000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「メダカ」と「投げ釣り」のページ

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

メダカと投げ釣り

2016年10月26日
XML
カテゴリ:メダカと投げ釣り

 4月14日から発生した熊本地震により犠牲になられた方々に深くお悔やみを申し上げ、1日も早い復興をお祈り申し上げます。
 2016年10月26日(水)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル

 1か月に1回の更新を目指していますが、何かと忙しく、3か月ぶりの更新になってしまいました。
 皆さんもお忙しかったのではないでしょうか?
 今日のブログでは、「前回のUPの続き」ということで、7月後半から最近までの「メダカ」と「投げ釣り」をテーマにしてUPさせていただきたいと思います。

 初めに、ほんの少しだけですが、「投げ釣り」に触れておきたいと思います。
 休日のほとんどを茅ヶ崎~大磯の海岸で投げ釣りをしている私ですが、今年は、去年から親しくなったOさんの道案内で、三浦海岸にバイクでプチ遠征を楽しみました。
 8月後半~9月中旬のことです。
 その中で、一番印象に残っているのが、
 三浦半島、秋谷海岸
 です。
 この写真は、9月10日撮影のものですが、今年は夏休みが終わっても暑い日が続き、まだまだ海水浴を楽しむ人たちで賑わっていました。
 投げの鱚釣りには左側の川の近くや流れ込みの近くの方が良いのですが、人が多いので、最初は海岸右側の
 「立石」
と呼ばれる大きな岩の近くで釣ってみました。
 こちら側は、根が多いようです。
 色々な魚が生息しているようで、シロギスとは思えないような大きなアタリが有りました。
 残念ながら根に潜られてしまい、取り込むことはできませんでしたが、チャンスが有ったら、また挑戦してみたい海岸でした。
 見慣れた湘南の海岸とは全く違う風景で、気持をリフレッシュできました。
 たまには、知らない海岸で釣りをするのも良いものですね。

 次は、水辺の植物とメダカのお話です。
 初めに、
 ヒメコウホネの開花
 についてです。
 メダカ飼育を始た頃に購入しましたので、7~8年は立っているでしょう。
 1度も花をつけたことが無かったのですが、今年初めて、花を見せてくれました。
 「ヒメコウホネ」のつぼみ
 は、硬くて芽キャベツのような感じ。
 葉は「オンブバッタ」にかじられてしまい、ギザギザになっているものが何枚もあります。
 咲き始めのころ
 は、こんな感じで、黄色い花です。
 次の写真が、
 満開
 の頃でしょうか。
 次第に赤味がかってきますが、この頃にはもう、
 咲き終わり
 です。
 最後は、水中に倒れこんで、この「花」は一生を終えます。

 さて、ここでメダカの話題にも触れてみたいと思います。
 今年生まれのメダカたち
 のその後の様子をご紹介しましょう。
 6月から7月ごろに生まれた子が、M・Lサイズに育ってきました。
 紅白系
 中には、いい感じの赤になっている子。
 が、1匹。
 あっ!、もう1匹いました。
 次は、潜っていますのでちょっと見ずらいのですが、
 白抜けが始まっている子
 も、見つかりました。
 来年の話は。。。ですが、色が上がった時には、綺麗な紅白になってくれることでしょう。

 紅白系の他には、
 三色系
 もいますが、こちらの体色は様々です。
 オレンジ系でやや色抜け
 がある子。
 ヒメダカみたいな子や妙に黒い子
 斑(ブチ)が強く出ている子
 などなど。
 その他、まだ小さいのに、
 はっきりと2色になっている子
 も、
 少し(1匹、2匹かな)見つかりました。
 種親候補ですが、こういうタイプは本当に少ししか出てきません。
 3色系は、錦鯉のようにきれいな3色を作出するのはとても難しいのですが、このように、色々なメダカが出てくるので面白い系統です。
 冬に向けて、更に色が上がっていきますので、楽しみでもあります。
 
 ところで、先ほど、「ヒメコウホネ」の花をご紹介しましたが、
 姫スイレン(ヘルボラ)
 も10月初旬まで開花していました。
 こちらは、毎年咲いてくれています。
 最初に、花芽が付いた株を選んで買ったことが良かったような気がします。
 睡蓮や姫スイレンを購入する時には、花芽が付いているものをお薦めします。
 それから、10月の半ばには、
 「ミズサンザシ」も開花
 を始めました。
 こちらは、例年11月になってから開花するのですが、今年は、急に冷え込んできたからでしょうか?、
 10月なのに、もう、既に咲き始めています。
 寒くなるにつれて、もっとたくさん咲いてくれるでしょう。
 こんな感じで、10月のメダカ水槽は沢山の花で賑わっていました。

 今日のおわりに、再びメダカの話に戻りますが、
 全身体内光の稚魚たち
 も、UPしておきたいと思います。
 過密飼育なので、なかなか大きくなってくれませんが、
 少しだけ、それらしくなってきました。
 しかし、幹之メダカの弱光、中光のような子がほとんどですねぇ。

 掛け合わせ中、屋内水槽で飼育中の
 3色光メダカ×赤黒メダカのF1たち
 も、赤黒メダカのようになった子が見られるようになってきました。
 F1では光メダカ体系の子は出現しませんでした。
 ただし、屋内水槽でも、GW(グリーン・ウォーター)になっています。
 屋内の水槽の水をGWにしたい方のために、参考までに、条件を書いておきます。
 具体的には、十分な光(蛍光灯:20W×2)と、養分(私の所では、「SEA・SOIL」という肥料を10g位撒きました。)を与えることのようです。
 私の所では、たぶん「SEA・SOIL」の撒き過ぎで、富栄養化してしまい、それでGW(グリーンウォーター)になったのだと思います。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、落ち鱚のシーズンに入った「投げ釣り」をテーマにUPさせていただく予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






最終更新日  2017年10月19日 15時16分17秒
コメント(1) | コメントを書く


2016年05月27日
カテゴリ:メダカと投げ釣り

 4月14日から発生した熊本地震により犠牲になられた方々に深くお悔やみを申し上げ、1日も早い復興をお祈り申し上げます。
 2016年5月27日(金)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 前回のブログUPは4月7日でした。
 月に1回ぐらいのペースで、更新したいと考えてたのですが、いつの間にか、5月も終盤に入ってしまいました。

 今日のブログでは、この1か月程度の出来事などを振り返ってみたいと思います。
 最初の写真は、「全身体内光」の水槽に植え付けた、
 「グロッソスティグマ」
 です。
 もうだいぶ前になりますが、注文していた「全身体内光」が、3月の27日に○本舗さんから届きました。
 「全身体内光」は、加温飼育と言うことでしたので、室内に40cm水槽を立ち上げたわけです。
 それと同時に、屋外の「ナンチャッテ睡蓮鉢」から「グロッソスティグマ」を少しむしって、屋内の水槽に植えてみました。
 次の写真は、植え付けてから1週間ほど経った日のものです。
IMG_3027 - コピー.JPG
 まだ、ちょぼちょぼ、といった感じです。
 ところで、「グロッソスティグマ」は、繊細な水草のように思われがちですが、実は大変強い水草です。
 私の所では、1年中外に出しっぱなしです
 今年も2月~3月には氷が張りました。
 この時、水上葉は霜に当たって枯れてしまいましたが、水中葉は大丈夫でした。

 次は、少し投げ釣りの話題にも触れておきたいと思います。
 今年は、異常? 大磯の白鱚
 4月24日(日)に、
 GFG神奈川支部の懇親投げ釣り大会
 が、行われました。
 前の日に強風が吹き荒れましたので、幹事の平井さんが、参加者から希望を聞いて、「1匹の重量勝負」と言うことになりました。
IMG_3049.JPG
 天気予報では晴れて暑くなるという予報でしたが、外れ。小雨さえ降りました。
 「三栄舎」さんも、同じ日に大会を開いていたのですが、Sさんなどは、
IMG_3050.JPG
 あまりの寒さに、コンビニエンスストアにポケットレインコートを買いに行ったほどでした。

 6時から11時までの競技時間が過ぎて、帰着者を出迎える幹事さんの顔が困惑気味です。
IMG_3057.JPG
 なんと、参加40名のうち、釣れた人は、唯一、金沢 忠雄さんのみ。
IMG_3062.JPG
 2位からは、大抽選会となりましたが、
 ツキを持っていたMさんと
IMG_3067.JPG
 Nさんが高級竿掛けをGETしました。
IMG_3068.JPG
 ちなみに、私はと言いますと、抽選で、
IMG_3068-1.JPG
 を頂きました。
 さっそく、重宝させていただいています。

 次の写真は、GFGの親睦大会のころの
 「グロッソスティグマ」
 の様子です。
IMG_3069.JPG
 冒頭の写真からは、約1か月たっていますので、少し広がってきています。
 二酸化炭素の添加はしていませんので1か月でこんな程度ですが、時間をかければ、グリーンカーペットになってくれるのではないかと期待しています。

 このころから、裏庭では、ガラス水槽の
 「姫スイレン」
 が、浮葉を伸ばしはじめ、メダカたちもウキウキし始めた様子。
IMG_3094.JPG
 そこで、ゴールデンウイークの頃からですが、
 産卵セットを組みました。
 今年の繁殖チームは、墨黒系統:1、紅白系統:3、琥珀透明鱗系統:6、光メダカ系統:4、合計14組です。
 下の写真のように、プランターを半分ずつに区切ったものを産卵水槽として使っています。
IMG_3138.JPG
 2週間ほどたつと、少しずつ孵化するようになってきました。
 この間と言うのは、どうしてもヤキモキするものですが、
 一番早く孵化したのは、
 琥珀透明鱗系の子
IMG_3139.JPG
 でした。
 今年もオチビチャンに会えて、嬉しさに浸るひと時です。
 毎年、この頃が一番楽しいかもしれませんね。
 次は、墨黒の子供。
IMG_3139-1.JPG
 あっ! なんと、生まれた時から真っ黒です。(もっと言えば、卵の中にいる時からかもしれません)
 ところで、今年は、
 上から見て、目玉の部分に黒い色素が無い子が。。。
 アルビノちゃん
 ではないでしょうか?
IMG_3139-2.JPG
 1匹だけですが、見つかりました。
 白の光×白の光透明鱗の中から生まれてきたもののようです。

 稚魚が沢山孵化するようになってきたのは、ごく最近。5月も20日を過ぎてからです。
 この頃、
 「ナンチャッテ睡蓮鉢」に「ナガバオモダカ」が開花
 しました。
IMG_3141.JPG
 屋内の水槽には、この水鉢から「グロッソスティグマ」をむしって植え付けたのですが、屋外の方では水上葉も復活していました。
 
 メダカ水槽、ビオ水槽ではいい事が沢山ありましたが、実は、困ったことも起こりました。
 親メダカのガラス水槽に、
 「ヒドラ」
 が、発生したのです。
 下の写真は、親メダカの水槽から、毛筆で取って、100均のプラケースに移してみたのですが、デジカメのスーパーマクロでもうまく写らないくらい小さなものです。
 小型のものは、肉眼で見ても、何かゴミのようなものが付いているぐらいにしかわかりません。
 大型のものがいると、やっと「ヒドラ」だとわかります。
IMG_3101.JPG
 海にいる「イソギンチャク」の仲間で、メダカの稚魚には大変な害をなす生き物です。
 触手に持っている刺胞で稚魚を全滅させてしまうと言います。
 私の所でも、ヒドラのいるプラケースにミジンコを入れてみたら、沢山いたミジンコが1時間ぐらいで全滅してしまいました。
IMG_3102.JPG
 稚魚のケースに発生しなくて良かった。

 それで、今はどうしているかと言いますと、親メダカの水槽は水を抜いて、日光消毒をしました。
 が、プラケースの方はそのまま観察しています。
 「ヒドラ」も飼ってしまう私って、ちょっと変わっているのかもしれません?
 憎たらしい生き物ですが、飼育してみると、意外に水質の変化に弱いことが分かりました。
 また、ミジンコは触手でとらえれば、体が丸く膨れてしまうほど食べますが、その後、消化できなくて死んでしまうものがたくさんいました。

 メダカの稚魚水槽に出現していたら、熱湯消毒などで、即、駆除していたと思いますが、今回は、害を出さなかったので、大目に見て、プラケースで観察を続けているような感じです。

 ちなみに、私はの所では、トンボの「ヤゴ」も、春の水槽リセットの時に出てきたら、殺さずに小型のプランターで飼育しています。
 特にエサは与えなくても、ボウフラがわいたり、スネールが増えたりしていますので、それを食べて大きくなっていくようです。
 たまにトンボになって飛んでいく子もいたりします。

 今日は、別のプランター水槽に、
 「アサザ」
 が、開花しました。
IMG_3198.JPG
 なんとなく「キュウリ」の花に似ています。

 そうこうしているうちに、4月、5月が大急ぎで過ぎて行ってしまいました。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回も、「メダカ」と「投げ釣り」のテーマでUPさせていただく予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






最終更新日  2016年05月27日 18時03分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月07日
カテゴリ:メダカと投げ釣り

 東日本大震災から5年が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2016年4月7日(木)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 ほぼ半年ぶりでしょうか。
 この半年間は、私にも色々とございました。
 みなさんは元気でお過ごしでしたでしょうか?
 時期を見て、お話しすることもあるかもしれません。
 それはさておき、そろそろ、ぼちぼちとブログの方も再開したいと思います。
 今日のテーマは、以前と同じく「めだか」と「投げ釣り」についてです。

 最初は、ちょっと、ありふれていますが、
 今年は開花が長持ちしている「桜」
IMG_2957.JPG
 今日は雨風がかなり強いのですが、まだ耐えています。
 週末には、まだまだお花見ができそうです。

 ところで、家の裏庭は、
 「ツルニチニチソウ」
 で埋め尽くされています。
IMG_2877-1.JPG
 4、5年前から顔を見せ始めたのですが、放っておいたら、この草の天下になってしまいました。繁殖力が半端ではありません。

 それでは、そろそろ本題に入りましょうか。
 最近のメダカたちの様子
 ですが、
 光メダカ
 が、去年は繁殖が上手くいって、かなり増えました。
IMG_2891.JPG
 赤系、銀帯、白系、の他に白系透明鱗と琥珀透明鱗3色系が1匹ずついます。 
IMG_2899.JPG
 白系はもともとはいなかったのですが、去年赤系の光メダカと普通種の白メダカをかけ合わせたら出てきました。自家製のメダカです。
 今年は、その経験をもとに、白系光メダカに「墨黒」めだかを掛け合わせて、「黒の光メダカ」も作出してみたいと思っています。

 おっと、忘れていましたが、
 「ツルニチニチソウ」に占領されてしまった庭にも片隅には、 
 「水仙」
 が咲いていました。
IMG_2877.JPG
 来年も咲いてくれるように、この場所の「ツルニチニチソウ」は、抜いておこうと思います。

 メダカの話に戻りますが、○本舗さんに頼んでいた
 全身体内光・青系
 が、3月27日に届きました。
 注文してから届くまで10日以上待たされましたが、楽しみにしていた子たちです。
 大きめSサイズから、針子サイズまで25匹ぐらい入れてくれていました。
 加温飼育ということでしたので、室内に小さめの40cmガラス水槽を立ち上げました。 
IMG_2941.JPG
 まだ小さいので体内光はよくわかりませんが、「できるだけ多くが全身体内光にそだつといいな~」と、今からワクワクしています。

 いつも通っている道で、「桜」の他にも、お花見が出来そうな花が見つかりました。
 こちらは、
 「杏子(アンズ)」
 ですが、
IMG_2953.JPG
 こちらももう満開になっていました。

 ところで、今年の繁殖のメインは、
 紅白系
 を、と考えています。
 紅白系その1
 楊貴妃透明鱗から生まれてきた紅白系です。
 この子と、
IMG_2904.JPG
この子、
IMG_2904-1.JPG
 そしてこの子は、
IMG_2904-2.JPG
 まだ、はっきりとした紅白にはなっていなくて、曇りガラスのように微妙です。
 中には、次の子のように、
IMG_2915.JPG
 背中の朱色の部分が大きく出たものもいます。
 この子たちは、この系統どうしではなく琥珀透明鱗と異種交配をしてみようと思っています。

 紅白系その2
 は、○本舗さんの「紅白のF1」 から生まれた子たちで、
IMG_2918.JPG
 赤みが強く出ていていい感じになっている子や、
 白勝ちの3色系になっている子、
IMG_2919.JPG
 がいます。

 繁殖のメインは、この子たちでと思っています。
 「頑張ってくれよー」と、今からお願いしています。

 散歩していると、色々な花に出会います。
 次は、少し早く咲いたものか?
 「ドウダンツツジ」
IMG_29151.JPG
 が、目につきました。
 例年、桜が散ったころから咲き始めるのですが、今年は気温の変化が普通でなかったから、間違えて目を覚ましてしまったようです。

 釣りの話題にも、少しだけ触れておきたいと思います。
 ようやく始まったか? 今年のシロギス
 茅ヶ崎某所
 で、釣友のOさんが、
IMG_2929.JPG
 今期初の20cm級を釣り上げました。
 距離は、6色前後と、超遠投の距離ではありませんでしたので、そろそろ開幕か!? 
 もっとも、釣れたのはその1匹だけで、私には釣れませんでした。
 私の方は、今後を楽しみに、仕掛けをたくさん作っています。
IMG_2962.JPG
 去年までに実績が有ったものの他、今年から試そうとしている仕掛けもいくつか出来ました。

 今日の最後の写真は、裏庭の
 梅の実
IMG_2927-1.JPG
 を見つけました。
 1月後半に花が咲きましたが、その後、何度も強風が吹き荒れました。
 そのため沢山の花が落ちてしまいましたが、少しは収穫できそうで、収穫出来たら、梅シロップを作ろうと思っています。
 まだ小さいのですが、今からこんな風に夢を紡いでいます。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回も、「メダカ」と「投げ釣り」のテーマでUPさせていただく予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






最終更新日  2016年04月07日 20時45分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月29日
カテゴリ:メダカと投げ釣り

 東日本大震災から4年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2015年6月29日(月)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 またまた、ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
 みなさんは元気でお過ごしでしたでしょうか?

 今日は、前半では主に釣りの話題、後半ではメダカやビオトープの話題をUPしようと思います。
 と言いつつ、最初は釣りの話ではないのですが、5月の半ばに、
 ナンチャッテ水練鉢のレイアウト変更
 をしました。
IMG_2300.JPG
 家の前のコンクリートブロックに「スナゴケ」が沢山生えていたので、これを使って、コケ庭と言うか箱庭のような感じにしてみましたがどうでしょうか?。
 レイアウト変更をしているときに気づいたのですが、今年も、
 「グロッソスティグマ」が花を付けていました。
IMG_2301.JPG
 水生植物の花の例に違わず、地味な花で、よく見ないと分からない位小さな花でした。

 ここからしばらく、釣りの話題が中心になります。
 ツキに見放された釣師
 5月23日は、
 ジャパンカップ・セミファイナル東日本大会
 が行われましたが、 
 「やってしまいました」。
IMG_2307.JPG
 3凸で、びりから数えた方が早く、完敗でした。

 今年の大磯は鱚が殆ど寄って来ていなかったので、仕方が無いとも言えるのですが、自分なりに振り返ってみると、待ち釣りをしなければ釣れない状況なのに、さびいて釣っていたことが敗因ではなかったかと思います。

 早くも咲いた「ホテイアオイ」
 今年は5月に入って急に暑くなったせいか、
IMG_2308.JPG
 5月の後半には、第1号が咲きました。

 翌週の5月31日には、
 G杯:大磯大会
 が、行われました。
 釣れていない大磯での開催ですので、インストラクターの方も延期を選択肢に入れていたそうですが、
IMG_2341.JPG
 海の状態もやや波が高く、いま一つで、
IMG_2350.JPG
 170人中、釣れた人:46人と言う、厳しい戦いになりました。
IMG_2352.JPG
 1匹でも釣れた人は、2回戦に進出しましたが、ここでも私は凸。。。この時点で4凸です。

 その後、翌週のダイワ:スーパーバトルカップでも、これでもかの凸。ついに凸5連チャンとなりました。

 こうして、凸街道を突っ走った私でしたが、翌週に行われた日本サーフの選手権大会神奈川予選で、ようやく1ぴきだけ釣れ、トンネルを抜け出した思いでした。

 負けから学ぶこと
 このように、今年は連戦連敗だったので、投げ釣りが少しだけ嫌いになってしまいました。
 しかし、私のこれまでの釣り方は殆ど竿さびきだったのですが、大会を通じてクーラーに座ってのリールさびきも取り入れるようになりました。
 今は、大会が一段落したところですが、地元茅ヶ崎や二ノ宮海岸で腰掛けてのリールさびきをし、竿さびきとは微妙に違う当たりを楽しんでいます。
 リールさびきは、竿さびきより繊細な引き方ができますし、腰掛けていることもあって、池で釣り糸を垂れている様な、のんびり釣りをしているなー、と言う感じがしてなかなかいいです。
 釣りの大会では、勝った時より負けたときのほうが、学ぶことがむしろ多いので、また1から出直そうと思っています。

 さて、話は変わって、ここからはメダカやビオトープの話題です。
 順調な今年の交配と繁殖
 毎年7月ごろになってから咲くのですが、今年の異常な暑さに勘違いしたのか、6月の半ばに、
 バナナプラントが早くも開花
 しました。
IMG_2354.JPG
 去年は、子株が16も取れました。今年は何株できるか? 楽しみです。

 次は、
 ○本舗さんの紅白F1
 の御紹介です。
IMG_2375.JPG
 ガラス水槽しか空いていなかったので、仕方なくガラス水槽で飼育中です。
 買ったときには、sサイズでしたが、今ではMサイズに育ってきて、黒いプランターでなくても、色抜けが確認できました。
IMG_2381.JPG
 殆どが、紅白や丹頂メダカになっています。
 値段は、半額セールで買いましたので、30匹以上で2千円と、超お買い得でした。
 
 このガラス水槽では、冬の間枯れていた、
 「アンブリア」
 も復活してきました。
IMG_2389.JPG
 完全に枯れてしまったものと思っていただけに、うれしかったです。

 今年、繁殖に力を入れたメダカ
 今年繁殖を行ったメダカは、墨黒、琥珀透明鱗、楊貴妃透明鱗、紅白、琥珀透明鱗×紅白、赤光銀帯、白光、3色、幹之、幹之体内光、マーブル系など、約10系統ですが、
 その中で、
 青系幹之(体内体外Wヒカリ)
IMG_2403.JPG
 と、
 白系幹之体内光
IMG_2413.JPG
 には特に力を注ぎました。
 去年までは相性が悪かったのか、なぜか増えてくれませんでしたが、今年は上手くいきました。
 産み初めが少し遅いので、採卵終了もそれに合わせて遅らせたことが良かったようです。

 反対に、繁殖を行わなかった品種もいます。
 楊貴妃
 今まで赤みの強いものを掛け合わせて、かなりいい感じになってきたのですが、
IMG_2434.JPG
 如何せん、飼育スペースが足りません。

 今後は、透明鱗系統と幹之メダカ系統を中心に飼育していくことになると思いますが、「全身体内光」など魅力的な新しい品種が出てきているのに、そのような品種を飼うスペースが作れず、頭が痛い今日この頃です。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、「メダカと投げ釣り」のテーマでUPさせていただく予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2015年06月29日 18時09分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月09日
カテゴリ:メダカと投げ釣り

 東日本大震災から4年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2015年5月9日(土)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 またまた、ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
 気がつけばすっかり初夏の陽気になっていました。
 みなさんは元気でお過ごしでしたでしょうか?

 それでは、まず、身近な春~初夏にかけての光景をご覧ください。
 裏庭の梅に実が成りました。
IMG_2270-1.JPG
 実生で育って15~20年ぐらいたっているでしょうか。
 毎年1月の後半に花が咲きましたが、実をつけたのは今年が初めてです。
 いじらしい白菜
 台所に残っていた白菜に菜の花のようなかわいい花が咲きました。
IMG_2181.JPG
 野菜炒めに使った残りの1/8切れから花茎を伸ばし、花が咲きました。
 水もあげていないのにです。

 今年も繁殖シーズンがスタート
 私のところでは、毎年4月の半ばから繁殖水槽を準備していますが、今年は、
IMG_2159.JPG
 連休前から少しずつ選別をしておいた親メダカを連休中に大急ぎで繁殖水槽に移しました。
 裏庭は、また今年もプランターや発砲ケースだらけになってしまいました。

 ミジンコ水槽(バケツ)は調子がいま一つ
 です。
IMG_2195-2.JPG
 餌としてメダカにあげる為に茶漉しを使って採取していますが、今年はあまり増えません。
 なぜだろう? と思っていたら、バケツのふちで、
 麦わらトンボのヤゴが羽化
 していました。
IMG_2206.JPG
 羽化したての時には、羽は薄い黄緑色をしていました。
IMG_2212.JPG
 その後、羽が透明になって、体ももう少し濃い色になったころ、飛び去っていきました。
 どうやら、バケツの中のミジンコは、大分ヤゴに食べられてしまっていたようです。
 「ミジンコは食べても良いけど、メダカは食べないでねー」とお願いしておきました。
 屋外栽培の「レースプラント」
 栽培が難しいと言われている「レースプラント」(細葉)ですが、メダカの水槽に入れて屋外で栽培しています。
IMG_2270.JPG
 今年の冬は寒さが厳しかったので、さすがに葉が枯れましたが、3月ごろから再び葉を伸ばし始めてくれました。

 投げ釣りの行事もスタート
 4月18日に「ダイワ」さんの試投会
 が行われました。
IMG_2169.JPG
 知り合いでは、怪力:N.K.T.さんの姿も見られました。
 この試投会のメダマは、「マスターライズ・キス:SMT」だったのですが、私が投げてみたかったは、
 「サンダウナー・コンペティション;33号」
 です。
IMG_2171.JPG
 普段は、その前の代のコンペ2の31号を使っているのですが、この竿も何とか曲がって、錘を気持ちよく弾き飛ばしてくれました。
 ところで、コンペティションは40号まで用意されていました。
 先ほどの、N.K.T.さんはこの40号もひん曲げて、向かい風の中、なんと9色出していました。

 この試投会では、ダイワのスタッフさんがキャスティングフォームを動画撮影してくれていました。
IMG_2177.JPG
 「撮影させていただけませんか?」
 「いいよー。恥ずかしいから撮らなくて…」
 と言う人もいましたが、
 「自分のフォームを見てみたいから、お願いします」
 と言う人もちらほら見られました。
 私も恥ずかしかったのですが、一応撮影してもらいました。

 4月26日にはGFG(がまかつファングループ)の懇親投げ釣り大会
 が催されました。
IMG_2239.JPG
 時期的にまだ早いので、3匹の重量で審査されることになりました。
 この日はGFGの懇親会だけでなく、
IMG_2239-2.JPG
 三栄舎カップも行われていました。
IMG_2240.JPG
 久しぶりにお会いした方もいて、再会できてうれしかったです。

 競技は6時~11時まで行われ、皆思い思いのポイントに陣取りましたが、
IMG_2242.JPG
 周りを見まわしても食いは渋く、
 私もピン鱚が一匹連れただけでした。
IMG_2195.JPG

 激渋の状況の中でも、見事3匹釣った人もいらっしゃったのですが、優勝したのは、
IMG_2253.JPG
 大ベテランのOさんでした。
 しかし、20cmオーバー1匹の釣果だったそうで、「1匹で1位になってしまい...」と恐縮されていました。

 ところで、この大会は競技だけではなく、その後のBBQも楽しみです。
 当日は沢山の方が運営のお手伝いに来てくださり、裏方に徹して居られました。
IMG_2239-1.JPG
 今年はBBQに、焼きそば、ソーセージ、焼き鳥が用意されていました。
 それも、ほとんどの人が「焼きそば」はお代わりでき、「ソーセージ」や「焼き鳥」も食べ放題状態でした。
 一匹しかつれなかったけれども、「満腹で幸せ~」になりました。
 私は食べるだけでしたが、本当にありがとうございました。
 来年も、ぜひまた参加させていただきたいと思っています。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、「メダカと投げ釣り」のテーマでUPさせていただく予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2015年05月09日 16時21分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月20日
カテゴリ:メダカと投げ釣り

 東日本大震災からもうすぐ4年になろうとしています。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2015年2月20日(金)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 冬眠していたわけでは有りませんが、ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
 みなさん元気でお過ごしでしたでしょうか?

 さて、今日は真ん中に少し「釣り関係の話題」を挟んで、主に「メダカ水槽の様子」をUPしていきたいと思います。

 それではまず、
 2月のメダカ水槽から
 気がつけば、2月も半ば
 1月の後半に蕾が膨らんだ梅の木が、
01.JPG
 2月の半ばには満開になりました。
002.JPG
 メダカたちの様子はと言いますと。。。
 ガラス水槽のヒカリメダカ
2.1.JPG
 私がのぞくと、水底の水草にもぐりこもうとします。
 もう一本のガラス水槽には、
 ミユキメダカと楊貴妃ヒカリメダカがグリーンウォーターの中から顔を見せてくれます。
3.JPG
 この水槽の楊貴妃ヒカリメダカには、アルビノの血が入っていますので、紅白系のヒカリメダカになればいいなー、と思っています。
 ベジタブルプランター水槽には、紅白系の透明鱗メダカが。
4.JPG
 色抜け気味の子もいますので、これのF1に期待しています。
 水草はどうか?
 と言いますと、
 ニュー・ラージパールグラス
 は、
5.JPG
  同じ水槽の中でも、水温が下がる部分では葉がやや小型化していますが、
 水温が安定している所では、
6.JPG
 葉は小さくならず、元気です。
 パールグラス
7.JPG
 こちらの方が、寒さには弱いようで、どんどん小型化してきています。
 昨年は、ほとんど枯れ掛けたくらいで、心配です。
 ヘアーグラス
8.JPG
 は、さすがに増殖はできないようですが、寒さには強いようです。
 フサモ
 相模川産ですので、こちらも寒さは問題ないようです。
9.JPG
 一方、
 ホテイアオイ
 は、すっかり霜にやられてしまいましたが、
10.JPG
 意外にしたたかで、緑の部分が残っていました。根が残っていれば、復活するはずです。
11.JPG
 寒さを喜んでいるのは、
 ミズサンザシ(アポノゲトン・ディスキタウス)
12.JPG
 ぐらいのものでしょう。次々に開花しています。

 次は、釣りの話を少し。
  昨年の暮れに、クーラーを新調しました。
 買ったのは、
 ダイワ:クールラインα・GU1000X
 サイドボックスを初め、竿掛けなどを前のクーラーから引き継ぎました。
13.JPG
 裏面の「アシストバッグ」は、適当な大きさの「エギケース」をねじ止めしただけですが。。。 
14.JPG
 クーラー内部は、「ダイワのプルーフケース:PC-816」と、100円ショップで見つけたサナダ精工の「ロックパックワイドL(D-5716)」の組み合わせがぴったりで収まりました。
14.2.JPG
 プルーフケースの下には空間ができますが、500mlの缶ジュースが2本入ります。
14.3.JPG
 面白いので、100円のガチャガチャで買った金魚アクセサリもつけました。スマイル
15.JPG
 クーラーを選びに釣具店に行っているときに、いいものを見つけました。
 下の写真のものは、
 FGノッター
 の簡略版ですが、カラビナでハサミなどにつないで使うと、比較的簡単にFGノットやFSノットを結べます。
17.JPG
 1000円ちょっとの値段なので、1つ持っておくと便利でしょう。
  これまで使ってきたクーラー
 は、
 ダイワのスノーラインGX-11D
 です。
12.1.JPG
 20年以上前から使ってきましたので、今では、改造のためのねじ穴だらけなだけでなく、全体的に「風化」してきて、硬いもので表面をこするとボロボロと削れてしまいます。
 乱雑な扱いに耐えて、長持ちしてくれました。
 長い間お世話になりましたー。。。泣き笑い

 今日のおしまいに、メダカの話題に戻ります。
 昨年の暮れに、メ○本舗さんから少しだけメダカを購入しました。
 購入したのは、
 マーブルメダカ
IMG_1848.JPG
 や、
 虹筋メダカ白系
 です。
IMG_1900.JPG
 虹筋メダカは、ベジタブルプランター水槽の中でも尾の部分が光ったように見え、特に気に入っています。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回も引き続き「メダカと投げ釣り」のテーマでUPさせていただく予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2015年02月20日 22時04分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年12月19日
カテゴリ:メダカと投げ釣り

 東日本大震災から3年半以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2014年12月19日(金)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 今年も残す所10日あまりとなりました。
 みなさん元気でお過ごしでしょうか?

 さて、今日は前半で「11月のメダカ水槽の様子」を。
 後半では「2014年11月の投げ釣り大会の様子」を、ご紹介したいと思います。

 11月のメダカ水槽の様子
 今年も順調に開花:「ミズサンザシ」
IMG_1937.JPG
 11月に入ってますます元気。あちこちの水槽で開花しています。
 バナナが豊作:「バナナプラント」
IMG_1951.JPG
 花が咲いた後、その部分からバナナのような球根を出してきます。
IMG_1918.JPG
 今年はガラス水槽に植えたのですが、環境が合っていたようで、1本の親株から16株の子株が取れました。
 次は、
 今年生まれのメダカ
 のご紹介です。
 ほぼ全部色抜けの子
IMG_1621.JPG
 成長すると、丹頂メダカになるか? それともこのままか?
 白黒ブチメダカ
IMG_1628.JPG
 白黒ブチメダカは一匹だけ。来年また挑戦することになりそうです。
 グリーンウォーターの水槽で泳ぐ幹之メダカ
IMG_1634.JPG
 背中の青いグアニン層が太陽光を反射、なにやら幻想的な光景です。
 出目黒目の親子
IMG_1944.JPG
 稚魚も少し大きくなりました。

 日本サーフ選手権決勝大会(お手伝いに行ってきました~)
 11月16日に、大磯ロングビーチ周辺で、日本サーフキャスティング連盟の決勝大会が行われました。
 私も設営、審判などのお手伝いに行きました。
 前日の私の釣果
11-22.JPG
 ピンギスが殆どでした。明日もこんな感じかな?
 日本サーフ選手権決勝大会
 各地で勝ち抜いた選手たちが集合しました
IMG_1728.JPG
 1回戦は、50人程
 で試合が行われましたが、昨日釣れていた二宮寄りの場所は、今日は魚がいないようでした。
IMG_1752.JPG
 魚が小さい上、波裏や波の中にいたので、苦戦した選手も多かったようです。
 2回戦進出は上位20人
IMG_1764.JPG
 ハイレベルの選手たちの中で2回戦進出はお見事。
 正座して釣りをする選手。
IMG_1768.JPG
 このスタイルで釣る選手は時々見られますが、足が痺れてしまわないのか? 
 魚が小さいことも有って、真剣に当たりを取る選手たち
IMG_1770.JPG
 勝負は真剣でも、同じ連盟会員同士。
 「さっきまでは波裏にいたけど、当たりが遠くなっちゃったねー」
IMG_1773.JPG
 などと、和やかな雰囲気も見られました。
 表彰式
 の様子です。
IMG_1795.JPG
 ここ2、3年で力をつけた松田選手がみごと優勝。
 遠投力も十分な上、近場の釣りもこなせる実力で勝ち取りました。
 同じクラブの会長:斉さんは尾数トップでしたが、惜しくも2位。3位には福島協会の佐藤さんが入賞しました。
 おめでとうございます。

 来年の1月11日には、日本サーフ神奈川協会の「初釣り大会」が行われます。
 日本サーフに所属していない方も参加できますし、当日入会金と年会費を払って「個人会員」になることも出来ます。
 年会費は2000円で、入会金は確か1000円? だったかと思います。
 「初釣り大会」の詳細は日本サーフ神奈川協会のブログページをご覧ください。

 さて、続きまして、11月の30日には、
 湘南鱚酔会の「第1回オープン大会」
 が行われました。
 「湘南鱚酔会」は、今年の3月に発展解消されたそうで、今回が新しい出発の第一歩になるそうです。
 1週間前の11月22日の私の釣果
11-15.JPG
 「血洗い川」付近での釣果です。ピン兄の他に、ヒネも一匹釣れました。
 11月30日当日は、60人の投げ釣り愛好家が集まりました。
IMG_1907.JPG
 知った顔も多数見られ、すぐに馴染めました。
 キャスティングの名人・長島さんのご挨拶
IMG_1905.JPG
 「スーパーのビニール塵は、『海がめ』がくらげと間違えて食べてしまい、その結果腸に詰まって死んでしまうので、絶対に捨てないように!」
 穏やかなお人柄からにじみ出てくる、環境への優しい配慮のお話が有りました。
 当日の大磯海岸は激シブの状況で、私も実は、1匹しか釣れなかったのですが、 
 詳しい様子は、湘南鱚酔会のブログページをご覧ください。
 大会終了後、
 鱚酔会顧問の高澤鱚介さんは、新型天秤「ぽっくん」を参加者に大盤振る舞い
IMG_1915.JPG
 その他にも寄付が沢山有って、参加賞だけで軽ーく参加費を超えていましたびっくり

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回も引き続き「メダカと投げ釣り」のテーマでUPさせていただく予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2014年12月19日 19時24分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年11月01日
カテゴリ:メダカと投げ釣り

 東日本大震災から3年半以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2014年11月1日(土)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 今年も早くも11月になりました。と、焦っているのは私だけでしょうか。
 みなさん元気でお過ごしでしょうか?

 さて、今日は前半で「10月のメダカ水槽の様子」からご紹介。
 後半では、台風が多かった「2014年10月の投げ釣り大会の様子」をご紹介したいと思います。

 10月のメダカ水槽の様子
 2歳~3歳の生き残り。少し大きめのメダカたち
 メダカ飼育の経験を積むにつれ、2年以上生きるメダカが増えてきました。
IMG_1616.JPG
 こんな風に、ゆったりと泳いでいます。
 グリーンウォーターで睡蓮のような浮葉が有ったりすると、大きな池のような感じがしますが、睡蓮のようなのは、「ガガブタ」で、水槽はベジタブルプランターです。
 以前は、底に赤玉土を敷いて、透明な水が出来るようにしていたのですが、
IMG_1611.JPG
 最近は、主にグリーンウォーターで飼育しています。
 
 10月は、釣りの大会が多かったので、あまり手を入れられなかったのですが、空いた時を見計らって、
 60cmガラス水槽のトリミングをしました。
 9月後半の様子
IMG_1389.JPG
 水草が暴れ放題でした。
 トリミング後の様子
 全体的には、こんな感じ。
IMG_1710.JPG
 水草の影に隠れていた「ヒカリメダカ」達も姿を見せてくれました。
 トリミング後・右側
IMG_1706.JPG
 右端には「アンブリア(キクモ)」、底面には、「ニュー・ラージパールグラス」が広がっています。
 トリミング後・左側
IMG_1685.JPG
 前面には「ヘアーグラス」、後ろ側には流木に活着した「ウィローモス」が繁茂しています。
 加温はしていませんので、水温が下がるこれからの時期は、今度は水草が枯れないようにお世話していくことになると思います。

 ここからは、投げ釣りの話題になります。
 今年の10月は、台風の当たり年のような感じで、毎週のように台風が来ました。
 そのため、楽しみにしていた10月5日の「日本サーフ秋のオープン大会」は台風18号のため中止になってしまいました。
 翌週のシマノジャパンカップ:湘南A・B大会の時には、今度は台風19号が近づいていました。
 しかし、台風の進み方が遅かったので、こちらは ”何とか” 開催されました。
 私はと言いますと、日曜日の湘南B大会の方に出場したのですが、
 10月12日のジャパンカップ・湘南B大会
 は、海の荒れ方が前日よりひどいので、4時間1回戦勝負になりました。
10月12日すずき画像.jpg
 この画像は、大磯の「すずき釣具店」さんのブログから借りてきたものですが、開始前からこの波足の長さ。
 プライベートでは、まず竿を出すことは無い状況でしたが、参加者はみんなやる気満々です。
IMG_1520.JPG
 試合の様子
IMG_1512.JPG
 11:00に、苦しい戦いが終わり、その後、
 結果発表
 が書き出されました。 
IMG_1540.JPG
 私は、21cmと19cmの2匹が釣れて、126g。
 お立ち台には上れませんでしたが、翌年のセミファイナル出場の「認定証」を頂きました。
shounann_b_photo02.jpg
 ほとんど「運が良かっただけ」でしたけど。。。

 話は変わって、2週間後の、10月26日には、
 上州屋&オーナーカップ
 が行われました。
 こちらは、台風にはぶつかりませんでした。
 下見時の様子
 地元の釣り人に聞いてみると、
IMG_1554.JPG
 今年は、9月の終わりの台風までが良く釣れていたそうです。
 それでも、
 10月18日
 には、
IMG_1551.JPG
 シロギス12匹に加えて、23cmの「カイズ」が釣れ、
 10月19日
 には、
IMG_1560.JPG
 シロギスも最大23.5cmが釣れて来ました。
 まずまず、釣れるようです。

 さて、
 大会当日、土管下周辺
IMG_1581.JPG
 は、この込み具合。
 にも拘らず、魚は少なく、ピンギスが1匹釣れただけ。
 仕方が無いので、虹が浜方面に移動して、知り合いのY田さん、M田さんの近くに入れてもらいました。
 そこで何とか24.3cmと15cmが釣れましたが、まだ3匹しか釣れていません。
 終了1時間前には再度移動して、検量所に向かいながら時々竿を出してみると、終了間際に21cmが運良く釣れてました。
 私は、結局4匹:234gで終了となりました。
 
 この大会は試合時間が長く、午後1時が検量終了です。
 結果発表は、「ジュニア」→「レディース」→「一般」の順番で行われましたが、 
 一般の部(一部)
 では、
IMG_1605.JPG
 表彰10名のうち6人までが知り合いでした。
 10位:Z波さん、8位:K山さん、6位:Y田さん、5位:私、3位:M上さん、2位:MTDさん。
 来年は、どうなることでしょう。10位まで知り合いが全部占めてしまうかも知れません。
 
 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回も引き続き「メダカと投げ釣り」のテーマでUPさせていただく予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2014年11月01日 18時48分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年06月18日
カテゴリ:メダカと投げ釣り

 東日本大震災から3年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2014年6月18日(水)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 6月も中旬になり、今日も雨降りですが、元気でお過ごしでしょうか?

 それでは、さっそくですが、今年のメダカの繁殖は、4月の半ばから始めました。
 5月中には、「墨黒」や「3色」が孵化してこない、等のトラブルも有りました。
 これに対しては、稚魚の容器をリセットしたりしながら採卵を続けていたら、次第に孵化し始め、十分な数の稚魚を確保できました。
 そうして、採卵も6月14日で全て終了しました。

 今年生まれの稚魚たちは、
 プランター水槽で元気に成長中
 です。
IMG_0610.JPG
 こちらは、ブチ系のメダカの稚魚です。
 鉢に植わっているのは、今年、ホームセンターの「島忠」さんで購入した「ミゾカクシ」です。
 ミゾカクシ
 先日、花が1つだけ咲いていました。
IMG_0609.JPG
 小さくて、1cmぐらいしかありませんでしたが、紫のキュートな花でした。

 ところで、前回のブログで、「私の所には良い3色メダカが少ない」と、書いたと思いますが、
 遅生まれのメダカ(去年の9月ごろに誕生)
 の中に、中々よさげな3色メダカが見つかりました。
 まず初めに、
 遅生まれの3色メダカ(1)
 ですが、
IMG_0659.JPG
 まだ、成長途中ですが、中々良い感じ。
 それから、
 遅生まれの3色メダカ(2)
IMG_0680.JPG
 こちらは、背中のオレンジ色がよりはっきりしています。
 そして、
 遅生まれの3色メダカ(3)
 は、この中でも、色抜けの具合が一番。
IMG_0634.JPG
 大きくなったら、更に見ごたえが出てきそうです。

 また、3色メダカではありませんが、
 遅生まれの紅白
 も、いました。
IMG_0697.JPG
 この子は、今までに生まれた紅白系のメダカの中で赤さが一番でした。

 また、
 パンダ系体色の紅白更紗メダカ
 まで見つかりました。
IMG_0712.JPG
 これも、捨てがたいと言うか、良い色合いなのです。

 これ等、遅れてきたメダカちゃんたち。
 今年の内に採卵したいのは山々なのですが、今年は繁殖が順調に行きましたので、スペース的に限界になっています。
 来年まで延期するしかないか。。。

 今日のメダカブログ、最後の写真は、
 ガラス水槽の「ニュー・ラージパールグラス」
 です。
IMG_0613.JPG
 屋外水槽でも、何とか越冬できた株です。
 水温が上がるに従って、次第に横に広がってきました。
 屋外水槽でも十分繁茂してくれそうですが、アオミドロも同時に爆殖してきますので、取り除いてやらなければなりません。
 屋外ガラス水槽を維持する上では、この点が一番面倒かもしれません。

 ここからは、投げ釣りの話題になります。
 6月8日には、
 「第18回NSCF杯投げ釣り選手権、神奈川地区予選大会」
 が、大磯ロングビーチ下で行われました。
 「日本サーフの会員であること」が参加資格ですので、参加人数はオープン大会の時よりも大分抑えられて、75人でした。
IMG_0548.JPG
 しかし、周りを見れば、大会で上位に入る人たちが大勢です。
 この人たちと、しのぎを削ることになるのか! これは、大変なことになった。
 ともするとネガティブな気分になりそうなのを必死にこらえて海に向かいます。
 
 それにしても、最近はずいぶんと、
 「海のルアーフィッシング」が盛ん
 になりました。
 当日も、潮がぶつかる好ポイントにルアーマンが集まっていました。
IMG_0560.JPG
 しかし、好ポイントではあるのですが、間に入って投げ釣りをしてみても、あまり釣れたことがありません。
 多分、ルアーで水面をたたき、水中をかき回しているので、ルアーの届く距離にいるキスは逃げてしまうのでしょう。
 そこで、ルアーのポイントを避けて、
 ロングビーチ下にクーラーを下ろし
 ました。
IMG_0565.JPG
 そこも有望ポイントのようで、近くにはメーカー大会などでも上位に入る、全国レベルの方たちが何人もいました。

 この辺りを少しずつ移動しながら、なんとか七匹を釣り、11時には帰着ということでしたので、私も時間を見計らって終了しました。

検量風景
IMG_0574.JPG
 全般的にはあまり釣れていませんでしたが、中には、たくさんのキスを持ち帰ってくる選手が見られました。

 優勝は、神奈川協会長
IMG_0581.JPG
 K町さんでした。
 さすがです。大舞台には強いです。
 実は遠くから拝見していたのですが、他の人たちがポツリポツリと釣り上げる中、K町さんだけがボコボコと釣っていました。

 準優勝はAB川さん
IMG_0583.JPG
 またまた上位入賞で、本当にすごい。
 3位はH内さん
IMG_0589.JPG
 周りの選手にも祝福を受けて、嬉しそうです。

 上位10人が秋の全国大会に出場
IMG_0601.JPG
 終わってみれば、表彰式で良く見る顔ばかり。
 この人たちとは、まだまだ、一段も2段も差があるなー。
 いやー、足元にも及ばなかったなー。と言うのが実感です。

 私の釣果は今ひとつで、順位も29位でしたが、名手、名人達の釣りを近くで見ることができて、とても勉強になった大会でした。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、「メダカ」をテーマにUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2014年06月18日 23時44分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年06月02日
カテゴリ:メダカと投げ釣り

 東日本大震災から3年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2014年6月2日(月)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 早くも6月となり、暑い日が続いていますが、元気でお過ごしでしょうか?

 水辺の植物も次々に芽を出したり、開花するものが出てきました。
 「ナンチャッテ睡蓮鉢」の「ジュンサイ」
 暑さに弱いところが有りますので、去年から、朝だけ日が当たる玄関脇の「ナンチャッテ睡蓮鉢」に植えてあります。
IMG_0313.JPG
 冬には雪に埋もれたこともある水槽ですが、「ジュンサイ」にとっては、かえってこの方が良かったようで、かわいらしい楕円の浮葉を出してくれました。

 その他のメダカ(Part2)
 前回のブログで「その他のメダカ」をUPさせていただいたのですが、まだまだいますので、Part2をUPさせて頂くことにしたいと思います。
 最初に、
 幹之系の変ったメダカ
 幹之メダカ×シルバー光メダカのF1なのですが、腹膜にグアニンのような光が見て取れます。
IMG_9722.JPG
 おかしな所に光が現れたものです。
 今年は、このメダカも親にして、子を採っています。
 どんな子が生まれてくるか、楽しみです。

 次は、
 琥珀系透明鱗ブチメダカ
 です。
IMG_0361.JPG
 中には、色が抜け始めて、3色メダカになりそうな子もいました。
IMG_0377.JPG
 家のメダカは、色上がりが遅いようです。

 そして、ブチメダカには普通種もいます。
 ブチメダカ普通種
 普通種は、白系を狙って交配しています。
IMG_0173.JPG
 親の中には、頭と尾の部分が黄色くなっているものや、
IMG_0092.JPG
 頭だけ黄色が残っている子などがいます。
IMG_0119.JPG
 これ等のメダカを交配しているうちに、普通種の3色メダカが出現しないかなー。などと考えて、一人で悦に入っています。

 以前ご紹介した、
 紅白メダカのその後
 にも、少しだけ触れておきたいと思います。
 何故かと言いますと、
IMG_0414.JPG
 ますます色抜けが進んできたからなのです。
 これ等のメダカは、○本舗さんの系統で、何万円もするような高価な親メダカは買った事がありませんが、次第に良い紅白メダカが誕生するようになって来ました。
 ただし、時間としては3年ほど掛かっています。

 ところで、私の所では、紅白メダカは良いものが出現してきましたが、良い柄の3色メダカは、まだほんの少ししか誕生していません。
 しかし、これもいずれ、時間が解決してくれることだろう、と期待しています。

 他の例を挙げてみれば、「ベジタブルプランター」で開花した、
 「タタラアサザ」
 にしても、ホームセンターで子株を購入して、2年ぐらい経ってから花が咲き始めたのです。
IMG_0343.JPG
 メダカ趣味は、気長に行くのが一番良い、と思っています。

 ここからは、「投げ釣り」の話題になります。
 5月11日に行われた、日本サーフ「オープン投げ釣り大会」
 の様子です。
 早朝6時ごろから受付が始まり、その後、K町協会長やU海副協会長から競技ルールの説明などがありました。
IMG_0266.JPG
 集まるのは、100人前後だと思っていたのですが、今年はなんと131人もの参加がありました。
IMG_0282.JPG
 競技時間は、7時から11時までの4時間で、大磯ロングビーチ前の海岸いっぱいに選手が広がりました。
IMG_0271.JPG
 私は、通称「出っ張り」と呼ばれるポイントの近くで釣ることにして、クーラーを下ろしましたが、
IMG_0274.JPG
 有望ポイントらしく、平塚サーフのS水さんや投友会のH内さんなどの有名人も近くに来られて、緊張しました。

 それから、4時間の競技時間が終了して、
 表彰式
 が行われました。
 婦人少年の部
 では、優勝は、
IMG_0287.JPG
 投友会のT岡さん。
 いつもながらお見事です。
 僅差で準優勝になったのが、同じく投友会のM田さん。
IMG_0288.JPG
 5月24日のジャパンカップ・セミファイナルにも出場され、強豪男性に引けをとらない実績を残されました。
 第3位は、チームWLFのK北さん。
IMG_0290.JPG
 おめでとうございます。

 そして、
 一般の部
 で優勝したのは、この2、3年ご活躍の目覚しいAB川さん。
IMG_0294.JPG
 遠投力もある方で、安定した実績を残されています。
 準優勝は、投友会のY口さん。
IMG_0298.JPG
 一番良いお顔でした。おめでとうございます。
 そして、第3位に入ったのが、
IMG_0300.JPG
 5年に1度しかホームランを打てない!? 共恵サーフでした。
 「鱚が近くにしかいなかった」事が勝因でした。
 前々から日本サーフの「メダル」が欲しかったので、今回運良く頂くことができてとても嬉しかったです。

 もしかすると、日ごろメダカを可愛がっているので、鱚が寄って来てくれたのかも知れません。
IMG_0389.JPG
 えっ、メダカを出したわけではありませんよ!。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回も引き続き、「メダカと投げ釣り」のテーマでUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2014年06月02日 20時56分26秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.