010718 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

市原市失語症友の会(千葉)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

脳卒中などの後遺症で「ことば」に障害をもった人とその家族が集まって、平成5年6月に結成された会です。
みなさまのご参加をお待ちしています。

失語症とは・・・

わたし達が日頃使っている「ことば」は、主に脳の左側にある言語中粋の働きによって
営まれています。この部分が、脳卒中や交通事故などでダメージを受けたときに
起こる言語障害を失語症といいます。

失語症になると・・・

・ スラスラとしやべれない。
・ 思っていることと違うことばが出てくる。
・ 相手の言っていることがまるで外国語のように聞こえて、よくわからない。
・ 自分の名前や住所がスラスラと書けない。
その他、人によってさまざまな症状が出てきます。

つまり、ことばがスムーズに伝わらないために人なかに出るのがおっくうになったり、
家族と話すのさえ面倒になってしまったりするのです。
外見だけでは分からないので、周りの人に理解してもらいにくく、その分やっかいなものです。

市原市失語症友の会は、次のような目的を持つて活動しています。

・会員(または家族〕が、自分のことばの状態を理解する。
・会員同志、家族同志の交流を深める。
・外出の機会を増やす。
・同じ障害に苦しむ方々の、福祉の向上のために貢献する。


私たちの会は、こんな活動をしています。

・年4回の旅行 … リフト付きバスを借りして、日帰り旅行にいきます。
・市の催物への参加 … 福祉まつりや文化祭などに参加しています。
・福祉向上のための働きかけ 
・その他 


2007.12.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
W.Kさん…いつも同じ顔で申し訳ございません。実は、会長さんから話してもらう事がよかったのですが、私が変わりにお話します。
   
私たちの会ではなかったのですが、ほかの会ではあったことですが、チョット骨折がありました。これは事故ではなかったのですが、自宅に帰ってから怪我をした方がいらっしゃいました。それも会の事をしてから怪我をされたのです。長い入院になりました。

エーと、そんなことがありますので、私たちの会では、私が参加して8年ぐらいなるのですが、何事もなく過ぎてきたのですが、あらためて考えてみますと、やはり今まで、車椅子に乗っている人にはボランティアの人がついて下さっている。一人出歩ける人はひとりでサッサと歩いていきます。役員の家族もWさんとWさんだけしかいない。あとはAさんが主人についてくれます。

これからは一人の参加の人は友達を2~3人つけるし、ボランティアの人もついて、役員の方もいろいろ考えて、家族の方も考えてください。役員のほうで保険を掛けてあるから、ケガしてもいいとか、いっても悪いし、転んだこともないし、他の会がそうしているから気をつけながらいけないなーと、役員の方も気を使わなければいけないと反省しています。・・これから皆さんも気をつけてください。お願いします。

Kさんが怪我をしたから当分は出て来れないと思います。それで、この前は役員会でKさんに役員会に入ってもらおうと話になりました。どうでしょうか?後は会長さんに変わります。

W.Nさん(失語症者)…Kさん、いかがですか?よろしかったら幹事ではなくて、副会長になって欲しいですけど、よろしかったら、どうですか? OK? OK! OKですね、ジャーよろしくお願いします。来月から役員会に参加してください。足(車)はどうですか?では迎えに行きます。Oさんに言ってください。お願いします。これで決まり、決まりです。それでは歌を歌ってください。








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2007.12.17 16:43:21
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.