554998 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「メダカ」と「投げ釣り」のページ

全156件 (156件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

メダカ・ビオトープ

2016年07月25日
XML

 4月14日から発生した熊本地震により犠牲になられた方々に深くお悔やみを申し上げ、1日も早い復興をお祈り申し上げます。
 2016年7月25日(月)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル

 7月も終盤に入り、神奈川県でも、28日ごろには梅雨明け予想が発表されました。
 今日のブログでは、「メダカ」と「水生植物」をメインにUPさせていただきたいと思います。

 今年も6月の終わりから、
 姫スイレン(ヘルボラ)
 が開花をはじめました。
 4月に株分けして植えなおしましたが、
IMG_3204.JPG
 姫スイレンは、夏の到来を感じさせます。

 さて、次からはしばらく、
 今年活躍してくれた親メダカ
 のご紹介をさせていただきたいと思います。
 最初は、紅白系
 ♂ からです。
 丹頂柄がきれいに出た子。
IMG_3211.JPG
 白地の部分に少し青味が掛かっているちょっと変わった子。
IMG_3205.JPG
 そして、そこそこの更紗柄の子
IMG_3215.JPG
 の4匹を選びました。
 これに組み合わせた ♀ は、次のような、
 丹頂柄で背びれにも少し朱が差した子、
IMG_3263.JPG
 表面と言うより、少し内側から朱色がにじみ出ているような子。
IMG_3263-1.JPG
 この子は、少しですが黒の色素も出ていますので、紅白と3色の中間位に位置するかな?
 それから、次のまずまずの更紗柄の3匹。
IMG_3272.JPG
 ♂:4匹、♀:5匹で子を取りました。
 掛け合わせがかなり進んでいますので、メスが5匹の割には産卵数は少なく、1日当たり10~20個でした。

 生まれてきたのが、
 下の子で、
IMG_3272-1.JPG
 まだ色は、全然上がっていませんが、赤っぽい色が(少しだけですが)出ています。

 話は変わりますが、屋内の全身体内光の水槽に植え付けた
 「グロッソスティグマ」のその後の様子
 も、ご報告しておきましょう。
 全体的には、「グロッソスティグマ」よりも、「ウィローモス」に紛れていた「ナヤス」のほうが広がってしまいましたが、
IMG_3413.JPG
 「グロッソ」も水槽の前面にまで広がって、
 観賞魚店のレイアウトみたいになってきました。
IMG_3413-1.JPG
 このように、ガラス面に沿って根っこが見えるところが、良いんですね。

 本題に戻って、次は、
 全身体内光(○本舗系)です。
 ♂ は、この1匹だけ。
IMG_3460.JPG
 他の子はと言いますと、対外光が大分出ていましたので、採卵チームには入れませんでした。
 ♀ の方は、
IMG_3463.JPG
  と、
IMG_3465.JPG
 の全部で3匹。
 1対3でしたので、♂ には、ずいぶんと頑張ってもらい、
 産卵数も、1日当たり20~40個ぐらいと多めでした。
 そして、生まれてきた
 全身体内光の子供
 ですが、
IMG_3465-1.JPG
 肉眼で見ると、幹之メダカの系統の特徴(背中に十の字を背負っているような。。。)に見えるのですが、デジカメのスーパーマクロでは、「黒色素」の他に、体内光の元か? それとも体外光の元なのか? 水色の色素が見えます。

 その他のメダカのご紹介の前に、
 「ミジンコ浮草」の復活
 についても、ご報告しておきたいと思います。
 「ミジンコ浮草」が、七月に入ってから、増えてきました。
 今年は暖かくなっても、浮かんでこなかったので、「絶えてしまったかな?」と、心配していたのですが、六月ごろから少し出てきました。
IMG_3466.JPG
 入っているのは、ミジンコ培養のバケツなのですが、環境が合ったのか、わずか1か月でこんなに増殖しました。
IMG_3466-1.JPG
 ここまで増えれば、メダカの「お八つ」に使っても大丈夫でしょう。

 調子が出てきましたので、もう少し、水辺の植物のご紹介を続けさせていただくことにしたいと思います。
 7月も半ばに入ってからですが、
 「ガガブタ」が咲き始めました。
 水辺の植物の例にたがわず、ほんの小さな花なのですが、
IMG_3565.JPG
 捨てがたい魅力があります。
 近くで見るとこんな感じです。
IMG_3517.JPG
 私としては、水辺の植物の中では、姫スイレンに次ぐ、おすすめです。

 先ほど、「紅白系」と「全身体内光」のご紹介をしましたが、その他には、
 「白光メダカ」×「墨黒メダカ」
 の掛け合わせもできました。
 その F1 が、次の写真です。
IMG_3531.JPG
 「F2」に「墨黒の光メダカ」が出てくれれば、この掛け合わせは成功なのですが、さて、どうなることでしょう。
 メダカは、この辺り(神奈川県)では、9月半ばまで産卵しますので、今年中に、もう一世代進めることが出来ればベストなのですが。。。
 
 今日の最後は、
 「梅シロップ」のその後
 についてです。
 今年は、家の梅は不作で、取れたのは、
 たったの、これだけ!
IMG_3535.JPG
 350g だけでした。
 氷砂糖を買って来て、上から梅と同量の350g を乗せておきました。
 1週間ぐらいで、
 梅シロップ
 が、できてきましたが、
IMG_3535-1.JPG
 少ししかできなかったので、もう、すぐに、全部飲んでしまいました。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、「メダカ」と「投げ釣り」をテーマにUPさせていただく予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






最終更新日  2016年07月25日 19時49分06秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年04月10日

 東日本大震災から4年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2015年4月10日(金)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 またまた、ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
 やっぱり冬眠していたかもしれません。
 みなさんは元気でお過ごしでしたでしょうか?

 前回の更新が2月でしたから、3月後半から4月前半を遡って見ますと、
 春の足音
 が聞こえてきたのがこの時期でした。
 一番春を感じさせてくれたのは、やはり、
 青空をバックにした桜の花
 でしょう。
IMG_2073-1.JPG
 今年は開花が3日ほど早かったそうで、今ではもう葉桜になってしまいましたが、
 他にも春の花が次々に開花して、私のところの裏庭では、
 「花にら」
IMG_2073-2.JPG
 や、
 「スズラン水仙」
IMG_2080.JPG
 などは、まだ花を保っています。

 メダカのベジタブルプランターやミジンコのバケツにも、
 水辺の植物
 の、
 「ナガバオモダカ」
IMG_2080-1.JPG
 が花を付け始め、
 「アサザ」
IMG_2135.JPG
 と、
 「ガガブタ」
IMG_2137.JPG
 は、浮葉を出し始めました。
 「ミツガシワ」
IMG_2083.JPG
 や 
 「クワイ」
IMG_2080-2.JPG
 も芽を出しました。
 「クワイ」は、3年位前にお正月の料理用に売られていたものを植えてみたら、特別なことをしなくても育ちました。

 3色メダカが入っているベジタブルプランターでは、
 芹(セリ)
IMG_2084.JPG
 が大きくなってきました。
 「セリ」は、かなり寒い時期から成長をはじめていたのですが、次の、
 「ミゾカクシ」
 は、冬眠の期間が長く、
IMG_2093.JPG
 4月には行ってからようやくランナーを伸ばし始めました。
 寒さに特別強いのは、このブログにもたびたび登場している、
 「ミズサンザシ」
 でしょう。
IMG_2095.JPG
 自然に受粉して今年も実生の苗が沢山生えてきました。増えすぎて困るくらいです。

 次は、そろそろ産卵を始めた
 「ペアリング待ちのメダカたち」
 のご紹介をしたいと思います。
 まずは、私のところで生まれた、
  紅白、3色メダカ
 です。
IMG_2109.JPG
 紅白は2歳ですが、ここに写っている3色は、3歳になりましたので、繁殖に使うのは厳しそうです。
 ですが、3色系は他にも何匹かいい感じの子がいますので、
IMG_2109-2.JPG
 系統は残せるでしょう。

 今年一番楽しみにしているのは、下の、
 「マーブルメダカ」の系統で、
IMG_2100-1.JPG
 この子は確かにマーブル(大理石)のような模様が出ていますし、
 次の子は、いい感じの3色メダカになりそうです。
IMG_2100-2.JPG
 他にも、「丹頂メダカ」になっている子もいて、
IMG_2100.JPG
 いろいろなタイプのメダカが誕生するようです。
 ただし、「マーブルメダカ」は繁殖が少々難しい系統らしいです。
 今年は、丹頂系のメダカもかなり生き残っていて、マーブルメダカのほかにも、
 「紅白系の丹頂メダカ」
IMG_2115.JPG
 もいます。
 「マーブルメダカ系の丹頂メダカ(その2)」
IMG_2115-2.JPG
 は、先ほどもご紹介しましたが、同じ「マーブルメダカ」でもこちらの方が頭の色に赤みが有るようです。

 紅白系と「マーブルメダカ」は去年の11月から12月にメダカ○舗さんから購入した子達で、交配に使うのはもう少し待たなければならないようです。
 ただ、MSサイズだったのですが、日当たりの良い場所に水槽を置いたので、冬の間にも少し大きくなっていました。
 どんどん産卵するようになるのは、あと1ヶ月から2ヶ月ぐらい先かとおもいますが、いろいろ掛け合わせて見るのが今から楽しみです。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、「メダカと投げ釣り」のテーマでUPさせていただく予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2015年04月10日 19時04分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年08月11日

 東日本大震災から3年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2014年8月11日(月)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 今週は夏休みの方が多いようですね。
 みなさん元気にお過ごしでしょうか?
 
 今日は、前回に引き続き、水槽の様子をご紹介していきたいと思います。
 さて、8月に入って、
 水辺の植物たち
 が、次々に開花しています。
 「ガガブタ」
IMG_1267.JPG
 羽毛のような花びらが魅力的です。
IMG_1121.JPG
 この後、殖芽が出来ますが、1年で1株→50株位になってしまいます。
 繁殖力が強すぎるのもよしあしです。

 「芹(セリ)」の花
 も咲きました。
IMG_1126.JPG
 芹はランナーを伸ばして、増えていきます。
 花が咲くと親株は枯れてしまうようです。

 次は、メダカの話題です。
 今年前半の繁殖を振り返って
 みたいと思います。
 まずは、繁殖が比較的
 うまくいったメダカたち
 ですが、
 白系透明鱗メダカ、墨黒メダカ
 は、かなり増えてくれました。
IMG_1137.JPG
 墨黒メダカは、最初の内、中々孵化してこなかったのですが、5月の後半位から孵化してきました。
 どうやら、最初のころは親がまだ小さすぎて、卵は産むものの良い卵でなかったのかもしれないと思います。

 ヒカリメダカ(赤系と白系)
 は、去年はあまりうまくいかなかったのですが、今年はかなり増えてくれました。
IMG_1154.JPG
 まだ、色は揚がっていませんが、赤系、白系、琥珀系透明鱗が、40cmガラス水槽で泳いでいます。
 ヒカリメダカと墨黒メダカの親たち
 は、隣の60cmガラス水槽で泳いでいます。
IMG_1158.JPG
 親にはかなり赤味が強い個体もいましたので、今年の子供たちは期待できそうです。

 ちょっと話が横道に逸れますが、この水槽には「バナナプラント」が植えてあって、
 今年は、
 子株
 が、沢山出来ています。
IMG_1142.JPG
 この分で行けば、
 10株位はできそうです
IMG_1298.JPG
 こんなに沢山の子株が出来たのは初めてなのですが、ガラス水槽に植えたことで、根元まで光が当たったことが良かったのではないかと思っています。

 話をメダカに戻しますと、まずまずの成果だったのが、
 紅白・3色系メダカ
 です。
 まだ色が揚がっていませんので、パッとしませんが、
IMG_1139.JPG
 今年の冬ごろから色が上がってくれることでしょう。

 反対に、繁殖が、
 うまくいかなかったメダカ
 もあります。
 私の所では、相性が悪いのか、毎年成長の途中でいなくなってしまうのが、
 幹之系メダカ
 で、今年も沢山の稚魚を採ったのですが、やっぱりダメでした。
 そこで、もう一度挑戦と言うことで、○本舗さんから
 「パーフェクトメタル」
 を購入しました。
 かなり良い光方で、20匹もいましたが、MSサイズでしたので、すぐに繁殖には使えません。
IMG_1277.JPG
 しかし、メダカの屋外繁殖は9月頃まで可能です。
 うまく行けば、今年中にもう一度稚魚を増やせるのではないかな? と思っています。

 以前から欲しいと思っていて、
 新たに仲間入りしたメダカ
 もいます。
 それは、「パーフェクトメタル」と一緒に注文した、
 黒目ビッグアイ半ダルマ
 です。
IMG_1283.JPG
 短めの子とちょっと長めの子が15匹も来て、「河豚」のような太っちょ、可愛いダルマちゃんも沢山入っていました。
IMG_1136.JPG
 驚いたのは、「S」サイズが来るはずが、半分以上が、大きめ「M」サイズで、産卵を始める子がいたことです。
 さっそく稚魚が取れそうで、思いがけない楽しみができました。

 再び、水草の話題に移ります。
 爆殖する水辺の植物
 は、他にもまだありまして、
 「ミジンコウキクサ」
 は、メダカたちが食べますので、餌に使うと、
IMG_1164.JPG
 この位まで減ってしまいますが、
 一週間もすれば、
IMG_1264.JPG
 元通り。
 これは、増えすぎても困ることはありません。

 8月になるまであまり成長してこなかった
 「アンブリア(キクモ)」
 も、ここへ来て一気に伸びてきました。
IMG_1297.JPG
 これでは、このガラス水槽のリセットを急がなければならなくなるかも知れません。

 今日の、おしまいの写真は、
 「グロッソスティグマ」の花
 です。
 「ナンチャッテ睡蓮鉢」の水底を覆った「グロッソスティグマ」ですが、
 陸上へも進出
 してきました。
IMG_1314.JPG
 良く見ると、
 花が咲いているようです。
 とても小さくて、肉眼では良く分からなかった位ですが、デジカメの「スーパーマクロ」で撮影してみたら、
IMG_1305.JPG
 確かに、花でした。
 「グロッソスティグマ」の花を見たのは、私もこれが初めてのことです。
  
 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、この時期恒例の「鮎のコロガシ釣り」をテーマにUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2014年08月11日 20時56分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年07月18日

 東日本大震災から3年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2014年7月18日(金)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 
 ご挨拶スマイル
 2009年から始めたこのブログも気が付けば、早くも5年。
 アクセス数ももうすぐ10万件に達しようとしている所です。
 初めは、こんなに続くとは思ってもいなかったのですが、皆さんのお陰で、続けてこられました。
 最近は、「長い」ブログということもあり、更新が遅れがちですが、できるだけ更新していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 それでは、
 今日は、久しぶりにビオトープの様子のご紹介をしたいと思っています。
 まず初めに、玄関脇の
 ナンチャッテ睡蓮鉢
 です。
IMG_0892.JPG
 水底を「グロッソスティグマ」が覆っています。
 「グロッソスティグマ」は、去年の9月ごろ水上葉を植えておいたのですが、無事に越冬し、今ではかなり広がってきました。

 次は、裏庭の水槽群の様子です。
 ガラス水槽は3本有り、その内訳は60cm水槽が2本、40cm水槽が一本です。
 60cmガラス水槽(1)
 では、
 「バナナプラント」
 が、大きな浮葉を出しました。
IMG_09751.jpg
 環境があっているのでしょうか、こんな大きな葉を出したのは初めてです。
 可愛い花も咲きました。
IMG_0873.JPG
 この後、うまく行けばバナナのような殖芽ができるので楽しみです。
 ところで、この水槽は屋外水槽であるにも拘らず、
 レイアウトして有ります
IMG_1001.JPG
 「ニューラージパールグラス」や「アンブリア」、流木に活着させた「ウィローモス」などが良い感じに育っていますが、維持するのが大変です。
 と言うのは、毎日がアオミドロとの戦いになっているのです。

 もう一本の、
 60cmガラス水槽(2)
 こちらは、
 ヒメ睡蓮
 が水面の半分以上を覆っています。
IMG_0843.JPG
 先日、2輪が咲きました
IMG_0898.JPG
 近寄ってみると、
IMG_0904.JPG
 「ヘルボラ」は黄色い花が咲くと言われていますが、これはかなり白っぽい花をつけます。
 どうやら、株によって違うようです。

 次に、
 ベジタブルプランター水槽
 もご紹介しておきたいと思います。
 ベジタブルプランターでは、なるべくなら、植物は1,2品種にとどめておいた方がゴチャゴチャにならず、自然な感じに出来ます。
 私の所には、
 アサザ
IMG_0858.JPG
 が浮葉をたくさん出している水槽や、
 ガガブタ
IMG_0856.JPG
 が中心の水槽があります。
 「ガガブタ」を植えて有る水槽には、変った植物も植えてあります。
 「レースプラント」
IMG_0990.JPG
 が入っているのです。
 「レースプラント」は、かなり栽培が難しい水草とも言われますが、秋から屋外に慣らしておいたら、なんと、越冬に成功しました。
 60cmガラス水槽をリセットする時が来たら、そちらに移して育てようと思っています。

 ゴチャゴチャになってしまったベジタブルプランターもご紹介しておきましょう。
 「クワイ」や「芹(セリ)」が暴れているベジタブルプランター
 メダカの遊泳スペースがほとんどなくなってしまいました。
IMG_0908.JPG
 そこで、思い切って、
 半分ほど刈り取ってしまいました。
IMG_0917.JPG
 後で気付いたのですが、食べられる野草でもありますので、お惣菜にしてしまえば良かったかな?あっかんべー

 ここで、話が変りますが、
 今年生まれのメダカたち
 も、少しご紹介したいと思います。
 その中から、
 「ダルマメダカ」(1)
IMG_1079.JPG
 紅白系の半ダルマの親から生まれましたが、この子は縮みがきついので、本ダルマと言えるでしょう。
 「ダルマメダカ」(2)
IMG_1083.JPG
 この子は、白系透明鱗の半ダルマの子です。
 この子も、半ダルマかな? それに、体色も普通の白メダカっぽいなわからん
 「ダルマメダカ」(3)
IMG_1086.JPG
 ダルマメダカは泳ぐのが遅いので、本当は別にしてあげた方が良いのですが、私の所では普通体形のめだかと一緒です。
 ちょっと心配ですが、皆で仲良くしていますので、特に餌を食べ損なうと言うことも無いようです。

 心配といえば、
 2歳の「紅白系メダカ」
 は、そろそろ世代交代の季節になってきましたので、
IMG_0962.JPG
 すこしでも痩せ病対策になればと思って、食い放題の餌=ミジンコウキクサを与えています。

 今日の、最後の写真は、
 遅生まれの「3色系メダカ」
 です。
 来年の親にしようと思っていたのですが、
IMG_0906.JPG
 先週から産卵を始めましたので、もう一度採卵水槽を立ち上げることになってしまいましたが、予定を1年早めることができましたスマイル

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回も引き続き、「メダカ」をテーマにUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2014年07月18日 21時14分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年04月28日

 東日本大震災から3年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2014年4月28日(月)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 早くもGWに入りましたが、元気でお過ごしでしょうか?

 メダカ水槽では、4月に入って、水辺の植物が次々に葉を出しました。
 中には花を咲かせるものも出てきました。
 ベジタブルプランター水槽を彩る「ナガバオモダカ」
IMG_0138.JPG
 白くて可愛い花をつけますが、繁殖力が強くて、増えすぎてしまうのが玉に瑕かな?。
 次は、別の水槽で、
 浮葉を出し始めた「ヒルムシロ」
IMG_0147.JPG
 「ヒルムシロ」は、若葉の時には網目が走っていて、ちょっと「レースプラント」のような感じもします。

 それでは、今日のブログテーマの
 「3色メダカ」のご紹介
 に入りたいと思います。
 とは言っても、
  白い容器では、
IMG_9605.JPG
 紅白メダカの時と同じく、やはりパッとしません。
 そこで、
 黒い容器に入れてみると、
IMG_0026.JPG
 「ああ、この子はイエロー系だったのか、左下の子は、銀色の胴が良い感じだ」
 などという具合に、色や模様が現れてきます。
 それにしても、
 うちの3色メダカは、まだ発展途上!
 だと思います。
IMG_9588.JPG
 と言うのは、朱赤の乗った3色メダカがまだいないからです。

 それでも、一匹づつ見てみると、
 素材としては良い
 ものを持っている子が何匹もいます。
 例えば、
 一応3色
 のメダカもいて、
IMG_9635.JPG
 赤が薄めで物足りない感じも有りますが、自分の所で生まれたメダカでもあり、特別な思いが有ります。

 次のメダカは、
 琥珀系3色メダカ
 と言えると思います。
IMG_9642.JPG
 これも、朱赤の色は入りませんが、オレンジのような、茶色のようなブチと色抜けがあって、中々良い感じ。

 他にも、まだ小さいけど、
 期待が持てそうな子
 もいます。
IMG_9683.JPG
 左側のメダカは成長して、胴体に赤系の色が出れば、良い3色メダカになりそうです。
 一方、右側の子は、3色メダカではなくて、紅白メダカです。
 今から色抜けがありますので、良い紅白メダカになりそうです。

 ところで、
 色の抜け方も様々
 です。
IMG_9690.JPG
 右のメダカは、色の抜け方がはっきりしています。
 それに対して、左のメダカはジワジワと色が抜けて、鹿の子模様のようになっています。
 一口に色抜けと言っても、様々なタイプがあるようです。

 あと一息、という感じがするのが、
 ピンクブチ透明鱗
 で、
IMG_9873.JPG
 ピンク色がもう少し濃くなるか、朱赤だったら、少し色抜けも有ることですし、いい3色メダカになったことだろうと思います。

 そして、
 一番気に入っている3色メダカ
 が、下の写真です。
IMG_9617.JPG
 このメダカも、やっと大人になったばかりぐらいの、まだ小さなメダカですが、大きくなったら見ごたえが出てきそうです。

 このようなメダカたちを、2対3ぐらいのチームで繁殖水槽に入れたり、1対1で交配したりして、より良い色と模様の3色メダカを目指しています。

 ここで、少し寄り道を。。。
 ガラス水槽のトリミング
 冬の間、成長が止まっていたガラス水槽の水草、「フサモ」、「コカナダモ」、「エビモ」が暖かくなると共に伸び始めました。
 ところが、成長が早いので、あっと言う間に、メダカの遊泳スペースが無くなってしまいました。
IMG_9773.JPG
 特に成長が早かったのが、「コカナダモ」で、次が「フサモ」でした。
 そのため、この2種は思い切って切り詰め、これでようやくメダカの遊泳する場所が出来ました。
IMG_9813.JPG
 「エビモ」はまだ伸びていなかったので、手を入れませんでしたが、これからは、手を入れることになるでしょう。
 
 付け足しで、もう一度メダカの話題に戻ります。
 光体形の3色メダカ
 も、ご紹介して置きましょう。
 光体形の透明鱗メダカは、かなり神経質で、去年、あまり生まれなかったので、現在残っているのは下の写真の中の4匹だけです。
 左上のメダカは、透明鱗ではない普通種の「赤ブチ光メダカ」になっています。
IMG_9428.JPG
 左下の2匹が光体形の紅白と3色の♀メダカです。
 右側の2匹は3色のパターンを持った♂です。
 期待しているのは、光体形の紅白メダカ(♀)です。
IMG_9447.JPG
 ♂が3色のパターンなので、掛け合わせれば、何匹かは3色の光メダカが生まれてくれるかも知れません。
 去年も産卵を始めるのが遅かったので、今年もゆっくりかもしれません。
 気長に構えていないと、この品種のメダカとは付き合えません。

 今日のおしまいの写真は、「ベジタブルプランター水槽」の様子です。
IMG_0143.JPG
 4月最終週の今、「ミツガシワ」、「セリ」などがよく育っています。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は「そのほかのメダカたち」と「投げ釣りシーズンイン」ということでUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2014年04月28日 22時36分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年04月13日

 東日本大震災から3年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2014年4月13日(日)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 元気でお過ごしでしたでしょうか?

 桜が終わって、「ドウダンツツジ」が咲き始めました。
IMG_9962.JPG
 ツツジと言うと、赤い花を思い浮かべますが、これはちょっと変っていて、白くて、スズランのような形です。

 「ナンチャッテ睡蓮鉢」のメダカの生存率
IMG_9460.JPG
 2匹の白メダカと、1匹の楊貴妃メダカが生き残りました。
 「この水鉢で」、冬越しをして、生き残ったメダカです。
 去年の6月頃に5匹の稚魚を入れましたので、生存率60%と言うことになります。
 まずまずの生存率かと思いますが、どうでしょうか?。

 裏庭の水槽群
 さて、4月の第2週は寒の戻りが有りましたが、3月の終わりごろから暖かい日に産卵が見られましたので、先週から大急ぎで産卵水槽をセットしています。
 あれから一週間。。。
IMG_9938.JPG
 あっと言う間にこの状態。
 産卵槽が20室、稚魚用の発泡ケースが10個で、もう少し増えそうです。
 今年も、この中で沢山の卵が生まれ、稚魚が孵化してくることでしょう。

 「紅白系メダカ」
 今日は、この中に入っている親メダカの中から、紅白系統のメダカを取り上げてみようと思います。 
 ところで、紅白系メダカと言っても、
 色が揚がっていない若い個体
IMG_9414.JPG
 は、パッとしませんし、
 白い容器に入れた場合
IMG_9299.JPG
 も、今ひとつといった感じです。
 しかし、入っているのが、
 黒い容器であれば
 ガラリと変って、
 色がはっきり
IMG_9540.JPG
 してきますし、模様も、
 クッキリ
IMG_9486.JPG
 表れてきます。
 その中でも、
 これは中々良い柄
IMG_9530.JPG
 と言う感じのメダカが見つかったり、
 また、違った感じの柄の子も
IMG_9503.JPG
 いますので、見ていて飽きません。
 中には、
 丹頂系
IMG_9483.JPG
 のメダカもいますが、これは2歳半ぐらいのお年寄りなので、今年は卵を産んでくれるかどうか、微妙です。
 
 ここで、ちょっと寄り道を、
 ミジンコも耐久卵が孵化
IMG_9363.JPG
 してきたようです。
 暖かくなるとともに数が増えてきましたので、時々メダカに与ています。

 さて、一匹ずつ見てきた紅白系メダカですが、
 群泳させるとまた違った感じ
 になります。
 先ほどのメダカを一緒に泳がせて見ました。
IMG_9522.JPG
 紅白系メダカだけではちょっと単調なので、
 「朱赤」メダカや「3色になりかけ君」と一緒に
IMG_9311.JPG
 泳がせて見ると、お互いに引き立て合います。
 渋めの「錦メダカ」と一緒だとこんな感じ。
IMG_9312.JPG
 です。
 さらに、
 3色メダカやブチ系透明鱗と
IMG_9302.JPG
 一緒に泳がせて見たり、
 色々混ぜて群泳
 させてみると、
IMG_9315.JPG
 とてもメダカとは思えないくらい、賑やかになります。

 このように、魅力的な紅白メダカですが、このメダカを作るにはポイントが有ると思うのです。
 F1に良い柄の紅白メダカが生まれなくても、その中から少しでも「更紗」になっているもの同士を掛け合わせたり、もう一度、親メダカを他所から導入して足したり。
 そう言うことを2~3年続けていると、次第に良い柄の紅白系メダカが生まれるようになってくるという気がします。
 言い換えれば、代を重ねることが、色が抜ける重要な要因ではないかと思っています。

 また、また寄り道になりますが、
 前回UPしたガラス水槽の中の、
 「ウィローモス」
 です。
IMG_9940.JPG
 海岸で拾った流木に巻きつけて活着させているところで、まだ巻き付けるのに使った緑色の木綿糸が見えたりしていますが、新芽を出し始めました。
 この水槽には、楊貴妃光メダカ、透明鱗楊貴妃光、白光メダカなどが入っています。
 その中に、
 紅白系の光メダカ
 も入っていて、
IMG_9392.JPG
 これも「中々良いなー」と思っています。

 今日の最後の写真は、
 パンダメダカのような色になったメダカ
 です。
 紅白系の紅の色が全部抜けて、一見つまらなそうなメダカに見えますが、○本舗さんのブログに、
IMG_9209.JPG
 ”これ同士か、掛け合わせに使うと良い柄の紅白、3色メダカが生まれてくる(ことがある)”、とあったような。。。
 今シーズン中に、是非、私も試してみたいと思っています。 

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は「3色メダカとそのほか」ということでUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2014年04月13日 13時27分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月30日

 東日本大震災から2年と半年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2014年1月30日(木)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 昨年の暮れからずいぶん寒い日が続きましたが、みなさん元気でお過ごしでしたでしょうか?

 今日は、
 1月のメダカ水槽の様子
 からご紹介しようと思います。
 まずは、
 厚い氷が張った、玄関先の「ナンチャッテ睡蓮鉢」
 1月20日の記録からです。
IMG_8884.JPG
 また、
 裏庭のベジタブルプランター水槽にも氷が。。。
 こちらは、1月11日の記録からです。
IMG_8857.JPG
 そして、
 物干し場の奥に有る水槽
 これは、去年の12月ぐらいから、ずっとこんな冬景色です。
IMG_88631.jpg
 その中で、
 「ホテイアオイ」はまだ健在
 物干し場の屋根の下に有って、霜に当たっていないからか?
IMG_8846.JPG
 このままで行けば春まで大丈夫ではないかと思います。

 昨年の暮れから1月後半までの水槽の様子は、大体こんな感じです。

 次に、
 物干し場のガラス水槽のメダカたち
 も見てみることにしましょう。
 一番日当たりが良水槽では、元気なメダカがいっぱいです。
IMG_8905.JPG
 ところが、メダカより目立っているのは、
 「イシマキガイ」さん
 でした。
IMG_8904.JPG
 お掃除当番としては、「フネアマガイ」、「カバクチカノコガイ」なども良いのですが、冬越しできるのは「イシマキガイ」さんだけのようです。
 「レッドラムズホーン」や「サカマキガイ」は、しぶといですけれどね。

 その時、
 「あたしを、写してね」
 と、手前に出てきてくれたのは、「楊貴妃ヒカリ」さん。
IMG_8912.JPG
 水槽の端っこに固まっていたメダカたちも、
 「あたしたちも、写りたいー!」
 と言っていましたので、パチリ。
IMG_8919.JPG
 他にも、
  「写してくれないと、怒るぞー」と厳しい目線が。。。
IMG_8923.JPG
 みんな、カメラ目線ですショック

 メダカの話が続きますが、今日のメダカは
 「紅白」、「3色系」半ダルマ
 です。
IMG_8927.JPG
 「紅白」や「三色」の半ダルマやダルマメダカはまだ珍しいので貴重です。
 この2匹を、
IMG_8895.JPG
 ペアにしたいと思っていたのですが、残念ながら両方とも♂のようでした。
 どの♀と掛け合わせたらいいか? 悩む所です。

 ここで少し話が変りますが、今回は、
 私の「メダカ関係愛読書」
 を公開してみたいと思います。
 左下の、
 「ザリガニ・メダカ・金魚の飼い方」
 は、2003年に「成美堂」から刊行された本です。
 目次の中から1部をご紹介すると、
 「ベアタンク」、「バランスドアクアリウム」、「トロ箱で小さな水辺を」でのそれぞれの飼育の方法や、変った所では、「玄米を使ったミニ田圃の作り方」も載っていました。
IMG_89401.jpg
 右上の
 「手に取るようにわかる メダカの飼い方」
 は、株式会社ピーシーズから2009年に刊行された本で、著者の森文俊さんは、現在流通している改良メダカの他に、「ヒメダカ」の改良品種を継代飼育されてます。
 「ヒメダカヒカリ」や、「ヒメダカダルマ」、「ヒメダカスケルトン」などは、他のメダカ本にはほとんど出てきません。

 昨年刊行された本2冊もご紹介
 「メダカの育て方と繁殖術」
 は、超有名なブリーダーである青木崇浩氏が監修された本で、日東書院から出ています。
IMG_8943.JPG
 新種の作出について詳しく書いてあり、様々な「ノウハウ」を知ることが出来ます。
 この本に書かれている「ノウハウ」の中の1つだけでも本の値段以上の価値が有ると思います。
 ただ、惜しいことに誤植が多いので、改定版が待たれます。
 もう一冊は、フィッシュマガジンの2013年9月号増刊で、
 「新メダカを愉しむ」
 です。
IMG_8936.JPG
 これは、新種メダカも殆ど網羅されていますので、「改良メダカ図鑑」として見ても楽しい一冊です。
 
 メダカの基本的な飼育方法は、どの本にも掲載されています。
 今年からメダカ飼育を始めたい人は、どれか1冊持っていると良いかも知れませんね。

 今日のおしまいの写真は、
 裏庭の「梅のつぼみ」
 です。
 去年の今頃の時期には、もう開花していた記憶が有ります。
 今年は少し遅れているかもしれません。
IMG_8948.JPG
 それでも、次第に暖かい日が増えてきましたので、もう開花も目前。一足春に近づいてきたような気がします。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、「メダカと投げ釣り」の混合テーマでUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。日本酒






最終更新日  2014年01月30日 20時57分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月27日

 東日本大震災から2年と半年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2013年12月27日(金)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 元気でお過ごしでしたでしょうか?

 2回ほど投げ釣りの話題をUPさせていただきましたが、この間に、「メダカ」関係の写真も貯まってきましたので、今日はメダカの話題でUPさせていただこうと思います。

 とは申しましても、
 冬のメダカ水槽
 は、大体が下の写真のような感じで、
IMG_8587.JPG
 第1番に目に入るのは「枯葉」で、水底には「アオミドロ」がはびこっていたりします。

 それでは、メダカはどこに行ってしまったのかと思って良く見てみれば、
IMG_8612.JPG
 だいたい、水深がある深みに集まっています。
 そうでもなければ、少しでも日当たりの良い場所にかたまっていたりします。
IMG_8689.JPG
 この水槽の子達は、冬越しも2度目ですので、寒さには慣れているようですが、痩せ気味の子達が多いようです。
 何とか、無事に冬を越してくれると良いのですが。。。
 
 対照的に、寒くなるにつれて元気がでてきたのは、
 「ミズサンザシ」
 で、今年は、11月の半ばに一気に寒くなりましたが、そのころに咲き出しました。
 ここには2つ。
IMG_8592.JPG
 こっちには6つか7つ。
IMG_8595.JPG
 そして、この水槽では、いくつ咲いているのか、
IMG_8596.JPG
 とにかく、沢山咲いてくれました。

 最近購入した水草も元気で、
 「パールグラス組織培養」
 は、平塚の「アクアファミリー」さんで購入。
IMG_8704.JPG
 現在は、カップから出してプラケースのなかに直植えし、なんと、屋外でキープ中です。

 さて、それでは、メダカの様子を。
 12月のクリスマス前の3連休は、お天気が良かったので、メダカ水槽にも良く日が当たり、
 「小春日和のメダカたち」
 と言った感じで顔を出してくれました。
IMG_8658.JPG
 この水槽(深型プランター水槽)には、2度目の冬越しを迎えたメダカたちが入っています。
IMG_8662.JPG
 「後揚がり」とでも言うのか、最近になってから色が揚がってきたメダカが多いです。
 琥珀系ブチ、紅白系、3色系など色々なメダカがいます。
IMG_8667.JPG
 ところで、私の所の3色系は赤みがまだ薄いので、来年、赤みが強い個体と掛け合わせて子供を取りたいと思っています。
 来年の繁殖シーズンまで生き延びて欲しいものです。
IMG_8685.JPG
 丹頂系のメダカにも同じことが言えます。
IMG_8686.JPG
 それでも、メダカ飼育に慣れてくるにつれて、2年以上の長生きをするメダカが増えてきたのは、嬉しいことです。

 ここで、話は変りますが、
 「ヘアーグラス」
 も、最近購入しました。
 根元から1cmぐらいの所で切って、屋外水槽に植えて有ります。
IMG_8707.JPG
 「ヘアーグラス」は、寒さには強いようで、朝の温度が3度位になる場所でも、新芽を出し始めています。
 屋外水槽でも、前景草として使えそうです。

 再び、メダカの話題に戻ります。
 最近、なんとなく気になるメダカがいましたので、その子のご紹介をさせていただきたいと思います。

 9月の初旬に、アルビノめだかを購入したのですが、その中に、色合いが変った子がいたので、良く見てたら、
 アルビノメダカ透明鱗系
 のような感じなんです。
 ほっぺたの色抜けは完全とは言えませんが、
IMG_8723.JPG
 透明鱗の血が入っているのは間違いないようです。
IMG_8724.JPG
 アルビノ透明鱗は1度見てみたいと思っていたのですが、思いがけず、購入したメダカに混じっていましたので、ちょっと得した気分です。
 
 他にも、上見で、同じような感じのメダカがいました。
 こちらはヒカリメダカ体形です。
 ぶどう目の期待が膨らむ光めだか
 しかし、目は赤くありませんでした。
IMG_8748.JPG
 これが、ぶどう目だったら、
IMG_8753.JPG
 おじさんは大喜びなんですが、果たしてどうでしょうか?
 今後も観察を続けて見ようと思います。

 今日の終わりに、2013年も、あと少しで終了となりますが、
 来年2月の水槽リセットに向けて
 釣りのついでに、
 沢山の「牡蠣ガラ」
IMG_8710.JPG
 を拾ってきたり、
 流木も
 気に入ったものを見つけては、裏庭に蓄えて、
IMG_8714.JPG
 着々と準備中です。
 屋外での、水槽レイアウト水槽を作ろうとすると、色々な素材が必要になりますので、釣りに行っても、釣りだけで終われない時も多いのです。。。
 そのせいか、実際にはたいした事もしていないのに、今年も何かと忙しい1年だったような気がしますあっかんべー

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回も「メダカ」をテーマにUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。日本酒






最終更新日  2013年12月27日 17時52分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月29日

 東日本大震災から2年と半年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 また、今年は、10月に入っても、毎週のように台風が発生し、関東地方でも、伊豆大島で大きな被害が出ました。
 被災された方々に謹んでお見舞い申し上げ、1日も早い復興をお祈りいたします。
 2013年10月29日(火)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 今日のブログでは、今年生まれのメダカの中から面白そうな子を選んでUPしたいと思います。

 その前に、ちょっとだけ、
 40cmガラス水槽のその後
 を見ていただきたいと思います。
 8月に相模川産の水草でレイアウトした40cm水槽ですが、
 次第にボサボサになってきました。
IMG_7465.JPG
 そこで、思い切って、
 剪定したら、
IMG_8081.JPG
 だいぶすっきりしました。
 やはり、時々は手を入れた方が良いようです。

 それでは、本題の、
 今年生まれのメダカたち
 のご紹介に入りたいと思います。

 まず、浅い容器に、
 ブチメダカをたくさん集めて
 みました。
IMG_7845.JPG
 まだ、3色と言えるまでには届いていませんが、お気に入りの個体たちです。
 マクロ撮影をしてみると、
 こんな感じとか、
IMG_7803.JPG
 おまけで、もう一枚。
IMG_7811.JPG
 写真は、肉眼で見るより大きく撮れますので、また違った魅力が出てきます。

 ここからは横見です。
 最初に、
 自家製楊貴妃ブチ
 ですが、
IMG_7854.JPG
 今年も、赤みが良く出ている子が数匹出現してくれました。

 つぎは、
 白系ブチの中で、ブチが強い個体
 を選んでみました。
IMG_7984.JPG
 中にはブチばかりで、ほとんど黒一色になってしまっている子もいます。

 それから、透明鱗系のブチたちです。
 透明鱗ブチ(ピンク色)
 は、もう少しで3色になりそうな感じです。
IMG_7934.JPG
 ちょうど1ペアいるのですが、雄の方が綺麗で、クチベニまでつけています。

 そして、
 3色系透明鱗ブチ
 私の所の3色系は、まだ、赤が朱赤になっていませんので、今ひとつの感じです。
IMG_8052.JPG
 しかし、自家製だけに、愛着もひとしおで、これを元に、更に良い色のメダカを作出したいと思っています。
 
 透明鱗ブチの終わりに、特に気に入っている、
 親メダカの一匹
 をご紹介しておきましょう。
IMG_7877.JPG
 ここまでくると、ちょっと、メダカとは思えない気もします。

 次は、
 40cmガラス水槽のめだかたち
 をUPしてみたいと思います。

 またですがウィンク、その前に、ちょっとだけ、
 その後のフサモ
 をご覧頂きたいと思います。
 9月の暑い時期には、成長が早すぎて、何度も剪定して差し戻しをした「フサモ」ですが、
IMG_7994.JPG
 10月に入ってからは、ほどほどの成長速度に落ち着いて、頻繁な剪定は必要なくなりました。

 それでは、この水槽のめだかたちですが、
 まずは、
 楊貴妃光ブチ
 です。
 今年は、楊貴妃に近い「オレンジの光ブチ」が誕生してくれました。
IMG_8172.JPG
 去年は、イエロー光ブチだったので、去年よりは良い色の子が生まれたわけです。
 ただし、まだ1匹だけしかいませんので、来年は「楊貴妃光」の中で、色が良い個体を掛け合わせて、もっと増やしたいと思っています。

 それから、ブチではありませんが、
 琥珀透明鱗光
 も入っています。
IMG_8109.JPG
 これは、健康そうな良い個体です。
 もう一匹、別の
 琥珀透明鱗光
 もいますが、こちらは、体の地の色が青っぽくなっています。
IMG_8128.JPG
 良いか悪いかは解りませんが、尾ひれが少しねじれているのも特徴の一つです。

 さて、話が行きつ戻りつしますが、 
 その後の(40cmガラス水槽の)「エビモ」
 の部分を見てみますと、
 夏場の高温にもめげず、明るいグリーンの茂みを作ってくれました。
IMG_7768.JPG
 そして、ここに、薄いピンクのメダカが何匹か写っていますが、
 これは、9月に入ってから交配した、
 アルビノ光×楊貴妃光・楊貴妃透明鱗光
 のF1です。
 今年は、10月も半ばまで暑かったお陰で、針子から稚魚に成長してくれました。
IMG_8161.JPG
 針子では冬越しは厳しいと思いますので、これだけは、今年の長い夏が幸いした形でした。
 中には、
 口紅メダカになるか?
 というような子もいて、
IMG_8143.JPG
 来年になるでしょうが、今から色上がりが楽しみです。

 今日のおしまいの写真は、
 スノーホワイト・スモールアイ
 です。
IMG_8085.JPG
 私の所では、スモールアイの系統を飼ったことは無いので、祖先のどこかの代の形質が現れたのだと思います。
 こういうふうに、思いがけない子供が生まれることもメダカの面白さの一つです。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回も「メダカ」関係でUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2013年10月29日 19時46分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月10日

 東日本大震災から2年と半年が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2013年9月10日(火)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 元気でお過ごしでしたでしょうか?

 まず、2020年のオリンピックの東京への招致、最終のプレゼンテーションが効を奏したようで、東京に決まりました。良かったですね。嬉しいですね。

 ふと気が付けば、今年も早くも9月に入っていました。
 同時に暑さも幾分か和らいだようで、秋の気配も感じられるようになってきたようです。
 今日のブログでは、最近の水槽の様子などをUPしてみたいと思います。

 それでは、さっそくですが、
 夏の名残・「ホテイアオイ」
 花が咲きましたので、その様子から。
 メダカのブログでは定番の「ホテイアオイ」ですが、バックが黒っぽい雨戸なので、綺麗に撮れました。
IMG_7029.JPG
 今年もうんと増えましたが、実は、少しだけ水槽に残して、後は、
 直植え
 にしています。
IMG_7036.JPG
 直植えにすると、緑は濃い色を保っていますが、浮き袋の部分がしぼんで、変った観葉植物のようになります。
 ちなみに、直植えにできることは教えてくれたのは、”メダカ館”さんのブログでした。
 ”メダカ館”さんは、今人気の紅白メダカや3色メダカの魁(さきがけ)である「紅桜(べにざくら)」を作出された方ですが、ブログにも中々為になる記事がありました。

 次に、
 9月に入ってからの各水槽の様子
 をご紹介したいと思います。
 まずは、
 深型のプランターのメダカたち
 の様子からです。
 プランターには「タタラアサザ」が葉を広げています。
IMG_7211.JPG
 メダカの遊泳スペースは1/3位でしょうか。
 少し近づいてみると、
IMG_7214.JPG
 色や柄の ”よさ気な”メダカたちがいます。
 この水槽いるのは、今年の親メダカたち(採卵済み)がほとんどです。
 しかし、
 今年の猛暑のせいか、メダカたちも夏痩せ!?
 気味です。
IMG_7212.JPG
 産卵後は、メダカたちも疲れて痩せて来ますが、それに加えて、今年の猛暑は、メダカたちにとっても厳しいものではなかったのではないかと思います。
 点々と浮いているのは、「ミジンコウキクサ」です。
 太らせようと思って、気が付いた時には、食べきれないくらいあげています。
 それから、「冷凍赤虫」もときどきあげていますよ。

 つづきまして、
 ベジタブルプランターのメダカ
 です。
 こちらも、「アサザ」が大繁殖。
IMG_7237.JPG
 表面積の広さは、前の深型プランターの倍ぐらいの有りますが、それでも時々、剪定してやらないと、メダカが泳ぐスペースがなくなってしまいます。
 こちらにも採卵が済んだメダカたちが入っています。
IMG_7228.JPG
 ところが、
 こちらには、激痩せしたメダカは、あまりいません
IMG_7256.JPG
 遊泳スペースの関係でしょうかね?
 今の時期に激痩せしたメダカは、★になってしまうことが多いのですが、逆に太っているメダカならもう1年生き延びることが出来ると思います。
 そして、2歳になると、普通見かけるメダカよりも1まわり~2まわりも大きく、見ごたえも出てきますので、できるだけ沢山のメダカに生き延びて欲しいと思っています。
 中には、
 今になって良い具合に色抜けしてきたメダカ
 もいます。
IMG_7235.JPG
 晩成型の紅白系めだかだったのでしょう。
 このメダカは、6月~7月にかけては特に色抜けもしていなかったので、採卵しませんでした。
 来年かー。。。と思いましたが、途中で★になってしまう心配も有りますので、ちょっと遅いのですが、9月に入ってから「アルビノ」と交配をしています。

 少し長くなってきましたが、もう1つ2つ、ご紹介しておきましょう。
 2つある60cmガラス水槽には、
 それぞれ、ヒメ睡蓮を植えて有ります。
 左側には「黄花」、そして、右側は「桃花」なのですが、「桃花」の方は、残念ながらまだ咲いたことが有りません。
IMG_7244.JPG
 「桃花」のほうは、来年もう一度待つか、それとも、熱帯睡蓮と入れ替えようか? と思案中です。

 やっと開花した「ヒメ睡蓮(ヘルボラ)」
 「黄花」の方も、例年ですと、6月頃から咲き始めるのですが、今年は手入れが悪かったのか、中々咲きませんでした。
 もう、今年は今年は咲かないのかな? と諦め気味だったのですが、9月になってやっと花を見せてくれました。
IMG_7318.JPG
 薄い黄色の可憐な花です。
 品種は「ヒツジグサ」と温帯睡蓮を交配して出来た「ヘルボラ」だと思います。
 中々咲かなかったので、花を見たときは嬉しさもひとしおでした。
 そして、この水槽には、
 「レッドチェリー・シュリンプ」
 が、主に住んでいます。
 メダカもいることはいるのですが、「レッドチェリー」の方が、ずっと沢山いて、メダカがかすんでしまっている感じ。
IMG_7267.JPG
 「レッドチェリー・シュリンプ」は、屋外で冬越させる事も出来ます。
 そして、屋外で育った子は、室内育ちのエビよりも色も濃くなるようです。

 今日のおしまいの写真は、
 右側の水槽にいる「赤系と白系のヒカリメダカ」
 です。
IMG_7307.JPG
 前回ご紹介した「プラケ」から引っ越して来た子達です。
 今、「プラケ」には、これの子供たちが入っているのです。
 今年は、暑い夏が長かったので、メダカは2世代の繁殖が出来ました(一部ですが。。。)。
 私の所では、通常は1年で1世代しか交配は行いませんので、2年分の掛け合わせを、1年で進めることが出来たことになります。
 今年の猛暑にはずいぶん苦しめられましたが、これだけはちょっと嬉しいことでした。
 
 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、ちょっと話題を変えて、「今年の鮎のコロガシ釣りの様子」をUPの予定です。
 現在、ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



 それではまた。。。ビール






最終更新日  2013年09月10日 20時01分48秒
コメント(0) | コメントを書く

全156件 (156件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.