではないかと思う。

こんな基本的な関係が、なんだか、
築きにくい世の中になっているような気がする。
みんな忙しすぎて、焦りすぎて、待てなくて、
自分のことだけで、いっぱいで余裕がなくて、
そして、ゆっくり考える時間がなくて…

こんなでいいのかなぁ…と思う。
何だか切ない世の中だなぁ…と思う。
このような関係を築くことが大切なこと、
忘れないようにしたいと思う。


■「ぼちぼち日記」↓
「消防車出動…火事なのか?」


夕方に商店街が騒然となった。
私はその一部始終を見ていたが…



■今日のおすすめ本 ↓
 「豊かな人間関係を築く47のステップ」

グレン・ヴァン・エカレン著

「こころのチキンスープ」執筆者でもあり、能力開発の専門家でも
ある著者が教えてくれる、豊かな人間関係を築くための47の極意。

著者は豊かな人間関係についてこう言っています。
「私が望むのは、私の姿を見た人たちが「またいやなヤツがやって
 きた」と思わないでくれることだけだ。
 私がよく「人生の応援団」と呼んでいるような人、出会う人々に
 よい影響を与えるような人になりたいと、私は心から願っている。
 そのような人は、豊かな人間関係を築き、それを維持する方法を
 マスターしている。(略)
 「人生の応援団」たちは、人々を元気づけることによって、人生
 や人間関係の姿を変えていく。
 あなたも「人生応援団」になれる」


■アファメーション毎日変わります!

自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」


■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。

 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み


■「ことば探し」HP↓
 http://www.kotobasagashi.net/
見に来てくださいね。






Last updated  2006.09.30 11:36:47
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.25
カテゴリ:人間関係について
どんなときでも自分には選択権が
あることを知ってください。

あなたの選択があなたの人生を織り上げます。
あなたは人を選び、姿勢を選び、状態を選んでいます。
その選択を受けて、キャリアや人生が展開されます。


確かにたくさんのものが行く手に立ちふさがっていますが、
それをどう扱うかもあなたの選択に任されています。(略)

勇気ある選択に従えば、
最高の一歩が踏み出せるでしょう。


出典元 「なぜこの人ばかり出世するのか」
著者名 ローラ・バーマン フォートガング


この本によると、勇気ある選択とは、
以下の内容を含むもので、自分を望みの場所に
連れていってくれる選択だということです。

 ◎最高のものが手に入るはずだと期待する選択
 ◎一回り大きな人間でいる選択
 ◎あたたかくサポートする選択
 ◎自分にはもっと多くのことができると期待する選択
 ◎楽観的でいる選択
 ◎自分の意見を主張できる選択


自分の気持ちが前向きになり、やる気になる選択は
基本的に自分にとっていい選択で、
その「自分にとっていい選択」を
本当に選択出来るかどうか、
それこそ勇気が必要なのだ。

もちろん、周りの反応を気にしたり、
損得勘定を考えたり、人と比較したり、
選択そのものを人任せにすることを選択するのも、
その人の自由だ。

どんな選択をするのも、自分次第だ。
自分がその選択したことを、忘れてはならないし、
その選択に責任をもたなくてはいけないと思う。
だとしたら、自分が納得できる選択を、
それこそ勇気をもって選択するべきだと思う。
どんな選択でも。



■「ぼちぼち日記」↓
「お彼岸なので…法話を聞きに行く」


今週はお彼岸、久しぶりに法話を聞きに行き、
浄化されたはなし。たまには、いいですね…こんな話も。



■今日のおすすめ本 ↓
 「決断力」

羽生 善治 著

天才棋士の著者が教えてくれる、「決断力」の極意。
ただ、特殊な環境での「究極の決断」なので、読んでいても、
ちょっとわからないところもあります。とはいえ、決断する時の、
心構えやポイントなどは、ビジネス場面でも役立つのではないかと
思います。

著者はこんなことを教えてくれます。
「決断するときは、たとえ危険でも単純で、簡単な方法を選ぶ」
「人間は本当に追い詰められた経験をしなければダメだと言うことも
 わかった。逆にいうと、追い詰められた場所にこそ、大きな飛躍が
 あるのだ。」
「情報は「選ぶ」より「いかに捨てるか」」
などなど。読んでいて、心にビシッと響いてきます。


■アファメーション毎日変わります!

自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」


■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。

 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み


■「ことば探し」HP↓
 http://www.kotobasagashi.net/
見に来てくださいね。






Last updated  2006.09.25 11:48:19
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.06
カテゴリ:人間関係について
相手が嬉しくなる言葉をかけたり、
相手が求めていることをするのは、
何も相手のためだけではありません。
自分の人生を有意義にするためのことでもあるのです。

周囲の人に好かれていれば、
あなたの意見や企画は通りやすくなるはずです。
自分の運が
摩擦という無駄がなく、使われることになります。


出典元 「運をつかむ人、のがす人」
著者名 さい ふうめい


相手が嬉しくなる言葉をかけると、
いい気になる、とか、
相手が求めていることをすると、
こっちが損をする、とか
以前は、こんなふうに思っていた。

しかし、最近はこう思う。
いい気になったって、いいじゃない、
ちょっとくらい損したっていいじゃない、
相手がいい気持ちになれば、それでいいじゃない、
相手の嬉しそうな顔をみれば、
こちらも嬉しくなるし楽しくなる。
それでいいじゃないか…と。
こんなことをケチらなくてもいいじゃないかと。
本当には、何も損することはないのだし。

そして、こんな単純なことを、
もっと早く、もっと若いうちに気付いていれば、
無駄な摩擦はなかったかもなぁ…などと思う。



■「ぼちぼち日記」↓
 「「放火」って本当に多いのか?」


この頃よく掲示板に「放火多発!!注意」などと貼ってある。
この事実を聞くべく、消防署員に聞いてみると、びっくりなことを
聞くことができた。



■今日のおすすめ本 ↓
 「斎藤一人のツキを呼ぶ言葉」

清水 克衛 , 小俣 貫太著

「年間長者番付ペスト10」入りをずっと続けている銀座まるかんの
創業者斎藤一人さんのことばを、わかりやすくかみ砕いて、さらに、
実際の仕事や生活に採り入れることが出来るように具体的に教えて
くれる本。とても読みやすいしわかりやすいと思います。

自分で商売をしている方、これから何かをしてみたい、ツキを呼び
こみたいと思っている方々などにおすすめです。

経営書やビジネス書に書かれてあるコツより、プロの商売魂をもって
いる斎藤さんのやり方の方が、迫力があり、すごさを感じます。
この本の中に斎藤さん、直伝の売れるPOPも載っており参考になります。


■アファメーション毎日変わります!

自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」


■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。

 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み


■「ことば探し」HP↓
 http://www.kotobasagashi.net/
見に来てくださいね。






Last updated  2006.09.06 11:57:03
コメント(0) | コメントを書く

全358件 (358件中 351-358件目)

< 1 ... 31 32 33 34 35 36

PR

Recent Posts

Calendar

Comments

Category

Archives

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Favorite Blog

東京六大学野球~立… New! ヒロくん2010さん

あきらめが肝心 ひろみ(70%)さん

ZOOSHIMIDY の航海… ズーシミディさん
ハピくるネット生活 naniwaakoさん
我流ブログ  WE… 思慮分別さん

Profile


まゆ3281


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.