1034617 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カンボジア胡椒農園クラタペッパー 「アリの目、タカの目、クラタの目」

PR

バックナンバー

Jan , 2022
Dec , 2021
Nov , 2021
Oct , 2021
Sep , 2021

カレンダー

コメント新着

クラッチ@ Re[1]:アリの目(09/16) hohohoさんへ コメントありがとうございま…
hohoho@ Re:アリの目(09/16) 響きました。前向きに前を向くことだけに…
Kuracchi1969@ Re:ご無沙汰しております(09/21) Rideaさん こんばんわ。コメント有難うご…

プロフィール


Kuracchi1969

Dec 11, 2007
XML
今日も一日良い天気。

日中は少々汗ばむような陽気。

この調子だと今年の胡椒の収穫は1月から始まりそうだ。

今日久しぶりにラッキースーパーに買い物に出かけた。

青果コーナーにふと気になる果実が。

手にとって見ると、英語で「SOURSOPS」と書かれていた。

これ見覚えがある。

この間畑に行ったときにそういえば見かけた。

まだ、スーパーに出荷されているほど大きいものではなかったが、妙な実が着いていたので写真に撮ったのだった。

「棘バンレイシ」の幼実

写真のこの実の大きさで大人の男性の握り拳より少し大きいくらい。

スーパーで売っていたのは、幼児の頭の大きさとほぼ同じくらいの大きさで、結構大きかった。

その畑にあった木には、実がなるまでのプロセスがほとんど全部そろっていた。

1.枝から新芽が出ているところ、2.小さいつぼみ、3.開花直前のつぼみ、4.開花しつつある花、5.花が散った後、6.着果したばかりの実、そして最初の写真の幼果実。


トゲバンレイシの花のための新芽


トゲバンレイシの小さいつぼみ


トゲバンレイシのつぼみ


トゲバンレイシの開花


トゲバンレイシ開花後


トゲバンレイシの着果

カンボジア語では「プラエ・ティアップ」といい、日本語に直訳すると「背の低い実」というらしい。

その割には、存外、背の高い木だったし、実も手の届くところには、なかった。

味は、甘酸っぱいのだそうな。

この地域では、缶ジュースにまでなっているメジャーな果物のようだ。

スーパーで買ってまでチャレンジしたくないけれど、畑にある木で実が熟したら一度食べてみよう。








最終更新日  Dec 11, 2007 08:29:56 PM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「トゲバンレイシ」 スラエアンバル 曇りのち晴れ(12/11)   ミャー さん
こんばんわ。この写真の果物は「ティアップバラン」と呼ばれいる方です。ティアップは釈迦頭といわれている果物の方です。ティアップバランは甘酸っぱくておいしいですよ。市場にもありますが市場で買い物されないようですね。 (Dec 20, 2007 12:06:11 AM)

Re[1]:「トゲバンレイシ」 スラエアンバル 曇りのち晴れ(12/11)   Kuracchi1969 さん
ミャーさん
コメントありがとうございます。
言葉が足らず、失礼しました。「プラエ・ティアップ・バラン」として、市場で売られていますね。
果物は、基本的に産地でとて採れたものを頂くか、譲ってもらってきます。旬のものが、一番美味しいですよね。
(Dec 29, 2007 12:31:45 AM)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

お気に入りブログ


© Rakuten Group, Inc.