521548 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

70歳の青春

PR

全369件 (369件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 37 >

健康

2009年07月31日
XML
カテゴリ:健康

ある知人の友人が癌で入院中で抗癌剤治療を

受けてるとのことなので知人とともにその病院に

押しかけ抗癌剤の恐ろしさを説明し早く病院を

抜け出すよう説得に向かいました。

ところが患者さん本人も勉強していて抗癌剤の

怖さはある程度理解されていて以前より

固体マイナス水素イオンを服用し2週間前からは

MDKK療法を始めていたこともあり2クールめの

抗癌剤治療を受けているにも関わらず考えていたよりも

元気そうでした。

しかし担当医との仕事の絡み等普段の付き合いの

関係からなかなか決断が着かず、ずるずる来ている

のが問題でした。

有名人は面子や義理で医者と手が切れず

抗癌剤で死を招く人ほとんどですが

一般の人でも医師との交友関係や親近感から

病院を捨てられず命を落とす人が後を絶ちません。

ある女性などは、長年の病院生活で医師に対し

恋愛感情まで発展し、最後まで医師を信頼し

抗癌剤で命を落とした例も目にしてます。

3大療法の実態を知らないこと、代替療法の信頼感などの

点で踏み切れないという事情も大きいですが。

今回の患者さんは知識は十分お持ちなので

心を鬼にして病院から脱出してもらいたいものです。

義理と人情で死ぬのはヤクザ映画の世界に任せてください。

人気ブログランキング







最終更新日  2009年08月01日 00時00分51秒
コメント(2) | コメントを書く


2009年07月30日
カテゴリ:健康

歌手川村かおりさんが28日11時01分亡くなりました。

不謹慎なようですが、このことは先日の再発時に予告した

通りです。

詳しくは、こちら↓のブログをご覧ください。

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

癌患者が抗癌剤を使い続ければ確実に死に近づくことは

厳然たる事実です

この事実を何とか多くの人に理解いただきたくてMDKK療法

PRしていますがほとんどの人からは、詐欺師、ペテン師と

悪口雑言を浴びせられます。

しかしこれらの方たちは確実に死を迎えています。

どんなにひどいことを言われてもこれらの人を

憎む気は毛頭ありません。

なぜなら国で推奨する3大療法に騙された

哀れな犠牲者ですから。

人気ブログランキング

 







最終更新日  2009年07月30日 07時44分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月28日
カテゴリ:健康

病気になる流れは次の2種類です

1.心身のストレス(頑張り過ぎ、長時間労働などなど)

              ↓

        交感神経緊張状態

              ↓

        筋緊張。血管収縮

              ↓

        血流障害。低体温

              ↓

        ミトコンドリアへの酸素不足

                             ↓

        分裂抑制遺伝子機能停止

              ↓

        細胞の先祖帰り(原核細胞の増殖)

                           

2.リラックスし過ぎ、甘いものの食べすぎ

             ↓

     副交感神経優位。リンパ球の増えすぎ

            ↓

         血管過剰拡張 

             ↓

          血流低下。低体温

       運動不足による筋肉不足で

           基礎代謝不足

         恒常的な低体温体質

             ↓

    アレルギー体質(アトピー、花粉症、うつ病など)

いずれのケースも血流障害でミトコンドリアの酸素不足で

機能障害が生じて低体温となります。

癌は1.のパターンで「過酷な環境下でミトコンドリアが

生きづらくなったときに本体細胞が先祖帰りを起こして

分裂を始めた現象である。」(安保徹)

 

参考書籍

  「ピンピンコロリ術」安保徹著

  「体温を上げると健康になる」斉藤真嗣著

人気ブログランキング

 

      

   







最終更新日  2009年07月29日 06時47分07秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:健康

地球誕生の最初の頃は酸素が存在しなかった

事から嫌気性代謝を行う原始生命体(原核細胞)の

1人舞台でした。

20億年前頃酸素が誕生し好気性代謝を行う

ミトコンドリア生命体が誕生しました。

原始生命体(原核細胞)

    酸素のない低体温の環境で分裂、増殖を

    主たる仕事の細胞

ミトコンドリア生命体

    酸素を使ってエネルギーを効率的に産生する

   細胞

ミトコンドリア生命体は原核細胞の分裂、増殖を抑制する

遺伝子を携え原始生命体に入り込み8億年かけて

共生作業を完成させ今の真核細胞が完成したといわれています。

この2つの生命体の合体で生まれた新しい生命体(真核細胞)の

子孫が今の人類です。

その証拠に我々の体内には今も先祖の姿を残す

細胞が残っています。

  原始生命体=精子

       嫌気性代謝で低体温を好む

  ミトコンドリア生命体=卵子

       好気性代謝で血液豊富で

       暖かい環境を好む

この2つが結びついて生まれた人間は

両方のエネルギーサイクルを持っています。

  有酸素運動=赤筋=好気性代謝

  無酸素運動=白筋=嫌気性代謝

完成した現在の人間は食べ物からの栄養素と

空気中からの酸素を取り入れミトコンドリアのエネルギー

産生工場(クエンサンサイクル)でエネルギー(ATP)代謝を行い

健康を保っているわけです。

これが正常に作動した結果が体温36.5~37度が実現でき

身体の全ての機能が順調に回転するわけです。

代謝に欠かすことの出来ない酵素、免疫系の主役

リンパ球なども37度(体表と体内では差があります)で一番

活性化するといわれております。

ところが ストレス→血流障害→低体温 の流れで

ミトコンドリアに機能障害が生じ細胞の先祖帰りが

起こるというのが新仮説の骨子です。

(次回に続く)

参考書籍

  「ピンピンコロリ術」 安保徹著

    進化した安保理論

 「体温を上げると健康になる」 斉藤真嗣著

人気ブログランキング







最終更新日  2009年07月28日 19時31分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月27日
カテゴリ:健康

メタボをめぐっては以前より痩せよりチョイ太の

人が長生きという話は、しばしば聞かされていました。

今回(6月)、これを裏付ける研究が厚生労働省の研究班より

発表になりました。

調査対象 宮城県内の40歳の人50000人

調査期間  12年(40歳の人の平均寿命)

結   果  太り気味(BMIが25以上30未満)の人たちが、

        やせ形(同18.5未満)の人たちより6~7年

        長生きするというデータが判明

        元気で長生きの素

         日本発世界の一品

人気ブログランキング

 







最終更新日  2009年07月27日 18時54分44秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:健康

昨日の続きで”朝立ちのメカニズム”を

書きましたら”公序良俗”に反するとして

楽天ブログから掲載拒否されましたので

同じ内容をアメーバブログに移行しました。

こちらをご覧ください。







最終更新日  2009年07月27日 09時32分21秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年07月26日
カテゴリ:健康

昔は更年期障害があるのは女性だけで

男性にはないと思われていましたが、近年

男性の更年期障害が増えて研究も進みました。

女性の更年期障害は、症状に程度の差はありますが

誰もが経験する自然のリズムに即したものです。

ところが男の更年期障害は、明らかな異常です。

どちらも性ホルモンの低下ということでは同じですが、

女性の更年期障害の症状

     生理不順、ホットフラッシュといわれるほてりやのぼせ

男性の更年期障害の症状

     うつ病に似た精神症状

     (2007年3月の東大病院の泌尿器科の

      論文によれば中高年のうつ病の50%は

      うつ病じゃなく更年期障害だったそうです)

     メタボになる、仕事に対する意欲がなくなる、

     異性に対する興味や性欲の減退

ところが男性にも女性と同じくホルモンの低下を

教えてくれる指標があったのです。

   それが「朝立ち」です。

これの詳細なメカニズムは次回に譲りますが

簡単に言えば40台50台で朝立ちしない人が

これに該当するのです。

”弱くなったなあ”では済まされない重大な病気です。

女性の代わりににガンに擦り寄られるかもしれません。

参考書籍

    「体温を上げると健康になる」 斉藤真嗣著

著者は米国、EU,日本で認定されたアンチエイジング専門医

人気ブログランキング







最終更新日  2009年07月26日 19時24分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月25日
カテゴリ:健康

外科医として1000人以上の癌患者の手術で

辣腕を振るい、その後青森県田子町町立病院院長として

先駆的な病院改革を行い全国の注目を集めた西洋医学の

スーパースター横内正典ががん治療に無力な西洋医学と決別

したのは1993年でした。

がん患者を助けたいという一念から26年間の外科医生活を

捨てた勇気には頭が下がります。

ガンは手術で治ると信じて外科医を志したのが1971年

~中略~全治全能を傾け昼夜を分かたず癌治療に

没頭してきたことはいうまでもない。」

しかし「ガンは私達外科医の努力を嘲笑うかのように

再発し癌患者の命を奪っていった」

いかに上手く手術しても、化学治療、放射線治療を

しても現代医学は癌を治せないのではないか」

肝臓癌の父の手術を担当しながら助けることができず

西洋医学の無力を確信し、本当のがん治療を追及するため

病院長の地位を捨て東京で自由診療の個人開業医を

開業した。

全く新しい分野の漢方学、気功をマスターしオーリングテストを駆使し

西洋医学も含めた独特の統合医療を確立し

末期がん患者主体に治療を続けている。

私を信じて治療を受けたが生還することのできなかった

千人を越える癌患者さんたち....皆さんの死が決して

無駄な死になっていないことは、以後末期癌から生還した

患者が100人を超える事実(1997年12月時点)からお許し願いたい。」

いまだに抗がん剤を平然と使用する医師とは雲泥の差です

 上記「」内の文章は下記書籍からの引用です。

 「末期癌の治療承ります」 横内正典著

 「究極の癌治療」 横内正典著

 

     横 内 医 院

人気ブログランキング







最終更新日  2009年07月25日 15時02分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月20日
カテゴリ:健康

九州大学医学部を卒業、徳州会病院救急部で

辣腕を誇った男が西洋医学の無力さに失望し

新しい統合医療をうちたて輝かしい実績を

あげております。

その矢山利彦院長は、
自ら開発した経絡エネルギー測定器
『ゼロ・サーチ』による数千例の症例より、
『5つの病因による新しい疾患モデル』を提唱されました。

この5つの病因論によると、
現代の様々な病気の原因は、
以下の5つにまとめることができます。

1.有害金属汚染(鉛・アルミ・水銀・カドミウム・・・etc)
2.電磁波障害
3.感染症(ウィルス・細菌・カビ・寄生虫など)
4.化学物質(ホルマリン・農薬・殺虫剤・食品添加物・防腐剤・・etc)
5.内因・精神的ストレス


現在の臨床医学で問題視するのは
5つのうち、わずか3感染症のみ。

とはいっても、
感染症のうち、問題視されるのは
通常、急性の感染症のみであり、
全ての感染症のごく一部。

弱毒菌などによる慢性持続性・潜在性感染に関しては、
一部を除いて、ほとんど考慮されていないというのが実情です。
(ゲゲゲのしげたん ほろとろぴっく診療日記より)

医療法人山桃会矢山クリニック

人気ブログランキング







最終更新日  2009年07月20日 21時41分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月19日
カテゴリ:健康

ここのところうつ病,統合失調症について

調べておりましたら、なりやすい性格の項目で

真面目な頑張り屋、几帳面、潔癖症などを見て

ここ1年間で接触した数十人のがん患者さんの

ことが頭に浮かびました。

改めてデータを見て個々の人の特徴を思い返したところ

ほとんど全員がこれに該当します。

この度合いの強い人ほど医師を信じる気持ちが強く

他の選択肢を考える余裕がなく何回再発しても

命をチジメル抗癌剤をやり続けて死に近づいていくのです。

しかし前述の性格は人間としてはある程度必要な重要な

性格です。

同様な性格でも癌にならない人はたくさんおります。

何が違うのかと生き方を比較すると大きな特徴が

見えてきました。

無意識のうちに日常のストレスを忘れるほどの強烈な

趣味というか遊びを持っているかいないかの差だと

感じました。

私の接触したわずかの人数に限定してみるとほぼ

全員に該当します。

若いうちはかなりのストレスでも本来の免疫力で

ストレスを消すことも出来ますが、40歳くらいから

誰でも免疫力は必然的に減退するといわれていますので

その時期に発病する人、定年後仕事を離れてから

ワクワクするものが見つからず発病する人が多いのではないでしょうか。

真面目で几帳面で頑張り屋さんの皆さん、癌にならないためにも

一生打ち込める遊びを見つけてください。

私はゴルフでした。

73歳の今でもゴルフの前日は嬉しくて自然と興奮して

寝不足になります。

子供の時の運動会前日と同じです。

30年間このワクワク感は変わりません。

人気ブログランキング

万一癌になったら3大療法の病院(死の館)だけは

絶対避けてください。

まずはこちらに連絡ください。

ガンの患者学研究所

日本ホリステック医学協会

3ヶ月以内に結果が欲しい方は MDKK療法

 

40歳以降のワクワクを演出する

 固体マイナス水素イオン

 







最終更新日  2009年07月19日 16時56分26秒
コメント(4) | コメントを書く

全369件 (369件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 37 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.