2010/11/13

FORTUNE ARTERIAL 第6話 手紙

(5)
bdcam 2010-11-13 15-59-00-452.jpg
いやいやさすがに
覗きはいかんでしょう!(>_<。)


陽菜の為とは言え、異性の部屋を覗き見するのはダメダ~メ!
只でさえ思春期の男の子は、イロイロと隠してる物
夜やらねばならぬ事が多いんだからさ( ̄ー ̄)ニヤリ
しかし監視されていたというのに、無罪放免で
陽菜に受け渡すとは、孝平さんも随分と心が広いこったなぁ~

bdcam 2010-11-13 15-59-22-217.jpg bdcam 2010-11-13 16-00-04-553.jpg

陽菜は7年前孝平と別れ、文通を続けている間に交通事故に遭い
その事故により、二人が過ごした一年分の記憶をなくして以来
続いていた関係が止まってしまった。
その件は、かなでを通じて孝平も知ったが
共に過ごした記憶という絆が
途切れてしまったせいで関係が気まずくなり
修智館学院で再び出会うまで
絆が修復される事はなかったといった感じか。

bdcam 2010-11-13 16-00-34-232.jpg

つか、事故の後に出てたこの猫が気になる…
伏線臭がプンプンしやがんぜぇ~('A`)
まさかコイツが事故の黒幕じゃなかろうな!?

bdcam 2010-11-13 16-04-09-438.jpg bdcam 2010-11-13 16-05-22-838.jpg
「あ、いいの。
私は向こうで食べるから」


姉妹同士、お互いがお互いを孝平とくっつけようとするとは…
何やら面倒くさい事になってきたぞ…(-_-;)
まあ、「孝平のしてる事をもっと知りたい」なんていう
かなでの発言を聞いたら
陽菜がそんな風に誤解するのも無理ないか。

bdcam 2010-11-13 16-06-37-452.jpg
「征ちゃん!宜しくね!」

苦手なものなんてない、無敵のシスコン兄貴
かと思ってたが、かなでには弱いんだなw
見た目は、白と同じような小動物っぽい感じだけど
性格はまるで正反対だもんねぇ。
しかも騒がしくて押しが強いもんだから
かなり手を焼いているという訳か(・∀・)

bdcam 2010-11-13 16-13-43-212.jpg
「私お母さんに
ヒナちゃんの事頼まれてたのに…
だから私幸せになってもらいたくて!」


だからって、相手の話もロクに聞かず行動して
善意を押し付けるような真似をしてしまったら
相手にとって重荷になってしまう事もあるだろに。
ましてや、陽菜みたいな優しい子なら尚更
それを重く感じてしまうはず。
良い姉になりたいのなら、押してばかりでなく
もっと広い視野で、陽菜の事を見てあげなくちゃだな(^-^)v

bdcam 2010-11-13 16-16-44-623.jpg bdcam 2010-11-13 16-15-16-375.jpg
二人共ぶっちゃけ過ぎだろ!w

只の自己犠牲万歳の、麗しき姉妹愛だと思いきや
二人共、しっかりと腹に一物を抱えててワロタ(≧∀≦)
そりゃ姉妹だろうが親子だろうが
恨んだり疎ましく思ったりする事はあるよな。
自分にも兄貴がいるから、その辺の気持ちは良く分かるわ。

bdcam 2010-11-13 16-18-58-351.jpg
「仲直りしよ!」

bdcam 2010-11-13 16-19-12-359.jpg
「うん…本当の仲直り」

昔はお互いを疎ましく思っていた二人だが
陽菜の事故を通じて、お互いの大切さを再認識したと。
まさに怪我の功名ってヤツだな( ̄ー ̄) (ぉぃ
少々茶番且つ、あっさり風味な仲直りだった気もするが
特に感動を求めてるわけではないから
これはこれでいいんじゃないかな?

bdcam 2010-11-13 16-20-09-727.jpg
まさか1話で姉妹同時攻略とは…
その見事な孝平さんの手腕
おみそれしました!(゚Д゚)


まあ攻略と言っても、友達ENDと言うのが正しいのかな?
この流れだと少なくとも、悠木姉妹の
どちらかと恋仲になる線は、消えたと言っていいだろうね。
次が白で、その次が桐葉。
そして最後に瑛里華、って感じのシナリオ進行が妥当か。

ちなみに、桐葉と瑛里華のルートが密接な関係にある
と聞いた事があるから、白は1話で終わらせて
残り話数を二人に注ぐ形なのかもしれないね。
黒幕っぽい人とかを含めた、話の核心に触れて
盛り上がってくるのは、恐らく2,3話先だろうし
気長にまったりと視聴していきましょか(^o^)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
良ければ、1ポチ( `・∀・´)ノヨロシクです





TWITTER

最終更新日  2010/11/13 04:51:00 PM
コメント(5) | コメントを書く