000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塾講師ママ中学受験サポート国語-合格だけでいいんですか-

~君こそ勇者だ!

□授業前のお話シリーズ~君こそ勇者だ!


テレビゲーム好きな人、正直にどのくらいいる?
(クラスのほとんどが手を挙げました。)
ロールプレイングゲームに、ドラクエっていうのあるよね?
マリオでもいいや。知っているの想像してみてね。

主人公の勇者が自分で、(「勇者」と板書。)
敵をいっぱいやっつけてって、(「敵」と板書。)
経験値をあげていくと、(「経験値」と板書。)
どんどん強くなる。
スライムとか、(スライムの絵を描きました。)いわゆるザコキャラを
たくさんたくさんやっつけて、経験値アップさせて、
強い敵をやっつけるための武器を集めて、(「武器」と板書。)
呪文とかも覚えて、(「呪文」と板書。)
旅をしていって、最後の最後に強いボスをやっつけて(「最強の敵」と板書。)
最後、姫を助けたりするの。

これって、勉強と似てると思わない?
勇者は「受験生」つまり、君自身。(さっきの板書に書き込んでいきました。)
「宿題」っていうスライムをやっつけて、経験値を上げる。
「解法」「公式」という武器と呪文を覚えて、使いこなして、
「模擬テスト」っていう、中ボスっていうのかな、ちょっと強い敵と戦う。
経験値が低いとぼろぼろにやられる。
経験値が高い人ほど、強い敵、つまり難しい問題も倒せる。
最後のボスは、「入試本番」だね。

自分の頭の上に、「経験値 35」とか「アイテム 扇形の面積の公式」とか
表示されているのを想像してごらん。
先生達は、商人か魔法使いだね。
武器を売っている人とか呪文を教えてくれる人。
せっかく買った武器、使い方をマスターする前にさびつかせてないかな?
せっかく覚えた呪文、練習しないまま忘れてないかな?
必要なときに、さっと使えるように訓練しているかな?
そんなんで強い敵が来たらどうなる?
スライムだからって手を抜いていたら、ボスはやっつけられないぞ!

「あ~、テレビみたいな。でも、塾の宿題しなくっちゃ。」
ってとき、今の君らはテレビ見ちゃうでしょ?
そんなとき、
「勇者は、テレビを見た。経験値5下がった。」となってるってわけだな。
そこで、ぐっとこらえて宿題やって、
「勇者は、武器の使い方をマスターした。経験値15上がった。」
となると、気持ちよくない?
さらに宿題は、みんなやって当たり前でしょ?
だからその上に復習もやったら、みんなより経験値がもっと上がるよ。

「勇者は、計算ミスを連発した。」
「勇者は、問題を読み間違えた。」
「勇者は、時間配分を失敗した。」
・・・こんな勇者になりたくないでしょ?

なんとなく勉強しているとか、なんとなく塾へ来ているとか、
そういうのでは力はつかないよ。
目標を持とう。「入試」って言われても、なんかわかるようでわからないよね。
だから、知っているいちばん強いボスをイメージしてごらん。
自分が主人公。
どんな主人公なら、その敵をやっつけられるか。

テレビ見まくって、ゲームしまくって、武器さびつかせて、呪文忘れた勇者は、勝てなくて当たり前でしょ。
どんな勇者なら、勝てそう?(子どもたちに尋ねました。)

・「経験値高いやつ。」それは、勉強で言えばどういうこと?
 「たくさん問題解いてる人。」

・「たくさん武器を持っている」・・・「授業に集中して、大切なことを身につけている人」

・「呪文を使うときにちゃんと使う」・・・「公式とか覚えないといけないことを正確に覚えている。」

そうだね。今日というチャンスは、今日だけです。
今日習った武器を放っておいたら、来週はまた新しい武器を買うわけだから、
どんどん武器はさびていくよ。
今日買った武器は、今日、明日のうちに練習して、経験値をアップさせておこう!

では、選ばれし勇者たちよ、今日の武器をしんぜよう。笑
テキスト○ページ開いて。




※このブログを応援してくださる方は、こちらをクリックしてくださいますようお願いします。
1日1クリックカウントされます。
   <(_ _)>今後の更新がんばります。→応援してくれてありがとうございます(*'-'*)/  

次の記事を読む。

TOP(記事一覧)に戻る。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.