000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

古河市がんばれブログ

全94件 (94件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

できごと

2015年09月11日
XML
カテゴリ:できごと
2015年9月9日~10日にかけて、関東地方では台風18号の影響を強く受けて秋雨前線が活発化。栃木県・茨城県・埼玉県などで長時間にわたり断続的に激しい雨が降り、その影響で各地で洪水が発生しました。古河市内でも堤防決壊や越水が起こりました。

・向堀川左岸(古河市大堤)状況:堤防越水
・女沼川左岸(古河市下辺見)状況:堤防越水
・宮戸川左岸(古河市久能)状況:堤防決壊(9日24:00)
・西仁連川右岸(古河市東諸川)状況:堤防決壊(10日6:50)
これ以外にもあるかもしれませんので、情報が入り次第、お知らせします。

ご心配いただきましたが、私自身は大丈夫です。少し詳しくお話しますと、9日午後4時半ごろ、道路が冠水し、あやうく浸水しそうになりましたが、なんとかギリギリでとどまりました。翌10日11時すぎに、所用で宇都宮線を利用しましたが、約30分遅延の上、大宮止まりになっていました。

目算ですが、利根川は川幅が通常100m程度が300mほどになり、普段15mぐらいの高さがあるのに5mぐらいまで鉄橋下に迫る濁流にはかなり迫力があり、怖ろしく感じました。古河は9月8日からの雨量が300ミリ前後と観測史上最多でしたが、東部(三和地区)はさらにひどく350ミリ以上でした。

被害を受けられた方、心よりお見舞い申し上げます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ blogram投票ボタン






最終更新日  2015年09月11日 12時39分13秒
コメント(7) | コメントを書く


2015年07月24日
テーマ:鉄道(15580)
カテゴリ:できごと
7月18日、古河駅130周年の記念イベントがありました。古河駅は茨城県で初めての駅です。写真は、小学生むけのクイズ大会をやっているところ。壇上には、古河のゆるキャラ「雪殿くん」の姿も。

古河駅130周年イベント

次の写真は、親子で乗れるミニ電車です。モデルは、秋田新幹線「こまち」のようです。個人的には、新幹線の駅が古河市内に欲しいです。線路はすでに通っているので、その気さえあればできると思います。

親子でこまち

いろいろなハードルがあることは承知していますが、鉄道が国の発展の基礎のひとつであると私は思っていますし、夢を実現するために、どうしたらいいかという考え方をすることが好ましいとも感じています。すべてはリンクしています。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ blogram投票ボタン






最終更新日  2015年07月24日 21時14分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月17日
カテゴリ:できごと
東京は私にとって、たいへん身近な場所です。以前は、東京に通学・通勤していましたし、今でも、仕事や学び、買い物や遊びでよくでかけています。古河は東京に電車で乗り換えなしで小1時間の利便性があるので、同じような市民は多いです。その東京で、いま一番注目を集めているのが、都知事選挙です。東京は日本の首都であり、誰が知事になるかは、国の未来を大きく左右するのですから関心があるのは当然です。東京がよくならなければ、日本はよくならないし、自分のところの地方だけよくなるなんて、ありえないと思うのです。

ところが、原子力発電をやめさせることを主なを公約にしている政治家が有力候補とされていることに、大きな危機感を禁じえません。「未来」というあいまいな話だけではなく、現在の生活に直接的に影響を与え、生活が脅かされる可能性が非常に高く、見過ごせない問題に見えます。だから、これだけは言っておきたい、言わないと後悔すると思い、この文章を書いています。ちょっと長いですが、ご参考にしていただければと思います。

私は、放射能を怖がる方のお気持ちもわからなくはありません。しかし、それは、庶民感情としてです。一般の人なら、知識に乏しく、冷静な判断ができなくても無理はないかもしれない。しかし、為政者は、より正確な情報を知りうる立場にあるのですから、その知識を使い、安心できるよう、人々をなだめるのが責務であり、不安感を利用するべきではないと思います。まして、ご自身が不安な気持ちであるなら、リーダーシップをとる資格はないのではないでしょうか。

「原発ゼロ」の理由は「また原発事故が起こると大変だから」です。思い起こしていただきたいのですが、そもそも福島の事故は、電源全喪失で予備電源も海水でダメになったという特殊要因で起こっています。もう一度同様の状況が起こったら、対応できないのかといえば、十分対応できるではないですか。問題を反省・修正し、さらに安全性を高めるという道も考えられるはずです。それを感情的に全否定するのはあまりにもひどい。

次に、どちらかというと、こちらのほうがメインなのですが、日本の経済・財務状況についてです。これを細川・小泉氏らは、どうとらえているのでしょう? 最近は株価が上がって一時の危機は脱したかに見えますが、安売りをしないと、物が売れない時代はまだ完全には去っていません。まじめに仕事をしていても、経済的に厳しい状態にある国民が多数であるということを、よく認識していただきたいと思います。

即時の脱原発政策を進めるなら、当面頼らなければならない火力発電の燃料費がかさむことは覚悟しなければなりませんが、これがかなり日本経済に重荷になっていて、貿易収支を赤字にしてしまっています。再稼働が進まないならば、副作用で苦しむ国民はますます増えるでしょう。もう少し具体的に、4つの立場から述べてみます。

1.企業の立場:存続が危うい
消費者の購買力が回復しきれていない現状で、商品の価格を上げられない企業は、電力料金の値上げに耐える余裕は少ないです。新しい製品を開発する余裕がなくなり、さらに国際競争力を失って存続の危機に陥ります。

2.国民の立場:弱者切り捨て
企業が危ういということは、働く人も給料等が十分もらえなかったり、失業するおそれがあります。ちょっとした病気やケガなどでクビになり、再就職もできないかもしれません。そうなれば、高齢者や障害者などに回す予算が不足し、弱者切り捨てになります。家族全員困ります。誰もが不安や不満を募らせ、犯罪も増えるでしょう。

3.政府の立場:財政が厳しい
企業が危なくなり、個人消費も期待できないとなれば、当然、税収が上がらなく国の予算が組めなくなります。財政はすでに世界的にみても危機的な状況ですが、現在の生活水準を維持するためには、さらに国債を発行せざるをえず、子供たちに負担を強いることになります。

4.外国の立場:弱体化を喜ぶ
一部の外国には歓迎されるでしょう。日本の企業がコストを理由に海外に生産拠点を移せば、雇用が生まれますし、先端技術も手に入ります。さらに、原発の研究やビジネスを日本がやめれば、ライバルが減って大助かりです。軍事的な圧力もかけやすくなります。日本を追い落とすことが国是になっている国があることを意識しなければいけません。

これらが全て相互に関連しながら雪だるまのように各問題を膨れ上がらせる可能性が高いと私は思います。首相経験者ともあろうお方たちが、何を無責任なことをやろうとしているのでしょう? 私たちは、将来を見通して、貧乏になるのではなく、豊かになる道を選ばねばなりません。選挙権がある方々の賢明なご判断を期待しています。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ blogram投票ボタン

(参考資料)
Global Energy Policy Reserch






最終更新日  2014年01月22日 11時35分22秒
コメント(11) | コメントを書く
2014年01月02日
カテゴリ:できごと
AY005_L.jpg

あけまして、おめでとうございます。年頭にあたり、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。

2014年はどのような年になるでしょうか。まず、昨年を振り返り、そこから今年の方針を考えてみたいと思います。2013年、私が選んだ5大ニュースは次の通りです。

1.景気の先行き明るく
積極的経済政策「アベノミクス」で、不況から脱出する見通しになりました。日本を支える企業が元気を取り戻し、雇用が増えるということは、たいへん喜ばしいことです。ただ、受け身の姿勢でいる人にとっては、あまり暮らしはよくならないかもしれません。自分の役割を自覚し、高めていくように意識を変えることが必要だと思います。

2.オリンピック招致かなう
2020年のオリンピックが東京で開催されることに決定しました。子供たちに夢と希望を与え、外国の方に日本のことをわかっていただく機会として、とても意義深いと思います。簡単にあきらめず、どうすればできるかを真剣に考え、情熱をもって、必要なことをやれば願望はかなうということを教わりました。

3.中国や韓国の対日姿勢、凶暴に
中国は、尖閣諸島の領海に軍艦を繰り返し侵入させ、勝手に日本と重なる防空識別圏をも設定してきました。韓国は、従軍慰安婦を性奴隷だという間違った話を国際社会に向けて声高に主張しています。また、日本企業に対し賠償を求める裁判も行っています。しかも、中韓両国は日本との対話を一方的に拒み続けています。こうした軍事力や嘘を使った日本を貶める活動は本当に残念でなりません。長年の中国や韓国への親近感は完全に打ち砕かれ、危機感を感じています。

4.消費税率8%決定
今年4月から消費税が5%から8%にUPすることが決まりました。増税はあまりうれしいものではありませんが、日本の財政状態が非常に悪いとわかっていますので、年金や医療の制度を維持するために、やむをえないことだと理解しています。税率を上げる以上、本当に必要なところにお金が使われるように見守っていくべきと思います。

5.ゆるキャラ大流行
ふなっしー、くまもんをはじめとした、地域色を前面に押し出したキャラクターが大人気となりました。地域おこしの一つの形です。古河市にも古河藩主・土井利位をモデルにした「ゆきとのくん」がいますが、古河公方末裔の氏姫をモデルにした愛らしい「ももか」も生まれました。関係者の尽力を傍らで見ていて、すごいなと感じました。


これらをふまえると、時代が伝えたいのではないか思うことが、3つあります。

一つ目が「危機感をもつこと」。つまり、外側からの脅威や、内側からのタガの緩みなどを認識するということですね。二つ目が「準備すること」。危機や変化があるからといって、あせったり、不安になるのではなく、本来望むことはなにか、自分が力になれるとしたら何ができるかなどを考えておくことですね。三つ目は「信じて行動すること」。行動すれば必ず何らかの結果が出て、少なくとも成長できます。

これら3点(危機感を持って、しっかり準備し、信じてあきらめずに進む)を繰り返せば、国も、地域も、私たち自身もウマくいくことでしょう(午年だけに)。最後はダジャレになりましたが、ユーモアも大事ですよね。今年もよろしくお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ blogram投票ボタン






最終更新日  2014年01月02日 21時27分15秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年09月16日
カテゴリ:できごと
9月7日に茨城県知事と県議の補欠選挙がありました。橋本知事が大差で6選を決めました。多選はおかしいとおっしゃる人たちもいましたが、これだけの支持を集めるというのは本当にすごいことだと思います。なぜだろう? いろいろ考えられますが、私は思うのです。最大の理由は、私利私欲のために政治をやらないということではないかと。

選挙では、ふつう候補者は「私に投票をしてください、当選したら支持者のために、これこれの公約を実行します」と約束しますよね。意外かもしれませんが、それ、本当はダメだと思います。たとえ、公約を誠実に履行したとしてもね…。なぜなら、それは私利私欲追求の延長でしかないからです。自らの権力闘争と、一部の人のための利益誘導になってしまい、調和のある発展ができなくなります。本人と取り巻きだけはおいしいかもしれませんが、社会問題は解決されず、むしろ大きくなってしまいます。その先に広がるのは荒廃した社会です。

そもそも、政治の目的は何なのでしょうか? 自分のエゴではなく、支持してくれた人達だけの利益でもなく、その土地全体の発展・繁栄を実現することではありませんか? どうなったら、世の中を良くできるのかを全体から考えるのです。政治家には、力による支配者でも、支持者の代弁者でもなく、住民が最高の活動ができる場を作り上げ、提供しようとリーダーシップを発揮する人が真にふさわしいと私は考えています。

橋本知事のおかげで、古河には日野自動車の工場ができ、相当な雇用と税収が見込まれます。これは古河市経済・文化・生活向上の大きな牽引力になり、大変ありがたいことですよね。おそらく、知事は、県全域でこのようなことをなされてきたのでしょう。だから今回の結果があるのだと思います。6期目もこれまで同様のご活躍を期待しています。

それなのに、古河市民は関心が薄く、投票率は27.66%。44市町村のうち、下から7番目でした。特に県議補選があった3市の中で県平均を下回っているのは古河だけ。最低の数字です。あまりにひどく、本当に恥ずかしい限りです。いくら結果の予想がつくからといっても、断じて「投票しても、しなくても、同じ」ではありません。投票行動は未来を考えることなのです。

候補者は票目当てに聞こえのいいことや、ライバルの足を引っ張ることばかり言いがちですので、本物を見抜くためには目利きになる必要があります。私は素人だし、バカだから分からないというのはモノグサの単なる言い訳です。誰もが後の世代のため、未来を創る責任を負っているのです。現在の国際情勢や財政危機を見るにつけ、危うさを感じます。このような政治参加放棄ばかりしているようなら、国が危うくなり、私たちの生活は脅かされるでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ blogram投票ボタン






最終更新日  2013年09月16日 13時57分17秒
コメント(12) | コメントを書く
2013年06月23日
カテゴリ:できごと
昨日の読売新聞の茨城版に「古河市体協 今月末で解散」と報道されました。この一件が市民生活や古河市の今後に大きな影響を及ぼすこととの認識に立ち、新聞をとっておられない方や、県外の古河市出身者にお知らせしておきたいと思います。なお、できる限りの調査はしましたが、関係者ではないため、内部の事情に詳しいわけではありませんので間違いやご意見がありましたら、コメントいただけますようお願いします。

◆古河市体育協会とは?
平成2年設立の公益財団法人で、古河市及び古河市教育委員会から委託を受けて、体育館の管理、市民運動会の実施、市民の健康維持のためのイベントや教室運営、スポーツを通じた全国のスポーツ団体との交流などを行ってきた。

◆なぜ解散か?
前市長が会長を兼務し、一部役員もリコールに伴う選挙で前市長を応援したことを、現市長が問題視し、市から委託することを止めることにしたため。現在、役員は交代しているが、市長は団体の存続そのものを許さなかった。

◆それまで行っていた事業はどうなる?
委託事業は市役所が引き継ぐ。自主事業は廃止。委託事業には、市民体育祭、マスターズサッカー大会、全国高校招待女子ソフトボールフェスティバル、古河まくらがの里・花桃ウォーク、ALL JAPANマレットゴルフ選手権がある。自主事業にはヨガ教室、ピラティス教室、太極拳教室、エアロビクス教室がある。

◆どうすべきか?(私の意見)
市長がなぜ対立路線をお取りになるのかまったく理解できません。健康維持のため通っていた教室がなくなる市民の気持ちをいかが考えておられるのでしょうか。上記事業には私も参加したり、見学したものが多数含まれます。非常に悲しいです。今までボランティアで行われていたことが行政が全面的に担当することにより、財政負担も増えると懸念もされています。昔の優れた武将は、敵国の家臣であっても、いくさが終われば召し抱えたそうではないですか。再考をお願いしたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ blogram投票ボタン






最終更新日  2013年06月23日 13時30分24秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年04月20日
カテゴリ:できごと
先日、東京に行ってきたのですが、古河駅で券売機をいくら見ても、いつも買っていた「都区内りんかいフリーきっぷ」がありません。このブログでも紹介したことのあるあのキップです。窓口に行って聞こうとすると立札がでており、3月31日で販売終了したというのです。…ガーン、ショックでした。

私にとって、東京はワンダーランドです。あっちの博物館、こっちのグルメ、そっちのショップ、いろいろな楽しい遊びや、学び、仕事などのイベントが集まっていて、何カ所も回って用を足してくるのが、子供の頃からの習慣でしたから、寂しいです。聞くと、土日祝日の「休日おでかけパス」は残っているようですが、平日はないというのです。

しかたがないので、予定していたショッピングやサービスの利用に関しては、東京ですることをやめて、市内で済ますことにしました。まぁ、市の経済にはささやかな貢献できましたけどね。ところが、帰りの切符を買おうとすると「都区内パス」というのがあるじゃないですか。これを利用すれば、同じようなことができます。

都区内パスの有効区間の中で古河から最も近いのは浮間舟渡(埼京線で赤羽の2つ手前の駅)ですから、そこまでの往復(820円×2)+都区内パス料金(730円)合計で2370円になり、今まで(2230円)と比べると140円高くなり、キップを買い直す手間がかかりますが、「休日おでかけパス」の2600円よりも安くなります。

さらに、JR線にこだわらない場合は、栗橋までの往復(190円×2)+東武東京メトロパス(1720円)合計で、なんと2100円になります。これは、東京や新宿までJRだけで往復した運賃(2220円)よりもお安いです。時間がかかり、乗り換えなどは面倒になりますが、JRにはない駅にも行けますので、場合によっては、たいへん便利ですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ blogram投票ボタン






最終更新日  2013年04月20日 22時40分27秒
コメント(14) | コメントを書く
2013年04月02日
テーマ:スケッチ(468)
カテゴリ:できごと
日立の実業家で、陶芸家、画家としても活躍されていらっしゃるN先生に、「古河桃まつり」のスケッチを頂いてしまいました。先生が数年前に私の店に立ち寄られたおり、桃まつりのご紹介をさせていただいたのを覚えていてくださったのです。

春盛先生は約3000点もの美術品コレクションをお持ちです。写真を見せていただきましたが、茶道で使う椀やお酒のぐい飲みなどの陶磁器、ヨーロッパの世界最高峰のグラス、さまざまな画風の絵画があり、美術館が作れるほどです。

芸術の世界に入る前、営業のお仕事の道を極められたN先生は、成功の秘訣を「礼儀」と「教養」だと教えてくださいました。また、地域振興から、教育の問題、国際問題まで幅広いお話をうかがうことができ、たいへん勉強になりました。

私のような庶民は、なかなか目先の損得しか考えられないものですが、世の中を繁栄させ素晴らしいところにしてゆくためには、どのように貢献していくべきか、心を開き、大きく、長期的な視点でものごとを考えていくことが必要だと改めて感じました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ blogram投票ボタン






最終更新日  2013年04月02日 21時21分12秒
コメント(6) | コメントを書く
2013年02月25日
テーマ:コーチング(162)
カテゴリ:できごと
2月23~24日は、古河市ネーブルパークにある研修施設「平成館」で行われた【日本コーチ協会 関東4チャプター交流会】に参加してきました。このイベントは、茨城、埼玉、栃木、群馬のコーチング支部が年に1回集まって、合宿形式で学びを深めるものです。今回は第8回目になります。

今回のメインテーマは「自尊感情を高める」で、あるがままの自分に気付き、認め、好きになるということでした。自尊感情を高めることにより、着実に豊かさや成功といった自己実現をしていくことが可能になります。また、周りの人を理解し、なかよくしながら、ともに幸せになっていくこともできます。

多くの参加者と心を開き、数々のワークに取り組むことにより、自分は何に興味を持ち、どのような考え方をする人なのか、客観的にどのようなよいところがあるのかということを教えていただくことができました。もちろん、欠点もありますが、自分はいままでどう生きてきて、現在はどうで、将来どうしていきたいのかということも、はっきりしました。そして、参加された皆さんも同様に晴れ晴れとしたお顔で合宿を打ち上げられたことがうれしかったです。

近年、日本をどんよりした雲のように覆っている閉塞感は、それぞれの人が「自尊心」をもって生きられていないところによるところが大きいのではないでしょうか。かくいう私も自信がぶちこわされ、無力感に襲われ、ズタズタになっていた時期がありました。ほんとうに辛かったです。思い返すと、原因は自分を過信していたことでした。ですから、ここでいう「自信」とは、決して「過信」ではありません。

ニーチェ、カール・ロジャーズ、フレデリック・パールズ、ティク・ナット・ハンら偉人たちの名言も教えていただきましたが、結局、目指すところは全て「自分を適切に生かすこと」だと、私は受け取りました。つまり、自尊心を持つことができれば、私たちは今よりもっとできるようになるということです。逆に、自分を生かすことができなければ、心から望むような人生を手に入れることなど到底不可能でしょう。

物質的裕福さや成功を手に入れたり、形だけの安定や快楽を得るだけならば、いろいろな生き方がありますが、その中で自分が心から満足できる道は自分を存分に生かすこと以外にないと思います。それが可能だという確信が自信なのだと思います。自尊心を持った人が増えれば、その人も、周りの人も、地域も、日本という国も、そして世界もハッピーになっていく、私はそう信じます。

それにしても、このような素晴らしいイベントが、毎年、地元の古河で行われていることは、たいへんありがたいことだと思います。プロコーチでなくても参加できますので、来年はいらっしゃってみてはいかがでしょうか。あらかじめ「コーチング」について学んでおかれると、より大きな成果を得ることができます。一度、図書館や書店で心理学や自己啓発書のコーナーに行ってごらんになってみてください。また、講演会やセミナー等に参加されることもオススメです。

古河市内には【Coaching Lab】代表の長谷川英輔コーチが開かれている【未来楽考】という毎月の勉強会があります。私も学ばせていただいており、毎回成長している自分を感じられています。よかったら、ご一緒しませんか? ともにレベルアップし、さらに元気になっていきましょう。市外の方もたくさんいらしてますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ blogram投票ボタン







最終更新日  2013年02月25日 16時08分23秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年01月24日
カテゴリ:できごと
一昨日の新聞で読みましたが、以前、市長選で前市長の対立候補(現市長)を応援した建設業者2社が市の仕事の請負の入札から排除されたとして裁判を起こし、市側の敗訴がこのほど決定しました。求められた1936万円のうち、市はまず1861万円を業者に支払ったそうです。

たいへん遺憾です。市は「排除していない」と主張してきましたが、仮にあったとしても、その処分をやめてもらえればよかったはずで、損害賠償の問題にする必要は無かったのではないでしょうか。そもそも、建設業者が市長選挙を応援することはよいこととは思えません。当選したら取り立ててもらえる期待があるのですから、応援した人が落選すれば冷遇されるのは覚悟しなければならないはずで、実際にそうなってしまったからといって、それを補償してもらうのはどうなのでしょうか。

言っておきますが、私は、どちらの市長も、いずれの建設業者も責めるつもりはありません。そういう慣習があったなら、しかたなかったのかもしれないからです。私にはわからない「事情」があるのかもしれません。とにかく、誰かを非難しても過去はもどってきません。大切なことはこれからのことです。もう二度とこのようなことを起こさないでほしいのです。リコール問題の根っこにこのような事があり、市の未来がこういうもので左右されるとしたら、わたしたち市民としてはたいへん困ります。

こういうことを続けていると、政治家も建設業者自身だって困ったことになるでしょう。今の時代はネットで情報発信や共有が簡単にできるため、従来の「常識」が今までのようには通らなくなってきていると感じます。元民主党代表の小沢さんがよい例でしょう。従来のやり方を改めなければ、最後にはみんなからそっぽを向かれて寂しい結果になってしまうと思いますよ。

人間関係は、「絆」として使うなら、たいへん素晴らしいものです。公益のためという理想があり、お互いが連携して得意なところを持ち寄って、助け合えば相乗効果がでるからです。しかし「しがらみ」はいけません。恩をうって、それを足掛かりに個人や仲間内の利益を優先すれば、ときに敵を作ったり、仲間以外の人々の思いをないがしろにしてしまったりします。

これからは、こういう慣行はもうやめて、倫理観をもって、私欲を捨て、なにが公益になるかを考えた行動をお願いしたいと思います。これは「きれいごと」ではありません。ちょっと発想を変えれば可能なことです。では、どのように考えればいいのでしょうか? それは「富は奪い合うべきものではないと認識すること」だと私は考えます。

限られた仕事を、多数の業者が奪い合う構図と思えば、なるほど、自分がライバルに勝たねばならないと思いこんでしまいます。それはとても苦しいことということは容易に想像がつきます。入札に勝つために無理して値引きをして、適正な儲けがなく、工事の質が落ちてしまっては何にもなりません。またそうしたら最悪な話、事業が続けられなくなってしまうかもしれないでしょう。

そもそも、価値は値段の安さだけで決まるものではありません。ていねいにやるのも価値、アフターの面倒見がいいのも価値、必要のないことはなくても大丈夫ですよと言うのも価値です。安心の材料を使うのも価値だし、最新の工法などを勉強して説明するのも価値です。そして、大手ゼネコンの下請けをやるのではなく、自分が作るならこうあるべきだという提案をする価値はいかがでしょう?

こう考えてください。古河市の未来を設計して作り、それで市が発展すれば、仕事そのものが増えると。市民や市の担当者と一緒になり、みんなで夢と希望を育み、アイデアをもらいつつ、悩みを相談して解決しながら前進していく。それは「プライスレス(価格がつけられないほど価値があること)」です。なぜ低レベルの争いを続ける必要があるというのでしょうか。

いま、建設業者さんは、「土建屋」と呼ばれてイメージがあまりよくありません。そこから脱皮してほしいと思います。「コンクリートから人へ」といううたい文句がありましたが、とんでもありません。建設の使命は、コンクリートを使って人々を豊かにすることです。学校も病院もコンクリートなしではできません。みんなが使い、役に立てるものを作るという、みんなを幸福にする仕事なのです。どうか自信をもって、いい仕事をなされるよう希望します。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 古河情報へ blogram投票ボタン






最終更新日  2013年01月24日 13時09分53秒
コメント(10) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全94件 (94件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.