1504423 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

きや箱 温泉ソムリエときどき仏女こゆきやのお出掛け日記

PR

楽天プロフィール


こゆきやさん

旅行とパワースポットめぐりが大好きです

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
旅行  映画  グルメ  パワースポット 

日記/記事の投稿

カテゴリ

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

口コミマーケティングをお考えならモニタープラザ

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

兵庫・ブロガー100人戦国トリップ

2013年11月02日
XML
先日の「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」は大いに満喫したスマイル
同じ方向に旅行される方の参考になればと思い、私が立てたプランによる行程を記載えんぴつ
(各観光地の紹介と感想の記事は、「★」をクリックあれ音符

●「あいたい兵庫・たびたび城たびブロガー」当選報告
●「たびたび城たびin兵庫」事務局からのお届け物

●旅行から戻った直後の但馬旅行記ダイジェスト♪


<1日め>
●いざ但馬へ 
●夢但馬周遊バス「たじまわる」で但馬をまわる♪ 
 ・道の駅村岡ファームガーデンで但馬牛焼肉ランチ 
 ・但馬高原植物園 
 ・木の殿堂 
 ・猿尾滝 
但馬高原植物園 猿尾滝
(写真左:但馬高原植物園の大カツラの千年水、写真右:猿尾滝)

●城崎温泉駅前と宿泊者送迎ラッピングバス
●城崎温泉 外湯めぐり
●城崎ビール~湯あがりの一杯!

●城崎温泉「かがり火の宿 大西屋水翔苑」 建物&館内編  部屋編  温泉編


<2日め>
●様々な移動手段(城崎温泉~和田山~竹田城址入口) 
 ・天空の城「竹田城址」 
 ・まちなか観光駐車場から竹田城をのぞむ 
 ・あさご芸術の森美術館 
 ・ロックフィル方式の多々良木ダム 
 ・生野や朝来や但馬のグルメ♪ 

竹田城跡 竹田城跡

●八鹿駅の跨線橋  

●出石散策~とりあえずレンタサイクルで早回り 
 ・但馬信用金庫
 ・おりゅう灯籠
 ・辰鼓楼 
 ・出石城跡
 ・出石明治館
 ・家老屋敷
 ・出石永楽館
 ・但馬國一の宮 出石神社  ご朱印 
 ・此隅山城跡 
 ・出石城山ビール

辰鼓楼 出石神社
(写真左:辰鼓楼、写真右:出石神社)

●出石温泉「出石グランドホテル」 建物&館内編  部屋編  温泉編 


<3日め>
●出石の町並み散策♪ その1  その2  その3 
 ・但馬國出石観光協会
 ・家老屋敷
 ・人力車
 ・出石城跡 
 ・旅籠 西田屋
 ・うだつ
 ・出石永楽館 
 ・上田屋油店
 ・出石皿そば「家老」 
 ・本覚寺(てっせん寺)
 ・化粧地蔵
 ・願成寺
 ・宗鏡寺
 ・弘道小学校
 ・出石史料館
 ・たくみ工芸
 ・出石焼 永澤
 ・出石焼の街灯
 ・出石焼の原石
 ・狩野牧場ジェラート
 ・出石城山ビール 「いずし浪漫」飲み比べ 
 ・中易酒店(出石酒造) 地酒「楽々鶴(ささづる)」 
 ・但馬國出石観光協会

出石城 出石永楽館
(写真左:出石城跡、写真右:出石永楽館)

●コウノトリ但馬空港 


以上、この記事含めて40記事が「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」の報告音符

このブログでの発信により、兵庫・但馬地区のお城&観光地の魅力が多くの人に伝わる事を願うのみダブルハート


兵庫のお城をめぐる100人ブロガー大募集中
兵庫県さまの招待で、「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」に参加しています。




【送料無料】るるぶ兵庫(’14)

【送料無料】るるぶ兵庫(’14)
価格:840円(税込、送料込)



ポチっとクリックしていただけると励みになりますハート(手書き)
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2013年12月05日 22時38分04秒
2013年11月01日
出石観光も7時間ほどかけて無事に終了し、東京に戻る飛行機に乗るために、コウノトリ但馬空港車

コウノトリ但馬空港 コウノトリ但馬空港

到着時には、急いで豊岡駅行き空港連絡バスに乗らなければならなかったので、空港や周辺は殆ど見ていないしょんぼり
なので、出発時刻まで余裕があるので、少し散策歩く人

コウノトリ但馬空港

空港ビル手前には、飛行機が2機置かれていて、誰でも飛行機に親しめる(近づける)スペースがあった飛行機
家族連れが子供を連れてきたら楽しめそうかもスマイル

コウノトリ但馬空港

ちょうど夕暮れ時だったので、飛行機の形か木だかよくわからないオブジェと共に1枚パチリ晴れカメラ

コウノトリ但馬空港

空港ビルの上に管制塔があったびっくり

コウノトリ但馬空港

コウノトリのオブジェが置かれていた目
本物のコウノトリを見たかったなぁ~わからん
実は、近いうちに(数日後)見れる予定ウィンク

コウノトリ但馬空港

天井には飛行機の模型が吊るされていた飛行機
もしかして水上飛行機!?

コウノトリ但馬空港

観光地ではないが、お約束の顔だしパネルもあった泣き笑い

コウノトリ但馬空港

搭乗口から飛行機までは歩いて行く歩く人飛行機
空港ビルに入ってから、搭乗ゲートを通るまで、一切階段を使わずに行けたのは、捻挫中の身としては大変助かったスマイル

コウノトリ但馬空港

飛行機に夕陽が射して、イイ感じ目がハート

コウノトリ但馬空港

もちろん、来た時と同じプロペラ機で、搭乗者も少ないけど…

帰りも、大阪(伊丹)空港で乗り換えで羽田空港までの空の旅飛行機飛行機

数時間後、無事に自宅に辿り着いた電車地下鉄歩く人家

但馬地区の観光地も沢山めぐったし、充実した楽しい城攻め旅だったちょき


旅行記はまだまだ続く…音符


兵庫のお城をめぐる100人ブロガー大募集中
兵庫県さまの招待で、「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」に参加しています。







【送料無料】るるぶ兵庫(’14)

【送料無料】るるぶ兵庫(’14)
価格:840円(税込、送料込)



ポチっとクリックしていただけると励みになりますハート(手書き)
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2013年12月05日 22時38分49秒
出石の観光スポットのメインの1つが、出石城跡きらきら

出石城跡

出石城跡についてえんぴつ
●兵庫県豊岡市出石町にあった城
●出石藩仙石家の居城跡


登城門と登城橋
出石城 登城門と登城橋

登城門
出石城跡

出石城

本丸西隅櫓
出石城跡
出石城

兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」取材のため特別に隅櫓を開けていただいたスマイル

出石城跡 出石城跡

2階の窓からは、出石の城下町を一望できたスマイル

出石城跡 出石城跡

城壁の穴、「〇」「△」「□」は、槍と弓と鉄砲用だったかな?

本丸東隅櫓
出石城隅櫓 出石城跡

先ほど入った隅櫓とは対称にある別の隅櫓。

諸杉神社と別の神社(名称わからず)
出石城跡 出石城跡内にある神社

出石城跡
高台なので、出石の町並みが見渡せる


稲荷神社の参道
出石城にある稲荷神社

157段の石段に、37の朱の鳥居が立ち並び、歩くだけで神秘的なものを感じ、かなりのパワーを感じるスポットだったグッド

出石城跡内にある稲荷神社


有子山城跡への登山口
有子山城跡への登山口 有子山城跡への登山口

有子山城は、山名氏が1574年に標高321mの急峻な有子山に築いた城。

今回は登城しなかったが、機会があれば是非登城したいものだ!


出石城跡内にある稲荷神社

朱の鳥居をくぐりぬけ、出石城の城攻め終了ちょき


出石お城まつり

第43回出石お城まつりチラシ

まもなく開催ダブルハート
詳しくは、但馬國観光協会HPへ コチラ → 


旅行記はまだまだ続く…音符

兵庫のお城をめぐる100人ブロガー大募集中
兵庫県さまの招待で、「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」に参加しています。





【送料無料】るるぶ兵庫(’14)

【送料無料】るるぶ兵庫(’14)
価格:840円(税込、送料込)



ポチっとクリックしていただけると励みになりますハート(手書き)
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2013年12月05日 22時39分45秒
出石の観光スポットのメインの1つが、出石永楽館音符

出石永楽館

出石永楽館についてえんぴつ
●明治34年に開館した近畿最古の芝居小屋
●平成20年に44年の時を経て蘇った
●歌舞伎など興行の無い日は一般公開している
●廻り舞台や奈など舞台裏も見学できる


出石永楽館 入口

道路から細い道を入ったところが入口。

出石永楽館 出石永楽館

入館すると、ココから既に歌舞伎の世界が待っていたきらきら

出石永楽館

中はこんな感じで、実は芝居小屋系は初めて見るので、興奮気味目がハート


出石永楽館 廻り舞台

舞台に上がって、一番に目に入ったのが、廻り舞台目

出石永楽館 華吹雪を散らすところ

天井を見上げると、木が格子に組んであり、そこに上って、花吹雪を散らす所らしいさくら花

出石永楽館 花道 出石永楽館 花道

花道を舞台から7割ほど進んだところにある四角いところの下から、幽霊等の死んだ役の人が出てくるらしいびっくり

出石永楽館 楽屋 出石永楽館 楽屋

舞台の真裏というか、2階部分には、通路と狭い楽屋が並んでいたびっくり

出石永楽館 奈落へ

奈落の底へ下りてみたスマイル

出石永楽館 廻り舞台下 出石永楽館 廻り舞台下

廻り舞台は地下の奈落で手導でまわすそうだびっくり
廻り舞台の中の四角いところ(右の方にある)から役者さんが上がってくる装置も手動ほえー

出石永楽館 花道の下

花道の下のココから上にあがるそうだスマイル

出石永楽館 花道に立ってみた

花道に立ってみたスマイル
周りを見渡して観客はいないけど、舞台俳優気分になれたかもウィンク

見所盛り沢山だったダブルハート


永楽館歌舞伎チラシ

11月5日(火)~10日(日)までは、第六回 永楽館歌舞伎の興行ありきらきら
出演は、片岡愛之助 ほか

11日3日(日)午後2時半より「出石お城まつり」会場にてお練り(予定)



詳しくは、但馬國観光協会HPへ コチラ → 


旅行記はまだまだ続く…音符

兵庫のお城をめぐる100人ブロガー大募集中
兵庫県さまの招待で、「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」に参加しています。






ポチっとクリックしていただけると励みになりますハート(手書き)
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2013年12月05日 22時40分14秒
2013年10月31日
出石散策の最後に訪れたのは、壁の色が変わっていて目を引く酒造の建物日本酒

出石酒造醸
赤い土壁が長い歳月を経て、まるで人の表情のような豊かな味わいを見せてくれるえんぴつ

出石酒造醸

表に回って…
そこは、出石酒造さん日本酒
地酒「楽々鶴(ささづる)」を作って販売している酒造兼酒屋さんスマイル


楽々鶴 楽々鶴

店内では、試飲ができる日本酒

普段は純米酒しか飲まないが、とりあえず「上撰」を試飲日本酒
あぁ~日本酒の味だ~スマイル

持参の水を飲んで口の中をクリアにして、「上撰原酒」を試飲日本酒
おぉ~雑味がなく、深い味わいがあり、何て飲みやすいの~目がハート

普段なら、移動中に割れたら嫌なので、購入は控えるが、300mlサイズの小瓶があると聞いたので、悩んだ末に「上撰原酒」を購入さいふ

(飛行機の中では、割れないように、ずっと自分の身体とシートベルトの間に挟んだ上に、手で押さえて、無事に自宅まで持ち帰れたちょき


楽々鶴原酒 楽々鶴原酒

現地で飲むのと、自宅で飲むのは、雰囲気もあるし、味が違うだろうと予想しながら、自宅で飲んだ日本酒

おぉ~雑味がなく、深い味わいがあり、飲みやすいのは同じだぁ~目がハート

大好きな純米酒ではないが、純米酒でなくても美味しいと思える日本酒に出会えて嬉しかった泣き笑い


出石にお越しの際は、出石酒造に立ち寄って、(車の運転手以外の人は)「楽々鶴」を試飲されることをオススメダブルハート


旅行記はまだまだ続く…音符


兵庫のお城をめぐる100人ブロガー大募集中
兵庫県さまの招待で、「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」に参加しています。











【送料無料】るるぶ兵庫(’13)

【送料無料】るるぶ兵庫(’13)
価格:840円(税込、送料込)




ポチっとクリックしていただけると励みになりますハート(手書き)
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2013年12月05日 22時42分30秒
旅先では地元グルメは勿論のこと、地ビールにも目がないビールどきどきハート

出発前から楽しみにしていたのは、出石城山ガーデンにある「出石城山ビール」さんで、地ビールの「いずし浪漫」を飲むこと目がハート

出石に到着した日の17時半過ぎに、訪れたら、お店が見当たらなかったほえー
お土産屋さんに聞いたら、ビールが飲めるレストランは土産物売場の奥にあり、本日の営業は終わっているとのことショック

この日は30度近い気温で暑くて、さらに自転車をこいで汗かいて喉カラカラの既にビールモードになっている私は諦めきれず、お願いして、今回は特別にと、ビールコーナーに連れて行ってもらったスマイル
(対応してくださった店員さん達に心から感謝します)


出石城山ビール

地ビール「いずし浪漫」は3種類で特徴は次のとおりえんぴつ
(出石城山ビールさんからいただいた資料から抜粋)

ケルシュ
●そばブレンド
●上面発酵エール特有の、芳醇な味わいを持ちつつ、ライトボディで軽くて飲みやすく、『おかわり』率 No.1
●地ビールのクセのある味が苦手な方にオススメ
●アルコール分 約5%

アルト
●そばブレンド
●クリスタルモルトの香ばしさとコクを活かしたブラウンエール
●口に含むと豊かな味わいだが、後味を残さないサッパリ感
●苦さ控えめで、女性に人気
●アルコール分 約5%

レア・ブルーベリー
●地元産無農薬ブルーベリーを使用したフルーツビール
●爽やかな香りで甘さ控えめ、少々酸っぱめ、後味スッキリ
●希少糖(レアシュガー)使用
●アルコール分 約7%
●夏季限定


どれも飲んでみたい私のような人のためにあるのが、お試しグラス 100円さいふ
3種類を1杯ずつ頼んで、飲み比べしたビールビールビール

いずし浪漫
ビアサーバーの位置とは逆だが… 左から「レア・ブルーベリー」「ケルシュ」「アルト」ビールビールビール

ケルシュ
確かに地ビール特有のクセがなく飲みやすく、喉越しよく、キレ味最高ちょき
何杯でも飲めそうな味わいスマイル

アルト
黒ビールの甘苦を予想していたが、苦みなく、香ばしくコクがありグッド
じっくり味わいたい感じスマイル

レア・ブルーベリー
フルーティーで爽やかなんだが、私には甘いわからん

人の好みはそれぞれ~あくまでも私の感想なので誤解のないように!


翌日また、「いずし浪漫」飲み&但馬牛ソーセージを食べるために再訪するのを宣言して、宿泊ホテルへ自転車で戻った自転車右矢印ホテル


出石城山ガーデン

翌日、出石散策もほぼ終了し、やはり「いずし浪漫」を飲みたくなって、訪れた歩く人
前夜は暗くてわからなかった店舗の外観は、こうなっていたのね目

出石城山ビール

レストランの店内はとても広く(上の写真はほんの一部)、団体客も余裕でこなせる広さスマイル

出石城山ビール

店内すごく明るいと思ったら、この建物は元ちりめん工場だったらしく、高い窓から陽が射しているのは、その工場の名残のようだ晴れ


いずし浪漫ケルシュいずし浪漫アルトいずし浪漫ケルシュ×アルト

この日飲んだのは、「ケルシュ」「アルト」と「ケルシュ×アルト」のハーフ&ハーフビールビールビール

一気に飲んだ前夜よりは、少し落ち着いて飲んだので、じっくり味わえたグッド
美味しさは同じ目がハート

お願いして「ケルシュ×アルト」のハーフ&ハーフを作ってもらい、飲んでみると、
香ばしさとコクとキレと若干の苦みが、イイ感じに絡まって、とても美味しかったダブルハート

この日も「但馬牛ソーセージ」を食べれなくて(← 昼食に出石皿そばを食べてお腹いっぱいだった)残念だった涙ぽろり
次に出石を訪れる際には、必ず食べる!と心に誓ったぐー


2日間訪れた際の、お店のご厚意に心から感謝しますスマイル



旅行記はまだまだ続く…音符

兵庫のお城をめぐる100人ブロガー大募集中
兵庫県さまの招待で、「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」に参加しています。







ポチっとクリックしていただけると励みになりますハート(手書き)
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2013年12月05日 22時43分00秒
出石グルメといえば「出石皿そば」でしょ!

出石皿そば家老 出石皿そば家老

ということで、但馬國出石観光協会の加藤さんに連れて行ってもらったのが、「家老」さん音符


出石皿そば家老

入店すると、足元(玄関マット)には「玄武洞の玄さん」(※)がお出迎え目がハート
しかも、「出石皿そば」を何枚も食べて、脇には日本酒の一升瓶が置いてあるしびっくり
窓の外には「辰鼓楼」が見え、出石観光&グルメPRにも貢献して、頑張っているのねスマイル
でも、もしかしたらPR活動をさぼり中で、美味しい皿そばを食べに来ているのをスクープされただけかもあっかんべー

※「玄武洞の玄さん」とは?
●市の石「玄武岩」をモチーフにした市のマスコットキャラクター
豊岡市のPRと山陰海岸ジオパークの普及啓発に日々勤しんでいる


出石皿そば家老 出石皿そば家老

座敷でゆっくり、足をのばせて助かったスマイル


出石そば

出石皿そば」とはえんぴつ
●宝永3年(1706年)に信州上田から国替えになった仙石氏により伝来したといわれている
●お店での注文は至ってシンプルで、何人前かを注文するだけで出石焼の小皿に盛られたそばと、薬味、徳利に入っただしが運ばれてくる
●伝統ある「三たて」(挽きたて・打ちたて・茹がきたて)製法によるその素朴なコシと風味は、出石代表的味覚


出石皿そば家老

まず一皿めは、薬味のネギだけをのせて、つゆをかけて、皿から直接食べた。
このような食べ方は、初めてかも目がハート

そばの風味が良く、太さは普通で喉越し良く、湯で加減もちょうどイイ感じで、噛み応えバッチリ、美味しかったちょき


出石皿そば家老

二皿めは、つゆにつけて食べた。
つゆの味が麺(そば)に混じって、一皿めより若干甘く感じ、これまた美味グッド


出石皿そば家老

三皿・四皿めは、とろろを入れたつゆにつけて食べた。
とろろが麺にまとわりついて、マイルドな味になって、これも美味オーケー

写真はないが、五皿め以降は、とろろ入りつゆに、卵を入れて、贅沢なつゆにつけて食べた。
ますますマイルドになって、超美味目がハート

全部で8皿ほど食べてお腹いっぱいびっくり
5皿で、盛そば1人前の量に相当らしいので、食べすぎだったかもショック

とても美味しかったちょき
ごちそうさまでした!


出石皿そば巡りチラシ

食べ比べしたい方向けに、3軒のそば屋さんで3皿ずつ食べられる「出石皿そば巡り」の利用がオススメダブルハート
詳しくは、但馬國出石観光協会HP「出石皿そば巡り」へ コチラ → 


旅行記はまだまだ続く…音符

兵庫のお城をめぐる100人ブロガー大募集中
兵庫県さまの招待で、「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」に参加しています。








【送料無料】るるぶ兵庫(’14)

【送料無料】るるぶ兵庫(’14)
価格:840円(税込、送料込)



ポチっとクリックしていただけると励みになりますハート(手書き)
にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2013年12月05日 22時43分29秒
2013年10月30日
出石の町並み散策のつづき音符

出石消火栓 出石マンホール


たくみ工芸
たくみ工芸 たくみ工芸
柳行李・豊岡杞柳細工」を作って売っているお店。
職人さんの技を目の前で見て感動したスマイル


出石焼 永澤
出石焼 永澤 出石焼 永澤
焼き物は殆どわからない素人の私が見ても、素晴らしいと思えるお皿や花瓶等が並んでいた。
素敵だが作風がまったく違う作品があり、ドイツで修行した息子さんの作品だった。
見る価値あり! もちろん購入も!


出石焼の街灯
出石焼の街灯 出石焼の街灯
遠目に見ると、白い出石焼を沢山くっつけた可愛い街灯だが、
近くで見ると、顔顔顔だったので、若干ビビったほえー


出石焼の原石
出石焼の原石
無造作に置いてあるので、盗まれないか不安にならないのかなぁ?びっくり


狩野牧場
狩野牧場ジェラード 狩野牧場ジェラード
健康志向自家製朝搾りミルクのソフトクリーム&ジェラート店えんぴつ

基本のジェラート(バニラだったか? ミルクだったか?忘れた)を食べたが、ミルク感が強く、コクがあり、濃厚で、甘さもちょうどイイ美味しさだった目がハート


出石城山ビール
出石城山ビール
詳細と他写真と感想は別途記載音符


中易酒店(出石酒造)
出石酒造醸 出石酒造醸
詳細と他写真と感想は別途記載音符


但馬國出石観光協会
但馬國出石観光協会 但馬國出石観光協会で貰ったグッズ

但馬國出石観光協会へ戻ってきた歩く人
立ち寄った施設で、そこの説明書き(殆どが1枚もの)をいただき、資料がさらに増えたびっくり
クリアファイルは最初に貰ったのだが、資料を挟んでいくとかなり分厚くなったびっくり
途中、わらじもいただいたDVD
この増えた分が、荷物に入らないので困っていたら、見かねたスタッフの加藤さんがコウノトリの絵が描かれた豊岡市のエコバッグをくれたプレゼント
大助かりだったのは言うまでもないかな泣き笑い

11月3日開催の「出石お城まつり」に興味津々だったので、過去開催の様子を録画したDVDをいただいたDVD

第43回出石お城まつりチラシ

まもなく開催であるダブルハート

旅行記はまだまだ続く…音符


兵庫のお城をめぐる100人ブロガー大募集中
兵庫県さまの招待で、「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」に参加しています。









ポチっとクリックしていただけると励みになりますハート(手書き)
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2013年12月05日 22時44分05秒
出石の町並み散策のつづき音符

本覚寺(てっせん寺)
本覚寺 てっせん寺 本覚寺の てっせん
元出石町花のてっせんは、毎年6月頃に本覚寺で見る事ができ、本堂の天井は154の「クレマチス」で装飾されているえんぴつ

てっせん寺 てっせん寺

失礼と思いつつも、本堂で寝転がって見るとよりキレイで、凄い迫力だった目がハート


化粧地蔵
化粧地蔵 お化粧地蔵

化粧地蔵」と聞いて、お地蔵さまの顔にキレイにお化粧してるのかと思いきや、
お地蔵様全体にペインティングされていたパレット
地蔵盆の夜、各地区のお地蔵さんに化粧(着色)して、祭壇に祀り、地元の子供たちがお賽銭を持って、各地区のお地蔵さんにお参りし、お菓子を貰う~ハロウィンみたいだスマイル


願成寺(がんじょうじ)
願成寺 川崎尚之助の資料
願成寺だるま大師 川崎尚之助供養の碑

由緒ある山門は江戸時代当時のもので、山門前の目力の強い3体のだるま大師が目印えんぴつ

NHK大河ドラマ『八重の桜』で、長谷川博巳さん演じる八重の最初の夫だった川崎尚之助さんは出石藩の出身。
その川崎家の菩提寺がココ願成寺




宗鏡寺(すきょうじ)
宗鏡寺 宗鏡寺
1616年に沢庵和尚が再興したことから沢庵寺とも呼ばれ、代々出石城主の菩提寺をして崇拝を受けた。沢庵柵の庭園には、沢山手植えのワビスケがあるえんぴつ

のんびりお庭を眺めながら、たてたお茶でもいただきたい雰囲気だった日本茶


弘道小学校
弘道小学校 弘道小学校
斬新な造りの建物は、小学校としては大変珍しく、一つの街のような配置になっているえんぴつ

特別に、校内を教頭先生に案内していただいたが、校舎=長方形のビルという概念が吹っ飛んだ学校NG家OK
山の傾斜を利用して、3教室分のスペースの三角屋根の家(?)が沢山ある感じ家家
こんな環境で学べる子たちが羨ましい目がハート



出石史料館
出石史料館 出石史料館
明治時代に生糸を商った豪商の旧邸に、昭和52年から出石藩ゆかりの史料を中心に展示えんぴつ

館内は落ち着く雰囲気で、2階の「富嶽の欄間」は大のお気に入り目がハート



旅行記はまだまだ続く…音符


兵庫のお城をめぐる100人ブロガー大募集中
兵庫県さまの招待で、「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」に参加しています。






ポチっとクリックしていただけると励みになりますハート(手書き)
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2013年12月05日 22時44分31秒
旅の最終日は、出石観光のみに絞り、朝一番に但馬國出石観光協会へ攻め入った もとい 訪ねて行った歩く人

但馬國出石観光協会 但馬國出石観光協会で貰った資料


兵庫県の方から「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」ブロガーが来る事は既に連絡が入っていて、特別に、出石の町並みを案内してもらう事になったスマイル
散策の前に、事務所にて山のような資料を貰い、出石の歴史についてレクチャーを受けるノート
その後、但馬國出石観光協会のスタッフ加藤さんに連れられて、町並み散策スタート音符


家老屋敷
家老屋敷 家老屋敷
出石城内にあった江戸後期の上級武士(家老級)の居宅。仙石騒動の中心人物・仙石左京の屋敷があった場所えんぴつ
出石家老屋敷 出石家老屋敷
平屋に見えるが実は隠し二階があったり、大名行列の道具などが展示されていたり、江戸時代にタイムスリップした感じウィンク


人力車
出石の人力車
家老屋敷の前には、人力車があった目
出石の町は風情があるので、確かに人力車は似合う町並みだスマイル


出石城跡
出石城 出石城にある稲荷神社
詳細と他写真と感想は別途記載音符


旅籠 西田屋 ← 写真の右の家
旅籠西田屋(右の建物) 旅籠西田屋
昭和初期の建築で、木造瓦葺2階建切妻(築80年)で「一日一組、一棟貸し」の町屋の宿えんぴつ
吹き抜けが開放的で、懐かしい感じがする家だった。


うだつ
うだつ
「うだつが上がらない」の「うだつ」が多く見受けられた。


出石永楽館
出石永楽館
詳細と他写真と感想は別途記載音符


上田屋油店
上田屋油店 上田屋油店トロッコレール
土間にレールが敷いてあり、油店だったので、その油を奥の倉庫にトロッコで運んでいたそうだ。
ご厚意により、中を奥の方まで通らせていただいた。
(奥行き70mだったか? 記憶が定かでない)
その土間というべきか通路というべきか、奥行きがかなり長いのに、間口は狭く、
藩政時代の節税対策によるもの。
そういえば、他の町でも見た事があるひらめき


出石そば
出石そば
詳細と他写真と感想は別途記載音符



旅行記はまだまだ続く…音符


兵庫のお城をめぐる100人ブロガー大募集中
兵庫県さまの招待で、「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」に参加しています。






ポチっとクリックしていただけると励みになりますハート(手書き)
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2013年12月05日 22時44分58秒
このブログでよく読まれている記事

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.