215063 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やすくんの今日の1冊

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


yasukun0402

カレンダー

お気に入りブログ

筒井康隆『新日本探… のぽねこさん

女のいない男たち … ホンヤガヤマダさん

本の足跡 おさめんぬさん
海砂のつらつら日記 kaisa21さん
 昼下がりの迷宮~ あむあむ108さん

コメント新着

yasukun0402@ Re[1]:『ささら さや』 加納朋子(12/27) そらねこさんへ 今、思い出しました。映…
そらねこ@ Re:『ささら さや』 加納朋子(12/27) 確か夫役が大泉洋さんで映画化されていま…
yasukun0402@ Re[1]:『トラップ・ハウス』 石持浅海(10/18) kaisa21さんへ コメントありがとうござい…
kaisa21@ Re:『トラップ・ハウス』 石持浅海(10/18) 私も同じような感想です。 石持さんは好き…
yasukun0402@ Re[1]:『禁断の魔術』 東野圭吾(10/13) kaisa21さんへ コメントありがとうござい…

フリーページ

ニューストピックス

2017年07月09日
XML
「御手洗潔と進々堂珈琲」 島田荘司 新潮文庫 590円

京都の喫茶店「進々堂」で若き御手洗潔が語る物語。
進々堂。京都大学の裏に佇む老舗珈琲店に、世界一周の旅を終えた若き御手洗潔は、日々顔を出していた。彼の話を聞くため、予備校生のサトルは足繁く店に通うーーー。西域と京都を結ぶ幻の桜。戦禍の空に消えた殺意。チンザノ・コークハイに秘められた記憶。名探偵となる前夜、京大生時代の御手洗が語る悲哀と郷愁に満ちた四篇の物語。『進々堂世界一周 追憶のカシュガル』改題。(表紙カバーより)

2015年12月 読破。

実は、約2年2ヶ月ほど仕事の関係でタイに行ってました。正確には、2015年3月30日に日本を出て、2017年5月28日に帰国しました。この本は、ちょうど2015年の年末年始に一時帰国した際に読みました。今回改めて本を手に取ってみると、タイの紀伊国屋書店の栞と神戸の「ケーニヒスクローネ」の領収書が挟んでありました。


御手洗潔と進々堂珈琲 (新潮文庫) [ 島田荘司 ]






最終更新日  2017年07月09日 10時36分45秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミステリー(推理小説)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.