521546 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

70歳の青春

PR

全369件 (369件中 361-369件目)

< 1 ... 32 33 34 35 36 37

健康

2006年11月01日
XML
カテゴリ:健康
それはわたしの69歳の誕生日から1ヵ月後のことでした。
息苦しくなって目を覚ますと枕もとの時計は2時でした。

ここ1~2ヶ月、日に1~2回同じよう痛みと息苦しさを感じていたが、いつも1分ほどで収まっていたので、今回もすぐ消えるものと軽く考えていたのです。

ところが今回は痛みも強烈で、呼吸はしているのに首を絞められて呼吸が出来ないような苦痛がだんだんひどくなって、ついいに意識が朦朧としてきた。この瞬間”これで俺も死ぬのか”という

意識が頭をよぎった。
次の瞬間”冗談じゃない、俺は死ぬわけはない。”という意識がわきあがってきて、以前から

時々やっていた塩谷信男先生の”正心調息法”が意識に浮かび上がってきた。
そこで痛みと呼吸困難に立ち向かって立ち上がり、懸命に腹式呼吸を繰り返す。

途中何回か苦しさで倒れたが、死に物狂いで立ち上がり、体を動かし複式呼吸を繰り返す。
このとき高校の野球部の猛特訓の100本ノックで3回気絶して殴られて意識が戻り、ふらふらに

なりながら白球を追い続けた情景が浮かんできて、”まだあの状態まで行っていないから大丈だ”
という安心感が生まれ、さらに腹式呼吸を繰り返す。

これからいくらも経たないうちに、息苦しさが薄らいできて、痛みも治まった。
これで死神に勝ったという安堵感でベッドに座り込んだが、座りながらも腹式呼吸は続けた。

時計を見たら3時40分だった。
8時に出社してから、病院に行ってみようと決めて、いつものコーヒーを飲んだ。

このとき心筋梗塞だという意識はまったくなく、ヘビースモーカーなので肺がんの発症かも知れないと考えた。何分強烈な痛みを感じる場所が、心臓ではなく左胸の首のすぐ下の部分だったから。


出社して社長に話すと即座に心筋梗塞だと判断して、病院に連れて行ってもらうことにした。
実は社長は2年前に心臓のバイパス手術を経験していたのだ。

社長はD病院で手術をしたが、心筋梗塞では仙台厚生病院が日本一の実績があるのでそこに行くことにした。

社長の車で、病院に到着し受付に行ったところ、”初診者の場合は、掛りつけの医者の紹介状か
救急車の場合じゃないと受け付けられません”といわれた。

そこではたと困ってしまった。何分69年間病気で医者に掛ったことはないし、薬も飲んだことが
ないので、紹介状をもらえる医者もいない。

掛った医者は歯医者と目医者だけだから。どうしたもんかと考えていたら、強気強引さでは
業界でも札付きの社長登場。

”あんたなに言ってんだ!この人はさっきまで息が止まりかかっていたんだよ。
あと2~3分で心臓が止まっちゃうんだよ。それでもだめだというんなら、ここの待合室の

椅子の上で死なせるから、葬儀屋を呼べ。検死だけ頼むよ”
この後社長の言葉が真実だったのが証明されたのです。 続きは次回で。








最終更新日  2006年11月01日 11時45分25秒
コメント(2) | コメントを書く


2006年09月19日
カテゴリ:健康
若いときの単身赴任時代から、料理することが好きだった。  
3~4年前だったか、書店で「手抜き。ずぼら流料理術」なるみだしの本があったので早速買って
読んでみた。

この著者が、料理本を出すと全てベストセラーといわれている、”奥園寿子”だった。
テレビの”3分間クッキングコンテスト”で優勝して、家庭の主婦から料理のプロに転身した
見た目も魅力的な女性である。

この人の料理術は、従来の料理本からすると、革命的に分かりやすく、簡単で、尚且つ栄養面の
配慮等でも豊富な知識に裏付けされており、最初の1冊でほれ込んでしまい、10冊ほど買い込みました。

それに表紙等に載っている顔写真が私の好きなタイプでますます好きになてしまったわけです。

その”奥園寿子”が、今日の夜の「たけしの本当は怖い家庭の医学スペシャル」に登場したのです。

毎日食べられる”アルツハイマー予防のための料理”という課題を与えられた彼女が作った
料理が驚愕の2品でした。

それよりも、テレビで初めてお目にかかった彼女のすばらしいこと。想像をはるかに超える
魅力です。話しているときの表情は最高。清潔感と明るさと色っぽさがあふれ出ている感じ。

着ている衣服の色もそのセンスのよさは抜群。
久しぶりに出会った”いい女”という感じ。

テレビを見ながら”奥さん早く帰ってきて。もう我慢できない。早く????させて”
なんて口走っている孤独な男が1人”君は心の妻だから”を口ずさんでおりました。







最終更新日  2006年09月19日 23時10分11秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年09月17日
カテゴリ:健康
先月下旬、猛暑の中のゴルフが続いたせいで、疲れが抜け切っていない。
絶えず100%の体調を維持してきたのに、今月に入って80%に落ちている。

今日も練習場で200球一気に打ち終わり家に帰ったが、少し疲れを感じる。
幸い明日は老人の日とか言って休日なので、この2日間で体調を100%に戻すことに決めた。

翌日に疲れを残さないというのが、私の健康管理の基本である。

肉体は年々衰えて来ているのに、頭ではそれを認めたくなくて40才台のつもりでいるのでそのギャップで疲れを感じるようになってきているのだ。

そこで、今日の夕食はポパイ鍋に決めた。
このポパイ鍋を知ったのが20年前、30年勤めた会社を退職した直後、その会社の大先輩の自宅に挨拶に伺ったとき、そこの奥さんから、教わったのである。

この奥さんというのが、実は千葉県のA市にある○ヶ○一家の親分の娘で、元国会議員のH.Kが
若いときこの一家の賭博場でテラセン集めをやっていたときよく遊んだ仲なのである。
また旦那も京都の○○○組のどら息子で勘当されて建築会社に勤めていた。

奥さんいわく「男は立たなくなったら人生終わり。うちの父ちゃん(60歳)いまだに毎日朝立ち
2日に1回攻められて困っちゃうよ。」

「今日は、これを食べたら翌朝必ず朝立ちするポパイ鍋をご馳走するから」
 
といって、大きな鍋に水をたっぷり入れて、まず、にんにく、しょうがを包丁でつぶして入れて
火にかけた。 沸騰したところに豚のばら肉をいれ、最後にほうれん草を1人一束当り適当に切っていれ、漬け汁(酢、醤油、七味唐辛子、大根おろし)に付けて食べるのだ。

味も良くて食べるは食べるはあっとゆう間に鍋は空っぽ。

翌朝効果は抜群、我慢できずに乳絞り、。

以後、少し疲れたかなというときには、ポパイ鍋を作っていたが、効果は間違いなし。
この夏場は暑かったので、鍋物は避けていたが、ここ2~3日朝晩は寒いくらいなので
ポパイ鍋の登場だ。

明日の朝がお楽しみ。                 


 






最終更新日  2006年09月17日 20時04分10秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年09月15日
カテゴリ:健康
緑茶を1日5杯以上飲む人は循環器疾患による死亡率が顕著に低くなるそうです。

特に脳梗塞では、男性で42%。女性では62%も死亡率が低下するとのこと。
(東北大学研究チームで宮城県内の40530人の男女を1995年から11年間追跡調査した結果ーー9月15日付け読売新聞)

お茶のカテキンがガンの予防に効果があると、よく言われますが、緑茶を飲む量とガンの死亡率は
今回の調査では関連がなかったとのこと。

最も、緑茶と胃がんの関連については、同じく東北大学で、1984年から9年間の研究調査で
お茶をたくさん飲んでも、がんの発生率には影響がないと言う結論を2001に発表しております

ところで私は、昔からコーヒー専門で緑茶はあまり飲みません。
ただし、緑茶の消臭効果を料理に使用します。

豚モツの煮込み料理の時に粉茶を少し入れると、豚モツのあのいやな匂いが完全になくなり
牛モツと勘違いするほどです。

この方法は、例の みのもんた のお昼の番組で初めて知って、試したところが思ったより効果があったので、その後時々やってます。








最終更新日  2006年09月15日 16時51分48秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年09月11日
カテゴリ:健康
11時にいつもの練習場に出勤。
すでにコンペ仲間の2人が来ていた。3人そろったところで、練習場の社長からコーヒータイムのお誘い。
カウンターでコーヒーを飲みながら、歯と目とひざ痛の病気の話。
ここのK社長は先月白内障の手術をしたところだ。

私は5年前突然左ひざの痛みに襲われ約3ヶ月間苦しんだ。
それでもゴルフはやめられず無理してやっているうちに、痛みはひどくなるし、水がたまって腫れ上がり、限界に達した。

そんな時、多賀城市にあるゴルフ練習場に行ったとき、そこに練習に来ていた40台の女性に
「気功をやっているのでそんなの簡単に直せますよ」と声を掛けられた。

気功のことは、知識としては知っていたが、あんまり信用していなかった。
このときも、そんなに簡単に直るわけ無いと思っていたが、駄目でもともとと
やってもらうことにした。

椅子に座っている私の膝に両手を当てて、5分ほどなぜまわしてから

「これは簡単に直ります。今すぐ痛みは取れませんが、明日の朝起きたときには
痛みもとれ、腫れもなくなりますから、今日はゆっくり休んでください」というのです。

本当かいなと、そのときは疑っていましたが、一応お礼を言い分かれました。

翌朝起きてトイレに立ったとき、あれっという感じです。
痛みがなく、あんなに腫れていた膝がうそみたいにすっきりしていたんです。
それでも、また痛くなるんじゃないかと、不安がありましたので、3日ほど様子を見るため
ゴルフの練習も控えました。

ところが4日目に入っても、全然痛みが出ないんです。あれほど骨がこすれ合う様な強烈な痛みが
どこに消えたのか狐につままれた感じでした。

ここでようやく、あの女性の気功は本物だったんだと確信しました。
早速、練習場に行き、支配人にあの女性が来ていないかたずねましたが、あれ以来見えていないとのこと。
それなら、あの人の名前と連絡先はと、聞いたのですが、分からないというのです。
何でも、金融関係の外回りの仕事で、アルバイトで気功もやっていたみたいだというのです。

それから1ヶ月毎日練習場に顔を出していましたが、その女性はあれ以来練習に来ませんでした。
それからまもなく、その練習場は、マンション用の土地として売却され、閉鎖されてしまいました。

あれから5年が過ぎましたが、膝は一切異常なしです。
貴重な体験となりました。











最終更新日  2006年09月11日 23時44分33秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年08月28日
カテゴリ:健康
今どこの書店に入っても目に付く本は、赤い表紙の「病気にならない生き方」新谷弘美著です。
昨年7月に売り出され、いまだに売れ続けているのでしょう。
世界1の胃腸内視鏡の専門医ですから、それなりに説得力があり、良書だと思います。

しかし、私が過去30年間に読んだ2~3千冊の健康関連書籍の中で最高の評価を与えているもが5点ほどありますが、その中でも最も好きなのが

    「病気になりたくてもなれない話」宇田成徳著 です。

題名は似ていますが、内容は大違い。読んでいて楽しくて、全て納得できて、簡単に実行できることばかりです。昨年5月に発売されたのですが、買ったその日に2回読んじゃいました。
著者発案の「健康ふりかけ」を除けば、その他の項目が、私の健康データブックに書いてあることとすべて一致していたのです。

本を読んだ翌日から早速、健康ふりかけを作って毎日食べていましたが、最近自分で作るのが面倒くさくなって、宇田先生が委託して造っている大阪の会社から買うことにしました。

宇田先生は、アメリカのベル研究所が25年間研究してギブアップしたテーマを一瞬のひらめきで
解決しアメリカの「R&D100賞」を受賞したという大変な工学博士です。
ユニークな発想はまさに好奇心の総合商社といったところ。                   
 
「125歳まで生きるための10の条件」(本書125ページ)

   1.水分をたぷり摂る
   2.海のミネラルをたっぷり摂る
   3.冷たい食べ物を避ける
   4.便秘をしないよう気をつける
   5.発酵食品を食べる
   6.食べすぎない
   7.風邪を引かないように
   8.喜んで生きる
   9.怒らないようにする
  10.セックスはほどほどに (性の快感とは麻酔なのです)

この10ヶ条の根拠の説明がユニークで、単純明快、ユーモアたっぷりで引き込まれます。

 ふりかけ製造元 KKタナカ (http://www.b-model.net/tanaka/)
            宇田研究所の情報も見れます。






最終更新日  2006年08月28日 20時01分12秒
コメント(3) | コメントを書く
2006年08月03日
カテゴリ:健康
王監督が胃がん手術で胃を切除し、退院した時の記者会見のテレビを見て
むなしい気持ちになった。

近代西洋医学の犠牲者がまた1人増えたのだ。
報道によれば早期胃癌だとのことだが、これが事実とすれば、
手術なしで100%回復可能のはずだ。

「究極の癌治療」「末期癌の治療承ります」の横内正典医師に診ていただいたら
胃を切らずにすんだと思います。

有名人は大病院の有名医師にしか、かからない傾向にあるため、いつも最先端西洋医学の
餌食になっている。

癌に不安をいだいている人は、ぜひ横内正典の上記図書、安保徹の「免疫革命」「医療が病を作る」等を読んでください。






最終更新日  2006年08月03日 08時06分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年06月20日
カテゴリ:健康
インターネットで見つけた、私なりの本物がゲルマプラス125である。
粉末を買う予定だったが、なんとなくこの福岡のゲルマニュウム屋に惹かれてこれに決めて
今朝フアックスで注文した。

この効果を自分の体で確認してみたい。特に血圧について。

24日(土)AMに配達指定した。

なんだか、恋人にでも会うような、ワクワクした気分だ。

この興奮を明日のゴルフコンペ キッコーマン杯(ミサワ杜の公園ゴルフクラブ)に
持ち込んで、70台でラウンドしたい。

一昨年の、この会で、前日なんとなく優勝するような予感がして、急いで主催者のKさんの所に
年会費(年会費を払わないと3位まで入れない規約がある)を、払いに行って、予感が当って
優勝した実績がある。

明日も何かありそうだ。






最終更新日  2006年06月20日 23時03分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年06月07日
カテゴリ:健康
以前からゲルマニュウムのブレスレット等がいろいろ出回っておりましたが
これらにはほとんど関心がなかった。
ところが、不思議研究所(森田健)の情報誌を送ってもらった時に、その中で
粉末のゲルマニュウムを飲んで、大変な効果がありそうだという記事を目にし
俄然興味が沸いた。
早速「ゲルマニュウム 奇跡の医療ミネラル」大形郁夫著、を購入研究を始めた。
また、「有機ゲルマニュウムの科学」石田名香雄、木村郁夫監修
   「ゲルマニュウムと私」浅井一彦著
も手に入れ、理解の足しにした。
その結果、浅井一彦、柿本紀博博士のものが、本物だと理解し、この製品を手に入れるべく
インターネットで探し、ここならば信頼が置けると判断したのが、福岡県春日市の(有)ヒラヤマ工業 ゲルマニュウム屋だった。平山富恵さんの真摯な情熱が感じられ、購入を決めた。
昨年、心筋梗塞で3週間の入院生活を送りましたが、完治し、退院後も薬は一切拒否し今日に至っております。
健康状態は最高です。医者が言うところの標準血圧に比較すると高めですが、薬をのんでいる人
より元気です。
今後、ゲルマニュウムを飲んで血圧にどういう影響があるかデータを取って行きたいと思っております。






最終更新日  2006年06月07日 12時15分51秒
コメント(0) | コメントを書く

全369件 (369件中 361-369件目)

< 1 ... 32 33 34 35 36 37


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.