1033800 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カンボジア胡椒農園クラタペッパー 「アリの目、タカの目、クラタの目」

PR

バックナンバー

Jan , 2022
Dec , 2021
Nov , 2021
Oct , 2021
Sep , 2021

カレンダー

コメント新着

クラッチ@ Re[1]:アリの目(09/16) hohohoさんへ コメントありがとうございま…
hohoho@ Re:アリの目(09/16) 響きました。前向きに前を向くことだけに…
Kuracchi1969@ Re:ご無沙汰しております(09/21) Rideaさん こんばんわ。コメント有難うご…

プロフィール


Kuracchi1969

Jan 7, 2006
XML
カテゴリ:カンボジアの暦
朝からそよそよと風が吹き、日中も30度まで上がったが、さほど暑さを感じなかった。

今日、カンボジアでは「プランパル・マカラー」(1月7日のカンボジア語)と呼ばれる祝日です。

この「プランパル・マカラー」は、プノンペン市内の区の名前にもなっています。

1月7日がどういう日かというと、今から27年前(1979年)の今日、現政権のカンボジア国民党(CPP)幹部達が、ベトナム政府軍とともに、プノンペンに入城し、当時カンボジアを統治していたポルポト政権から街を開放した日。

しかし、そこから現体制が出来る1993年までの14年の間、カンボジア国内は内戦状態に突入していく。

そんな日を国民の祝日として良いものかという疑問が最近になってわきあがってきている。

逆に、内戦終結の協定でもあり、新しい国家体制構築の礎となった1991年10月23日のパリ和平協定締結の日は、今年から祝日ではなくなった。

国家権力に逆らう者(メディアや集会などで現政権の批判や異論を公に唱える者)は、国家反逆罪で逮捕されるようになってきている。

人権や言論の自由が脅かされてきている。

この国は何処へ向かっているのだろうか?

現体制を覆す事が出来ないように、法整備がなされているようにも思える。

自由が少しづつ、目に見えないスピードで規制されてきているようだ。

ところで、今日、我が家で、はじめてお雑煮を食べた。

お雑煮は、家によって違う。

私が小さい頃から食べていたのは、鳥でだしをとったお吸い物に焼いていないお餅、えんどう豆やかまぼこなどの具が入った物。

が、私が大きくなってから、父曰く「倉田家のお雑煮は本当は味噌汁にお餅を入れたもので、お前が小さい頃から食べてたのは、母方のほうのお雑煮だ。」

なんと、同じ三重県の津市出身の父方と母方でも、意見が分かれていた。

そこに、現在我が家は、私の妻方のお雑煮を採用しており、お吸い物に焼いたお餅で、具はモチ菜だけ。

んんん、お雑煮って奥が深いかも…。

て、今日は7日。

日本では、お雑煮でなくて七草粥の日でした。

月日が経つのは、早い早い。






最終更新日  Jan 8, 2006 01:19:20 AM
コメント(4) | コメントを書く


キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

お気に入りブログ


© Rakuten Group, Inc.