000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「メダカ」と「投げ釣り」のページ

全6件 (6件中 1-6件目)

1

めだか

2018年06月17日
XML
カテゴリ:めだか
2018年6月17日(日)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 みなさん、元気でお過ごしでしたでしょうか?

 1年以上お休みしていた当ブログですので、この間の出来事も少し書いてみたいと思います。
 さて、母をみとってからしばらくは、放心状態で過ごしていたのですが、1年ほど前に仕事に就きました。
 仕事は、マンションの管理員です。
 一言で言えば、学校の用務員さんのような仕事で、主な仕事はお掃除です。
 アラ還の年齢で、この仕事に就けたのはラッキーでした。
 求人件数が多いという事もありますが、「宅建主任者」と「管理業務主任者」の資格を持っていたことが大きかったと思います。
 しかし、実際に現実の仕事に就いてみると、勉強したことと言うのは、ほんのかじった程度しか身についていなかったことを痛感させられます。
 それで、現在も少しずつですが、勉強は続けています。

 さて、よけいな話はこれくらいにしまして、メダカのお話に入りましょう。
 先日も書きましたが、
 めだかは、大幅に縮小
しました。
 団地のベランダですので、ほんのわずかのスペースしか取れません。
 飼育できる品種も2~3種ぐらいに限られてしまいます。
 それでも、ベジタブルプランターで泳ぐメダカをぼんやりと眺めている時が、一番心休まりますねぇ。

 ところで、メダカはブームが続いているようで、毎年メダカ本が発行されるし、アクアな雑誌でも毎年特集が組まれています。
 メダカ飼育を始める場合、初めは、ペット屋さんやメダカ専門店などで、メダカを購入するわけです。
 その子供を取って、出てきたメダカの中から、これは良いと思う子、変わっている子を掛け合わせると、変わったメダカが生まれてきます。

 ここで、メダカ飼育の御参考になるように、私の所で累代飼育している系統をご紹介してみます。
 最初は、今では珍しくは無くなりましたが、
 紅白メダカ(透明鱗)
です。
 曇り空の下で、デジカメで普通に撮ると、
 こんな感じですが、
 フラッシュをたくと、
 赤みが強く出ます。
 また、強い太陽光の出ているときに撮影すると、
 と言う具合に、色々な景色を見せてくれます。
 実物に一番近いのは、1枚目の写真ですが、お気に入りのメダカです。
 5年前だったら、ウン万円したかもしれません。
 しかし、メダカの進化は驚くほど速いので、今なら、数百円から数千円位で購入できるのではないでしょうか。
 
 次は、掛け合わせのご紹介です。
 下のメダカは、ちょっと見ると、普通の黒メダカかな? と思うかも知れませんが、、、
 よーく見て下さい! なんだか、ちょっと違うんです。
 実は、このメダカは、
 全身体内光×透明鱗3色
 の、F1(掛け合わせの1世代目)なんです。
 茶メダカ透明鱗のようでもあります。
 しかし、背中に全身体内光的な雰囲気を持った子もいます。

 F2(孫)も、すでに生まれています。
 白っぽい容器に入れてみると、黒系の透明鱗メダカのような子が多いのですが、3色メダカとの掛け合わせですので、黄色っぽい子も産まれています。
 黒容器に入れてみると、全身体内光のようです。
 体内光が有る3色メダカはちょっと無理かもしれませんが、頭には茶色か、うまく行けば赤系統の色が出るかもしれません。

 他には、
 全身体内光×黒ラメメダカ
 のF1(掛け合わせ1代目)がいます。
 こちらもまだ小さいです。
 また、同じく体内光の系統ですので、前のメダカと同じようにも見えます。
 黒い容器に入れると、やはり全身体内光のようですが、
 中に、全身体内光ではなく、ラメなのか、体内光なのかわかりませんが、違う感じの子がいました。
 こちらは、全身体内光黒系とブラックメダカに分かれたような感じです。

 以上、3種類のメダカをご紹介しました。
 これらのメダカは、自画自賛ではありますが、ちょっと変わった、ちょっといいんじゃぁない!
 と言えるようなメダカではないでしょうか。
 まぁ、本に載るほどではありませんが。

 これが、メダカ中級者の楽しみだと思っています。
 でも、皆さんも、これくらいにはすぐになれますよ。

 今日の終わりに、
 メダカ屋さんのなかで、私のお勧めは「メダカ本舗」さんです。
 以前は3000円以上で送料無料と格安でしたので、主にここで購入していました。
 残念ながら、昨年ぐらいから宅急便の配達料金の値上げもあって、送料無料は4000円からになってしまいました。
 メダカも少し高めのものを扱うようになったような感じです。
 それでも、最先端の「非透明鱗3色」が3950円、また、「深紅めだか」も3950円と、よそに比べればずいぶん安いと思います。
 注意点はF1ということで、小ぶりの稚魚の場合が多いことです。
 しかし、サービスが半端でないので、毎回驚かされます。
 私も買いたいのですが、なにしろスペースがないのです号泣。 

  ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございました。
 次回は、「投げ釣り」の記事をUPする予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






最終更新日  2018年06月17日 18時08分27秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年06月07日
カテゴリ:めだか

 東日本大震災から2年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2013年6月7日(金)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 例年よりも10日ほど早く入梅宣言がされましたが、その割りに雨が降りませんね。
 みなさん、元気でお過ごしでしたでしょうか?

 共恵サーフの所では、裏庭に、
 「ノビル」の花
 が咲きました。
IMG_5952.JPG
 「ノビル」は、食べられる野草ですので、「今晩の晩酌のつまみにしようかな」なんて思ったことも有ります。
 庭の手入れを怠けているので、生えてくるのかもしれませんが、花は中々可愛いです。

  それでは、今日のテーマに入りたいと思います。
 赤系の親メダカ
 洗面器に5、6匹集めてみました。
IMG_5473.JPG
 家の赤系メダカと言うと、大体こんな感じです。

 メスの割りに「赤」い色が良く出ているメダカ
 メスは、オスに比べると、「朱赤」になる数が少ないと思いますが、そんな中で、この子は「赤」がよく出ていると思います。
IMG_4595.JPG
 横から見てみたら、
IMG_4608.JPG
 色抜けもしていました。

 ところで、家にいるのは、普通の赤系透明鱗メダカかと思っていたら、結構色抜けがいました。
 次のメダカもそうです。
 やや黄色が勝っているが、色抜けがあるメダカ
 この子は、上から見ても、うっすらとですが、色抜けがあるような感じ。
IMG_5694.JPG
 横から見ると、 
IMG_5714.JPG
 色抜けのせいで、上半分と下半分では、色味が違っていました。
 
 次のメダカは、またちょっと違ったタイプで、
 柿の実のような赤い色のメダカ
 背中に、赤いラインが3本入っているようにも見えます。
IMG_4323.JPG
 横から見ると、このメダカにも、
IMG_5740.JPG
 色抜けがありました。
 
 もう一匹、変ったメダカをご紹介します。
 イエローのパンダ系かと思っていたら、イエローのブチが有るメダカだった
 細かいブチなので、肉眼で見ても、ブチは判別できませんが、
IMG_5649.JPG
 横から見ると、
IMG_5660.JPG
 今日、ご紹介した中では、色の抜け具合は一番でした。
 緊張しているのか、正座しているようにかしこまっていたので、
IMG_5659.JPG
 正面からも、ハイ、パチリ。
 
 さて、赤系のメダカも魅力が有りますが、そのほかの色にも、それぞれチャームポイントを持つメダカがいます。
 次はそういったメダカを何匹かご紹介してみましょう。
 そのほかの親メダカ
 様々な遺伝子が入っているメダカ
IMG_5683.JPG
 青系透明鱗×白系透明鱗かな、それとも、他にも血が入っているかも知れません。
 横から見ると、 
IMG_5684.JPG
 こんな感じ。中々スリムで良い感じ。
 正面から見てみたら、
IMG_5677.JPG
 こんなお顔でした。
 眼の縁の青や青緑に光った色(アイシャドー)がきれいでした。

 次のメダカもちょっと変っています。
 ○本舗の赤黒系メダカから生まれてきた、ちょっと変ったメダカ
 若魚の時はこんな色だったのですが、
IMG_4438.JPG
 大きくなったら、色が変ってきました。
IMG_5392.JPG
 この写真は、1ヶ月ぐらい前に撮ったものですが、この時と今とでは、また少し色が変ってきています。
IMG_5406.JPG
 さて、次は、どんなふうになるかな?

 次は、今日の、おしまいのメダカです。
 このメダカは、変っていますよ!
 真横から見た場合は、ごく普通のメダカですが、
IMG_5862.JPG
 角度を変えてみて見ると、
IMG_5882.JPG
 おやっ、「アロワナ」みたいだな(・_・;。
IMG_5875.JPG
 あっ(°O°)、眼が飛び出している!。
IMG_5856.JPG
 共恵サーフの家にも「水泡眼」っぽいメダカがいたのでした!
 このメダカの子供も採っていますが、果たして、来年こんなメダカが出現するでしょうか? 何代か後になって、忘れたころに、ひょっこり出現しそうな予感がします。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、メダカの繁殖も一段落しましたので、「メダカと投げ釣り」の混合テーマでUPの予定です。
 現在、ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2013年06月07日 19時51分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月22日
カテゴリ:めだか

 東日本大震災から2年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2013年5月22日(水)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 夏のような暑い日が続いていますが、元気でお過ごしでしたでしょうか?

 共恵サーフの所では、メダカも繁殖シーズン真っ盛りの5月ですので、裏庭が水槽に占領されています。
 裏庭の水槽群
IMG_5844.JPG
 奥が、親水槽、手前が稚魚の水槽です。
 稚魚の水槽は普通の発泡ケースですが、親の水槽は、普通のプランターの他、スーパーで貰ってきた「長ネギ」や「レンコン」の長い発泡スチロールケース。
 それを2~3つに区切って、小部屋を作って1ペア~2ペアずつ入れています。
 そうでもしないと、裏庭に入りきれないので、このようにしています。

 それでは、今日のテーマに入って行きたいと思います。
 紅白系メダカ
 最初に申し上げなければならないのですが、残念ながら、私の所には、まだ、あまり良い「紅白メダカ」や「3色メダカ」はいないんです。
 とは言いながら、「親ばか」なので、ご紹介するわけですが。。。

 最初に登場してもらうのは、
 自家製紅白メダカ
 昨年生まれの雄です。
IMG_5459.JPG
 いわゆる「更紗」です。
IMG_5465.JPG
 おなじみの、○本舗さんの紅白メダカの「兄弟」か「F1」の交配から生まれてきました。
 色抜けが少ししか無かった親からでも、こういうメダカが生まれてきたわけです。

 そして、今年の春には、○本舗さんから「紅白メダカ」(最新版:丹頂系)も販売されました。
 Msサイズから育ってきた子達の中から2匹をピックアップしてみます。
 次のメダカは、
 ほぼ、「丹頂」メダカ。その1
 と、言いたいのですが、どんなもんでしょうか?
IMG_5025.JPG
 問題は、頭部の色が、ピンクっぽいことですね。
 横から見てみると、
IMG_5029.JPG
 背中にも少しオレンジの色素が残っていることが解ります。

 次のメダカは、頭の色はまあまあなのですが、
 ほぼ、「丹頂」メダカ。その2
 頭以外にも、点々とオレンジのブチがあります。
IMG_5424.JPG
 横から見たほうが、
IMG_5364.JPG
 オレンジの部分がよりはっきりわかるかもしれません。
 背中のオレンジ部分は、もう少し広がってくれば、逆に良い紅白メダカになるかも知れません。

 次は、少し感じが違う紅白メダカです
 自家製紅白
 昨年、もともと家にいたメダカに○本舗産の紅白系メダカを交配した子達なので、ちょっと変っています。
 自家製紅白メダカ。その1
 このブログの「表紙のページに載せてある紅白メダカの系統」×「○本舗さんの紅白系メダカ」の交配から生まれてきました。
IMG_4916.JPG
 表紙のメダカは、非透明鱗だったのですが、今度生まれてきた子は、
IMG_5836.JPG
 透明鱗でした。

 次のメダカは、背中がオレンジですが、シッポが青灰色です。
 自家製紅白メダカ。その2
IMG_4956.JPG
 こちらは、以前家にいた、「鯉のようなメダカ」×「紅白系のメダカ」から生まれてきました。
IMG_4945.JPG
 青の色素が抜ければこれも紅白になるのでしょうが、なかなか、難しいでしょうね。

 さて、紅白系はこのくらいにしまして、次は、3色系のメダカです。 
 自家製3色系メダカ
 これも、○本舗さんの系統です。
 自家製3色メダカ。その1
 稚魚の時に、ヒレグサレ病に掛かってしまい、左の胸鰭が少し短くなってしまいました。
IMG_5052.JPG
 それから、この子は、稚魚の時には、背中はこげ茶色で、きれいではありませんでした。
IMG_5059.JPG
 しかし、病気を乗り越え、成長するにつれて、茶色がオレンジに変化して、見られるようになって来ました。
 表情も、「むっ」と口をつぐんだような渋い顔(`へ´)になりました。
 生き残ってくれて、よかった、よかった\(^^)/。

 自家製3色メダカ。その2
 こちらは、○本舗さんの系統ではなく、表紙のページのメダカの系統です。
IMG_5518.JPG
 以前、「メダカやドットコム」さんのホームページで拝見した「姫虎系3色メダカ」のような感じです。
IMG_5532.JPG
 違うのは、「姫虎系3色メダカ」は、非透明鱗だったと思いますが、こちらのメダカは透明鱗になっている所です。
 このメダカの黄色のブチが、オレンジや赤になってくれれば、現在の3色メダカに近づきそうなので、今年は、そうなりそうな掛け合わせをしてみました。

 さて、私の家にいる「紅白・3色系メダカ」と言うと、大体はこんな所です。
 現在、もっと良い色合いになるように、掛け合わせを続けています。

 今日のおしまいの写真は、エビの写真です。
 ルリーシュリンプも卵巣が色づいてきた。
IMG_5452.JPG
 3月に10匹996円で購入し、屋外のメダカ水槽に入ってもらった「ルリーシュリンプ」も卵巣がクリーム色になってきました。
 この分で行けば、無事に増えてくれることでしょう。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、「今年の親メダカ(その4:赤系と、その他変わりメダカ)」をメインにUPの予定です。
 現在、ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2013年05月22日 19時12分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月20日
カテゴリ:めだか

 東日本大震災から2年が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2013年3月20日(水)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 元気にお過ごしでしたでしょうか?
 WBCは、3月18日にプエリトルコに敗れてしまい、残念でしたが、
 前回のブログUP(3月4日)の後、暖かい日が続いています。

 共恵サーフの裏庭では、2、3日前から、
 水仙が開花し始めました。
IMG_4086.JPG
 うっかり、撮り忘れてしまいましたが、昨日辺りから、桜の開花も聞かれるようになっています。例年より5~6日早い開花です。

 それでは、
 メダカの水槽はどうなっているかと言うと、
 下の写真のように、
IMG_4196.JPG
 冬眠していた水辺の植物たちが、芽吹き、花が咲いたものも有りました。

 上の写真をもう少し見てみましょう。
 まず初めに、
 早くも花をつけたのは、「ナガバオモダカ」
IMG_4027.JPG
 でした。
 次に、花はまだですが、
  「ミツガシワ」
IMG_4034.JPG
 も葉を出し始めました。
 毎年、開花を待ち望んで、早数年。
 残念ながら、まだ花が咲いたことは有りません。
 今年こそ、咲いてくれないか? と期待しています。
 北日本に自生地が多いということですので、関東地方では、花を咲かせるのは難しいのかも知れません。

 そして、他の水槽では、
 「アサザ」
IMG_4036.JPG
 も浮葉を伸ばし始めました。
 琥珀透明鱗メダカの下にある水草は「マツモ」です。画面の中央より下にある茶色っぽいのが「アサザ」の葉です。
 また、
 「ナヤス」はまだ冬眠中のようで、
 冬と同じ。新芽はまだ出ていないようです。
 対照的に、
 「そわそわ、ウキウキ」のメダカたち
IMG_4012.JPG
 上で輪になって泳いでいる「楊貴妃」や「ブチメダカ」たちは、冬越しが無事に済んだ喜びが溢れんばかり。

 去年に比べ、今年は、早くから春の訪れが感じられています。
 

 今年の親メダカの選別
 去年は産卵が始まったのは、4月になってからでした。
 ところが、今年は、3月11日に最初の産卵がありました。
 暖かくなったのは良いのですが、少し早すぎませんか?
IMG_4249.JPG
 これはメダカが勘違いしただけだと思っていたのですが、その後も、暖かい日には、2~3匹のメダカが卵を付けているのが見つかりました。

 そのため、先週から、大急ぎで、親メダカの選定をしています。
 今年は、気に入ったメダカも多く、
 「琥珀透明鱗」の「紅白メダカ」は、
IMG_4018.JPG
 かなり色抜けが進んできました。
 ただし、2歳なので、産卵してくれるかどうかは、微妙ですが。。。
 ほかにも、
 かなり気に入っている「赤い子」
IMG_4148.JPG
 こちらは、去年の春生まれの雄です。
 雄の方が、赤い色が良く出ている個体が多いような気がします。
 また、
 「琥珀透明鱗3色系」
IMG_4232.JPG
 この子は、もう少し白く色抜けしてくれば、と思います。

 赤い色合いのメダカには、他にも期待できる子がおりまして、
 「赤黒いメダカ」
IMG_4151.JPG
 これも、気に入っています。

 そして、
 色抜けしているメダカも
 最初の1枚は、ブレていて恐縮ですが、
IMG_4286.JPG
 1匹だけではなく、去年からの掛け合わせの成果が出てきていて、
 10匹以上
IMG_4288.JPG
 いました。
 (次の○本舗さんの紅白と比べたら、紅白のコントラストが、まだまだ甘いのですが。。。)

 今年の1月に「メダカ○舗」さんから購入した、
 【最新版】紅白メダカMS5尾【色揚がり前】と言うのは、
IMG_4289.JPG
 サービスの3匹を含めて8匹います。
 このメダカは、非常に繊細な印象を受けますが、見かけによらず、大変丈夫な系統のようです。
 8匹全部が、無事に冬越しできました。
 これも今年の親メダカに使えそうです。

 こんな風に、今年は、特に気に入ったメダカがたくさんいます。
 何年間か、夢に描いていたような状況に近いかもしれません。
 そのため、休みの日は、選別に苦しみながら、嬉しい悲鳴を上げている所です。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、「メダカと投げ釣り」の混合でUPの予定です。
 現在、ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 それではまた。。。日本酒






最終更新日  2013年03月20日 21時23分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月04日
カテゴリ:めだか

 東日本大震災からもうすぐ2年になろうとしています。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2013年3月4日(月)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 元気にお過ごしでしたでしょうか?
 寒い日が続きましたが、3月1日には「春一番」が吹いたそうです。
 いよいよ春が近づいてきたのでしょうか、今週半ばからは、関東地方は20℃近くまで気温が上がるそうです。\(^.^)/(ウキウキ)

 さて、前回も「ビオトープ管理士」試験について書かせていただきましが、
 ガリベンと(^^;、
IMG_3900.JPG
 モルモットさんや、ハムスター君のご指導の甲斐もあって?(^o^)、
 「ビオトープ管理士」の認証書がキター!
 2月23日に届きました。
IMG_4004.JPG
 合格率は不明ですが、独学だったので、結構大変でした。
 無事、合格できて、とても嬉しかったです。
 認証書は、薄い緑色の背景で、エコな感じが出ていました。
 日本生態系協会は、今年の試験要綱を発表しましたので、興味のある方は、日本生態系協会のホームページにアクセスしてみてください。
 
 メダカ水槽にも春の兆しが出てきました。
 しかし、人影を見つけると、すぐ潜ってしまうので、
 とりあえず遠くから撮影してみました。
 「芹(セリ)」が大繁殖の水槽
IMG_3839.JPG
 「芹」が増えすぎて、メダカの遊泳スペースが少なくなってしまいました。
 「芹」は、オヒタシにして、食べちゃおうか。と思っています。
 次は、
 黒塗りした「深型プランター水槽」
IMG_3969.JPG
 黒の背景は、メダカたちを引き立ててくれます。
 色揚げの効果も有るそうです。

 それから、
 幅広の「レンガ色プランター水槽」
 は、「グリーン・ウォーター」にしてあります。
IMG_3994.JPG
 メダカは、「グリーン・ウォーター」にすると透明な水よりも調子が良いようです。
 少し見つけにくくなってしまいますけど、メダカの側からすれば、姿を隠す事が出来るので、ストレスが少なく、住みやすいのかもしれません。
 
 その後、時間をかけて、
 少し近づいてみました
 先ほどの、
 「芹」が爆殖の水槽
IMG_3853.JPG
 は、こんな感じ。
 左側に、エビ茶色でドン腹、顔もでかい。なにか「アンコウ」のような雰囲気のメダカがいます(^u^)。
そして、
 「レンガ色プランター水槽」
IMG_3916.JPG
 の方は、こんな感じです。
 こちらは、色抜けのメダカが多いです。
 やっと慣れてきて、中には、
IMG_3922.JPG
 カメラ目線になってくれた子もいましたー。

 別の「ベジタブル・プランター水槽」には、
 「ナヤス」に隠れたつもりの、色もよさげな、
IMG_3929.JPG
 「3色メダカ」になりそうな子
IMG_3937.JPG
 が見つかりました。
 他に、
 「紅白」メダカ候補。
IMG_3941.JPG
 も見つかりましたが、こちらはよく見るとひどい「背曲がり」でしたので、親には使えそうも無く、残念でした。

 メダカに病気も発生
 気温の変化が激しいこの時期は、メダカも調子を崩しやすく、病気も発生します。
 私のところで良く発生するのは、次の2種類の病気です。
 それは、
 シッポがすぼまる「ハリ病」(水カビ病の前兆)
IMG_3850.JPG
 ヒレが解けてしまう「ヒレグサレ病」
IMG_3789.JPG
 の2つです。
 対策は、どちらも「温度を上げて、塩浴させること」が一番です。
 「アグテン」や「ヒコサン」等の薬品も数滴落としてやれば、更に良いでしょう。

 もし、ヒーターが無かったら、その場合はと言うと、
 塩と薬品の薬浴だけでも、何もしないよりはずっとましです。
 この場合は日数がかかり、途中で薬浴水槽の水換えをする必要も出てきます。
 そして、加温した時よりは助かる率は下がりますが、それでも、私の所では半数以上が回復しています。
 ヒーターを用意していなかった方は、お試しになってみてください。

 去年の秋から「ミジンコ」を飼っていて、時々メダカにあげています。
 「ミジンコ」も観察してみたくなったので、
 デジタル顕微鏡
 を買ってみました。
 値段は、アウトレット品と言うことで、送料込みで格安の3508円でした。
IMG_4000.JPG
 7倍から108倍までズームで観察が出来るので、その点は便利なのですが、動いているものを撮影するのはあまり得意ではないようです。
 さっそく、
 「ミジンコ」を撮影してみました。
 下の2枚がその撮影画像です。
P2013220_5.jpg
 残念ながら、画素数が少ないので、鮮明とは言えません。
 でも、
P2013220_2.jpg
 卵を背負っている所や、体の中に、太い緑色の線がありますが、どうやら、緑色のプランクトンを食べているらしいことが解ります。
 倍率を上げると、ミジンコよりも小さな丸い生物が泳いでいる所も見えました。
 本格的な顕微鏡は、1万円以上しますし、これとても定価は約2万円ということですので、もう少し使い方を工夫して使って行こうと思います。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、引き続き、「最近の写真」を中心にUPの予定です。
 現在、ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 それではまた。。。日本酒






最終更新日  2013年03月04日 21時33分17秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年12月31日
カテゴリ:めだか

 東日本大震災から早くも1年10ヶ月が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2012年12月31日(月)。
 みなさん、こんばんはスマイル
 今年も今日が最後の1日になってしまいました。(°O°;
 今年も、拙いブログを応援してくださり、有難うございました。

 実は、今回は、投げ釣りの記事をUPしよう、と考えていたのですが、週末に天気が良い日が少なく、釣りに行けなかったので、テーマを変更して、最近のメダカたちの様子をUPすることにしました。

 と言うことで、年またぎの低気圧が通過中の大晦日ですが、昨日の雨も上がり、今日は晴れましたので、かなり暖かいです。
 裏の物干し場の温度計を見ると、日当たりがいいので、
 13℃
IMG_3487.JPG
 ありました。
 メダカたちも嬉しそうで、水面に顔を覗かせてくれました。
IMG_3386.JPG
 しかしながら、
 ほとんどが、のろのろと泳いでいて、
IMG_3406.JPG
 半分寝ているようです。
 私も、釣られて、眠くなり、少し昼寝をしてしまいました。
IMG_3395.JPG
 ところで、
 色が抜けたメダカは
IMG_3396.JPG
 次第に増えてきています。
 どうやら、成長につれ色抜けが起きて来るようです。

 全体的に、うっすら色が抜けていて、薄茶色のメダカもいます。
 今は、どうって言うことも無いメダカですが、
IMG_3424.JPG
 成長したら、どんな変化を見せてくれるか、という期待を持たせてくれます。

 そのほかにも、成長に伴って、
 火の玉メダカに、
IMG_3454.JPG
 なるかなー!、どうでしょうかー?。
 と言う期待を持たせてくれる子も出現してきました。
 これらは、「メダカ○舗」さんの系統ですが、色々なメダカが出現してきますので、その分楽しみが多いような気がします。

 夜は、寒くなりますので、今年も、
  水槽には、蓋(フタ)
IMG_3372.JPG
 をしてあげていますよ。
 このフタも、だいぶ汚れが目立って来ましたので、作り直そうか、どうしようか、と考えている所ですが。。。
 これだけでも、薄氷が張るところを、張らないように防ぐ効果が有りますので、メダカの生存率が上がると思っています。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今年も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 来年も、本年同様、よろしくお願いいたします。
 次回は、今回は出来なかった「メダカと投げ釣り」の混合テーマでUPの予定です。

 現在、ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 それではまた。。。日本酒






最終更新日  2012年12月31日 14時55分08秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.