028774 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ことこと煮込む

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

yuuka510@ Re[1]:派手カラーの新しいお弁当箱(07/08) ともともさんへ コメントありがとうござい…
ともとも@ Re:派手カラーの新しいお弁当箱(07/08) 初めてコメントさせていただきます。 軽い…
yuuka510@ Re[1]:おむつなし育児アドバイザーになりました。(12/05) ななえさんへ まさに同じ年齢の2人子育て…
ななえ@ Re:おむつなし育児アドバイザーになりました。(12/05) はじめまして! インスタから飛んできまし…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全5件 (5件中 1-5件目)

1

カテゴリ未分類

2019.05.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​


6年ほど前にホームセンターで購入して、
大切に自転車のカゴに入れて持ち帰ったウンベラータ。
片手で自転車のハンドルを操作し、片手で買ったばかりのウンベラータが倒れないように支えながら、
よろよろとうちまで帰ったのを覚えています。

当時は都会の賃貸の部屋に住み、車は持たずに生活していたので、
たった40センチほどのウンベラータを持って帰るのも、一苦労でした。



そして、その木が今や2メートルを超えるほど成長。
噂通りに育てやすい観葉植物のようで、こんなに元気で大きく育ってくれました。





↑リビングの一角のグリーンコーナー。
 猫と子供がいたずらするので机や椅子の上に乗せています・・・
  ​ウンベラータの根元に刺さっているのは娘の作品。鯉のぼりかな。​​​





放っておくと、ヒョロヒョロと真上に伸びていきます。

もう少し横にボリュームが欲しいと思い、先日先の方を剪定しました。










2週間ほどでしょうか。
早くも切り口のすぐ下から新芽がニョキニョキ。
ものすごい生命力です。
























こちらはアデニウムという植物。
冬場は休眠状態に入っていたようで、葉っぱは全て落ちました。
暖かくなっても、うんともすんとも状態でハラハラしましたが、
5日ほど前にようやく目覚めたようで、可愛い葉っぱが出てきました。































春は、植物たちが日に日に大きくなる季節。
みるみる新しい葉や枝を伸ばしていく植物を見ていると、
不思議とこちらまでエネルギーが湧いてきます。

私は水をあげているだけなのに、
植物は不思議な力を惜しむことなく分けてくれているような感じ。

偉大です。


















↓愛用品をまとめています。










最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチりと押していただけると、嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村






最終更新日  2019.05.08 16:28:39
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​











肉を食べるなら、本来はできるだけ丸ごといただくのが、
栄養バランスが良いような気がして、
時々内臓肉を頂くことにしています。

今回は手に入りやすい鶏レバーとハツを焼き肉風に。
甘辛いタレで炒めると、独特のクセも和らいで美味しいです。










焼肉のたれは、ほとんど使わないので冷蔵庫に常備していません。
使いたいなあと思った時にレシピ本を見ながら作ることにしています。

これが、簡単で美味しいのです。
タレは高山なおみさんのレシピで、
今回はレシピの中の白ネギを、旬の新タマネギに替えて作ってみました。

一度作ると、しばらくはこの甘辛味のタレが大活躍します。
生姜をプラスすれば生姜焼きのタレになります。
お弁当にも使えそう。

















↑焼肉のたれのレシピはこちらの本に掲載されています。










↑タークのフライパンは高価ですが、買ってよかった逸品。​​​​

























↓愛用品をまとめています。










最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチりと押していただけると、嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村






最終更新日  2019.04.16 14:02:44
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​
慣らし保育(3日間一緒に登園して一緒に過ごしました)を終えて、
母子分離2日目でした。

1日目は「ひとりは、いや、なの」
「おかあしゃんと、いっしょが、いいの」
と、意外にも泣いてくれちゃって、その姿が、親の勝手だけど可愛かった。

そして今朝は車の中で少しぐずぐず言いながらも、
集合場所で女の子のお友達を見つけると、
「ひとりでも、だいじょうぶ!」と自分から私に言いに来てくれて、
すんなり行ってらっしゃいができました。

成長成長。
きっと今日も楽しいことがいっぱいあるよ。
















お弁当生活にも少し慣れてきました。




​↑今日のお弁当。作り置きのミートローフをドーーン。​







お弁当作りは決して得意ではないけれど、
もともと料理が好きなので毎日楽しんでいます。





娘の食べている様子を3日間見ていて、
何となく決まってきたこと。

・おかずは完食するが、ご飯は残しがちなので、ご飯少なめ
 (でもすぐに「お腹すいた〜」と言ってるのでご飯も食べて欲しいな。要工夫かな)。
・青菜を入れると色合いも栄養バランスも良さそう。特に胡麻和えの食いつきが良い。
・ミニトマトかニンジンのおかずを入れると色合いがよくなる
 (そして娘はミニトマトが大好き)。
・カップは風で飛んでいく可能性あり(野外なので)。できるだけ使わない。
 汁っぽいものを避ければなくてもいけそう。








あとは、ようちえんのルールで楊枝やピック類はNGです。
キャラものもできるだけ控えるようにと言われているので、
女の子としては渋すぎる漆の曲げわっぱ弁当箱。

色々迷いましたが、大きくなったら2段でも使えるものにして、
今は上の段だけ使っています。



















​↑お箸は噛んですぐボロボロになっちゃうのでできるだけ安価なもので、木製のものを探しました。​



​​↑名前は彫刻をお願いしました。お箸本体の値段と合わせて500円ほど。

























​​
​​




​​​​
これからお弁当作りの日々が続きます。
段取りよく、上達するように頑張ります。















​​



↑この日の青菜。自家製のめんつゆで和えたほうれん草を卵焼きの中に。

​​​​​​​​​​​​​​





















↓愛用品をまとめています。










最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチりと押していただけると、嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村






最終更新日  2019.04.15 11:26:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
踏切を渡って、パチンコ屋の横を通り、
激安スーパーも百均も通り過ぎて、
少しだけ人通りが落ち着いたあたりに、
小さなケーキ屋さんがあった。カフェつき。

高校生の頃何度か、そのケーキ屋さんのケーキバイキングを頂きに行った。
はっきりとは覚えていないけど、多分女子5人で。
迷惑なほど、賑やかだったろうな、と今では冷静に思うけれど。

苺のショートケーキやチョコレートケーキ、チーズケーキ、モンブランなど、
ちょっと懐かしい感じのするラインナップだったような気がする。
私が一番食べた。12〜3個食べたような気がする。
想像しただけでちょっとゾッとするけれど、
高校生の私はいつもお腹が空いていたし、大好きな甘いものを食べながら、
友達と延々おしゃべりする時間が一番幸せだった。
そして、顔も足もはち切れそうなほどパツンパツンだった。






この間、同じメンバーで久しぶりに集まって、
デパ地下で買ってきてくれたという濃〜いチョコレートケーキをみんなで食べた。
「おいしい〜」と歓声をあげたものの、
みんな半分ほど食べて、手が止まっていたので笑った。
全員、一緒に飲んでいたミルクティーばっかり減っていたので、
見兼ねて、追加でコーヒーを淹れた。


























「美味しいものはいくらでも食べたい」
から、
「美味しいものを少しだけ食べたい」

に変わったのはいつ頃かなあ。





そんなことをぼんやり考えながら、
豪華なチョコレートケーキには程遠い、素朴なスコーンを焼きました。
有機小麦粉が手元にあったので、今回は小麦粉で。
砂糖は少なめですが、コーンミールの甘さが引き立ちました。

少し水分が多くて、ベチャベチャと扱いにくい生地だなぁ・・・
というぐらいで焼くと、ざっくりした中にほろっと崩れる軽さが出るような気がします。








簡単なレシピメモ。

1 小麦粉80g、コーンミール20g、黒糖小さじ2、塩ひとつまみ、
  ベーキングパウダー小さじ1をボウルに入れて泡立て器でよく混ぜる。

2 冷たいバター25gを小さくちぎって入れ、泡立て器で上からブスブスと
  バターを切るように混ぜていく。
  ちょっとだけ根気強く。バターの粒が小さくなるまで(だいたい小豆〜米粒大のまばらぐらい)。

3 牛乳を少しずつ加えながら手早く混ぜてまとめる。
  量は計っていないので、目分量で。
  ちょっと入れすぎたかな、べちゃっとして手にくっつくな、ぐらい。

4 オーブンシートの上にまとめて置き、半分に切り、重ねる。
  さらに半分に切り、重ねる。
  そして3〜4センチの高さになるように、なんとなく丸くまとめる。

5 4等分して生地と生地の間を空けてシートに並べ直し、180度で20分。







バターと蜂蜜をたっぷりかけて食べても、
そのままパンみたいな気分でガジガジ齧っても。

















































↓愛用品をまとめています。










最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチりと押していただけると、嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村






最終更新日  2019.03.25 22:43:33
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、秋の夜長にギーを作りました。
















小鍋にバターを入れて







ひたすら弱火でコトコト







純粋な脂以外のものは分離、水分はパチパチと蒸発していきます







コーヒーフィルターで濾せばグラスフェッドギーの完成です。
簡単です。
作業中はとっても良い香りがします。


















どうもスーパーで見かける安価なサラダ油と、マーガリンは体に良くないらしい。

と、なんとなく意識し始めたのは、約10年前。
働き始めてすぐぐらいの頃でしょうか。

色々考えて、現在の我が家で常備している油は、バターとココナッツオイル。
バターは買えるときは無塩のグラスフェッドバター(放牧されて牧草を食べている牛のミルクからできたバターです)を買っています。
ココナッツオイルは調理用として売っている脱臭されたもの。
脱臭は薬品処理ではなく、濾過でできるようで安心です。
あの独特のココナッツ臭は全くないので、料理に使いやすいのです。

お肉を焼くときはメニューによってはバターを使うこともありますが、
すぐ焦げるし、水分がペチペチ跳ねるしでちょっと不便です。 

そこで、先ほどのギーを作っておけば、焦げないし跳ねない。
ココナッツオイルのようにカチカチに固まることもなく、冬場でもスプーンですくえます。
そして常温保存が可能。
アーユルヴェーダでは、ギーはとても純粋で優れた脂だと言われているようですが、
私はアーユルヴェーダには詳しくないので、その辺の知識はありません。
ただ、酸化に強く、調理に使いやすいという理由で使っています。

少し前までは、菜種油などの植物性の油が体に良いのだと思って使っていましたが、
色々と教えてもらったり調べたりして、今では少し考え方が変わりました。

日々、勉強。日々、更新。













↑我が家はいつもバターは業務用を買って冷凍しています。







​​
↑たまに違うのも買ってみたり





↑作った方が割安ですがギーも売ってます。





↑無臭のココナッツオイルはこちらで購入することが多いです。



















今日は使わなくなった石鹸を処分しました。





























最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチりと押していただけると、嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村






最終更新日  2018.11.05 15:24:06
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.