1332640 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「ことば探し」

全340件 (340件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

自分について

2019.09.13
XML
カテゴリ:自分について
《お知らせ》

■「8月の人気ベスト5」をアップしました。
 ぜひ、見てみてくださいね。

 ★詳細は→http://www.kotobasagashi.net/kotoba/vest5.php

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■新年目標を書き込むカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




悩みを抱える人は思考系番地だけを
グルグルと使っています。
つまり、悩みグセのある人たちは、
悩み自体とずっと考えてしまうことで、
「私」という個人を外から
見ることができなくなっているのです。
(略)

一方で、特別な対応をしなくても自分のことを
客観的に観察できる人は、
基本的に悩みを引きずりません。
「相手は自分のことなんか何とも思っていない」
と冷静な判断を下すことができるはずです。
「あの発言はまずかったかな。あとで謝っておこう」
と、軌道修正をしていけます。
ところが、自己観察力が弱いと、
こうしたことができなくなってしまうのです。

ふさぎこんでしまうタイプだと感じる人は、
自分を客観的に見るようにしてみてください。
あなたにとって「大きな悩み」となっているものは、
客観的に見るとちっぽけなことの場合も多いのです。


出典元 「イヤな自分を1日で変える脳ストレッチ」
おすすめ度 4.5
著者名 加藤 俊徳


…………………………………………………………………………………………
 ■■※ まゆの「つぶやきコメントときどき解説」
…………………………………………………………………………………………

脳の専門家の加藤さんは、
悩んでいる人は「顔でわかる」と言います。

たとえば、
●何か他人から言われると、すぐに怪訝な顔をするタイプ
 (過去のネガティブなこととすぐに結びつけてしまうから)
●焦点が定まらず、フリーズしたような表情をする
 (いろいろなことに対応できずフリーズしてしまう)
●怒ったような表情
 (自分の考えていることがうまく表現できない、
  やろうとしていることが思い通りにできないために、
  不機嫌そうな顔をする)

など。そして、
「自己観察の力が弱くなってくると、悩みは深くなっていく」
と言っています。

たとえば、他の人から、どう思われているかといったことが
気になりだすと、そのことで頭がいっぱいになり、どんどん
悪いことを考え、不安になってしまう、ことが多いようです。

そこで加藤さんのクリニックでは、
「クリニックに来る相談者の状態を画像で示し、
 自分の脳を客観的な立場で観察してもらい、同時に
 医師としてアドバイスを行うようにしています。
 自分自身の脳画像を目の前に置き、
 もう一人の自分に観察してもらうのです」
というようなことをするそうです。

こうすると、実態のある「脳の形」として捉えられ、
自分の「悩みの根元」がどこなのかを探れ、自分がどんな問題を
抱えているか、よく理解できるのだそうです。

自分を客観的に見ること、大事なんですね~
客観的に見る方法のひとつとして、
友人がもし自分と同じようなことで悩んでいたら、
その友人に自分が「どのような言葉をかけるか」
などを想像してみる、などがあるようです。
そして、その言葉を自分にかけてあげるといいようです。




■今日のおすすめ本

タイトル : 「悩み上手」「悩み下手」
著者 : 大野 裕
出版社 : 新講社
おすすめ度 : 4


精神神経科の専門家の著者が、悩み方や、悩みのメカニズムなどを
教えてくれます。

著者は、悩み方についてこんなふうに教えてくれます。
「解決できない悩みもあるのです。
 悩み下手のときには解決できない悩みまで解決しようとします。
 そして、それがうまくいかずにますます悩んでしまうことになります。
 自分は弱い人間だと考え、自分が信じられなくなってしまいます。
 人知れず自分の弱さを責めるようになります。
 こうしたときには、思いきって親しい人に弱音を吐いてみましょう。
 弱音を吐いてしまえば、悩みは軽くなります」


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「「悩み上手」「悩み下手」」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2019年8月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2019.09.13 10:30:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.12
カテゴリ:自分について
《お知らせ》

■「8月の人気ベスト5」をアップしました。
 ぜひ、見てみてくださいね。

 ★詳細は→http://www.kotobasagashi.net/kotoba/vest5.php

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■新年目標を書き込むカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




何かをずっと続けることは、
それだけで脳に刺激を与えます。
また、今行っていることは、
未来のために有効だと考えることができれば、
ポジティブな気持ちを保つことにつながります。

やはり、何をやるにしても、
「できない」と言ってすぐにあきらめるのではなく、
少なくとも、100のうち20くらいのレベルに
到達するように粘ってみてください。

どうにか頑張ってそのレベルにまで達すれば、
その先に見えるものが必ず違ってきます。
違ったものが見えてくる理由は、そこに至るまで
あなたの脳が成長していくからです。

それを実感できれば、
今度は40までいってみようと思えるはずです。
こうした地道な全身を繰り返し、
「できる」自分を作っていってください。



出典元 「イヤな自分を1日で変える脳ストレッチ」
おすすめ度 4.5
著者名 加藤 俊徳


…………………………………………………………………………………………
 ■■※ まゆの「つぶやきコメントときどき解説」
…………………………………………………………………………………………

すぐに「できない」といって、あきらめてしまうのはの簡単です。
だって止めればいいのですからね。
ただ、そうしてばかりいると、
当然ながら、脳が成長しないのだそうです。

少しずつでもやっていれば、できることが増えてきます。
でも、すぐに止めると、少しでも「できた」世界を見ることができず、
いつも同じ世界だけしか見えないから、ということです。

脳は違うことをすると、拒否反応が出て、
なかなか受け付けないこともあるようですが、
いったん受け入れてしまうと、どんどん吸収していく、
という貪欲なところもあるようです。

今は「できない」から、できるように考えることで、
いろいろ工夫して、できるようになることもあります。
すると違う脳も働きだして、脳が活性化するようです。

また、やりたくないことを「義務だから、言われたから」
とイヤイヤやっていると脳は活性化しませんが
「これは後から、必ず役に立つ!」と思って、
真剣にとりくむと、脳が活溌に働き出すそうです。

最初から、誰もスペシャルにはできませんし、
できるまでに時間がかかることもあります。
それでも、やってみる、続けていく、
と「できる」世界が広がって、
「できる」ことが増えていきます。
生きていくのに、そのほうが楽しいように思いますが、
どうでしょう?




■今日のおすすめ本

タイトル : 不思議なほどうまくいく人―アンデルセンが教えてくれる 「できる人」が考えていること、「できない人」が見逃していること
著者 : メッテ ノルガード (著), 翻訳 柴田 昌治
出版社 : 三笠書房 (2007/11)
おすすめ度 : 4.5


アンデルセンの故郷デンマークで育ち、現在はニューヨークで
ビジネスコーチ、コンサルタントとして活躍している著者が、
「みにくいアヒルの子」「コガネムシ」「ナイチンゲール」の
3つの物語から、仕事や生きるヒントを教えてくれる本。
そして、それぞれ最後に、翻訳者の柴田昌治さんのポイント
解説が書かれています。
(※柴田 昌治さんは、「なぜ社員はやる気をなくしているのか」を
  書かれている方です)


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「不思議なほどうまくいく人―アンデルセンが教えてくれる 「できる人」が考えていること、「できない人」が見逃していること」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2019年8月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2019.09.12 11:12:56
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.27
カテゴリ:自分について
《お知らせ》


■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■新年目標を書き込むカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




「私は私、人は人」と思えていますか?

とても容姿に恵まれているのに、
「人と比べてダメだ」と思ってしまったり、
とても優秀なのに、勝手に相手の視点に立って
「(○○さん)はボクのことをダメだと思っている」
などと考え、まったく自信が持てない人がいます。
そういった人によくあるのが、
「自分と他人の間にある適切な壁の問題」です。

自分が自分であるために
「私は私、相手は相手」という適切な壁が人には必要です。
この壁がないと、人の感覚が次から次へと
流れ込んできてしまいます。

そして自分の視点ではなくて
他人の視点で物を見て、相手の感覚を勝手に感じ、
それで物事を判断してしまうのです。
だから「○○さんから見たらボクはダメだ!」と、
相手の目線で自分を低く評価してしまいます。
壁が低いと「○○さんと比べて私なんかかわいくない!」と
他者の視点から比較して卑下してしまうのです。


出典元 「「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法」
おすすめ度 4
著者名 大嶋 信頼


…………………………………………………………………………………………
 ■■※ まゆの「つぶやきコメントときどき解説」
…………………………………………………………………………………………

大嶋さんは、さらに

「この「人と自分の間の壁が低い人」の特徴は、
 たとえ人から褒められても、それを素直に受け取れず、
 最低な評価をする人を探して、その評価が
 “現実”だと思ってしまうということです。

 他人との間の壁が適切な高さだったら、
 他人から何を言われても、「私は私」と思うことができ、
 否定的な評価を壁で防御することができます。

 でも、壁が低い人は、周囲からの自己否定的な感覚が
 いつも流れ込んでいる状態のため、
 「この状態が現実」となって、低い評価こそが
 「本当の自分の評価」と思い込んでしまうのです」

と言っています。
「私は私、人は人」という壁が低い人は、
悪い評価を自ら集めやすく、そして貯めやすく、
それを自分の評価と思い込み、自分を追い込んだり、
自信をなくしたり、していきがちだということです。

自分の評価は、いろいろな意味で気にはなりますが、
あまりに左右されると、身動きとれなくなります。
何をやっても必ず何かを批判的に言う人はいますし、
周囲の人は、事実関係より、その人の価値判断で
好きなことを言っていることも多いからです。
その誰かの言っていることばかりを受け入れていたら、
自分のやりたいことはどんどん出来なくもなります。

周囲の人の評価が気になるとき、振り回されているとき、
「私は私、人は人」という観点で、
今一度考えてみるとよいように思います。




■今日のおすすめ本

タイトル : 人に振りまわされずに生きる13の法則
著者 : ヨーゼフ キルシュナー
出版社 : 主婦の友社
おすすめ度 : 4


「人の思惑や言動を気にせず、自分の思い通りの人生」を送る方法。
アメリカの自己啓発書より、ドイツ的なちょっと堅めな感じがします。

さて、この「新・自己中心主義」13の法則とは…
 1.「今」を生きる
 2.無理はしない
 3.自分の潜在能力に目覚める
 4.罪の意識を捨てる
 5.精神を集中する
 6.無心になる
 7.他人のことを気にしない
 8.不安や怖れを抱かない
 9.自分にとって何が大事かを決める
 10. チャンスが来るまで動かない
 11. 人生の方向をはっきり転換させる
 12. 先入観を持たない
 13. 大きな人生計画を立て、着実に実行する

タイトルの「人に振りまわされずに生きる」には、自分をしっかりと
持つことが大事だと教えてくれます。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「人に振りまわされずに生きる13の法則」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2019年7月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2019.08.27 11:54:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.09
カテゴリ:自分について
《お知らせ》


■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■新年目標を書き込むカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




おかしなことに、私は忙しくなればなるほどエンジンの
回転速度が上がり、集中力がどんどん高まってきて、
「テキパキモード」がスーパーマックスになっていきます。
「じゃあ、これをいつまでに」「あっちをやるついでにこっちも」
と段取りをつけ、さっさか仕事を片づけます。

そして、いつも思うのです。
「お~、私、やればできるじゃん!」
「この調子をずっと保っていられれば、もっと暮らしに余裕が
 生まれて、メリハリをつけて毎日が過ごせるかも」って。

ところがそうはうまくいきません。
忙しさのピークが過ぎ、やっとひと段落すると、
いきなりエンジンがスローダウン。
やらなくてはいけないことがあるのに、ウダウダ、グダグダ。

これを繰り返しているうちに、もしかして私は「気分」
によって、自分のバランスをとっているんじゃなかろうか、
と思うようになりました。

ずっとテキパキモードだったら、
心も体もすり減って疲れてしまいます。
「気分がらない」とウダウダすることで、
自分を休めているのかも。
だったら、「気分」にちゃんと耳を傾けようと思ったのです。
少しでも「いい気分」でいられる時間が長くなるように、
よく眠り、きちんと食事をし、よく笑うように。

原稿を書いていて、筆が進まなくなったら、
クッションを庭に干しにいったりします。
たったこれだけで、心がさっぱりして、新たな気持ちで机に向かえます。
自分の「気分」と上手につきあうことで、一日の中の「できること」が
変わってくるように思います。



出典元 「丁寧に暮らしている暇はないけれど」
おすすめ度 4
著者名 一田 憲子


…………………………………………………………………………………………
 ■■※ まゆの「つぶやきコメントときどき解説」
…………………………………………………………………………………………

「気分」の波ってありますよね。
やる気があふれるときもあれば、ウダウダのときもあるし、
乗りがいいときもあれば、乗りが悪いときもあるし、
元気なときも、そうでないときもあるし、
イライラするときも、気持ちがいい日もありますし。

それで、自分のバランスをとっているのかもしれませんね。
外でいつもいい顔、笑顔にしていると、家に帰ってからは、
そういうことが維持できず、ブスッとしてしまうこともあるし、
全く知らない他人に当たってしまうこともあるでしょう。
(事情を知らない、家族や他人には大いに迷惑でしょうが…)

家族や親しい人、逆に、全く知らない人に当たってしまわないように、
また、自分に当たったり、落ち込んだりしないように、
自分で自分の「気分」と、上手に付き合うことが
大事なのではないかと思います。
ずっとテンパっていたら、心も体も持ちませんよね。
どこかでゆるめないと、輪ゴムようにように
いつかパチンと切れてしまいますもん。

自分をゆるめるちょっとした気分転換をする、
解放することをする、気分がほぐれることをするなど、
自分が落ち着けること、笑えることなど見つけておくと
よさそうですね~




■今日のおすすめ本

タイトル : 「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉
著者 : ハワード カミンスキー, アレグザンドラ ペニー
出版社 : 主婦の友社
おすすめ度 : 4


「ちょっとした一言が、自分や相手の気分を変えてくれたり、
 状況を好転させてくれたりすることがある。
 そんな魔法の力を持つことばが「マジックワード」」

そんな、覚えていて、口に出しただけで、気持ちが軽くなる
「マジックワードを100」教えてくれる本。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2019年7月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2019.08.09 10:00:10
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.06
カテゴリ:自分について
《お知らせ》


■「今日のことば」7月の人気ベスト5」をアップしました。
 どんなことばだったか、見てみてくださいね。
 ★詳細は→http://www.kotobasagashi.net/kotoba/vest5.php

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■新年目標を書き込むカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




人と比べて自分のランクを考えることをやめるべきです。
その思いが浮かんだら「比べず」と自分に言い聞かせるのです。
同時に、今の自分でよしとして、自分が劣っているとか、
自分より上の人がいるなどと考えて自分を責めないことです。


私は「責めず」「比べず」「思い出さず」
という言葉をいつも自分に言い聞かせています。
この言葉は、分を認める上で非常に役立ちます。
だからといって、よりよくなろうとする
努力をやめるということではありません。

逆に、自分は人より劣っていると考え、
劣等感を持っていては向上しようという意欲もわきません。
むしろ、自分の分を知り、自分はこのままでよいのだと思うと、
自然体で努力できるのです。

自分の分、自分の立ち位置をありのままに認め、それを
卑下するでも自慢するでもない生き方をすることこそ、
心を苦しめない生き方です。


出典元 「他人と比べずに生きるには」
おすすめ度 3.5
著者名 高田 明和


…………………………………………………………………………………………
 ■■※ まゆの「つぶやきコメントときどき解説」
…………………………………………………………………………………………

私たちが心安らかに、気楽に生きるためには、
分(ぶん)、自分の今の状態、自分のランクを直視して、
それを、受け入れ、大切にすることが大切だそうです。

分を知るということは「足ると知る」ということで、
他人を羨ましく思い、そねむ気持ちを持つと、
心安らかには、生きられないそうです。

そうですよね~
比較しはじめる際限なく比較し続け、
自分が劣っていると感じると落ち込み、自分を責め、
自分が勝っていると思うと高揚したり、人を見下したりして、
心安らかではおれず、心が落ち着きませんよね。

ついつい、
無駄な比較や無謀は比較をしがちですが「比べず」
あれができない、これもできない、と自分をむやみに、
責めることがありますが「責めず」
そうそう、嫌なことを何度も「思い出す」こともやめたいな、
と思ったしだいです。




■今日のおすすめ本

タイトル : 比較は不幸のはじまり
著者 : 高畑 好秀
出版社 : ソニーマガジンズ (2008/03)
おすすめ度 : 3


プロスポーツ選手、オリンピック選手のメンタルトレーニングの
指導などを行っているメンタルトレーナーの著者が、「隣の芝生が
青く見えてしまう」人間心理や現代事情を分析し、比較からの呪縛
から解き放される考え方などを教えてくれる本。

例えば、こんなことが書かれています。
 ○自分を変える技術
 ○なぜダイエットは失敗するのか
 ○どうして「KY」は嫌われるのか
 ○あきらめの感情
 ○できないと思うことはできない
 ○「信じる者は救われる」のか?
 ○聞く耳を持たぬ人々
 ○「強い心」とは…
 ○情報社会の閉塞感
 ○健康志向からの脱却


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「比較は不幸のはじまり」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2019年7月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2019.08.06 20:00:10
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.01
カテゴリ:自分について
《お知らせ》


■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■新年目標を書き込むカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




「人のふり見てわがふり直せ」
他人の言動によくない点を見たら、その人に注意する前に、
自分も同じようなことをしていないか確かめよう。
自分の行いには気づかないが、他人の行いは目につくので、
それを自分のよりよい行動のために参考にするというのが、
このことわざが教えるところである。
(略)

しかし、最近の日本人は、
このことわざを曲解していないだろうか。
他人の好ましからざる行為を見て、
「みっともないなあ、
 自分はあんなことをしないように気をつけよう」
と思うより、
「他人がやっているのだから、自分もやってもかまわないだろう」
と思う傾向が強くなっていないだろうか。

「人のふり見てわがふり直せ」ということわざの機能が、
今日の日本では低下しつつあるような気がする。
かつて冗談として聞いた、
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
というブラックユーモアが実効的なものとして
社会に受け入れられつつあるようだ。


出典元 「世界の常識vs日本のことわざ」
おすすめ度 3.5
著者名 布施 克彦


…………………………………………………………………………………………
 ■■※ まゆの「つぶやきコメントときどき解説」
…………………………………………………………………………………………

「人のふり見てわがふり直せ」
今の自分を振り返ってみると、しみじみそう思うところがあります(泣)

「みっともないなあ、
 自分はあんなことをしないように気をつけよう」
と思うのですが、歯止めがきかない自分がいたり、
他の人がやっているのだから、私もやってもいいだろう、
なんて、安易に思う自分がいたりして…。

なにかこう、心が狭くなっているような気がします。
小さなことばかりが気になったりして。
ときどき、いつの間にこんな自分になってしまったんだろう、
年をとったからだろうか、疲れているからだろうか、
思った通りにいかない苛立ちだろうか、と自問します。
たぶん、全部影響しているように思います。

やれやれです…
こんなに大人になったのにね(苦笑)
何歳になっても、なかなか思ったようにはいかないですね、自分は。




■今日のおすすめ本

タイトル : なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
著者 : スティーブン・チャンドラー
出版社 : ディスカヴァー・トゥエンティワン
おすすめ度 : 4


モチベーションや人間関係のコンサルタントをしている著者は
『人はどんな状況においても2種類しかないことがわかった。
「犠牲者」か「スピリットの持ち主」だ』と明言しています。

犠牲者とは、自分は無力であり、力をコントロールすることが
できないと考えている人たちで、孤独で、
ものの見方も世界観も人間観も悲観的な人。
そんな犠牲者的な考え方、
思い込みをやめて、自由を手に入れて、
新しい自分を発明して「スピリットの持ち主」になろう…と
その方法、考え方を教えてくれます。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「なりたかった自分になるのに遅すぎることはない」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2019年6月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2019.08.01 20:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.20
カテゴリ:自分について
《お知らせ》


■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■新年目標を書き込むカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




脳は基本的に、自分についてふりかえることで
前向きになるようにできています。
そのさい、たんにポジティブに想像するのではなく、
現実的な困難についてもきちんと考慮するほうが、
行動力につながり、目標を達成できることがわかってきました。
しかもしれは、ちょっと悲しい気分のときのほうが
うまくいく、というのです。

(ニューヨーク大学 がぶりエレ・エッティンゲンらの研究)

人生を前に薦めるためには、苦しい気持ちを
あるていど背負う必要があるのだと思います。
そのために、私たちは物語を必要とするのでしょう。
だれかががんばっている姿を見て、
「自分もやらねば」と思ったなら、それが自分の物語です。

若い皆さんへ、前向きになる秘訣をひとつあげれば、
「そうなりたい」と憧れる存在をもつことかもしれません。
そういう対象との出会いが、自分を前に引っ張ってくれるはずです。


出典元 「心は前を向いている」
おすすめ度 4
著者名 串崎 真志


…………………………………………………………………………………………
 ■■※ まゆの「つぶやきコメントときどき解説」
…………………………………………………………………………………………

この本は、研究や調査などでわかってきた人間心理について
まとめられている本ですが、こんなこともわかってきたようです。

「脳には前向きと後ろ向きの両方の性質があり、
 前向きな心が後ろ向きな心を少し上回るあたりで、
 うまくバランスをとっている」

「脳を後ろ向きにする二大要因は、人間関係と疲労」

「私たちの脳は、人から疎外されることに敏感。
 その弱さを補うように、人は生まれたときから、
 お互いに信頼する力をもっている。

 多くの場面で、「人は裏切るものだ」という気持ちより、
 「お互いに協力できるだろう」という期待を優先しやすい。
 裏切られるリスクはあるものの、これが豊かな社会をつくる
 基本になっている」

人間は、前を向いていくのが自然なようだ、ということです。
ふだん後ろ向きな人は、どうか自分のなかにある前向きさを
大切にすることが、逆に、ふだん前向きな人は、
後ろ向きな徴候に注意しつつ、前にすすむとよいようです。
自分の中の前向きな気持ち、大切にしていきましょう~




■今日のおすすめ本

タイトル : 「前向き脳」のつくり方
著者 : 吉田 たかよし
出版社 : PHP研究所 (2010/10/27)
おすすめ度 : 4


NHKアナウンサーから医師になり、さらに衆議院議員公設第一
秘書になり、現在、内科神経科クリニックを開設している著者が、
「前向き脳」のつくり方を教えてくれる本。

例えば、こんなことが書かれています。
 1.ひきこもりからの立ち直り(私の前向き人生の秘訣大公開)
 2.ヤル気のカギは、「快感」にあった
 3.実践!ポジティブ心理学
 4.ストレスプレッシャーに負けない方法
 5.運動で脳機能は劇的に向上する!
 6.食事で「前向き脳」はつくられる!
 7.前向きな睡眠法


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
  target=_blank >「「前向き脳」のつくり方」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2019年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2019.06.20 10:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.12
カテゴリ:自分について
《お知らせ》


■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■新年目標を書き込むカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




就職試験はオーディションのようなもの。そう考えると、
そこでアピールしなければならないことが何かわかりますよね。

必要なのは、
自分が「何をやりたいか」を訴えることよりも、
自分は「なにができるか」を伝えることです。
どんな能力があり、どんな努力をしてきたかを見せることです。
そして選ばれたなら、求められていることに全力で応える。
(略)

そうやっていろいろ引き受けて経験を積んでいくうちに
「この人にこんな役をやらせたらどうだろう」
という話が舞い込むようになる。
普通の仕事もそんなものだと思います。


出典元 「一秒宝」
おすすめ度 2.5
著者名 小栗 成男


…………………………………………………………………………………………
 ■■※ まゆの「つぶやきコメントときどき解説」
…………………………………………………………………………………………

日本人は「自分になにができるか」を語ること、
そういうことを積極的にアピールすることが、
苦手だし、あまりうまくできないといわれています。
自分をアピールすることに抵抗があるからかもしれません。
過剰にアピールするのも気恥ずかしかったり、
自分のできることに自信がなかったりすることもありで。

ただ必要なとき、たとえば、就職試験、オーディションなどでは、
「自分になにができるか」「何が得意か」「どんな経験があるか」
しっかりと話せたほうがいいに違いないですよね。
その上で「何をやりたいか」を語るのも必要かもしれません。

以前、面接担当の方にインタビューしたことがありましたが、
そのとき、その担当の方が、こんなことを言っていました。

「どんな人を選びたいか、どんなところを見るか、
 どんな話に興味を感じるか、どんな印象ならいいか、など、
 自分が面接官になったつもりで俯瞰してみるといいですよ。
 もっというと、自分が社長なら、どんな人材がほしいと思うか、
 そんな目線でも見てみると、かなり焦点が縛られると思いますよ」

なるほど、と思ったことを思い出しました。
自分アピール、上手にできるといいですね~




■今日のおすすめ本

タイトル : 自分を生かす「魔法の杖」
著者 : B・スイートランド
出版社 : 三笠書房 (2010/2/20)
おすすめ度 : 3


≪本からの紹介文≫

人生のあらゆる問題の答えは、あなたの中に必ず見つかる!
―あなたは金持ちになりたいと思うか?―あなたはもっと幸福に
なりたいか?

あなたは無限の富へのカギを持っている。
ただ、まだ使ったことがないだけだ。幸福を見つけられる場所は
ただ一つ、あなたの中だけである。
この本を読み進めるにつれて、以前には決して経験したことのない、
新しい意味の幸福を見つけるだろう。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
  target=_blank >「自分を生かす「魔法の杖」」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2019年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2019.06.12 21:59:45
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.21
カテゴリ:自分について
《お知らせ》


■「4月の人気ベスト5」をアップしました。
 どんなことばか、見てみてくださいね。<(_ _)>
 ★詳細は→http://www.kotobasagashi.net/kotoba/vest5.php

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■新年目標を書き込むカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




家族や友人と過ごす時間も、
ストレスが溜まっているとぎくしゃくすると
感じませんか?


なぜか言い争いばかりになる。
いつもなら笑って済ませられることにイライラしてしまう。
そんな経験があると思います。

そういったときは、どちらかがストレスを抱えているために
相手を傷つけるような言動をとっている可能性が高いのです。
また、疑念や嫉妬といった気持ちを
持ちやすくなることもあります。
配偶者や恋人が浮気しているのではないか、
自分を嫌っているのではないかと、
急に不安に襲われることもあります。

ですから、特に夫婦の場合、どちらかが
頑張っているときほど、関係が崩れやすくなります。
頑張っている本人は、相手を傷つけていることに
気づかないまま、「自分は頑張っているのに」
という思いだけを押しつけてしまうことになるからです。


出典元 「本当に怖いキラーストレス」
おすすめ度 4
著者名 茅野 分


…………………………………………………………………………………………
 ■■※ まゆの「つぶやきコメントときどき解説」
…………………………………………………………………………………………

「自分だけが頑張っている」と思えてきてしまうと、
「他の人は頑張っていない」と思いも芽生えてきて、
イライラしたりして、ストレスが溜まってきます。

そう感じつつも、なぜかさらに、輪をかけて、
頑張ってしまう人が多いそうです。
誰かが「疲れているようだから、少し休んだ方がいいよ」と
声をかけてくれても、そう促しても、
「だって私がやらなければ、誰がやるの?
 ○○は、当てにならないし…だから私がやるしかない」とばかりに。
どうも、自分のことを客観的に見る脳が機能しなくなり、
歯止めがかからなくなるらしいのです。
そしてさらにストレスを溜めていきます。

このようなストレスがたまったままで頑張っていると、
脳がすっかりフリーズ状態になってしまい、
生活面でも、仕事面でも、気持ちが散漫になり、
注意力、集中力、やる気も落ちてきがちだそうです。

その上、ドーパミン(幸福感や快楽を得たときに放出されるもの)も
不足してくるので、抑うつ気分、興味、喜びの喪失、はては、
疲労、倦怠感、記憶力の低下なども現れてくるそうです。

こうなると周囲の人の気持ちなどには、構っていられなくなります。
だってもう自分のことでいっぱいいっぱいになりますから。
それで、つい傷つけることを言ってしまったり、暴言をはいたり、
普通の状態なら、傷ついたりすることでもないことで傷ついたり、
落ち込んだり、争いが多くなったりする原因になってしまうようです。

「なんで、こんなことでイライラしているのかな?」とか、
「どうして、こんなにイライラして怒りっぽいの?」
「今までこんなことなかったの…」
というようなことに思い当たりがある方は、頑張りすぎか、
なにかでストレスを溜め過ぎているかも…
そうなっていないか、自分を振り返ってみてくださいね。

ちなみに、そうなっているなと思うと、私の場合は、
とにかくたっぷり睡眠をとり、身体を休めることにしています。
これだけでも、違うので…




■今日のおすすめ本

タイトル : どうしてそんなにイライラするの?
著者 : レスリー チャールズ
出版社 : ダイヤモンド社
おすすめ度 : 5


イライラや、不機嫌の原因を追求し、どうしたらいいかを
以下の10項目について教えてくれます。イライラ度テスト付き。

1.時間に追われる
2.情報の氾濫
3.家族の断絶
4.お金の問題
5.競争の激化
6.サービスの悪化
7.コンピュータに振り回される
8.変わること
9.年をとること
10.複雑化する世界

とても、いい本です。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
  target=_blank >「自分いじめはやめなさい」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2019年4月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2019.05.21 10:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.22
カテゴリ:自分について
《お知らせ》


■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■新年目標を書き込むカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




最近、ちょっと背伸びをしたアクセサリーを
買うことを決めたとき、友人に
「頑張った自分へのご褒美ね」と言われました。
そう言われて考えてみたら、
どうもそうじゃないことがわかりました。

「ううん、これからの自分のモチベーションを
 上げるための投資のつもりなのよ」
「ああ、景気づけなのね」
終わった過去よりも、変えられるのはこれからの未来。
そのための今。


ただ、疲れたときに自分を甘やかしてはいけないということ
ではなく、必要なら思い切り甘やかしていいと思います。
ただその意味を「過去へのご褒美」ではなくて
「未来への投資」に変えてしまうんです。
そうすると、前向きな気持ちに変わっていくと思います。


出典元 「NHK「あさイチ」スーパー主婦のスゴ家事術」
おすすめ度 4
著者名 伊豫部 紀子


…………………………………………………………………………………………
 ■■※ まゆの「つぶやきコメントときどき解説」
…………………………………………………………………………………………

「がんばった自分へのご褒美」ということばを聞くとが多くなりました。
みんな、人知れずがんばっていて、そして疲れてもいますからね。
そんなご褒美があっても、いいかなと思います。

ただ、「自分へのご褒美」が、
これからまた元気にやっていくための力になるなら、
それもいいですが、未来への投資として、
「これから先のモチベーションを上げるため」
というのもいい、ということですね。

例えば、自分へのご褒美として夜にスィーツを食べてしまったとき、
「今日は、がんばったから自分へのご褒美」とすると、
「ああ、夜に食べちゃった、本当によかったかなあ~」
というもやもやした気持ちが残ったりしますが(私だけかな?)
それを、「明日への活力のため」「これで明日もがんばれる」
などとすると、少しは罪悪感も減り、
「今日食べたから、よし、明日もやるか」とか、
「そうだ、昨日の夜にスィーツ食べちゃったから、運動しよう~」
などと前向きに未来に立ち向かえるかも…しれません(笑)

元気に明日に向かっていける、
自分へのご褒美、はたまた、自分への投資のどちらでも、
元気が出る方を選んでいきましょうか。




■今日のおすすめ本

タイトル : なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
著者 : スティーブン・チャンドラー
出版社 : ディスカヴァー・トゥエンティワン
おすすめ度 : 4


モチベーションや人間関係のコンサルタントをしている著者は
『人はどんな状況においても2種類しかないことがわかった。
「犠牲者」か「スピリットの持ち主」だ』と明言しています。

犠牲者とは、自分は無力であり、力をコントロールすることが
できないと考えている人たちで、孤独で、
ものの見方も世界観も人間観も悲観的な人。
そんな犠牲者的な考え方、
思い込みをやめて、自由を手に入れて、
新しい自分を発明して「スピリットの持ち主」になろう…と
その方法、考え方を教えてくれます。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
  target=_blank >なりたかった自分になるのに遅すぎることはない



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2019年3月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2019.04.22 21:44:48
コメント(0) | コメントを書く

全340件 (340件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

PR

Recent Posts

Calendar

Comments

Category

Archives

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Favorite Blog

サッカー日本代表、… New! ヒロくん2010さん

そういえば ひろみ(70%)さん

お盆休み明けで仕事… sokuchiさん

ZOOSHIMIDY の航海… ズーシミディさん
ハピくるネット生活 naniwaakoさん

Profile


まゆ3281


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.