010076 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

子供と筋肉を育てる親父ブログ

子供と筋肉を育てる親父ブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

こうサク

こうサク

カレンダー

バックナンバー

2024.07
2024.06
2024.05
2024.04
2024.03

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2023.08.05
XML
みなさんこんにちは、
トレーナーのこうサクです!


今回は【体脂肪率】について
共有させて頂きます。


体脂肪率はダイエット目標になる数値の一つです。
正しく理解してダイエットに活用して行きましょう。


====================


【体脂肪率とは】
体脂肪率とは体重に対しての体脂肪の
割合を表した数字で、体組成計を使う事で
計れます。


例えば体重100キロの人の体脂肪率が20%だった場合は、体脂肪の量は20キロとなります。式:100×0.20=20


ちなみに残りの80キロは除脂肪量と言い、
筋肉と骨の重さになります。


====================


【体脂肪率の平均】
測定した体脂肪率が高いか低いかは、
体組成計メーカータニタのホームページに載っている表を見る事で分かります。


健康的な生活を送るには体脂肪率が低すぎても高すぎても良くないので「標準+」か「標準-」に収まっていれば健康的だと評価できます。


ちなみに30代の男女であれば
下記の体脂肪率が標準になります。
男性11〜21%
女性21〜34%
====================


【体脂肪率が高いと】
体脂肪率が高いと下記のデメリットがあります
・糖尿病、脂肪異常症、高血圧、心筋梗塞、脳卒中などの発生リスクが高まる


====================


【体脂肪率が低いと】
体脂肪率が低いと下記のデメリットがあります
・ホルモンを作れず、体の機能に影響が出る
 ※髪肌の艶が無くなる
・外部からの衝撃から体を守れない
 ※イスに座るとクッションが効かず痛いなど
・体温保持に影響がでる
 ※寒さに弱くなる:風邪をひきやすくなる
・エネルギー不足になる
 ※筋肉の分解が発生しやすくなる
 ※災害時など食事が摂れない時に力を発揮できない


====================
【まとめ】
体脂肪率はダイエットの進捗を確認したり
目標になったりとダイエットに欠かせない数字です。


ダイエット初心者の方は体脂肪率を下げれば良いと
考えがちですが、体脂肪率を下げすぎると健康上のデメリットが出てくるので、極端な考えはせず標準数値を目標にする事で健康的かつカッコいい身体を目指しましょう💯


====================


Twitterでダイエット・筋トレに役立つ
情報を発信しています📝
Twitter


YouTubeでは初心者向けのダイエット解説動画をUP予定です。🎥
チャンネル登録してお待ち頂けると嬉しいです☺️


楽天ROOMではダイエット・筋トレ・子育てグッズのレビューを書いています。


最後までご覧頂きありがとうございました♪





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023.08.05 09:34:36
コメント(0) | コメントを書く
[プロと学ぶダイエット講座] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X