1411046 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こっちおいでよ ~トミカサイズミニカー~

PR

全98件 (98件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

マッチボックス

2020.04.29
XML
カテゴリ:マッチボックス
今日はこの間届いたマッチボックスのレビューです。

ランボルギーニ ガヤルド ポリス

このキャストでのポリス仕様は5種類ぐらい(覚えていない)になります。
MBX POLICEとある事から特定の国や都市の警察ではなく架空の設定と思われます。
前も言ったのですが残念な点はこのキャストではポリス仕様しか出来ないことしょんぼりルーフに穴が開いておりウィンドゥと一体成型となったパトライトがはまるといった具合です。パトライトを別パーツにするよりコスト的には抑えられるでしょうが、ノーマルボディでの生産増も見込めたのではないのでしょうかね。


BMW i8

2019年のTARGET限定(日本未入荷)のゴールド仕様です。
マッチボックスのSUPER FASTシリーズが出来てから(1970年より)50周年の記念バージョンです。
現在6種類が発売されております。(BMW2002・メルセデス6×6など)今年はベーシックが100種類出る予定ですがその中に含まれます。



ガヤルドは紙箱バージョンもございます。中身はブリと一緒ですね、






Last updated  2020.04.29 12:54:19
コメント(0) | コメントを書く


2020.03.18
カテゴリ:マッチボックス
しばらく雪がなかったが、3月としてはまとまって降ったので除雪が忙しかったです。

今日マッチボックスが届きました。殆どがリペイントモデルでした。





2014 スバル サンバー

セカンドカラーの白です。この色が一番軽トラらしいですね。現行型のみではなくスバルオリジナル時代のモデル化も望みます。



メルセデスベンツ G63 AMG 6×6

箱付のスーパーファストシリーズはゴムタイヤなのでベーシックモデルとは印象が違います。
カラーはフラットなブルーメタリックです。
他にベーシックにシルバー・レッド・イエロー・特注にゴールドがあります。


ボルボ V60 ワゴン

このボルボは街中でも見かけます。
カラーはヨーロッパのパトカー風の白です。他にベーシック2016ブルー・2017ブラウン・セット物のシルバーがあります。



CANDYシリーズ2

オースチン MINI VAN 「Junor Mints」
2019年より始まったお菓子ブランドシリーズ第2弾です(全6種の内の1台です)。中にミントが入ったチョレート菓子でしょうかね。私はミントが苦手なので食したことがありませんが。ちなみに第1弾は「Buby Ruth」です。

ミニバンはバリエーションが豊富です。2010年から始まりライトブルー・ミントグリーン・メタグリーン・ブラック・クリーム・マスタードイエロー・メタブルー・ブラウン・パープル・セット物ライトブルー・CANDYシルバーがあります。  


メルセデスベンツ ウニモグ U300

今回はグリーンカラーです。最近は新型のみなので旧タイプも再登場を望みます。
他のカラーは2008ダークネイビー・2009ブルー・最近はレッド・ミントグリーンがあります。



VW ゴルフ MK1
これは今回唯一のNEWキャストです。マッチボックスでは過去に5代目のGTIや2代目のカントリーがあります。初代ゴルフはマッチボックスでは初ではなく、1976年はゴルフ1のモデル化の実績があります。当時のモデルは角ばった感じのデフォメルでしたね。ルーフにはサーフボードが乗っかっていました。




2010 ポルシェ パナメーラ

グレーぽいダークブルーメタです。2011年が初でダークパープル・ダークグリーン・シルバー・ブルー・セット物レッドがあります。






Last updated  2020.03.18 14:06:33
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.11
カテゴリ:マッチボックス
54C S&S キャデラック アンビュランス 1/87

モデル製造期間
1965~1969(旧タイヤ)
1970(スーパーファスト)

今回はスーパーファスト版のモデルです。バリエーションは特にありませんがクロス十字の太さ違いをバリエにしている資料も有ります。
私が気になるのが車名の「S&S」です。検索すると1958年設立のアメリカのオートバイエンジンや部品メーカーとあります。当時S&Sがプロデュースした救急車なんでしょうかね?謎です。





奥のモデルは旧タイプタイヤのモデルです。初期モデルは十字が細いですね。



20D ランボルギーニ マルツァル

モデル製造期間
1969~1971(スーパーファスト)

カラバリは4色でレッドメタリック・ピンク・オレンジ・イエローです。
後期生産モデルのオレンジや黄色は比較的見かけます。以前は所有していたのですが手ばなしております。


1967年のジュネーブショーでコンセプトカー(ボディカラーは白)としてデビュー。
ミウラシャシーベースの4シーター、直6リヤエンジン車です。1967年のモナコGPでは自走しました。現在の保存車両はシルバーです。当時のミニカーは子供受けする派手なカラーが選択される事が多く実車カラーは無視されましたね涙ぽろり


現在はこの2台のみ所有です。レッドメタはウィンドウなしのジャンクです。






Last updated  2020.03.11 17:25:13
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.21
カテゴリ:マッチボックス
今日は1960~1970年代のマッチボックスです。通販で見つけ昨日届きました。

66B ハーレーダビットソン

モデル製造期間1962~1966年  スケール 1/41
ハーレーのサイドカーです。私の持っている資料にはバイク側から写した真横写真のみだったので、ずっとバイクのみのモデルと思っておりました。カラバリはこのブロンズメタリックカラー1種のみです。
マッチボックスのバイクモデルはあと「トライアンフ」「ホンダレーサータイプ」「ラビットスクーター」の3種あるのですが、ホンダ以外は皆サイドカー仕様です。おそらくモデルの自立性を考えてとの事だと思いますがラビットのスクーターって重そうで走るんでしょうかね。



残念ながら右のハンドルバーが折れて無くなっております涙ぽろり



3C メルセデスベンツ アンビュランス
モデル製造期間1967~1970年  スケール 1/69

カラバリは資料によっては白のみとクリームと白の2色に見解が分かれております。マッチボックスはその製造時期により塗料の配合が違うのか微妙に色合いが異なるモデルが多数存在します。それをバリエーションとするかしないかは個人差がございます。今回入手のベンツはややクリーム系ですね。同年代の他のモデルの白は明らかに真っ白ですから。



リヤ内部はノーマルのワゴンスペースではなくベットらしきものがございます。


52D ダッチ チャージャー MK3
モデル製造期間1970~1977年  スケール 1/62
1977年には日本語箱もございます。

これは今風に言うと謎車なのですが、ダッチとなっておりますので、おそらく自動車ショーなどのコンセプトカーと思われます。コルベット風のスタイルが当時の未来カーアピールでしょうか。
カラバリは3色(えんじメタ・紫メタ・イエローメタ)えんじと紫は例によって塗料の配合の違いではないでしょうかね。全体のバリエーションは6種です。イエローは1種・えんじ系はシールを貼ったバリエが3種・ノーマルはえんじと紫が1種づつです。



乗り降りはルーフ全体がキャノピー風に開くタイプ。ドアなしタイプが当時のショーモデルには多かった様に思います。


開閉のギミックはすごくしっかりしており緩みもありません。今でも通用する造りとなっております。






Last updated  2020.02.21 12:17:31
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.06
カテゴリ:マッチボックス
1月1日はトイザ○スにてマッチボックスなどの販売もありました。

ネットでは偶に見かけるのですが、店頭では珍しい3台パックがありました。今回はベーシックや50thS.F.・5P・3P・MOVING  PARTS・RIAL  WORKINGRIGSの大量入荷でしたスマイル

その中で3パックと50thとベーシック少々(スバルサンバーなど)の購入でした。スバルSUVはゲットできず涙ぽろり

3台パック
ミニバン・ジャガーEタイプ・フォード F-100
Eタイプは最近単品発売はありませんでした。パック物はご無沙汰の車種が選択される事があるので面白いですね。


3台パック
メルセデスGLE・アウディR8・ランボルギーニLM002
このセット以前紹介した5パックの中の3台です。後で開封する為に購入しました。




SuperFast50周年(紙箱付)
'08 ポルシェ911ターボ

このシリーズは少々お高いので、ポルシェのみの購入です。


最後に。
ちょと気になったのがカード裏の国内流通版に貼られるシールですが、通常マテルジャパンと成りますが今回はトイザらスと記載されておりました。これからはマッチボックスはトイザが積極的に取り扱うと言うこのなのでしょうか?しばらくマッチボックスの販売は途切れていたので嬉しい事です。






Last updated  2020.01.06 16:33:22
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.24
カテゴリ:マッチボックス
本日はマッチボックスの5パックです。
AUTO BAHN EXPRESS

アウトバーンを走っていそうな車の選択でしょうか。



'15 メルセデスーベンツ GLE クーペ

最近よく見かけるタイプのベンツです。RVの波には呑まれましょう。



ランボルギーニ LM002

この中の5台でいえば一番欲したものスマイル高速走行向きとは思えないが?



アウディ R8
これはガンガン走らせましょう。



ベントレィ コチネンタルGT

これも意外と見かけます。適度な高級車感が良いのでしょうね。でも私の友人はアメ車と思っている。車名がすっと出てこない知名度小しょんぼり



ボルボ V60 ワゴン

トミカもボルボのワゴンをリリースしましたが静かなブームですかね。






Last updated  2019.12.24 16:24:52
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.16
カテゴリ:マッチボックス
今日は70年代のマッチボックスです。
いずれもレズニー時代のイングランド製。

※車名の後の( )内の年代はレズニーでの製造期間です。





27 ランボルギーニ カウンタック(1973~1977)

オレンジのハデハデ塗装のカウンタックです。プレーンの黄色を探しているのですが、未だに見つかりませんね涙ぽろりプロトタイプ仕様で3インチでのモデル化は殆どありません。



8 デトマソ パンテーラ(1975~1981)
ホワイトの他にブルーもありますが、見たことはないです。
オーバーフェンダーが凄いのでGT4かGT5仕様でしょうかね。


32 マセラティ ボーラ(1973~1977)
実車には無いと思われる紫カラー、この色は多くのモデルに使用されています。子供受けする様、ハデな色使いは今となっては残念です。


3 モンテベルディ ハイ(1973~1982)

かつてスイスに有ったスーパーカーメーカーです。1980年代初めまで存在してました。
ミッドシップでアメリカ製のエンジン搭載です。このモデルはハイ450GTSでしょうかね。



66 マツダ RX-500(1971~1981)

トミカにもありますRX500です。エンジンカウル開閉します。



53 TANZARA(1972~1981)

マッチボックスの謎車です。当時ホットウィールに対抗して架空車やホットロッドなどをリリースした為に経営不振の原因の一つとなりました。






Last updated  2019.12.16 18:50:22
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.15
カテゴリ:マッチボックス
今日は新旧11台のマッチボックスが届きました。
まずは新しいモデルから。




NEW金型
ポラリス・スリングショット

カナダのメーカーでGM製の2.4Lエンジンを積み、後輪の一輪を駆動します。トライク扱いでバイクに分類されます。前が2輪なので自動車感覚で運転出来そうですが、地上高が低い為ゴーカート並みの目線かな?



NEW金型
スバル サンバー トラック

これは現行型でしょうか。アメリカでは一部でありますが軽トラブームだそうです。
25年ルールに合致していれば、アメリカでの公道走行も可能です。まさか正規輸入かわからん
※25年ルール(簡単に言いますと、アメリカでは製造から25年以上経過していれば、過去輸入されていない車も登録走行可能だそうです。)
さてモデルはトミカの軽トラより小さいでですね。タイヤは小さめサイズを使用してますが、それでも大きいですね。



NEW金型
'11 ミニ カントリーマン

ミニの5ドアです。最近は街でもよく見かけますねウィンク




'62 VW ビートル

ちょっと古めの60年代ビートルです。リペイントカラー。






Last updated  2019.12.15 14:38:04
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.03
カテゴリ:マッチボックス

マッチボックス

ホンダ リッジライン

米国ホンダが製造する中型SUTリッジラインです。
マッチボックスのモデルは2005~2014年までの初代ですね。2015年からは2代目となっております。
製造年数が長いので、年式によってフロントグリルなどの形状が違います。
マッチボックスは2008年に最初のモデルがリリースされているので、その辺の年式でしょうかね。
トヨタの逆輸入車はよく見ますが、ホンダは実車を見かけたことはありませんね

今回のは同じ金型で2018年発売のものです。セット物などを含めるとバリエーションは8種類ぐらいです。












Last updated  2019.12.03 18:47:51
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.19
カテゴリ:マッチボックス
本日もオールドマッチボックです。現在あちこちの箱に散らばっているいるのを、メーカー別に整理している過程で発見した物を紹介しています。

マッチボックス

67C VW 1600TL

このモデルは1970~71年の製造期間です。といっても金型は1967年に出来たもので1970年からのタイヤ変更(スーパーファストシリーズ)として再スタートしました。この際、廃盤と引き続き販売されたモデルに別れました。

スーパーファストになってからは、3種類のカラーバリエーションがございます。
オレンジに近いレッド・紫メタリック・濃いピンクメタリックの3種類です。(文献によると濃いピンクですが実際は薄い紫です。)
このモデルは1970年製造の紫メタです。翌71年は疑惑の濃いピンク。ピンクに分類したのは製造時の塗料の濃さの問題かと思われます。トミカなどにも見られる製造年の色濃度の違いではないでしょうかね。私にはどう見積もってもピンクには見えませんほえー

箱はスーパーファストになった最初期のタイプです。1970年から1983年まで4種類のタイプがあります。



補助灯が3個もついています。そういえば昔ディーラーにフォグランプの取り付けを依頼したら、ラリーカーの様な大型のライトが付いて戻って来て、びっくりしたことがありましたねショック


ワーゲンなので当然リヤエンジンです。








Last updated  2019.11.19 14:57:48
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全98件 (98件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.