1351827 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「ことば探し」

全7件 (7件中 1-7件目)

1

笑えることば

2017.02.17
XML
カテゴリ:笑えることば
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




第29回(2016年)
サラリーマン川柳コンクールベスト10


第1位  退職金 もらった瞬間 妻ドローン (元自衛官)

第2位  じいちゃんが 建てても孫は ばあちゃんち (川亭)

第3位  キミだけは オレのものだよ マイナンバー (マイナ)

第4位  娘来て 「誰もいないの?」 オレいるよ (チャッピー)

第5位  福沢を 崩したとたん 去る野口 (サイの京子)

第6位  カーナビよ 見放さないで 周辺で (トラ吉ジイジ)

第7位  決めるのは いつも現場に いない人 (七色とうがらし)

第8位  妻が見る 「きょうの料理」 明日もでず (グルメ老)

第9位  ラインより 心に響く 置き手紙 (豆電球)

第10位  愛犬も 家族の番付 知っている (ワンワンマン)


出典元 「サラリーマン川柳 むちゃうけ傑作選」
おすすめ度 5
著者名 やく みつる (著), やすみ りえ (著), 第一生命 (著), NHK出版 (編集)

 


いつも楽しませてもらっているサラリーマン川柳。
上記の10個は、昨年のベスト10。
39551句の応募があり、その中から100句が選ばれ、
その中から投票(約11万名の方の投票)で、
ベスト10が決まったということです。

ベスト10以外でも、笑える句がいっぱい書かれていて、
大笑いしました。例えば、

○兄さんを 産んでほしいと 言う息子 (ミセスちきん)
○父ライン 返信いつも 同じ文 (みちばちハッチ)
○口だけは 介護いらずの うちの義母 (うらしまたろみ)
○嫁がないで 願った娘が 家にいる (それはそれで)
○男より トイレを磨けと 妻が言う (遅れてきた猫)

○定年を 80にしたらと 妻が云う (かづ君)
○戻りたい 出会った頃より 出会う前 (完全燃焼男)
○どうなった?「確認します」は やってません (受け流し丸)
○じどり棒 味はタレかと 聞くじいちゃん (小哲)
○「まあ聞けよ」 もう聞きました 5回ほど (やっとかめ)

○課長また アレアレ詐欺の ような指示 (笑司)
○割り勘か 投資か悩む 初デート (あべっち)
○「本音言え」 言って通った ためしなし(会議の記憶遺産)
○我が家では 特売、爆買い、まとめ買い (はまぐり)
○月日経ち 帰り早いと 怒られる (小心者)

そして、今年も投票が始まりました。
3月17日までですから、興味のある方は、
こちらから投票をどうぞ(笑)
「第30回サラリーマン川柳コンクール」
http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/#voting
大笑いする句が、いっぱいありましたよ~




■今日のおすすめ本

タイトル : きみまろ「夫婦川柳」傑作選
著者 : 綾小路 きみまろ
出版社 : 小学館 (2014/6/17)
おすすめ度 : 4.5


”中高年のスーパーアイドル”綾小路きみまろさんの
「夫婦川柳」傑作選。
「熟年悲哀」編「夫婦バトル」編、「おとなの会話」編、
「緊縮家計」編、そして「客席トーク」編まで180句。

例えば、こんな川柳が載っています。

◎シワ深く 流す涙は すぐ真横
◎贅肉を 寄せて集めて Cカップ
◎「連れ合い」も 10年経つと 「つれない」に
◎「別腹」が 外から見える 妻の腹
◎がんばって いただきたいの その顔で


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=2391




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年1月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.02.20 09:34:49
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.22
カテゴリ:笑えることば
世の中の人たちのモチベーションは、
実は低いのだと知る…

「全くどいつもこいつも!」と感じた時は、
「相手にやる気がない」ととらえ、
その温度差に腹を立てるよりも、
今の自分は高いモチベーションを持っているんだ、
という考え方をして、
なお一層丁寧に対応しましょう。




出典元 「1分間元気チャージ」
著者名 波登 かおり


「全くどいつもこいつも!」
と感じることは、正直、結構ある。
そのたびに、イライラしたり、
呆れて、ため息をついたりする。
だからといって、
なかなか有効な対策はとれないものだ。

そして、モチベーションが低い人を、
自分と同じところまで無理に、持ち上げようとしても、
それはむずかしいことだと思う。
人それぞれ、モチベーションレベルがあるし、
人それぞれ、事情があるからだ。

そんな時には、そうだなぁ、
相手が低すぎるなどと思って勝手に
カリカリしたり、イライラするより、
自分の方がモチベーションが高いのだと
思ったほうが、イライラせずにすみそうだ。
そして、何か対策が打てそうだ。
そんな気がする…


今日のおすすめ本 ↓
「1分間でやる気が出る146のヒント」

ドン・エシッグ著

30年間にわたり、小・中学校の教師、校長をつとめた著者が
ポジティブな考え方や、生き方を教えてくれる本。

この本は、仕事と私生活の両面で明確な目標を持ち、
自分の強みや長所を生かして、よりよい人生を築きあげるための
明確なヒントがわかりやすく書かれています。

1ページに1つの教えが短めに書いてあり、とても読みやすいです。
本が苦手な方でも、すらすらと読めると思います。
今何かに悩んでいるなら、迷わず読んでみることをおすすめします。


■「ぼちぼち日記」↓
「こっ、このあやしげな…お祭りはなんだっ!!」


夕方のウォーキング中に、囲まれた感じでやってる、とても
あやしげなお祭りを見つけた。この辺りは、実は、同性愛者が
集まる街なのである…うーん、何をしているんだろう…
入ってみることにしたが…


■アファメーション毎日変わります!


自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。


 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み

■「ことば探し」HP→ http://www.kotobasagashi.net/ 

見に来てくださいね。






Last updated  2006.08.22 11:36:41
コメント(0) | コメントを書く
2006.06.05
カテゴリ:笑えることば
確かに生きているから苦労がある。
でも苦労があるから楽しみがあったときに、
その楽しみがいっそう貴重なものにも
思えてくるんじゃないか。

人生が楽しみだけであったら、
そんな楽しみにもすぐに飽きがきてしまうだろうし、
大切なものとも思えなくなってくるだろう。

苦労があるから、手にできた楽しみをいっそう
味わい深いものにしてくれている。
そう考えると、苦労もありがたいものに思えてくる。

苦労にもいっぱい感謝しなくては…。
そう考えてみるのは、いかがでしょう。


出典元 「口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」」
著者名 浅見 政資


苦労はしたくない、苦労はいやだと
ついつい思いがちだけれど…
苦労はなくならないし、
苦労しないと得られないことが現実は多い。
そして、今日の苦労も、明日の苦労も
これから先も、たぶんなくならずにある…
(やだけど…)

しかし、
苦労が教えてくれる「ありがたさ」や「教訓」や、
「生きる知恵」も、確かにいっぱいある。
(苦労はなくならないしね)

だから、
苦労を排除せず、「苦労があるのは当然」と受け入れ、
今日のことばのようにこの苦労は、
「楽しみをさらに味わい深くしてくる」と考えると、
ちょっと気持ちが楽になる…
そんな…気がしないだろうか?

こんなふうに考えて、乗り切っていけば、
ちょっとは「苦労」も楽になるかな?

口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」


今日のおすすめ本
 ↓
「物事、難しく考えることはない」

井浦 康之著

人財コンサルタントなど、20余りの職種を経験した、
コミュニケーションセンター所長の著者が教えてくれる、
「もっと気楽に考えて、やってみよう」と教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「できるかできないかを考えてからなどと言っている人間に
 言いたいことは、それは慎重なのではなくて、臆病なだけ
 なのだということである。(略)

 そのときの自分の心の中をよくよく覗いてみれば、
 「できないのはやらないだけ」であり、
 「できない理由をあげているのは、やりたくない理由を
  あげているだけ」であり、
 「慎重になるから難しいのではなく、やりたくないから
  難しい」のだということがわかるはずである」

読むと元気になるキーワードがいっぱいです。

物事、難しく考えることはない


■「ぼちぼち日記」↓
「ラーメン屋さんを評価する「めん屋そら」」


神田の人気ラーメン店にいってきた。ちょっと甘めのスープだったけど、
私は好きですね。この店は、2階がなんと女性専用室なんですよ。


■アファメーション毎日変わります!


自分にぴったりのアファメーションを見つけてみませんか?
現在700個のアファメーション登録しています。
「http://www.kotobasagashi.net/」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。


 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み

■「ことば探し」HP→ http://www.kotobasagashi.net/ 

見に来てくださいね。






Last updated  2006.06.05 12:13:54
コメント(2) | コメントを書く
2005.10.21
カテゴリ:笑えることば

彼を良くしようとするのではなく
自分が良くなるように努力を

あなたの努めは、
夫を良くすることではありません。
自分自身を良くしようとすることです。



出典元 「愛される魔法の言葉」
著者名 ヘレン アンデリン


何でも、良くしていくのは、
自分が出発点なのだと思う。

人に良くなれという前に
自分が良くならないといけないと思う。
お手本を見せないといけないのだ…

自分が良くなろうとせずに、
人に良くなれと言うのは、
虫がよすぎる。

自分が良くなれば、回りも自然に変わる。
良くなったのを見て、回りも良くなる。
そんなものではないのか…そう思う。


■今日のおすすめ本→「ほめられたい夫愛されたい妻」
 松本 雄司 著 

 夫婦間の中での男女の違いを取り上げています。
 日本人の著者が書いているので、かなり親近感がわくと思います。
 外国の訳本には抵抗あると思われている方には、とてもおすすめ。


■今週の男女の違いUPしました。
 今週のテーマは「男女の感じ方の違い、ズレについて」です。
 パートナーと話ししていて「なんか、違うな…」と基本的な
 ズレを感じることはないですか?そんな方はぜひ、読んでみてね。
 こちらをクリック→「今週の「ああ…こんなに違うのね」

            
■まゆのぼちぼち日記→「気持ちのいい秋の日(写真中心)」
 秋の風景と花の写真。ぼちぼちです。
 
■「ことば探し」HP→http://www.kotobasagashi.net/ ぜひ、のぞいてみてくださいませ。
     
■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み






Last updated  2005.10.21 11:16:27
コメント(2) | コメントを書く
2005.09.14
カテゴリ:笑えることば
私は議論がたくみである。
残り少ない友達にたずねてみてほしい。

どんな話題でも、誰とでも、
相手を言い負かすことができる。

みんなそれを知っていて、
パーティーでは誰も
私のまわりに寄りつかない。

尊敬の証として、
招待されないこともよくある。


  出典元  出所不明
  著者名  デイブ・パリー


思わず、笑ってしまった…
うんうん。

きっと、私も
寄りつかないし、招待しない。
尊敬の証として。

すいません、短いコメントで…
今日は以上です…



■男女の違い「今週のああ…違うのね」毎週火曜日UP→
 今週のテーマ:『グチ…男女の違いは?」』

 ※なぜ、女性のグチはたまってしまうのか…などわかるかも。

■今日のおすすめ本→「無理をしない、あたりまえの人生がいい」
  ロバート・J. リンガー 著 
   
  今の時代、何かちょっとおかしいんじゃないか、
  道理が通らなくなっているんじゃないか…などと
  感じている方に、ピッタリの本です。  
     
■まゆのぼちぼち日記→「驚きのゴーヤ(写真付き)」
 ウチのゴーヤったら…

■「夫婦関係を考えるおすすめ本 30冊」UPしました。
 今、悩んでいる方も、うまくいってる方も、見てください。
 そして是非読んでください。気づきがいっぱいある本達です。
 コチラから→「夫婦関係を考えるおすすめ本 30冊」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  →購読申込み

■「ことば探し」HP→http://www.kotobasagashi.net/


【お願い】「今日のことば」が気に入ったら、投稿をお願いいたします。
      「ことば探し」←押してください。
      右の方に、投稿ボタンがありますので、これをポン!と
      押してください。3つの選択肢がありますがどれでもOK!







Last updated  2005.09.14 10:12:08
コメント(2) | コメントを書く
2005.05.01
カテゴリ:笑えることば
「そういった意味では」

「そういった意味では」に、意味などない。
むしろそれは話題から話題への架け橋。
言葉と言葉のあいだにある空白や沈黙を埋めるための
隙間用語であり、そういった意味では
意味深い言葉である。

これ単体でも充分効力を発揮するが、
さらに曖昧な言葉を足して
「そういった意味も含めまして」くらいの
フレーズに発展させると、これはもうスーパー
隙間用語となるのでぜひものにしていただきたい。

「そうった意味では、この無意味な時間も
 意味があるかと…」
「そういった意味も含めまして、ま、今日はこのへんで」

■「オトナ語の謎」より■
 糸井 重里著 ほぼ日刊イトイ新聞


今日のことばに、ニヤリとしたら
あなたはもう立派に
オトナ語をマスターしています。

しかし、いつの間に身に付くのだろう、
誰に教わるともなく…
自然に立派に身に付いている「オトナ語」
私は94%くらいマスターしている…

「すでにご存じでしょうけど…」
「いいか悪いかはべつにして」
「電話があったことだけお伝えください」
「何度かお電話したのですが…」
「ということにしときましょうか」
「ちょっと一瞬いい?」
そうか…やっぱりみんな、使っているのか…
意味は…バレバレってことですね。

■今日のおすすめ本→なんであの人はああなんだろう…と
 疑問を持ったときにおすすめ
 「絶対に「自分の非」を認めない人たち」 

ぼちぼち日記






Last updated  2005.05.02 00:30:25
コメント(0) | コメントを書く
2005.04.17
カテゴリ:笑えることば
「勝負は改札前から始まっている!」

定期入れは改札の100メートル手前から
出し始めること。


どこにしまったか忘れても、
十分に探す時間がある。

次に、取り出したのが本当に
定期券かどうか確かめる。

関係のないカードを自動改札に通して
ゲートが閉まると、時間をロスするだけでなく、
後続客の冷たい視線が突き刺さる。


■「通勤電車で座る技術!」■
 万 大著


私は、はっきりいって忘れ物名人である。
(って別に、自慢することでもないが…)

教科書、バック、パスポート、財布まで、
かなり大切なものまで、あちこちに忘れる。
しかし、これが不思議に出てくるのだ。

一度、高速のパーキングのトイレにバックを忘れて、
そのまま高速にのってしまったことがある。
あわてて、車からそのパーキングに電話をしたら、
なんと強運な…見つかったのだ、バックが。
親切な方が見つけて、ちゃんと届けてくれたのだ、感謝!
(普通は見つからないそうです)

その時、高速警邏隊の方がわざわざ、次の
パーキングまで届けてくれて本当にありがたかった…感謝!
しかし、このとき、なぜか、指紋まで採られた。
(なぜなのか未だにわからない…)

そんなことはさておき、そんな大物は出てくるのに、
なぜか、近場の切符と傘はいつも出てこない。
傘はさておき、切符はどこに入れたか忘れてしまって、
改札前でたいていあたふたする。
あちこちのポケットを何度も見たりして…
(あまりに大切なので、どこかにしまってしまい、
 そして、そのしまった場所を忘れてしまう、らしい)

今日この本で、正しくは100メートル前から
定期券や切符は出さねばならないことを知ったので、
これからは、そうしようと思う。
席を確保するためでなくて、正しく降りるために。


■今日のおすすめ本→深く、凄い、楽しい世界を知りたい
 「創るモノは夜空にきらめく星の数ほど無数にある-海洋堂物語」 

■ことば探し」ホームページ→ http://www.kotobasagashi.net/
■男女の違い「今週のああ…違うのね」UPしました→
 今週のテーマ:「女性の「話があるの…」は、男性は苦手」






Last updated  2005.04.17 11:46:52
コメント(2) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

Recent Posts

Calendar

Comments

Category

Archives

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Favorite Blog

即位礼正殿の儀 New! ヒロくん2010さん

月日は流れて。 ひろみ(70%)さん

ZOOSHIMIDY の航海… ズーシミディさん
ハピくるネット生活 naniwaakoさん
我流ブログ  WE… 思慮分別さん

Profile


まゆ3281


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.