186536 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カササギの里だより

2009年11月09日
XML
カテゴリ:ひとりごと
ここ2~3年、母の髪を私が切っています。
出かけるのが億劫で引きこもりがちの母。
今年に入り、新型インフルエンザの話題が出てからというもの、さらに出不精に。
年齢の割に白髪が少なく、黒髪を保っている母ですが、髪の量は年々少なくなって地肌が透けてしまったりしてます。

切り始めた頃はおかっぱっていうか、ワンレングスっていうか、要するにアゴ下くらいで切りそろえていたのですが、最近は段カットなどもできるようになり、少し変化を付けることができるようになりました。

今日はお天気もよく、ぽかぽかのリビングでカットするのはなかなかいい気持ち。
シャンプーした髪が乾かないうちに(少ないのでホントにあっという間に乾くのです)これとはちがうんだけどこんな感じの散髪マントをかぶせ、ブロッキングして、襟足の方から長さを決めて切りそろえます。
あと上の髪を落としながら段カット。
ちょっと左右でバランスが違うかな?という気もしないではないのですが、出来上がりは回数を重ねるごとに様になってきたような…

私が小さい頃は父が私の髪を切ってくれてた時期がありました。
そんな昔話をしながら親子でカット。なんだかいい時間を過ごしている感じです。






最終更新日  2009年11月09日 15時40分13秒
コメント(0) | コメントを書く
[ひとりごと] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.