1352244 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「ことば探し」

全294件 (294件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

本とことば

2017.02.07
XML
カテゴリ:本とことば
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




「やさしいことばで日本国憲法」(マガジンハウス)で、
英訳の日本国憲法からふたたびやさしい日本語に翻訳した
池田香代子、C.ダグラス ラミスは、
第九条を以下のように訳しています。
まず、現代の条文、次にやさしい日本語の条文を
並べてみましょう。

第九条

 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は
 国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 日本のわたしたちは、戦争という国家の特別の権利を放棄します。
 国と国との争いを解決するために、武力で脅したり、
 それを使ったりしません。
 これからは、ずっと。



出典元 「ひらがな思考術」
おすすめ度 4
著者名 関沢 英彦



関沢さんは、

「厳密さに劣る面はありますが、
 条文のいいたかったことがより鮮明に現れてきます。
 「やさしいことば」で第九条を読み直してみるとき、
 「これではもはや実情に合わない」と思う人と、
 「いや、この考え方こそ、21世紀により大切だ」
 という人がもっと実り多い議論ができるかも知れません。
 
 こうした条文ならば、数十年後の日本のあり方に最も
 関係の深い小学生も、自分の意見を持てるでしょう」

と言っています。
むずかしいことばで言われると、よく理解できないこともあり、
意見を言うこともしにくいものです。
(意見を言われないために、むずかしいのかな)
例えば、民法の第4条は、こんなだそうです。

「未成年者カ法律行為ヲ為スニハ其法廷代理人ノ同意ヲ
 得ルコトヲ要ス
 但単ニ権利ヲ得又ハ義務ヲ逸ルヘキ行為ハ此限ニ在ラス」

わーっ、これでは、意見を言う前に、
私はうまく読めず、本来の意味をちゃんと理解もできません…
みなさまは、どうですか?




■今日のおすすめ本

タイトル : わかりあえない理由
著者 : デボラ・タネン
出版社 : 講談社
おすすめ度 : 5


■男女の違いについて知りたい方におすすめ■
あまりの違いに苦笑したり、ときに考えたりしてしまいますが、
読んでいてとても興味深く面白いです。おすすめです。
1466

★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=420




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年1月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.02.07 20:32:51
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.18
カテゴリ:本とことば
「やばい」という言葉があります。
ある状態を外から見て、例えば車が猛スピードで
走ってくるのを見て「危ない」=「やばい」。
ところが、今の子は自分の心情を表すのに使っているんです。
心の中が乱されて「危ない」=「やばい」。

言葉が変化していくのは事実ですし、
これでいいと感じる大人もいるかもしれません。
ただし、NHK放送文化研究所の塩田雄大(たけひろ)さんの
説ですが、言葉が生き残る条件は、中高年が口にして、
気恥ずかしくないかどうかなのだそうです。

中高年が「やばい」を若者と同じような意味で
平然と使うようになったら、「やばい」は
そういう意味の日本語として定着していく。
中高年が使わなかったら、
単なる若者言葉としていずれ消えていく。

日本語が変化していくのは若者のせいではない。
大人の責任なんですね。
若者に好かれるのではないかと迎合して、
ついつい若者言葉を使ってしまいがちですが、
「これは認められん」という言葉は使わない覚悟も
必要なのではないでしょうか。



出典元 「しあわせの雑学」
おすすめ度 4
著者名 近藤 勝重


ああ、その通りだなぁ…自分が、
認められないと思う言葉は使わない、
残したくない言葉は使わない、
気恥ずかしくなる言葉は使わない、
そして、できるだけ美しい日本語を残したいと思いました。
これは、大人の責任なのだと自覚して。

以前も書いたことですが、
「行く言葉が美しい時、返る言葉も美しい」とか
「あなたの言葉が、春のようにあたたかく
 優しいものになったとき、世界もあなたに
 優しくしてくれるのです」
「美しい言葉を贈れば、優しい言葉が返ってくる」
など、言葉遣いは、その人を映す鏡だと思うこのごろです。

時々、私は、乱暴な言葉を使います(情けないですが…)
そんなことも反省しながら…できるだけ、
穏やかで、美しい言葉を使っていきたいと思います。

星■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「山手七福神巡り…妙円寺「福禄寿、寿老人」」

この二人の神様は、同じ人だという説もあるとか。
このお寺は、すがすがしい感じのお寺だった。

■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

■アファメーション毎日変わります!
自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個以上のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています。
  →「購読申込み」

《お知らせ》★「今日のことば」12月の人気ベスト5をUPしました。
 最高は19ポイントでした。どのことばだったか、
 チェックしてみてくださいね。ご協力ありがとうございました。
 「12月の人気ベスト5」






Last updated  2010.01.18 10:49:22
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.21
カテゴリ:本とことば
5つの「あ」がない人は、
仕事がうまくいかないという話をよくする。

1.挨拶ができない
2.ありがとうが言えない
3.謝れない
4.頭を下げられない(お願いしますと言えない)
5.新しいことに取り組まない


    モルゲン人材開発研究所所長・澤田富雄
    「なぜか途中で挫折する人の心理分析」
    2005年1月3日号 より


出典元 「プレジデント名言録 パート3」
おすすめ度 4
著者名 プレジデント編集部


どれも、当たり前のことだと思うが、
こうしてまとめて言われてみると、なるほどなぁと思い、
そして、私は、3番の謝れないというところがあるなぁ、
なんて気がついた。
自分が悪いと思ったら、素直に謝らなくちゃな、と思った。

以前「(2008年1月15日)のことば」で、
仕事ができる人の成功法則「ABCDの法則」
というのを書いた。
それはこんなことだった。
(A)当たり前のことを
(B)バカにしないで
(C)ちゃんとやる
(D)(それが)できる人

このこととどこかちゃんと連動するなぁ、
とも思ったのだった。

星■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「これは、でかでかだね~すごいねえ」

道ばたにはでかでかのものもある。
そんなものも見つけると嬉しい。

■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

■アファメーション毎日変わります!
自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています。
  →「購読申込み」

《お知らせ》★「今日のことば」7月の人気ベスト5をUPしました。
 最高は20ポイントでした。どのことばだったか、
 チェックしてみてくださいね。ご協力ありがとうございました。
 「7月の人気ベスト5」






Last updated  2009.08.21 12:43:00
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.19
カテゴリ:本とことば
話すとは、最終的には、相手に明確なメッセージを残すことだ。
だから、いちばん言いたいこと、伝えたいことだけは、
明確に相手に伝わるようにする必要がある。

聞き手に「今の話は、結局何だったの?」と
思われてしまう話が、いちばんつまらない話だ。
少なくてとも、「結局、これが言いたかったのか」と伝われば、
おもしろくはなくても、聞いている方も気持ちが落ち着く。(略)

そのためには、もっとも言いたいことを
キャッチフレーズにするのがいい。
最初に言うことと、最後に言うことに切れ味の良い
キャッチフレーズが入っていると、聞き手にスッキリ感がある。
切れ味のいいキャッチフレーズが入ってくると、
「ああ、今日の話は、そういうことをいっていたんだ」
となる。話の内容をほとんど忘れてしまっても、
印象的なフレーズだけは残る。



出典元 「人を10分ひきつける話す力」
おすすめ度 4.5
著者名 斎藤 孝


自分の言いたいこと、伝えたいことを、
一言でまとめると、どういうことなのか…
それは、キャッチフレーズ(むずかしいもの、
かっこいいものでなくてよく、素直なもの)でもいいし、
わかりやすい格言のようなものでもいい。
これを、言えるかどうか…

「今日言いたかったのは、◎◎ということ」とか、
「今日、伝えたかったことは、■■■!」
と、まとめられれば、その前の話が、あちこちに飛んでも、
あやふやでも、よくわからなくても、
「ああ、そう言うことだったんだ…」と相手が思いやすく、
最低限のことだけは伝わる。
なにより、自分の頭の中の整理もできる。

普段のおしゃべりなら、こんなことを気にする必要は
ないかもしれないが、普段から、自分が何を言いたいのか、
この話で何を伝えたいのか、を意識してないと、
いざというときにも言えないように思う。

さて、今日、私が言いたいことは…まとめると、そうだなぁ…
「相手に「結局何が言いたいの?」と言わせないようにしよう」
キャッチフレーズは、
「自分の頭も相手の頭もスッキリ。
 伝えたいことは、一言で言える訓練しよう!」かな。
(あまり切れ味はよくないキャッチフレーズですね(苦笑))
で、伝わりましたか、私の言いたいこと?

星■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「今日も日本は平和でした…その2」

この平和は、日本ならではないかな?
なんて思った平和。

■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

■ブログランキングに参加しています。
「ポチッ
」↓と押してご協力お願いします。
まだ、うんと下っ端なので、よろしくお願いします。 <(_ _)>
ランキングタグ  

■アファメーション毎日変わります!
自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
コンパクトで、読みやすい構成にしています。
  →「購読申込み」

《お知らせ》★「今日のことば」5月の人気ベスト5をUPしました。
 最高は23ポイントでした。どのことばだったか、
 チェックしてみてくださいね。ご協力ありがとうございました。
「5月の人気ベスト5」






Last updated  2009.06.19 11:16:47
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.11
カテゴリ:本とことば
《お知らせ》

この本の、もっと詳しい内容について、
「「奇跡のリンゴ」をつくった木村さんのお話」
を、「ぼちぼち日記」に書ています。
よかったら、こちらも読んでみてくださいね。
「「奇跡のリンゴ」をつくった木村さんのお話」


「バカになるって、やってみればわかると思うけど、
 そんなに簡単なことではないんだよ。
 だけどさ、死ぬくらいなら、
 その前に1回はバカになってみたらいい。
 同じことを考えた先輩として、
 ひとつだけわかったことがある。
 
 ひとつのものに狂えば、いつか必ず、
 答えに巡り合うことができるんだよ」


ひとつのものに狂えば、いつか答えに巡り合う。
木村の言葉は、木村の人生そのものだった。


出典元 「奇跡のリンゴ」
おすすめ度 5
著者名 石川 拓治


ひとつのものに狂うこと…
ことばを変えれば、のめり込むことでもあると思うが、
できそうで、なかなかできるものではない。
だいたい、そんな、狂えるもの、のめり込むものに
なかなか出合えないし、仮に出合ったとして、
避けたくなるものだと思うのだ。

そんなものと出合えば、
これから先、自分がどうなるかわからず怖いし、
その先に何があるのか不安だし、
本当に、その道に進んでいいかどうか、いつも揺れ、
そのときには、その先に答えがあるとは思えないから。

しかし…ときとして、自分の思いとは裏腹に、
そんなものに出合うことがある。
そうなると、怖さや不安や疑問などがあっても、
ひとつのものに狂い、のめり込んでいく…
どうあがいても、その道から逃れられなくて、
後先のことなど考えずに。

そして、ひとつのことに純粋に
狂い、のめり込んだ人たちは、いつか、
答えに巡り合い、答えを見つけていくのだと思う。
その答えがどんなものであろうとも…
もし、そんなものが今あるなら、出合ったなら、
たった一度の人生だから、
そうなるのもいいと私は思う。


星■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「「奇跡のリンゴ」をつくった木村さんのお話」

今日は、この木村さんと、木村さんがつくった
「奇跡のリンゴ」のことを書いた本の紹介です。
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」
(2006年1月)でも、紹介されたので、
ご存じの方も多いと思います。
(残念ながら、私は見逃しました…)
この番組を放送してから、反響が大きく、
ついに本にもなったのです。

■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

■ブログランキングに参加しています。
「ポチッ
」↓と押してご協力お願いします。
まだ、うんと下っ端なので、よろしくお願いします。 <(_ _)>
ランキングタグ  

■アファメーション毎日変わります!
自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
コンパクトで、読みやすい構成にしています。
  →「購読申込み」






Last updated  2009.03.11 12:01:28
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.30
カテゴリ:本とことば
私は、90名のエンジニアを集めて、今、自分に
降りかかってきそうなリスクを書いてもらったことがある。
そして、インターネットに載っている失敗データを
「他山の石」として参考にすると、7割のリスクに対して
有効な対応策が導け、予防できることがわかった。
7割は自分の能力の範囲内で解決できるのである。

すなわち、「危ないな」とリスクを感じたら、
7割は他山の石を模範例として利用できる。
似ている失敗を探せば7割の確率で見つかるのだ。(略)

失敗の「模範例」を頭に入れておけば、
7割の失敗は防げる。



出典元 「失敗の予防学」
おすすめ度 4.5
著者名 中尾 政之


しかし、多くの人は、失敗事例、模範例を頭に入れ、
これに学ぶこと、これを活かすことがなかなかできないという。

その理由は、
○事例、模範例を知らない、知ろうともしないこと、
○「危ないな」と感じたリスク自体を飲み込んでしまい、
 それを見ないようにすること、
○自分は大丈夫などと過信して、
 見たいところばかりを見てしまうから

で、この本によると「失敗の3悪人」は、
上記のような「無知、無視、過信」だそうだ。

今は、本やインターネットなどで調べれば、
事例や模範例は、かなり見つかる時代だ。
今、やろうとしていることで、
そんな事例や模範例は知りたくないかも知れないが、
これらを知り、参考にし、学び、実行に移せば、
7割は回避出来るかもしれないのだ。
リスクはかなり少なくなる、ということでもある。
失敗は、7割とまでいかなくても、ある程度は回避出来る、
予防できる、こんなことを忘れないようにしたい。


星■今日紹介した本 ↓
「失敗の予防学」



技術者であり、失敗学の専門家である著者が、なぜ「信じられない
ミス」が起こるのか、「科学の目」で失敗を徹底的に解剖し、その
予防策、対応策「転ばぬ先の知恵22」を、わかりやすく教えて
くれる本。
失敗の本質や失敗の事例がたくさん書かれていて、とても勉強に
なった本でした。なるほど、こんなところに落とし穴があるのか、
ここは注意するべきなんだな、など、よくわかりました。
ビジネスの失敗を取り上げていますので、会社経営に携わっている
方、一線のビジネスマンには、一読をおすすめします。


星■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「夜の出来事の犯人はわかったけど…その処置は?」

ブラリと垂れ下がった線が何の線で、どうなったか、
わかったけど、その対処は…意外に簡単なんだね~


■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

■ブログランキングに参加しています。
「ポチッ
」↓と押してご協力お願いします。
まだ、うんと下っ端なので、よろしくお願いします。 <(_ _)>
ランキングタグ  

■アファメーション毎日変わります!
自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
コンパクトで、読みやすい構成にしています。
  →「購読申込み」






Last updated  2009.01.30 11:30:19
コメント(0) | コメントを書く
2008.07.06
カテゴリ:本とことば
すべての自然や動植物は
偉大なサムシング・グレートのおかげで生かされて、
生きているとおっしゃる筑波大学名誉教授の村上和雄氏は、
次のように述べている。

「地球に優しいなどというのは、
 人間の傲慢ではないだろうか。
 むしろ、地球が優しいからこそ、
 われわれは生きていられるのではないか。
 それも今や限界に近づいている。
 自分1人の力で生きている人など誰もいない。
 どんなに最新科学が発展して、
 世の中の科学者が結集しても、
 人間は細胞一つつくれないのに、
 何をいばっているのだ」



出典元 「もっと気楽に生きるコツが、わかった! 」
おすすめ度 3.5
著者名 川北 義則


私も、教授と同じように思う。
地球はやさしいのに、そのやさしさに
甘えて、人間は地球を崩しつつあると。
そのやさしさにいつまでも甘えていては、
いけないのではないか…
もっと謙虚に、地球の声に耳を傾けるときではないか。

と、言いつつ、思いつつも、
自分を振り返ってみれば、地球を守るために
何をしているかというと、
ほとんど何もしていないのが実態だ。
何をしていいのかわからないのが現実だ。

もちろん、電気をこまめに消す、できるだけ歩く、
ベランダのグリーンを増やして都市緑化に協力したり、
ベランダ野菜をつくったりはしているが…
本当に本当に微々たることである。
これでも何か役立っているだろうかと思うと、心許ない。

私たちを育んでくれている、資源を与えてくれている
やさしい美しい地球に、恩返しするには
どうしたらいいのだろう…
何をしたらいいのだろう…




星■今日のおすすめ本 ↓
「パイロットが空から学んだ一番大切なこと」

著者 : 坂井 優基
おすすめ度 : 5

パイロットがものすごい職業なんだと実感した本でした。
パイロットは、「情報処理業」だと著者は言っています。

500人もの命がかかっているので、一回ごとのフライトの
準備や、判断、計画、運航、責任の重さなど、どれをとっても、
覚悟が違うと思いました。
著者は、
「私にとっては空ほど美しい職場はありません」と
言っていて、空から見た日本、世界はとても美しいと
いうことです。




星■「ぼちぼち日記」↓
「街々の「緑の館」」

緑の館といっても、ピンキリだ。そんなピンキリ紹介。
でも、緑が多いのはいいですね、やっぱり。


■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

■ブログランキングに参加しています。
「ポチッ」↓と押してご協力お願いします。
まだ、うんと下っ端なので、よろしくお願いします。 <(_ _)>
ランキングタグ  

■アファメーション毎日変わります!
自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
コンパクトで、読みやすい構成にしています。
  →「購読申込み」






Last updated  2008.07.07 00:26:13
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.30
カテゴリ:本とことば
器用、無器用の違いがどこにあるかというと、
僕は時間の差じゃないかと思いますね。
1つのことを習得するのに器用な人間は、
短時間で勘どころを押えて適応するのに、
無器用な人はなかなかうまくできず、長時間要してしまう。(略)

ヨネヤマさん(※)は、最初バレエをやっていた。
演ずることの基本を全部やって、それからパントマイムに
移っているわけです。地に足がついた芸というか、
足腰のしっかりした芸、これは、
どんなに器用でも自分のモノにすることはできません。
無器用だからこそ基本を何度も繰り返す。
そこから初めて人を感動させる何かが
生まれてくるんじゃないでしょうか。(略)

無器用だからできない、というのじゃなしに、
無器用だから出来ることがある。
無器用さを生きる技術にしている人間には、
こんな発想があるんじゃないでしょうか。
コツコツと重ねた勉強は、試験が終わっても忘れることがない。
が、器用に一夜づけで覚え、試験でいい点数を取っても、
次の日には、なにも覚えていない。
生きていく上で、どっちが得か。
これはもう、いうまでもないことでしょうね。


(※/ヨネヤマママコさんは、日本のパントマイムの第一人者)


出典元 「自分を100倍も面白く生きられる」
著者名 藤本 義一


「器用貧乏」ということばがあるが、じゃ逆に、
「無器用金持ち」ということばがあるかというと、それはない。

また、器用な人は便利なので重宝されて、仕事量は増え、
それなりの評価はされるが、器用なだけでは、
昨今では、それなり以上の評価はなかなかもらえない。
では、逆に無器用な人が高く評価されるかというと、
仕事においては、勘どころを早く押え、すぐに対応できる人、
つまり器用な人が求められ、すぐに対応出来ない人、
つまり無器用な人もあまり評価されない時代だと思う。

そして、そんな中で、器用な人も無器用な人も同じように、
基本をしっかりと習得できず、自分のペースを崩し、
無理してやりくりしている…というような、
どちらもなかなか生きづらく大変な時代ではないかと思う。

だからこそ、
どこかに自分の基本をしっかりと積み立てておきたい。
作り上げておきたい。
そして、しっかりとした自分の基盤を持ちたいと思う。





星■今日のおすすめ本 ↓
「器用に生きられない人たち」

斉藤 弘子著

ノンフィクションライターが書いた、いろいろな「症候群」に
ついて書かれた本。こんなにも「○○症候群」があったのか、
と驚きます。

1つ1つの「症候群」(シンドローム)について、
症候群の説明と現象、「気づき」メソッド、「生き直し」の
ヒントが書かれています。




星■「ぼちぼち日記」↓
「ふざけんじゃないわよっ!!とケンカをしそうになったお話」

なんて、怒りいっぱいになった話。
久しぶりでした。


■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

■ブログランキングに参加しています。
「ポチッ」↓と押してご協力お願いします。
まだ、うんと下っ端なので、よろしくお願いします。 <(_ _)>
ランキングタグ  

■アファメーション毎日変わります!
自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
コンパクトで、読みやすい構成にしています。
  →「購読申込み」






Last updated  2008.03.30 14:41:52
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.21
カテゴリ:本とことば
たとえば、ノーベル賞を受賞した科学者が
教育制度の改革についてコメントしていたとしよう。
その人は科学者として優秀だから、ノーベル賞を受賞したので
あって、教育者として優秀かどうかはわからない。
ところが、世間の人々は、
「ノーベル賞をもらった人が間違ったことを言うわけがない」
と思い込んでしまう。

このように、「この人の言うことだから」と
いうだけで是非を判断してしまう思考法のことを、
社会心理学の世界では、「属人思考」という。
正しいか間違っているかという基準が、
その「人」に属しているわけだ。

しかし、どんなに意地の悪い上司でも
正しい意見を言うことはあるし、どんなに権威のある
高名な学者でも間違った意見を言うことはある。
それぞれの是非を正しく判断するには、
「人」に対する怨念や敬意を脇に置いて、
その意見そのものを吟味しなければいけない。

そういう思考法のことを、属人的思考に対して、
「属事思考」という。「人」とは関係なく、
1つ1つの「事柄」を見て判断を下す考え方だ。
他人の意見を冷静に聞き、「坊主憎けりゃ…」や
何でも鵜呑みにする盲信を避けるためには、属人的思考を捨てて
属事的思考を心がけなければいけないのである。



出典元 「人間音痴」
著者名 和田 秀樹


この本では、さらにこう言っている。

「しかし私たちは、往々にして属人的思考に陥るものだ。
 それは、人間の思考がそのときの感情や立場に
 左右されやすいからである」


感情が高ぶったりすると、
その人がどんなにまともな意見を言っても、
それに同意することはむずかしい。
ケンカの最中に、相手の意見が正しいと思ったとしても、
それを素直に受け入れることはなかなかできない。

また、自分でしっかり考えてみることもなく、
この人が言っていることなら「正しいだろう」と
その人の言っていることを安易に鵜呑みにしがちだ。

しかし、本当にその意見が正しいか間違っているか、
自分の感情は感情として大切だし、立場もあるが、
いつもそれらにまかせて判断してはいけないと思う。
自分がその意見に対してどう思っているか、考えるか、
やっぱり自分の「軸」をしっかりと持ちたいし、
感情や立場を抑えて、属事的に考えることが大切だと思う。


星■今日のおすすめ本 ↓
「1分間思考改革術」

伊東 明著

『「できない」は「やってみよう!」に変えることができる。
 変えることができれば、人生は驚くほど変わる!』
と前向きになる考え方、答えなどをたっぷりと教えてくれます。

星■「ぼちぼち日記」↓
「いっぱいのパンをつくってみた」

パンをいろいろと作ったので、アップしたくなりました。
みてやってくださいませ。


■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

■ブログランキングに参加しています。
「ポチッ」↓と押してご協力お願いします。
まだ、うんと下っ端なので、よろしくお願いします。 <(_ _)>
ランキングタグ  

■アファメーション毎日変わります!
自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
コンパクトで、読みやすい構成にしています。
  →「購読申込み」






Last updated  2008.03.21 13:17:29
コメント(2) | コメントを書く
2008.03.17
カテゴリ:本とことば
こう言う話を聞いたことがある。
アメリカの街の作られ方と日本の街の作られ方の違いが、
人の心の有り様までも決めているというのである。
アメリカでは、西部へ西部へと人々が開拓していたった時代、
人々は一カ所に集まって街を作った。

街が出来てから、街の治安を守るために保安官が
必要になって、保安官を雇うことにした。
法を守るためには、裁判制度も必要だということになって、
判事や弁護士という職業が成り立った。つまり
はじめに人がいて、必要に応じて役所ができていったわけである。
だから、あくまで、民中心の街作りだったのである。

それに比べて、日本は全く逆のコースをたどった。
城下町、門前町、宿場町、といろいろな街の形態はあるが、
そのどれもが、住民は街の形態が整ってから
引き寄せられるようにして集まっていったのである。
最初に街作りに参加したのは、
人民を治める側である、役人たちだったわけだ。

だから、官中心の街になり、
人々は官を「お上」と呼んで、一段上のものにしてしまった。
「お上の言うことにはさからえない」
というわけで、納得のいかないことでも、
「お上」の言うことを聞いていたのである。



出典元 「物事、難しく考えることはない」
著者名 井浦 康之


なるほど、日本人が「お上」や「役人」に弱いのは、
こんな歴史があるのかもしれないな、などと思った。

この本によると、そのため「お上」の命令や言うことに
納得しないまま、無理に或いはいやいや従い、
「まぁいいか」「適当にやっとけ」という気持になり、
いい加減にやることが多く、望むような結果は
出ないのではないか、ということだった。
つまり、納得しなければ、本当の意味での行動には移せないし、
満足の行く結果や効果が出せないのではないかと。

例えば、仕事で、上司から
「□□をしろ」と命令されたとして、だいたい
なぜ、□□をやることが必要なのか、
なぜ、自分がそれをするのか、などということの
説明や、納得できるほどの話し合いがないことが多い。
互いに面倒なことを省いて、納得することを省く。
そして、互いにやることを適当に解釈し、本来の意義から
大きくそれた結果になることも多いのではないか。

人は、納得することが、納得してやることが、
とても大事なんだと思う。
本当に、やることに納得したら、それが仮に
「お上」「役人」「上司」「親」「先生」「同僚」他、
の命令でも言うことでも、多少辛くてもやるのではないか。
少なくても、私はそうだ。
そして、この「納得する」ということが、
とても大切だと思っている。
星■今日紹介した本 ↓
「説得技術のプロフェッショナル 」

伊東 明 著

心理学者の著者が教えてくれる「説得技術」。著者は、説得の
プロフェッショナルは、相手を思い通りに動かすだけでなくて、
同時に好感や信頼感も得てしまう人だということです。
そんなプロフェッショナルが使っている技を、心理学の観点から
わかりやすく教えてくれる本です。


星■「ぼちぼち日記」↓
「感動の犬のお話 《ペッパーの代わり》」

本から紹介するお話です。
とてもいいお話ですよ。


■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

■ブログランキングに参加しています。
「ポチッ」↓と押してご協力お願いします。
まだ、うんと下っ端なので、よろしくお願いします。 <(_ _)>
ランキングタグ  

■アファメーション毎日変わります!
自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。↓
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
コンパクトで、読みやすい構成にしています。
  →「購読申込み」






Last updated  2008.03.17 01:16:53
コメント(6) | コメントを書く

全294件 (294件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

PR

Recent Posts

Calendar

Comments

Category

Archives

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Favorite Blog

ゴルフ場が水浸し・… New! ヒロくん2010さん

月日は流れて。 ひろみ(70%)さん

ZOOSHIMIDY の航海… ズーシミディさん
ハピくるネット生活 naniwaakoさん
我流ブログ  WE… 思慮分別さん

Profile


まゆ3281


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.