182287 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カササギの里だより

2006年01月29日
XML
カテゴリ:映画
博士の愛した数式は穏やかで優しい映画でした。

事故の後遺症で記憶が80分しか持続しない数学博士。
博士の義姉の依頼で彼の元で働くことになった家政婦とその息子(ルート)との心のつながり。
成長して高校の数学教師となったルートの数学の授業を通じてそれらが淡々と描かれています。

「数学と愛を交わす」日々を送っていた博士は、
「数」について、「真理」について実に文学的に語ります。
家政婦に数のすばらしさを語る場面、
ルートに算数の問題を教える場面、「1」について話す場面、
教師となったルートの最初の授業・・・

私は学生時代数学は大の苦手だったのですが、
このように数について話してもらっていたら、
もっと興味が持てたのでは・・・・

「野球」は数と関わりの深いスポーツですが、
野球についてのエピソードも楽しかった。

あと、義姉は常に着物姿で登場するのですが、
着物、帯、半襟すべて暗い地味な色合いばかり。
その中で一度だけ白地の半襟を長襦袢に縫いつけているらしい場面がありました。
義姉の心情の変化を表現してるのか?と深読みして、
いつその半襟を身につけるのか注目していたのですが、
確認できませんでした・・・・
ラストシーンでつけてたかどうか、記憶がない・・・(涙)

配役もよかったなあ・・・
寺尾總さん、風貌がだんだん宇野重吉さんになっていきますねえ・・・
「ルビーの指輪」歌っていた頃からは想像もできない枯れた深い演技をされますね。
家政婦役の深津絵里さんは「ハル」以来好きな女優さんですが、
さわやかで透明感ある演技がよかったです。
吉岡秀隆さん、子役の齋藤隆成くん、義姉役の浅丘ルリ子さん、それぞれに存在感ある演技でした。

小泉監督の映画は本作と阿弥陀堂だよりしか観ていませんが、
どちらも長野の美しい風景が印象的でした。


う~~~ん・・・1月にして今年一番のお気に入り映画になってしまったかも。。。。
原作はまだ読んでいないので、そのうちに読んじゃう気がします。












最終更新日  2006年01月31日 22時57分06秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.