1692462 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こっちおいでよ ~トミカサイズミニカー~

PR

X

全7件 (7件中 1-7件目)

1

ダイヤペット

2020.08.03
XML
カテゴリ:ダイヤペット
ダイヤペット チェリカ100
100-2 ホンダ シビック

スケールはミニカーのサイズから約1/37ぐらいでしょうかね。100シリーズは全長が100mmに成る様設計された為スケール表示が有りません。軽自動車など通常スケールだとモデルが小さくなる車種で、それの解消の為に発案されたシリーズです。昭和48~49年に10種類が発売されたに留まりました、



リアランプは赤マジックで墨入れされています。


タイヤは当時のミニカーらしく、ちょっと貧弱です。


シャシー・グリルも金属なので全体として重量感があります。


トミカのシビックとサイズ比較です。






Last updated  2020.08.03 14:33:51
コメント(0) | コメントを書く


2020.06.14
カテゴリ:ダイヤペット
ダイヤペット チェリカ100

100-3 スバル レックス

ダイヤペットの中でも異質なのがチェリカ100シリーズです。全長を100mmサイズに統一したのがこのシリーズです。1973~74年にかけて軽自動車中心に10種類発売されましたが短命に終わりました。
スバル レックスは360、R2に続く第3弾の軽でした。

モデルは100mmサイズにする為にボテットしたデフォメルになっています。
実車からのサイズからするとスケールは1/30ぐらいでしょうかね。


多少キズが有るものの状態としては好いですね。


このシリーズはドアの開閉のみのギミックです。







トミカとのサイズ比較です。






Last updated  2020.06.14 14:53:17
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.22
カテゴリ:ダイヤペット
今日はあまり手を出さないトラックのレビューです。

ダイヤペット
いすゞ トラック デコトラ 


箱や資料が無い為に正確な車名が分からず単にデコトラとしました。
トラックに関しては殆ど見識がなく発売年代は不明ですね。



少々汚れがあるものの、破損や欠品がなく程よい状態です。




荷室はウィング開閉、トラックモデルでもドア開閉のアクションがございます。トラックなどは運転席内部が省略されている事が多いのですが、シート・ステアリングなどがありますね。




トラックが好きな人はこの顔を見ただけで大体の年式が分かると思います。現在でもダンプカーなどで時々見かけます。TURBOシールからターボ仕様車でしょうかね。






Last updated  2020.05.22 12:43:52
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.19
カテゴリ:ダイヤペット
今日は終日雨ですね涙ぽろり

ダイヤペット
G-78 ランチア ストラトス(Marlboro仕様) 1977年発売・当時価格950円・1/40

今では模型の世界では造ることが出来ない貴重なタバコロゴ仕様の1台です。通常カラーはレッドとイエローだがこれもバリエーションの1台であろうか?ダイヤペットの常としてレース仕様などは別品番が与えられるが私の資料では記載がないです。
1976~77年はスーパーカーブームでダイヤペットもブーム乗り遅れまいと数々のモデルをリリースしました。フェラーリ・カウンタック・ロータス・930ターボなど多数ありました。
ストラトスはノーマルボディの他にストラトスターボのレーシングボディ仕様も有り、いつか入手したいですね。



リヤフードやヘッドライトも可動式です。エンジンフードを開ける際にプラスチック部品が破損してどこかに飛んで行方不明となりましたほえー古いモデルは経年変化で劣化しているので細心の注意が必要です泣き笑い


ディーノのV6エンジンが拝めます。



右のストップランプの下の黒いプラ部分が破損箇所です。


まだ裏版はネジ止めの時代です。前の2つのレバーはライト開閉用です。






Last updated  2020.05.19 15:25:53
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.18
カテゴリ:ダイヤペット
昨日はメンテナンス為画像の投稿が出来なかったのでブログはお休みしました。

きょうはダイヤペットです。

G-46 三菱 ランサー セレステ 1600GL 1/40
1976年2月発売(当時価格800円)

実車は1975~1981年まで生産。その年代によって初期(1975年~)・中期(1976年~)・後期(1977年~)と分類されます。このモデルは逆L字型のリヤランプから初期型であることが分かります。
中期は普通の横向きリヤランプに変更・後期はヘッドランプが角型になり、バンパーも変更されました。

発売当初はそのロングノーズスタイルから和製ミニマスタングと言われたこと事もありました。
ダイヤペットは丸みをおびたポッチャリデフォメルなのでそれは感じられませんが、雰囲気だけはあります。以前もブログで紹介しましたが、一度手放して今回は再び入手しました。


特徴的な逆L字ランプは好き嫌いが多く、2年あまりで通常の横タイプに改められました。
この頃のダイヤペットの魅力の一つしてフルオープンが上げられます。モデルによってはその為にスタイルが損なわれる事も結構ありましたね。


裏版には明記がありませんがスケールは1/40です。セレステはラテン語で「青空」という意味だそうです。デザインされた車名ロゴが面白いですね。










Last updated  2020.05.18 15:03:36
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.08
カテゴリ:ダイヤペット

ダイヤペット 1/40

三菱 ランサー セレステ 1600

皆さんはこの車を覚えているだろうか。1975年3月にFTOの後継車としてデビュー。

ロングノーズのスタイルからミニマスタングの愛称もあった。

もう実車は旧車屋さんでも見かけない。ダイヤペットは丸型ヘッドランプの前期型をモデル化。

セレステA

 

セレステB







Last updated  2020.05.18 15:01:08
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.28
カテゴリ:ダイヤペット
YONEZAWA TOY
ダイヤペット
No.D-197 日産 フェアレディ Z432
日本製 昭和45年発売 S=1/40

タイヤ、ホイールキャップから推測するに初期モデルであろうか?
Z432A

当時としては肉薄で精度が高く仕上げられている。プラスチックではなくダイキャストのバンパーも好感がもてる。
Z432B






Last updated  2020.05.18 15:05:32
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1


© Rakuten Group, Inc.