000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塾講師ママ中学受験サポート国語-合格だけでいいんですか-

塾の教室で一波乱

■ 塾の教室で一波乱


私が担当していた教室でこんなことがありました。

ある日、全ての授業が終わり片付けをしていたときに、小4の女の子の保護者からお電話がありました。
「うちの娘が、泣きながら手紙をわたしてきたんです。
 塾で見つけたその手紙には娘の名前と『死ね』と書かれていて・・・。
 先生、話を聞いてやってもらえますか?
 私もくわしく聞いてみます。
 こんなの気にしないでがんばろうねと言ったら、
 うん。もういい。って言うんですけど・・・」
と。

私はとにかくびっくりしまして、すぐに翌日の授業の時間よりも早く教室に来てもらえるようにお願いしました。

仮にその女の子の名前を「菜穂ちゃん」とします。
翌日、早めに来た菜穂は、くしゃくしゃになったルーズリーフ1枚を差し出しました。
そこにはシャープペンで「菜穂 死ね」と書かれていました。
そして、菜穂は「たぶん詩織ちゃんだと思う。」というようなことを言いました。

菜穂と詩織は元々幼馴染で、菜穂の方が先に入塾してきて、半年後に詩織も入塾。
菜穂は小4としては平均的な学力です。明るくて友達も多い。
詩織は、やや精神年齢が高めというか落ち着いたお姉さんと言う感じです。
学力は高く、授業で積極的に挙手することはほとんどないですが、よく理解しているのはきちんと整理されたノートや提出されたプリントなどを見ればよくわかります。
二人はほとんど毎回いっしょに塾にやって来ているし、よく小さなメモのような手紙を交換しているのも見かけていたので、私達は二人は仲良しなんだと思っていました。
なので、ここで詩織の名前が出てくるのはびっくりしました。
講師や大人の前での振舞いと子ども同士の中では別という子は多々いますので
断言はもちろんできませんが・・・詩織が犯人というのはたぶん彼女の誤解ではないかと思いました。

「詩織とは仲良しじゃないの?けんかでもしたの?」
「・・・わからない。」
「どうして詩織だと思ったの?」
「他の人じゃないと思ったから。」
「これ、どこで見つけたの?」
「教室の後ろのゴミ箱。くしゃってなっていたけど私の名前が見えたから拾って開いた。」

ちょうどそこへ詩織が教室へやってきました。
菜穂と私のいた個室とは別の教室へ詩織を呼び、
「ねぇ、変なこと聞いてごめんね。菜穂と最近けんかした?」と聞きました。
「・・・。けんかはしていないけど、最近菜穂ちゃんに避けられてる。」
「そうなんかぁ。何か心当たりある?」
詩織は首を横に振ります。
「なんか菜穂、変な手紙もらったって悩んでるみたい。」
「悩んでるん?だから私の話しかけたん聞こえんかったんかな・・・。」
「詩織は菜穂のことどう思ってる?」
「私は菜穂ちゃん好きやねんけど・・・なんで私のこと避けてるんかなぁ・・・。
 なんか怒らせてしまったんかな。今日もいっしょに行こうって言ったけど、用事あるからって言われた。」
と詩織の目がうるうるしてきました。
「菜穂、『死ね』って書かれた手紙もらったんやって。」
「え??ひどい!そんなん。」
詩織は、そんなひどいことを私の友達の菜穂ちゃんにする人がいるなんて許せない!というような感じです。
決してごまかすとかそういうのではなく。
やはり詩織は全く無関係のようです。
とにかく詩織だと思っている菜穂に、手紙の主は詩織では決してないということそれだけはちゃんと伝えないと。
「菜穂は、何か詩織について誤解してるところがあるから、それは先生からも話してみるね。早く仲直りできるといいね。」
と、ひとまず詩織は教室に戻りました。


もう一度「菜穂 死ね」と書かれた紙を見て、なんだか違和感を覚えました。
ちょうど算数の講師が会議を終えて教室にやってきました。
事情を話し、あのメモを見せました。
算数では毎回、宿題のまちがい直しをさせる復習ノートをチェックしています。
講師は、しばらく見て言いました。
「これ、詩織の字では絶対ないわ。あの子はノートの罫線無視して字書けへんし。
 つーか、これ菜穂の字やと思うけど。」

私はちょうど全員集まった小4のクラスの生徒に白い紙を配り、
適当に話をしてこじつけながら、
「みんなこのクラスで、よくしゃべる順番に上から名前書いていってくれる?
 男子とか女子とかであまり名前を知らなくて名字だけとか名前だけでもいいから。
 どのぐらいの人間関係ができてるんかな~と思って。
 それに、仲良し同士宿題写しあいとかしてもこれで先生把握したからバレるよ~。
 そんなバカなことしないと思うけどね、念のため。」
素直にみんな書いてくれたので、それを確認してみると、
女子は全員菜穂の名前を書きましたが、
全員「穂」の字は書けず、「なほちゃん」とか「菜ほちゃん」という書き方でした。
前日ゴミ箱は掃除したばかりですし、そうすると使用したのは小4のこのクラスのみ。
この手紙、菜穂自身が書いたことはまちがいなさそうです。

そして、よく考えてみたら、本当に塾のゴミ箱でこのメモを発見したとしたら、
菜穂の性格からいくと真っ先に私のところへ持って来てうったえるはずです。
毎回授業前後には、学校であったことやテレビのこと、好きなキャラの話をしにくる彼女が
この件だけひたかくしにして、家で母親に泣き出して訴えた・・・というのは、
不自然な感じがします。

授業後、菜穂に改めてメモの発見時の話を聞いてみると、授業前に聞いたときとくいちがうことがいくつもありました。
問い詰めると、とうとう自分で書いたことを認めました。

幼馴染の詩織が自分よりも後に入ってきたのに、テストで自分よりもいい点数をとったことに焦ったこと。
自分の母親が、詩織ちゃんの母親に自分のことをのんびりさんで困ると言っているのを聞いて、詩織を悪者にすれば自分の味方をしてくれると思ったこと。
3歳の弟はみんなにやさしくされてて羨ましいこと。
私は叱られてばっかりな気がすること。
理科の講師が、詩織のノートがきれいだと誉めたことがくやしかったこと。
(理科の講師は女子に人気がある。)

詩織ちゃんは悪くない・・・詩織ちゃんみたいに私もなりたい・・・。
と泣きながら言っているので、詩織に一生懸命謝ったらきっとわかってくれるよ。
と。

そして、菜穂のお母さんに電話を入れました。
事情を順を追って話ますと、
「実は最初にメモを見たときに、ちらっとそんな気がしたんです。」と。
「でも、泣きながら訴える娘を頭から疑うことをしたらいけないような気がして、
先生に相談させてもらいました。」
私達に電話をしているすぐ横に菜穂がいたので、詳しくは話ができなかったようです。

最近、今まではノータッチだったお父さんも点数や宿題に口を出すようになったこと、
3歳のまだ小さい弟に対してはおじいちゃんもおばあちゃんも甘いので、
弟がお菓子食べたり、テレビを見ているときに、一人塾へ行くのも本当はすごくがんばってたんですね。
ほめて欲しかったんですね。よしよしってして欲しかったんですね。
反省します。とおっしゃっていました。

自分を見て!
私も誉めて!
あの子ばっかり誉めないで!
彼女なりのSOSだったのですね・・・。
こんな形はもちろんよくないですけど、それに至った彼女の気持ちを考えるとね。
精一杯自分を優しく受け止めてくれる方法を考えたんでしょう。
優しくよしよしとなでて欲しいイチバンの相手がお母さんだったから、お母さんに見せたのだろうなぁ。
最初は、小4の子どもが自分の名前と「死ね」なんてメモを自作自演するなんて・・・と信じられない思いでしたが。

何年も前のことなのによく覚えています。

その後、間もなく菜穂と詩織とは仲良くいっしょに来るようになりましたし、お母さん同士も仲良くされていました。
お子さん同士が仲たがいをして、親御さん同士が仲たがいして、子ども同士は仲直りしても親同士はできないというケースもけっこう多いんですけどね・・・。


難解な問題をすらすら解くようになっても、生意気な口をたたくようになっても、
そこは年端もいかない小学生。
わけもなく甘えっこでありたいときもあるようです。
いっしょにお風呂に入るとか、いっしょに眠ったら子どもの顔に戻るよなんておっしゃるお母さんもいらっしゃいました。
両親とおやすみのハグは絶対に欠かさないというお宅も。
親が自分のことを大好きであるという当然と言えば当然のことですが、
それをちゃんと実感している子は、頑張りぬくパワーにつながると思います。

ときには無条件に大好きなんだよって、実感させてあげるのも大事かもしれませんね。
小さいときのアルバムやビデオ、ひっぱり出してみませんか?


私も大人になってからですが、
子どもの頃の写真を見ながら、
写真って、映っている自分を見つめる親の視線を形にしたものなんだなってことに
気づいたときなんだかすごく大きな安心感というか、幸せな気持ちに包まれました。



応援のクリック1票よろしければ、お願いいたします。↓
 応援してくれてありがとうございます(*'-'*)/  


TOP(FREE PAGE 記事一覧)にもどる。

次の記事「叱り方テクニック」を読む。






Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.