000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「メダカ」と「投げ釣り」のページ

全6件 (6件中 1-6件目)

1

投げ釣り・ビオトープ

2013年12月03日
XML

 東日本大震災から2年と半年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2013年12月3日(火)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル

 今年も早くも12月。
 落ちギスシーズンももう終わってしまったような気もするのですが、来年も同じようなパターンが期待できますので、
 2013年の秋のプライベート釣行より
 良く釣れた時期と場所をPIC UPしてみます。

 最初は、
 9月29日、大磯・吉田邸下
09291.JPG
 神奈川サーフの SATO さんと出会い、釣れている様子でしたので、急いで隣に入れていただいたら、3色以内の近場で、44匹:1.6キロも釣れました。

 その後、シロギスが一番釣れるはずの10月に入りました。
 ところが、今年は毎週のように台風がやってきて、土日に釣りが出来るのは、10月後半まで待たなければなりませんでした。
 投げ釣りの大会も一つは中止になったくらいです。

 10月後半~11月前半の平塚海岸
 台風が来なくなってからは、毎週平塚海岸に出かけていました。
10311.JPG
 今年も新しい出会いがあり、知り合った皆さんに仲良くしていただきました。
 最初は、
 10月19日。平塚海岸:プール下
 プール下付近でやってみました。
 シロギスの食いは今ひとつで、11匹:290gでしたが、
10211.JPG
 2色ぐらいのところで、27cmのセイゴが釣れました。
 仕掛けは、ハリス1.2号、幹糸2号。針は湘南鱚・金の8号でした。
 引きが強くて、冷や冷やしましたが、大ギス狙いの太仕掛けだったので取り込むことが出来ました。
 塩焼きにして食べてみたら、予想以上に美味しかったです。

 次は、台風の直撃があったりして暫く行けなかったのですが、
 11月1日。平塚海岸:虹が浜下
 で釣ってみました。
 すると、朝9:00から釣れ続け、食いが止まったのは16:00でした。
10312.JPG
 この日も、3色以内で釣れ、21匹:885gで、「ミニ爆」に出会えた感じでした。

 次の日からは、だいたい「虹が浜」下から「花水川」の間を探りました。
 11月2日。平塚海岸:虹が浜下
 には、11匹:600gと、今ひとつパッとしませんでしたが、24cm級が出ました。
11015.JPG
 餌は、私はイワイソメでやっていましたが、他の人に聞くと、ジャリメにも大型が食ってくると言うことでした。

 そして、この日は、釣れた? ビニール手袋に、
 珍客「タコの赤ちゃん」
 が、付いてきました。
11011.JPG
 大きさは、1円玉くらいでした。
 あまりにも可愛かったのでもう一枚。
 「タコの赤ちゃんその2」
11013.JPG
 撮影後は、海に返しましたが、この小ささでは、生き残るのは至難の業でしょうね。。。

 そして、
 11月3日。平塚海岸:花水川左岸
 には、小型が混じったので、14匹で610gでした。
11022.JPG
 「この位では、今ひとつ」と言う気がしました。
 別の見方をすれば、段々贅沢になって、来たわけです。

 ところで、海岸では、人間以外にも出会いが有ります。
 寒くなってくると毎年出会えるのが、
 シロチドリ
 です。
11025.JPG

11026.JPG
 波打ち際でヨコエビなどを食べていますが、チョコチョコと歩く姿がかわいらしい鳥です。

 次に出かけたのは、1週間後で、
 11月9日。平塚:虹が浜下
 には、次第にピンギスのお兄ちゃんサイズが多くなってきましたが、良く釣れて、26匹:930g有りました。
11092.JPG
 その中に、
 今年最大の26cmもいました。
11091.JPG
 重さを量ってみたら、1匹で140gも有りました。

 私の場合は、沢山釣れたのは、
 11月16日。平塚海岸:虹が浜下
 が最後でした。
 鱚はますます小型が多くなってきて、
11142.JPG
 数だけは37匹と多かったのですが、重量は、940gでした。
 久々の大型か? と期待させられたのは、「ホウボウ」でした。

 次に出かけた11月24日は、鱚がいなくなってしまい、半日やって、ピンギス3匹、と真冬の釣りのようになってしまいました。
 思えば、寒さが一段と厳しくなり、水温も18度を下回ってきたのでした。

 これからの日々は、鱚の落ち(ミニ爆)を探して、あちこちに出かけることになるかと思います。

 おしまいに、メダカ関係の話題も少しだけ。
 釣りから早く帰った日には、
 来年2月のリセット、レイアウト変更に向けて、
 少しずつ準備もしていますよ。
 釣りの帰りに、平塚にある「アクア・ファミリー」さんに立ち寄って、水草などを買うのも楽しみの一つです。
 最近購入したのは、
 「アポノゲトン・レースプラント」
IMG_8487.JPG
 「細葉」と「広葉」を一株ずつ。
 「ニュー・ラージパールグラス」
 1パックなど。
IMG_8519.JPG
 水上葉を買って、薄く土を掛けておいたら、水中葉が出てきました。
 ウィローモスも買って、
 「ウィローモス付き流木」
 も作りました。
IMG_8501.JPG
 流木は、海岸で釣りをしながら、気に入ったものを拾ってきたものです。
 
 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、「小春日和のメダカたち」をUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。日本酒






最終更新日  2013年12月03日 17時13分45秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年11月23日

 東日本大震災から2年と半年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2013年11月23日(土)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 前回の予告では、今日のブログは「めだか中心でUP」と書きましたが、メダカは動きが少なくなる季節でもあり、思ったような写真がまとまりませんでした。
 一方、「投げ釣り」の写真はと言うと、これが、どんどん貯まってきたんです。
 そこで、今日は、「投げ釣り」の記事を中心に変更させていただきたいと思います。

 とは言え、少しだけメダカ関係の写真を。。。
 マツモの間を泳ぐヒカリメダカ
 マツモは、5年ぐらい前に ”500円分”だけ買ったものが途絶えずに増えています。
11051.JPG
 この水槽には、主にヒカリメダカが入っていて、赤いのはレッドチェリー・シュリンプです。

 さて、ここから話は変わって、投げ釣りの記事になりますが、今日は、
 「釣れる大会も楽ではなかった」今年の秋の2大会
 についてのお話です。
 ちょっと遡りますが、9月と10月に、投げ釣りの大会が1回ずつ開催されました。
 まず、9月22日に、141人が集まって行われた、
 日本サーフ「秋季オープン大会」より
 ハイライトをUPしてみたいと思います。
 試合開始6:30よりもずっと前に、もうほとんどの人が到着。
 毎度の事ながら、みなさん、早起きですね。。。
09223.JPG
 競技開始を待ちます。
 海は荒れ気味でしたので、私は164gで、「まあまあかな?」なんて思っていたのですが、終わってみれば、
 一着の「ファイティングサーフ」の高橋さんは、なんと1.2キロオーバー。
09222.JPG
 慣れているのか、表彰の時も落ち着いておられました。
 嬉しさがにじみ出ているのは次のお2人で、
 2着の、「湘南渚サーフ」:角張さんは、
09226.JPG
 900gオーバー
 3着は、同じく「湘南渚サーフ」の小川さん。
09224.JPG
 僅かに及ばず、871g。でも良い笑顔です。
 と言うことで、
09221.JPG
 1位は1キロオーバー、30位でも400g代と言う、ずいぶんと釣れた大会だったようです。

 続きまして、10月12日に行われました、
 ジャパンカップ神奈川A大会より
 印象に残った場面をUPしてみたいと思います。
 この日の日の出は、5:45分前後。
101210.JPG
 海は荒れ気味で、釣れそうな様子ではなかったのですが、、。
 この日も、皆さん朝早くから、
10129.JPG
 集合されていました。
 そして、1回戦が終わってみれば、荒れ気味の海からは想像できない位の釣果が上がっていたのでした。
10124.JPG
 例年ならば、これぐらい釣れれば、余裕で1回戦突破ですが、今年はそうは行きません。
 この写真の方も、数は揃えられていますが、大型が混じっていませんので微妙です。
 何しろ、1回戦のボーダーラインは、460gだったのです。
 私はと言いますと、そんなにひどい出来とは思っていなかったのですが、196gで撃沈でした。

 と言うわけで、2回戦は、1回戦を突破された方々の応援です。
 最初の方は、静岡から来られた「ライジングサーフ」のMさんで、「この時期は、大体このスタイルでーす」と、25号の竿で順調に釣っておられました。
10121.JPG
 私も、柔らかい竿が好きですので、Mさんのように釣ればよかったかな、と少し後悔。

 次は、1回戦で大型を何匹も釣り上げていた「酒匂サーフ」のUさんです。
10122.JPG
 釣れた鱚を外している所ですが、2回戦では、大型が釣れず苦戦中のようでした。 

 今一人は、投げ釣りブログも持っている「釣浪人(つろうにん)」さん。
101213.JPG
 釣れた鱚を外している所です。
 「釣浪人」さんは、翌週行われた「ジャパンカップ保田」で準優勝されたそうで、おめでとうございます。
 
 3人とも、順調に数を伸ばしておられましたが、今年の大磯は、「釣れない大磯」ではなく、2回戦のボーダーも358g。
 食いが渋い年であれば優勝してしまうこともあるほどの重量です。
 ポイントとしては、吉田邸下、幼稚園下、オブジェ下などが良かったそうです。

 2回戦上位3人は、次の方々です。
10128.JPG
 1位:神奈川県の森さん。
 2位:小田原の岩下さん。
 3位は、「静岡のんき会」の中西さん。
 海でお会いした時には、よろしく(ご指導を)お願いします。

 今日のおしまいは、「ミズサンザシ」の話題です。
 今年も「ミズサンザシ」が咲き始めました。
 寒くなって来るとこの花の季節の到来です。
 去年も今頃の時期に咲いた記憶が有ります。
11062.JPG
 去年から今年にかけて実生から育った子株が花をつけています。
IMG_8500.JPG
 普通は、もっと大株になってから咲くものらしいのですが、子株でも花をつけているのは、肥料を沢山あげているからだと思います。
11101.JPG
 プランターの中で鉢植えにしてあるのですが、その鉢底には、「牛糞堆肥」や「シーソイル」等を敷いてあるのです。
 これらが効いているのではないかと。。。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回も引き続き、釣りの記事「今年の秋のプライベート釣行(平塚海岸)」をUPの予定です。
 現在、ブログランキングに2つ参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2013年11月23日 19時08分30秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年08月08日

 東日本大震災から2年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2013年8月8日(木)。
 みなさん、こんばんは。お久しぶりでございますスマイル
 暑い日が続いていますが、みなさん元気にお過ごしでしたでしょうか?

 このブログは、最近1ヶ月ぐらい、「投げ釣り」の記事がメインになりましたが、今年前半の大会は全て終了しましたので、今日で一区切りとします。
 次回からは、めだか関連の記事が増える予定です。
 きょうは、まだ、「すこしだけー。。。」です。 
 「ホテイアオイ」の有無での水槽の印象の違い
 「ホテイアオイ」有りの場合
IMG_6597.JPG
 この水槽には、「ホテイアオイ」の他、「ヒメコウホネ」、「ナガバオモダカ」、「ミズサンザシ」と、色々植えて有りますので、ゴチャゴチャで狭苦しい感じ。
 「ホテイアオイ」が無くなると
IMG_6602.JPG
 少しだけですが、すっきりしました。
 もっと植物の種類を抑えて、シンプルにした方が自然な感じになるのではないかと思っています。

 ここで、ころっと話は変わって、
 気が付けば、既に1ヶ月以上が過ぎてしまっていまいましたが、6月22日に大磯海岸で行われた、
 「ダイワ・SBC:神奈川A大会」
 の様子を振り返ってみたいと思います。
 ダイワ・SBCは、去年までは、役場下を本部に開催されていましたが、今年の本部は吉田邸下。駐車場は、別の場所で、旧西友の駐車場になりました。
 早朝4時15分から受付
 駐車場から本部までは、10分ほどあるのですが、のんびり歩いて4時30分ごろに到着。
 朝日がまぶしい。
IMG_6405.JPG
 私は朝寝坊なので、毎回、みんなよく早く起きられるなー、と感心してしまいます
 司会は営業部長、アシスタントは女性
 釣りの大会と言うと、ほとんど男(ヤロー)ばかりなのですが、女性がいると、雰囲気が和らぎます。
IMG_6422.JPG
 そう言えば、最近は、投げ釣りの大会にも「釣りガール」の姿をよく見かけるようになって来ました。
 中には、ブロック大会に進出するような「凄腕」の方もいらっしゃるようです。

 予選一回戦の様子
IMG_6431.JPG
 青と赤の印象的な服装の方は、静岡から来た「多鱚会」の人だったか? と思います。
 街中では、ど派手で、ちょっと引けてしまうような原色の取り合わせも、海では色が映えていました。

 1回戦終了後のインターバルの風景
IMG_6442.JPG
 仲間同士で、
 「何グラムだった? ボーダーラインは110gぐらいだって!」
 などと、そわそわ。 
 予選は、葛川の右左に選手が散らばって行われましたが、全般的に葛川の西側の方が魚が多かったようです。
 検量風景
IMG_6437.JPG
 この人は、213gか。無事に一回戦を突破したようです。
 私も140g位で無事に通過できました。

 えーっ! 2回戦の写真が無いんだって怒ってる
 この後、2回戦が行われ、私は2回戦でも幼稚園下側に入りました。
 しかし、こちらに来た選手は皆苦戦で、私も写真を撮る余裕も有りませんでした。

 2回戦終了後の成績発表待ちの風景
IMG_6447.JPG
 2回戦では、キスが3匹しか釣れなかったので、ブロック進出はなりませんでしたが、力を出し切った後の、充実感が有りました。

 上位入賞のお三方
IMG_6465.JPG
 小田原市のOさん、三栄舎のFさん、静投連のOさんが上位3名でした。
 私も、たまには、お立ち台に登りたいですねー。

 私のこの日の釣果
IMG_6475.JPG
 写真で見ると、結構釣れているようですが、イシモチやカニは審査対象外です。
 キスは、1回戦:6匹、2回戦3匹で、40位でした。
 ブロック大会進出は、今年も成りませんでした。
 また来年、1から出直して頑張りたいと思います。

 ここからは、おまけ的な記事になりますが、
 「イシモチ」の干物作り
 6月に毎週のように行われた投げ釣り大会では、キスも釣れましたが、
IMG_6345.JPG
 「イシモチ」が沢山
 釣れました。
 皆さんは、どんな食べ方をしていますか?
 そのまま塩焼き、という手もあるのですが、ちょっと身がやわらかいお魚ですので、私は、ほとんどの場合、「干物」にしています。
IMG_6366.JPG
 作り方は、まず、イシモチをお腹側から開きにします。
 その後、立て潮(3%位の塩水)に、少し奮発して日本酒を適量プラスして、30分ほどつけておきます。
 魚干し網
 は、「上州屋」さん、「キャスティング」さん、などの釣具店で、セールの時なら500円程度で売っています。
IMG_6521.JPG
 ファスナーで閉じられるようになっていて、ハエなどの虫が付かないので、衛生的です。
 それから一晩干すわけです。
 出来上がった干物です。
 ぺちゃんこになりますので、ギューギュー詰めだった冷蔵庫にも少し余裕が出来ました。
IMG_6516.JPG
 先日、「漁屋釣りクラブ」さんのブログで、「イシモチは生姜醤油で食べるとおいしい」と拝見しました。
 それからは、私も生姜醤油で食べていますが、イシモチにしては中々の味で食べられます。
 みなさんも、イシモチが沢山釣れたら、お試しになってみてください。

 今日のおしまいの写真は、
 元気一杯の「ガガブタ」ちゃん
 です。
IMG_6547.JPG
 花もきれいなのですが、繁殖力が特別に強く、1年で、一株から50株ぐらいにまで増えます。
 「どうして、こんなに増えるのかねー?」と不思議に思うくらいですウィンク

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、久しぶりに「最近のビオトープの様子」をUPの予定です。
 現在、ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 それではまた。。。ビール






最終更新日  2013年08月08日 12時40分24秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年05月02日

 東日本大震災から早くも1年以上が過ぎました。
 改めて、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 2012年5月2日(水)。
 みなさん、こんばんはスマイル。お久しぶりでございます。
 ゴールデンウィークも半ば、元気にお過ごしでしょうか?

 今年も早くも、5月になりました!
 ふと気が付けば、裏庭には、「ツツジ」や、
IMG_0711.JPG
 「カンパニュラ」、
IMG_0749.JPG
 そして、
 「深山オダマキ」が、
IMG_0707.JPG
 いつの間にか、満開になっておりました。

 玄関脇の「ナンチャッテ睡蓮鉢」にも、
 「アサザ」が、浮葉を出し、「ナガバオモダカ」の白い花が清楚に咲いていました。
IMG_0698.JPG
 水辺の植物は、改良されていない「原種」が多く、花も小さいものが多いのですが、そんな花でも、十分魅力的(=キュート)だと思います。
 この「ナンチャッテ睡蓮鉢」は、2年前に植え付けをしてから、ほとんど手を入れていませんので、本当の意味で「ビオトープ」に近づいて来ています。

 さて、話は変わって、
 4月の29日(日)に、久しぶりの投げ釣りに行ってきました。
 場所は、大磯の通称「幼稚園下」と呼ばれているポイントで、他の場所と比べると幾分か深くなっている所です。
 当日は、よく晴れて、ウィンドブレーカーを着ていると汗ばむぐらいでした。
IMG_0731.JPG
 そして、潮の色も、春を感じさせるような、又は、キスが釣れそうな良い色だったのですが。。。
IMG_0715.JPG
 意外にも、釣り場は空いていました。
IMG_0719.JPG
 釣り場に着いたのは、いつものごとく遅く、午前9:00ぐらいだったせいも有ったかもしれませんが、「うーん、どうしたんだろ」と言う感じで、帰る人も多かったのです。

 私も、「???」の状態が続き、
IMG_0723.JPG
 9:00~12:00まで頑張ったのですが、13.5cmを2匹と不調でした。
 写真は、アップで近くから撮っていますので、大きく見えますけどね。。
IMG_0729.JPG
 少し離れて見ると、やっぱり、小さいです。(ToT)
 参考までに当日のデータを載せておきます。
 釣果:13.5cmが2匹
 時間:9:00~12:00
 距離:5色~3色
 竿:サンダウナー・コンペティション・31号、リール:グランドサーフ35
 錘25号、天秤:自作逆V天秤(当たりがよく分かりすぎて、1匹釣れると巻き上げてしまうことが欠点です)
 モトス:1.5号、ハリス0.8号、針:スーパーキス5号・4本針
 餌:ジャリメ、東京スナメ(どちらでも同じでした)

 下の写真は、お気に入りの竿、「サンダウナー・コンペティション・31号」です。
IMG_0721.JPG
 非力なので、25号の錘で曲がってくれるこの竿が、私には、「ピッタンコだー!」なんです。

 今年は、海水温が上がるのが遅れているそうで、未だ少し早かったようです。
IMG_0730.JPG
 お昼には切り上げて帰る人がほとんどでした。

 スクーター(ヤマハ:グランドアクシス)で出かけた私も、お昼過ぎには家に帰りました。
 家に帰ってみると、ミナミヌマエビ水槽(実は漬物樽ですけど。。。)にも「ナガバオモダカ」が満開になっていました。
IMG_0736.JPG
 隣のバケツには「ミジンコウキクサ」が大分浮かんで来ました。

 今のメダカ水槽の様子はと言うと、
IMG_0741.JPG
 今年は食べ物が少なかったのか、3月の終わりから、4月の初旬に掛けて、メダカが何度も鳥に食べられてしまいました。
 そこで、ホームセンター(島忠)で鳥避けの網(1m:150円×8m=1200円也)を買って、全ての水槽に被せました。
 緑色の網だと、ゴミの集積場所のような感じになってしまいますので、白いものを選びましたが、親メダカの水槽ばかりではなく、産卵水槽も覆ってあります。
IMG_0744.JPG
 今年は中々春らしくなりませんでしたが、そう言えば、メダカの産卵も、今年は少し遅れているようです。
 去年は、4月の半ばにはかなり産んでいたような記憶がありますが、今年は、産卵ラッシュになってきたのは、5月に入ってからです。

 水槽に掛けた網の隙間からも「ナガバオモダカ」は花をつけていました。
IMG_0738.JPG
 そう言えば、今思い出したのですが、「ナガバオモダカ」は、「ウリカワ」という水草にとても似ています。
 どこが違うのかというと、大きさが違うそうです。
 「ナガバオモダカ」の方が大きくなる、と聞いたことが有ります。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も長いブログに最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、大会のシーズンも近づいてきましたので、引き続き「投げ釣り」の記事を中心にUPしてみたいと思っています。
 一番早いのは、「日本サーフのオープンの大会」で、これは5月20日に大磯で行われますが、6月になると、毎週のように大会が行われます。
 とは言っても、メダカの稚魚の孵化の時期でも有りますので、「メダカ」の記事も載せたいと思っています。
 一度には無理でも、何度かに分ければ出来ると思っていますので、お楽しみに。

 現在、ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 それではまた日本酒。。。






最終更新日  2012年05月02日 19時53分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月08日

 東日本大震災におかれまして、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 また、福島原発の一刻も早い復旧をお祈りいたします。
 みなさん、こんばんはスマイル。お久しぶりでございます。
 昨日(2月7日)は久しぶりの雨が降り、寒さも、一時的ですが緩んで、少し暖かい感じでした。
 しかし、暖かかったのは昨日だけで、また、寒くなってしまうようです。

 先週は、特に寒さが厳しく、氷も厚いのが張りましたし、霜柱も長い物が出ました。
IMG_9428.JPG
 北陸、東北の大雪と戦っている方達には笑われてしまいまうでしょうけれど、本当に寒かったです。
 
 今日のブログでは、最近の身辺雑記的に、
  1、海に「初投げ」に行って来た事
  2、オレンジブチ桜メダカ(その2)
  3、エコ検定
 の3つ(+α)についてUPさせて頂こうと思っています。

 1月29日(日曜)は、初投げに、海に行ってきました。
 1 投げ釣りには、シーズン・オフが無いって本当です。
 釣竿を持って海に来るのは久しぶりで、実は、去年のつり大会以来のことになります。
IMG_9413.JPG
 烏帽子岩を見るのも久しぶり。

 茅ヶ崎のサザンビーチ(海水浴場)では、寒い時期でも散策をする人は絶えません。
 地元の人は、だれも、海が好きなんです。
IMG_9419.JPG
 遠くには、江ノ島もかなりはっきり見えますので、この日に散歩に来た人は運が良かったのかもしれません。

 しかし、この寒い時期でも海岸で釣りをしている人がいます。
IMG_9422.JPG
 この日は、ルアーでヒラメ狙いの少年が2人、がんばって探り歩いていました。
 この時期でも釣れるそうで、大物狙いは確立は低いけれど、「釣れた時のスリルがたまらない」んだ、そうです。

 ところで、私は何をしに来たかといいますと、今年初めての竿出しですが、今の時期は、海岸から白ギスが釣れることはあまり期待できませんので。。。

 現在、白ギスが良く釣れているのは、漁港の新堤、それも先端だそうです。 

 そこで、錘:3個、換えスプール:2個を持って、遠投の練習にやって来たわけです。
IMG_9409.JPG
 使った竿などを簡単に記しますと、
 竿:シマノ・ツインパワーBX、リール:ダイワ・グランドサーフ35。
 錘:27号(フジワラ:弾丸)、道糸:PE:ゴーセン・エクセレント投(0.8号)
 私は、近場の釣りには、ある程度自信を持っていますが、遠投力はあまり無い(6色前後)のです。
 私は、人の少ないこの時期は、遠投のトレーニングのために使っています。
 この日は、スリー・クオーターとV字投法の練習を2時間ほどやって、程よい運動が出来ました。
IMG_9407.JPG
 初投げなので、ワンカップを海に少し撒いて、お神酒とし、今年1年の無事なことを祈って帰途につきました。
 帰りは、ちょっと、足元がふら付きましたが、これは疲れのせいばかりではなかったかもしれません。
 と言うことで、なんだかんだ、結局、年間を通して、海岸に行っています。
 
 次に、「オレンジブチ桜メダカ」について、前回ご紹介し切れなかったパターンをUPしてみたいと思います。
 2 オレンジブチ桜メダカ(前回の続き)
 私は、本舗さんの「オレンジブチ桜メダカ」と言うのは、次の写真のようなメダカなのではないかと思っていたのです。
IMG_9375.JPG
 確かに、このタイプが何匹かいました。
 
 次のメダカは、独特な美しさを持っていますが、茶色っぽいので、この辺りまでは予想の範囲内でした。
IMG_9398.JPG
 しかし、その次の、紅白の更紗が、この系統から出現するとは。。。考えてもいませんでした。
IMG_9397.JPG
 更に驚いたのは、赤茶色ではなくて、ほぼ真っ赤な個体がいたことでした。
IMG_9402.JPG
 このような、魅力的なメダカが出る、本舗さんの「オレンジブチ桜」。
 全部買い占めたい。。。ぐらいです。

 さて、以上は最近購入したメダカたちでした。
 それとは別に、共恵サーフの所には、昨年の秋に購入した「3色メダカの兄弟」もいるので、こちらもご紹介しておきましょう。
 3 3色メダカの兄弟から生まれたF1
 こちらは、既に加温の発砲水槽で稚魚が誕生し、成長中です。
 先に生まれた第1陣は、ホテイアオイの根の陰に隠れてしまい、撮影しにくかったので、映っているのは、第2陣の稚魚たちです。
IMG_9444.JPG
 大体、上のような感じの稚魚が20匹ぐらいいます。
 中には、次の2枚の写真のように、背中がピンクの子や色抜けが大きい子もいます。
IMG_9440.JPG
 この子達は、「オレンジテイル桜」が元になっているそうです。
IMG_9447.JPG
 親メダカも健在ですので、この春には、「オレンジテイル桜」と「オレンジブチ桜」の2つの系統のメダカを沢山増やしてみたいものです。

 4 eco検定(第11回)に合格しました。
 毎日、メダカのお世話や投げ釣りばかりしているわけではありません。
 実は、こっそり勉強して、eco検定に合格しました。
IMG_9432.JPG
 と言っても、この検定試験は、「落とす」ための試験ではなく、「持続可能な社会」を作る「仲間=エコピープル」を育てるためのもの。
 はっきり言って、検定試験に合格するだけならそれほど難しくありません。
 難しいのは、勉強したことを忘れず、環境保護に対するモチベーションを持ち続けることだと思います。
 私は、この勉強を生かして、次は「ビオトープ管理士」に挑戦したいと思っています。

 エコ検定に興味がある方がいらっしゃいましたら、次のバナーをクリックしてみてください。
エコピープル
 サイド自由欄にも貼り付けてありますが、こちらは、「エコピープル支援サイト」にリンクしています。

 雑多な内容になりましたが、今日はこれでおしまいです。
 今日も長いブログに最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、メダカブログに戻りまして「ベジタブル・プランター」の”黒塗りプロジェクト”ということでUPしたいと思っています。
 現在、ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 それではまた日本酒。。。






最終更新日  2012年02月08日 18時29分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月20日

 東北関東大震災におかれまして、被災された方々に対し謹んでお見舞い申し上げます。
 また、福島原発の一刻も早い復旧をお祈りいたします。
 みなさん、こんばんはスマイル。お久しぶりでございます。
 最近は、つまらない用事が多く、更新の間が開いてしまいました。m(__)m
 しかし、間が開いた分、ネタはたまっていまして、今日は、「投げ釣り」と「ビオトープ」の両方についてUPさせていただこうと思います。

 それでは、まず、投げ釣りの記事からです。

 1 20cm級が釣れたのは、パーク下
 毎年7月~9月は暑い日が続きますので、この時期、私は、川に「鮎釣り」に行って暑さ逃れをしています。
 9月の後半から、ようやく、暑さも和らいできましたので、久しぶりに海岸に投げ釣りに出かけてみようと言う気分になりましたヽ(^-^)ノ。
 茅ヶ崎市周辺では、この時期、「旧パシフィックホテル下」でよく釣れますので、先日(10月10日)に、午後からちょっとですが、行って見ましたよ。
IMG_7967.JPG
 天気はよく、海もべた凪状態。遠くには江ノ島も見えました。
IMG_7977.JPG
 少し波がありましたが、相模湾ではこの程度の波はべた凪のうちです。
IMG_7983.JPG
 静かでいい海でした。
 海に来るだけでも、気持ちが落ち着きます(*^-^*)。
 ところで、今年は、「白ギス」の釣果は、いい話はあまり聞こえてこないのですが、
IMG_7971.JPG
 この日は、日並みが良かったのでしょう。
IMG_7961.JPG
 20cm級を頭に11匹と、「まずまず」でした(=^o^=)。

 参考までに当日のタックルなどを記しておきます。
 竿:ダイワ「プライムサーフ25-405T」
 リール:ダイワ「グランドサーフ35」
 仕掛け:モトス:1.5号(フロロカーボン)、ハリス0.8号。針:6号-4本針。
 錘:20号、エサ:ジャリメ、東京スナメ。
 場所:茅ヶ崎パーク下。距離:1色前後。時間:午後1時~4時。


 2 台風並みの大荒れでも行われたジャパンカップ大磯大会
 翌週、10月15日~10月16日にかけて、シマノのジャパンカップ大磯大会が行われました。
 私は、10月15日に参加しましたが、当日は台風並みの大荒れで、磯釣りだったら、当然中止か順延されていたでしょう。
 「投げ釣りは、砂浜からの釣りなので、磯釣りほどの危険はない」こと、そのほか、「遠方から来た人が可哀想だから」、などの理由から強行されたようです。
 私もかつて経験したことの無い「強風(風速13m)」と「大波」の状況の中での釣りになりました。
 「誰も釣れないのではないか!?」とも思われるくらい厳しい状況だったのですが、しかし、こんな中、釣ってくる人がいました。
 ただし、参加200人弱の中、1匹でも「釣れた人=7人」でした。
IMG_8025.JPG
 残念ながら、私も「釣れなかった人」の一人になってしまいました(x_;)。
 これで、今年の釣りの大会も全て終了ですので、少し悔いも残りますが、例年ならば、今頃の季節は海が一年で最も静かな時期ですので、来年は、もう、こんなことは無いでしょう。
 また来年がんばろうと思います(^-^)。

 上の写真は、参加賞のジャパンカップオリジナルのキャップです。
 とてもきれいで、「いいデザインだなー」とも思ったのですが、「街中で被って歩いていると、派手で人目を引きますので、ちょっと恥ずかしいかな(^^;)」と言う感じもします。

 次は、話はがらりと変わって、裏庭の「クワイ」水槽の様子です。

 3 「クワイ」が、「枯れてしまった?」と思いましたが。。。
 9月の終わりに、急に冷え込みが来たときから、プランターに植えた「クワイ」の葉が枯れ始めました。
 下の方にある緑の葉は「ヒルムシロ」です。
 「確か、去年は、まだ枯れていなかったような。。。」気がしました。
 もしかすると、親芋が腐ってしまったのかもしれません。
IMG_7775.JPG
 そこで、思い切って、掘り返してみました。
 この「クワイ」のプランターには、「ミジンコ」と「ミナミヌマエビ」も入っていますので、網でヌマエビを救い出した後、
IMG_7792.JPG
 掘り出してしみると、小さい球根が、ランナーでつながって、たくさん出てきました。
IMG_7803.JPG
 その後も土をどけて行くと、大きいのから小さいのまで全部で、えーと、20個以上有りました(°o°)。
 用土は、赤玉土と荒木田土を混ぜたものを使っていましたが、土は、田んぼの懐かしい匂いで、心配したような「ヘドロ化」はしていませんでした。

 結局、9月末の急激な冷え込みで早く休眠に入ってしまっただけだったようです。

 ところで、20個以上もあると、植える水槽が足りませんので、小さめのものを5個だけ、植えなおしました。
 大きいものは、ちょっと可哀想な気もしますが、お正月のお料理に使ってみようかと思っています(⌒ー⌒)。

 今日のおしまいの写真は、「白メダカ」と「ピンクメダカ」です。
 どちらも、今年生まれの子です。
IMG_8022.JPG
 白メダカは、白の透明鱗×白の幹之メダカのF1です。
 無事に越冬してくれれば来年は、親に使いたいと思っています。

 ということで、今日はこれでおしまいです。
 今日も長いブログに最後までお付き合い頂き、有難うございましたスマイル
 次回は、メダカブログに戻りまして、「うちの「ブチメダカ」たちひよこ」の記事をUPさせていただく予定です。
 それでは今日はこの辺で。。。

 現在、ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッと押してやってください。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 それではまたビール。。。






最終更新日  2011年10月20日 22時01分12秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.