1335283 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「ことば探し」

全358件 (358件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 36 >

人間関係について

2017.09.17
XML
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




周囲と自分の常識の違いにびっくり…
自分がこれまで暮らしてきた環境から一歩出れば、
それまで当たり前と思ってきたことが、
他の人にとっては当たり前ではなく、
他人にとってはふつうのことが、
自分にはふつうでなかったことに気づく瞬間があります。

「常識」とは、ある一定の集団の中で通用する
共通の考え方や価値観を表すもの。
生活習慣や金銭感覚の違い、人前での態度や振る舞い方、
マナー、仕事の仕方など。
あえて「言わなくても分かっていること」と
考えられているのが「常識」です。

周りの人と上手くやっていくには、
その人たちが「常識」と見なしていることを
ある程度受け入れる必要があります。


もっとも、狭い世界の常識は、
他のところでは通用しないことも。
あなた自身は、ひとつの「常識」にとらわれず、
いろんな考え方や価値観を見聞きし、
視野を広げていくとよいでしょう。


出典元 「トゲトゲしないで。」
おすすめ度 3.5
著者名 中嶋真澄



「これって常識よね~」
「これは、常識でしょ」
などと、常識を強調する人がいます。

また、私も
「あの人は、本当に常識はずれだ」
「なんて、常識がない人なんだろう」
なんて、イライラすることもあります(汗)

でも…残念ながら、その「常識」は、
その人や私が持っている「常識」で、
違う世界(場所や年代など)や違う考え方を持つ人の中では、
全く通じない「常識」かもしれず、そちらからみたら、
こちらの「常識」が「常識はずれ」かもしれません。
また、時代によって、常識が変わることもありますしね。

もっとも、そうわかっていても…
自分が持っている「常識」の壁は案外強くてかたくて、
ついつい、自分の常識中心で見てしまいますが…
こちらの「常識」だけが「常識」だと思い込むこと、
こちらの「常識」を押しつけることは押さえ、
幅広くておおらかな常識にしていきたいなぁと思います。
そのほうが、イライラしないですむように思うので(笑)




■今日のおすすめ本

タイトル : 仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
著者 : 井形 慶子
出版社 : 大和書房
おすすめ度 : 4.5


著者は、イギリスの街並みに魅せられ、
50回以上もイギリスに行っている井形さん。
そんな著者の体験から書かれたこの本には、
イギリスの豊かな考え方などが詰まっています。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=487




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年8月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.09.17 22:33:06
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.10
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




あなたの子どもは何に興味があるだろう。
恐竜、お絵かき、歌うこと、サッカー、野球。
あなたの子どもが好んでやりたがることを見つけ、
それに取り組むのを手助けしよう。
(略)

子ども自身にとって興味深いものや、
意味あるものを追求することを教えれば、その子が
大きくなったとき、意味に対する理解を深めやすくなるだろう。
また、すでに興味を持っているものを追求することは、
子どもの視野を広げる助けになるし、一緒にそれを
探求するあなたとの絆も深まる。

本気で子どもを大喜びさせたければ、
サプライズ・デーを設け、
その子の興味に沿ったテーマの活動をしよう。


出典元 「トンネラーの法則」
おすすめ度 4
著者名 ロム・ブラフマン



何か特別なこと…
たとえば天文学とか、に関心を示したら、
オンラインで関連情報を調べたり、一緒に本を読んだり、
プラネタリウムイベントを探し、連れて行って驚かせてたり、
一緒に夜空を観察したり、子どもと一緒にできる、
天文学についての楽しいプロジェクトを考えたりして、
一緒にそれを楽しんだり、夢中になったりするといいそうです。

こうすることで、子どもに精神的にも脳的にも、
いい影響を与えるだけでなく、大人にとっても刺激となり、
子どもとの絆を深められいいそうです。
そういえば、卓球、野球、体操などなどのスポーツ選手、
最近話題の藤井聡太四段も、親の応援がとても大きいようですね。
一緒に、なにかに取り組めたらステキですね。

興味のあることに取り組んだり、
サプライズ・デーは、子どもにだけでなく、
大人たちも楽しみたいですね~




■今日のおすすめ本

タイトル : 子どもの心に届く言葉、届かない言葉
著者 : 小山 英樹 (著), 佐々木 喜一 (監修)
出版社 : 学習研究社 (2008/06)
おすすめ度 : 5


教育コーチで社団法人日本青少年育成協理事(出版時)の著者が、
子どもの心に届き、生きる力を引き出すようなコミュニケーション
方法、教育コーチングを38教えてくれる本。

一つ一つの話に事例が書かれており、わかりやすく
「なるほど、そうか…」と納得できる話、気づきが多く
とても勉強になる本です。
子育て中の方、教育に関わっている方、人を育てる立場の方、
コーチングに興味のある方には、とてもおすすめの本です。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=2205




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.07.10 14:51:49
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.04
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




人を受け入れるということは、
「人はみな違う」という大前提に立って、
相手の考え方を認めるということです。
決して、相手に同意する必要はありません。
自分と違っていることを認めるのです。

おたがいが自分の正しさを押しつけ合うのではなく、
「あなたはそう思うんですね」
「あなたはそういう考え方なんですね」
と認め合うことができたら、戦いにはなりません。
これが相手を受け入れるということなのです。
そして、これを訓練していくことによって、
あなたの寛容さは深まっていきます。

自分の正しさを主張して戦うか、
それとも、その正しさを手放して楽しく生きるか。
あなたはどっちの生き方を選びますか?


出典元 「心眼力」
おすすめ度 4
著者名 野口 嘉則



自分とは、相容れない考え方や生き方の人はいます。
そんな人を前にすると、
「え、なんでそう思うの?」
「なんで、そんなことができるの?」
「どうして、それが平気なの?」
「信じられない…」
などなどの気持ちが強くなり、
どうしてもその人のすべてを否定しがちです。

でも、違うんですね~人はみんな。
切ないことに、違うんですね~
どんなに愛し合っていても、親友でも、尊敬する人でも。
願わくば、同じようであってほしいと願いたくなりますが、
違うんですよね~
あそこもここも、言うことも、考えてることも、生き方も(泣)

そして、このことを受け入れられないと、
日々「なんで~?」とイライラもしがちだし、
腹ただしさもつのってきたりして、辛いことになります。
相手も否定されると、日々辛いですしね。
辛いとお互いに辛いから、
「仕方ない、人はみな違う」
あるいは、
「人は違っているから、いいんだ、すばらしいんだ」
と、受け入れていきましょう~
きっとそのほうが、気持ちが平和でいられると思います。




■今日のおすすめ本

タイトル : だからすれ違う、女心と男脳
著者 : マイケル・グリアン
出版社 : 講談社
おすすめ度 :5


社会哲学者であり、ファミリーセラピストでもある著者が
書いた、脳の研究を取り入れた男女の違いの本。
「男と感情の関係」「男にとって結婚とは?」
「家事、子育てについて」などなど、男性の本音や、
脳の動きから見た行動など、実例付きで紹介されていて、
とても参考になります。
男女の違いについて、興味ある方は必見です。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=977




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.07.04 14:28:52
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.18
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




「このところ、あの人と会うと必ずケンカになってしまう」
「電話でもメールでも、なんだか思いが伝わらない」
こんなときは、無理に解決しようとせず、しばらくの間、
その相手との距離を置いた方がいいこともあります。

人にはバイオリズムがあるように、
運気にも見えない波があります。
それは、人間関係も例外ではありません。

とくに理由はなくても、なんとなくギクシャクしてしまうとか、
なぜかお互いに相手の発言にイライラする、といったときは、
「今は、そういうタイミングなのだ」と考えて、
割り切ってしまう方がいいかもしれません。

もしかすると、相手は、何か大切な考え事をしていて、
少しの間一人になりたいのかもしれません。
人間には、誰にでもそんな時期があるものです。



出典元 「“切れない絆"をつくるたった1つの習慣」
おすすめ度 4
著者名 植西 聰



植西さんは、さらに、

「こういうときに大切なのは、
 必要以上に相手を責めないということです。
 また、「このままあの人と、絶縁状態になってしまうのでは…」
 と不安を感じる必要もありません。

 そんなときは、これまでの二人の積み重ねてきた時間を思い出し、
 心を落ち着かせながら、「焦ることはない」と考えましょう。
 悩んでも解決しないことは、
 何も考えない方がいいこともあるのです」

と、言っています。
今までうまくいっていたのに、なんとなくしっくりとこなくなった、
なんか食い違う、タイミングが合わない、などなどありますよね~
あれっ、なんかいつもと違う、なんて感じたり。

そんなときには、
少し違う風がふいていたり、違う関係性になっていく、
はじまりかもしれませんね~
ワンランク上の関係性になっていくために必要な段階で、
お互いに少し距離をとったほうがいいと感じているからかもしれません。
今のまま、あまりに近づきすぎると息苦しいな、なんて感じて。
また、こちらか相手に何か事情があり、心配や不安でいっぱいで、
心がいっぱいいっぱいでいつものようにはできないのかもしれません。

そんなときには、無理になんとかしようとして、
「何かあったの?」「どうしたの?」「いつもと違う」
などと、相手を問い詰めたり、焦って聞き出そうとしたりせず、
今までの関係性を信じて、「こんなときもある」と割り切り、
ゆったりと時間をかけたほうが、余裕のある豊かな、
関係性が築けていけるように思います。




■今日のおすすめ本

タイトル : 豊かな人間関係を築く47のステップ
著者 : グレン・ヴァン・エカレン
出版社 : ディスカヴァー・トゥエンティワン
おすすめ度 : 5


例えば、こんな話が書いてあります。
◎相手の立場になって考える
◎お互いの利益になる道を探す
◎相手以上に相手を信じる
◎勝とうとしない
◎小さな思いやりを積み重ねる
◎許すことによって自分を解放する
◎仕返しをしない
◎人の能力を最大限に引き出す
◎問題があることを問題にしない
◎結婚してからも愛し続ける
◎困っている人に手を差し伸べる
◎相手に自分自身を好きにならせる

人間関係を築く上で、参考になる考え方、方法が満載です。
書いてあるエピソードや、実例も心に響いてきます。
とてもいい本だと思います。おすすめです。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=1159




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.06.18 21:03:02
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.08
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■「今日のことば」5月の人気ベスト5をアップしました。
 どんなことばだったか、見てみてくださいね。
 ★詳細は→http://www.kotobasagashi.net/kotoba/vest5.php

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




人との絆は、強いように見えて、はかないものです。
ささいな誤解、ときの流れ、うっかり発した言葉、病気や事故…。
そんなことが原因で、ずっと続いてきた二人の絆が、
雨上がりにパッと出て、すぐに消えていく虹のように、
いつの間にか消えてなくなってしまうこともありうるのです。

忙しい、今日は疲れた、そのうち連絡すればいい…
大切な絆なのに、私たちはいろいろな言い訳を並べて、
しっかりと守ろうとはしません。
でも、本当にそれでいいのでしょうか?


あの人の笑顔を、もうずっと、見られなくなったら?
あの人の優しい声を、永遠に聞けなくなっったら?
あなたの心にはきっと、ポッカリと穴が空いてしまうでしょう。

いつか消えてなくなるかもしれない絆だから、
今、大切にすることが肝心です。
なくしてから後悔しても、もう取り返しはつかないのです。


出典元 「“切れない絆"をつくるたった1つの習慣」
おすすめ度 4
著者名 植西 聰



せっかく築いた相手との絆を
簡単に失わないようにするためには、どうしたらいいか?
そのひとつの方法が「謙虚であること」で、例えば、

「この人は、私に優しくしてくれて当たり前」
「この人は何があっても、私のことを嫌いにならないに決まっている」
「この人は、何を言っても平気な相手」
「夫婦(恋人)だから、こうしてくれるのは当然」

そんなふうに思い上がって油断をすれば、
相手からの信頼を失う危険性が高くなる、と植西さんは言います。

謙虚であるためには、
◎常に、誰かのおかげで今の自分が元気に生活できていることを
 意識して、「おかげさま」の気持ちを忘れないこと
◎人の絆は「当たり前」のものではなく、
 ありがたい存在であることを忘れないこと
◎言ったことを実行し、約束をきちんと果たすこと
こんなことがとても大切だそうです。

本当にそうだなぁと思ったしだいです。




■今日のおすすめ本

タイトル : 幸せの絆
著者 : 木村 藤子
出版社 : 主婦と生活社 (2008/06)
おすすめ度 : 4.5


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎運命の出会いとは…
 ◎幸せの絆を磨く
 ◎結婚にはケジメが大事
 ◎不倫=偽りの愛とは限らない
 ◎夫婦の相性、老後の相性
 ◎相性とはつくっていくもの
 ◎何を子供に伝えるか?
 ◎親、子、舅と姑。家庭という箱の中で
 ◎芯の強さを品格を身につける
 ◎スピリチュアルは万能薬ではない

霊能者というと、抵抗がある方もおられるかもしれませんが、
私はすんなりと素直に読めました。そして「気づくこと」の大切さ
をあらためて感じました。どちらかというと女性向けです。
今、人間関係で悩みがある方は、読んでみるといいと思います。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=1800




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.06.08 09:32:34
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.16
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




行動の主体者は、あくまで相手自身です。
相手が自分の意思で行動しようとすること、
変わろうとすること、が必要なのです。
つまり、こちらの役割はそのキッカケを与えることなのです。
しかし、名案と言えるようなキッカケがあるわけではありません。
そのときどきの相手の状況によって、キッカケになる
こちらの行動は、次のように様々なものがあります。

・相手の話を聞く
・相談に乗り、一緒に考える
・自分の意見を伝える
・知識や情報を教える
・自分の体験を語る
・共に夢を語り合う
・相手がやる気になる言葉で励ます
・自由に相手に任せる
・いつでも笑顔でそばにいる
・心の底からほめる
・共に喜びを分かちあう
・相手に感謝する
・相手のために尽くす


そして、一番大きなキッカケになるのが、
相手を感動させることです。
感動は人の意識を一瞬にして、
大きく変えてしまうことがあります。


出典元 「リーダーになる人のたった1つの習慣」
おすすめ度 3.5
著者名 福島 正伸
 


福島さんは、さらに、
一番のキッカケの「感動」は、テクニックだけではなく、
話す人の思いややる気など、持っている思いが
どれだけ強いかが影響すると言っています。
さらに、

「相手が「感動」するためには、
 相手に対する真剣な気持ちと本気の行動が、
 相手の想像を超えることが必要になります。
 いずれにしても、相手が変わるかどうかは、
 自分の意識と行動の結果なのです。

 相手を変えるのではなく、自分自身を見直し、
 自分を変えることによってしか、
 相手を変えることはできません」

とも。
自分が変わるにも、キッカケが必要ですが、
誰かを変えるにも、キッカケ、しかも、
心に響くようなキッカケが大切なのだと思いました。

また、こちらが本気であること、
強い思いを持っていることが大切で、仮に、
誰かを感動させるような強い思いを持てない場合は、
上記の・の方法をていねいにしていくことが大切なのだな、とも。




■今日のおすすめ本

タイトル : 感動する脳
著者 : 茂木 健一郎
出版社 : PHP研究所 (2009/4/1) 文庫版
おすすめ度 : 4.5


脳科学者の著者が、「感情と脳の関係」「感動で脳は進化するの
か」出版時点((2007年)で解明された脳の機能、働きなどを
わかりやすく、解説してくれる本。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=2093




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年4月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.05.16 13:12:19
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.09
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■「今日のことば」2017年4月の人気ベスト5をアップしました。
 どんなことばだったか見てみてくださいね。
 http://www.kotobasagashi.net/kotoba/vest5.php

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




会話を弾ませるには、相手の言ったことの中から
自分が興味を持った、または相手がもっと話したそうな
キーワードを拾い、それを糸口として展開するのが基本です。

×「いつですか?どこですか?
  彼氏さん、何をしてる人ですか?」

一気に3つも4つも質問されても
相手は対応できず話す気が失せてしまいます。
聞きたい気持ちをグッとこらえて、ひとつずつ質問しましょう。


◎「どこに行くか決めてるんですか?」

日常会話はもとより、インタビューや質疑応答の場面でも、
基本は一問ずつ質問すること。
その方が相手もスマートに回答できますし、
会話のリズムも生まれます。


出典元 「会話が弾むのは、どっち!?」
おすすめ度 4
著者名 櫻井 弘
 


質問は一気にいくつもされると、
どれから答えようか、どう答えようか、混乱しますし、
相手はどれを本当は聞きたいのかなど迷います。
その結果、うまく答えられないし、
うまく伝えることもむずかしくなります。
質問する方も、聞きたいことを聞けない確率が高くなります。

女性同士の気楽なおしゃべりでは、
次々と質問しても、いくつ質問しても、
流れの中でわいわいどんどん進んで、楽しいのですが、
おしゃべりと会話は違うという気がします。

特に、ビジネス、男性や子ども、または女性とも
会話をするとなると、あれこれ聞きたくても、
手間がかかっても、ひとつずつ質問し、
ひとつずつ終えていくのがいいように思います。




■今日のおすすめ本

タイトル : こころのモヤモヤを解き放つ 魔法の質問
著者 : マツダ ミヒロ
出版社 : サンマーク出版 (2006/6/21)
おすすめ度 : 4


質問家、質問プロデューサーという肩書きの著者が、自分に問い
かけ、それらの答えを見つけることで、元気や気づきを得たり、
やる気を引き出したりする魔法の質問52を教えてくれる本。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=2273




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年4月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.05.09 20:19:34
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.17
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




殺し文句や決め台詞は、相手の心に響いて
はじめて効果を発揮するのです。
決め台詞の条件には次の3つがあります。

1.心の琴線にふれる言葉
2.聞き手の自尊心を高めるもの
3.熱意と感情を込めて話す
(略)

同じ意味合いの話をしていても、
終わりにくる言葉のほうが強調されます。
これが人間心理です。
ですから、決め台詞を投げかかるときは、
最後に大事な言葉を強調することです。


出典元 「大阪のオバチャンは、なぜ人前でもあがらないのか?」
おすすめ度 4
著者名 金井 英之
 


たとえば、こんな感じだそうです。

1.は、相手の感性に訴える言葉で、
 「あなたのような貴重な体験を持っている人でなければ、
  この仕事を頼めないんだ」
 「やっと会えたね。赤い糸をたぐっていったら君にたどりついたよ」

2.は、「相手の自尊心を高める」言葉で、
 「子どもを見れば親が分かる、というけれど、きっと君のお母さんは
  上品で礼儀正しいお母さんなんだろうね…」

3.は、熱意と感情を込めて話すことです。
大阪のオバチャンは、これがとても上手だそうです。

 「頼りになるのはあんただけやさかい、体には気をつけんとあかんよ」
 「あんたを見下した連中をみかえさなあかんよ…。
  このままやったら、いくらなんでも腹立つやんか…」
 「あんたみたいな親孝行おらへんで…えらいなあ~…」

また、こんな順番で言うといいそうです。
×「君は、仕事はよくやるけど、よく酒を飲むねえ」
◎「君は、酒をよく飲むけど、仕事もよくやるねえ」
同じことを言ってますが、印象の残り方が違いますよね。
その人を力づけるあたたかい言葉をかけたいですね~

大阪のオバチャンのようになりたいなあと思って何十年。
近づきたいなぁ~(笑)




■今日のおすすめ本

タイトル : どや!大阪のおばちゃん学
著者 : 前垣 和義
出版社 : 草思社
おすすめ度 : 4


この本によると
「大阪のおばちゃんは、よくいえば「大胆」である。反転すれば
 「図々しい」。周りのことなどおかまいなし。我が道を行く。
 列を乱す。わずかなすき間であったとしても無理矢理に座る。

 しかし、快活で親しみやすい。おせっかいだが、親切だ。
 愛想がよい。口は悪く、言葉は荒くても愛情がある。
 うどんのだしのように温かく、味わい深い。よく働く。
 そして笑う。大阪のおばちゃんは、下町の人情そのものだ。(略)

 大阪のおばちゃんは、プラス、どこか人をホッとさせる愛嬌を
 持ち合わせている。料理がおいしければ、
 「ケッサクやな、これ」と誉める。
 その言葉が周囲に笑いと温もりを生む。
 これがなければ「正統な大阪のおばちゃん」ではないのだ」

と言うことです。
正統な大阪のおばちゃんに、大いにあこがれる私です。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=1109




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年2月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.04.17 13:00:02
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.08
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




《上手な怒りの伝え方…プライベート編》

1.オウム返しで撃退する
2.「男のプライド」を傷つけない
3.「あなたの困惑はわかっている」と伝える
4.思いっ切り下でに出る
5.自分の自己愛を宣言する
6.偉い人の権威を利用する
7.自分の影響力を信じすぎない
8.羨望のポイントを見分ける
9.弱みを突く
10. 「無意識の攻撃」を自覚させる
11. 疑問をぶつける
12. 交渉のテーブルに着かせる
13. 相手の自己愛を利用する
14. 共感する
15. 相手に理由を与える


出典元 「怒れない人は損をする!」
おすすめ度 4
著者名 片田 珠美



例えば、
「早く孫をみたいわ~」などと何度も言われる場合は、
「1.オウム返しで撃退する」方法で、「私も早くみたいです~」
と相手の言葉をそのまま返して、スルーするといいそうです。

なんでも比較してくる無神経な同僚や友人には、
自慢をしたいのだと割り切り「5.自分の自己愛を宣言する」方法で、
「自分は、これがいいの」「これが好きで選んだんだ」など、
はっきりと言うといいそうです。

ぐちぐちと「あなたのせいで○○ができなかった」などと
言ってくる両親やパートナーには
「7.自分の影響力を信じすぎない」作戦で、
「オレには、おかあさんの人生を動かすようなすごい力はない」
などがいいそうです。この場合、
「できなったのは、自分のせいだって言いたいの?」
などと、反論しても無駄だそうです。

「お前が生活できているのは、オレのおかげ」なんて
言って来るパートナーには、実は、いなくなることを
怖れているので「偉そうに言わないで!」と怒りをぶつけるより、
「そうね、私なんかいなくても、あなたは問題なく生活できるわね。
 それなら、これはしなくても大丈夫ね、よろしくお願いします」
などと突き放す「9.弱みを突く」方法などが有効だそうです。

「そんな仕事をさせるために、大学をだしたわけじゃない」
などと言ってくる両親や身内には、
「この仕事は、注目の分野だと言われている。
 お父さんの息子だから、その辺りを見る目は確かだよ」
などと、相手の自己愛を持ち上げる反論が効果的だそうです。

「お隣さんへの手前もあるから、あなたも○○してよ」
と、怒りをぶつけてくるときは「15. 相手に理由を与える」方法で、
「今、△△の仕事をしていて手一杯だから、終わったらやる」
などと、お隣さんに理由を言えるような反論がいいそうです。

わかりづらいところもありますが、
いろいろな対処方法はあるようですので、
もっと知りたいときは、本を読んでみてくださいね。




■今日のおすすめ本

タイトル : 人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
著者 : ひすい こたろう (著), マツダ ミヒロ (著), 青木 勇一郎 (著), ぐっどうぃる博士 (著), 水蓮 (著)
出版社 : ソフトバンククリエイティブ (2010/10/22)
おすすめ度 :4.5


5人のセラピストやカウンセラーたちが一堂にそろって書き
上げた「人間関係」の教科書。
講師陣のタイプもさまざまですから、実にいろんな角度から
解決策が網羅されています。
人間関係のことで悩んだときは、必ずここにあなたの力になる
ヒントがあるはずです。(本の紹介文から)


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=2607




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年2月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.03.08 20:01:56
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.07
カテゴリ:人間関係について
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




《上手な怒りの伝え方…ビジネス編》

1.妥協点を見つけて交渉する
2.実害がなければスルーする
3.うまく嫌味を言う
4.立場を置き換えて考えてみる
5.相手の予想を超えてみる
6.指示は必ず形に残しておく
7.相手も一緒に巻き込む
8.証拠をつきつけるのは最終手段
9.スケジュールに余裕をもって交渉する
10. 羨む価値がないと思わせる
11. 代替案を提示させる
12. メリットが何かを相手に説明させる
13. 「あなたのためだ」と言いつつ、一般論に置き換える
14. 自分よりさらに上から注意してもらう
15. 相手の言うことを証拠に残す
16. さらに上の上司のせいにする
17. 相手の判断にゆだねる
18. 乗っかってみせる


出典元 「怒れない人は損をする!」
おすすめ度 4
著者名 片田 珠美



例えば、
「一度言ったのにわからないなんて、バカなの?」
などといつも人を見下したり否定する上司には、
「3.うまく嫌味を言う」のが有効で、

「一度でわかる説明でしたら私も理解できると思うのですが…
 何度も聞いて申し訳ないのですが、教えてください」
「一回じゃわからなくて。何度も聞いて申し訳ありません。
 ○○さんだったら、私にもわかるように教えてくださると思って」

「あなたの説明では一度じゃわからない」と、さりげなく、
嫌味を言いつつ、こちらの言い分を通すといいそうです。

無理難題を押しつけてくる上司などは、
「7.相手も一緒に巻き込む」方法で、
「部長に説得していただけたら、相手も条件をのんでくれると
 思うので、部長、お電話をお願いしてよろしいでしょうか?」
と、部長を巻き込んでいくといいそうです。

また、「どうしてこんな簡単な売上が立てられないんだ、
小学生だってもう少しまともだぞ!死んでしまえ!」
などというパワハラモンスターには、
「18. 乗っかってみせる」の方法で、例えば、

「精いっぱいの努力をしています。もし課長によいアイデアが
 ありましたら、お知恵を拝借したく存じます」
と、毅然と伝え問いを投げ返したり、

「そうですね、課長にご迷惑をおかけして、
 僕なんて死んだほうがいいのかなと思うときもあります」
と、逆にあえて上司の言葉に乗っかり、思い切り落ち込んで
見せるのも手だそうです。

自分が思ってもいないような結果になると、
慌ててしまうのが人間なので、そこをついていくといいようです。
また、「部長が言うことは、こういうことですね」などと言いつつ、
言われたままをメモしておくと、証拠にもなるので、相手は嫌がり、
言葉を慎む、なんてことも多いそうです。

切り返しは、はじめはなかなかむずかしいと思いますが、
何度かチャレンジしてみるといいようです。

すべてを説明できないので、
詳しくは、本を読んでみてくださいね。
プライベート編は、明日書きますね。




■今日のおすすめ本

タイトル : 怒りに効くクスリ
著者 : 松本 桂樹 、白鳥 早奈英 、松浦 真澄 、池田 久乃
出版社 : WAVE出版
おすすめ度 : 4


怒りとつき合っていくのは、なかなか骨の折れることですよね。
そんな時に体と心をゆるめてみませんか?
そんな時におすすめの本です。

この本には、
怒りを「つぼ」や「アロマ」や「マッサージ」はては
「グッズ」を使って、沈めていこうと具体的な方法が
いっぱい書かれています。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=779




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年2月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.03.07 13:15:07
コメント(0) | コメントを書く

全358件 (358件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 36 >

PR

Recent Posts

Calendar

Comments

Category

Archives

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Favorite Blog

お彼岸の墓参りに行… New! ヒロくん2010さん

あきらめが肝心 ひろみ(70%)さん

ZOOSHIMIDY の航海… ズーシミディさん
ハピくるネット生活 naniwaakoさん
我流ブログ  WE… 思慮分別さん

Profile


まゆ3281


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.