1317222 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塾講師ママ中学受験サポート国語-合格だけでいいんですか-

2006年08月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
夏期講習も後半。ゴールも見えてきました。
・・・で、学校の宿題の方は大丈夫ですか?

今の自宅からいちばん近い校に、差し入れ持ってのぞいて来ました。
息子つきなので、ささっと帰るつもりをしていたのですが、
なんと偶然、私の校の卒業生二人が差し入れ持って教室に来ていました!
夏期講習中の夕方はだいたい2校にほとんどの講師が集結するので、
知っている先生はたぶんここにいるだろうとこちらの校に顔を出したとか。
高2の女子二人。しかも、手焼きのケーキまで持ってきてくれて。
この二人は、小学校も進学先の中学もちがうので、接点は塾のクラスだけです。

うち、卒業以来でほんとに久しぶりであったKさんの方が、
「先生!めっちゃ久しぶりっ!!私のこと覚えてますかぁ~?」小6のときから、めずらしいぐらいに全く変わっていないので、もちろんわかってます。
お兄ちゃんもお母さんも、お気に入りのブランドも覚えてるさ~。笑。
彼女が続けた言葉が・・・
「面接の練習のときに、最近読んで心に残った本は?と聞かれて、
 『白雪姫』と答えたKですよ。」
・・・なんちゅー自虐的な自己紹介。横で聞いていたS先生、爆笑です。
その場にいなかった先生まで知っているエピソードだからね。笑。
面接で、『白雪姫』はないでしょう・・・せめて『ハリーポッター』ぐらい読んで~と
言ったのを思い出します。


生徒達が最後の授業を受けている間、事務室で少し話をしました。
そこでKとTが、当時の話をたくさんしてくれました。

「あの頃、なんでこんなにいろいろ言われるの?あ~まだあれもしないと、これもしないと!
 と追われていたけど、でもなんでかI先生が怒っても、Y先生が怒っても、
 うちらのこと思ってくれてるんやなぁ~とうれしいなぁ~と思えてがんばれたよ。
 今、高校の先生はあそこまでは思ってくれてないよなぁ・・・Tそう思わへん?」「うん。」

「それは、君らが高校生だからよ。先生が相手したのは小学生のKとかTとかやもん。
 今なら、また別の方法があるよ。あのときのやり方どおりではないよ~。
 高校の先生は高校の先生で、ちゃんとみんなに合わせてくれてはると思うよ。」

「そうなんかぁ。でも、あのとき、自分はこんなにがんばれるんや!根性あるやん!
 ってちょっと誇らしげやった。今、ちょっとぐらいしんどくても、あのときに比べたら
 ましやんかって思えるんよ。あのときの自分が、けっこう好きやねん。
 先生らに愛されてたからと思う。あれって愛やんな~。
 めっちゃ感謝してるねん。ほんまに・・・。」

うれしくってちょっと泣きそうになりました・・・。
そこに、彼女達の2学年上でこの春から大学生でもあり、
塾の個別指導部門の講師もしてくれている卒業生も合流してくれて、
みんなで合宿の話とか、何先生にこんなこと言われたとか、思い出話に花を咲かせました。

また、ちょうど授業を終えて教室から出て行く生徒の中に、
同じ学年だったIの妹を発見し、「お姉ちゃんにわたして!」と
メールアドレスを書いたメモを預けていました。
同窓会みたいなことを企画しているようです。(^-^)

卒業生は、従妹・従弟のようです。
いや、実際の妹とは半年に一度くらいしか会っていませんでしたから、妹・弟以上かも。

私が思い描いていた教室像。
子ども達が過ごす濃密な時間を受験戦争ではなくて、受験で成長する時間とすること。
そこに緊張感、充実感、達成感を感じ、精神的な成長をさせるのが大切で、
精神がゆがむような受験はたとえ合格したとしても、「失敗」だと思う。
むちゃくちゃな勉強法や人を蹴落とすような方法はさせなかった代わりに、
言葉遣いや生活習慣などはかなり口うるさく指導してきました。

卒業生が今通学している学校をグチっぽく話すとき、
進路指導がまちがっていたのではないか、もっと彼に合った学校を提案できたのではないか
と考えます。どこかで何か力になれたのではないかって。

卒業生が何年も経って振り返って、当時の時間を肯定してくれたとき、
ほっと安心すると同時に、すごくすごくうれしい幸せな気持ちになります。



→ 応援してくれてありがとうございます(*'-'*)/  
※久々の更新、夏バテ気味に活を入れていきます!ぜひこちらをクリックしてくださいますようお願いします!

今後の更新がんばりますのでぜひお願いします。*


TOP(FREE PAGE 記事一覧)にもどる。






最終更新日  2019年12月07日 23時35分50秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


中学受験は親の受験/伸びる息抜き法


小学校の国語と中学受験の国語は全くの別物


「行きたくない」と言う時期


塾内偏差値と塾の意図


偏差値が上がらない(>_<)なぜ?


国語が苦手なら


国語・物語文対策


低学年の学習について 1


低学年の学習について 2


低学年の学習について 3


目標偏差値の信頼度


主体的学習のススメ


「ここ教えて」って質問にきたとき


自分に厳しくなれる?〈1〉


自分に厳しくなれる?〈2〉


精神年齢を上げたい!


読書のレベルアップ


食生活が合否を分ける?


勉強ばっかりでかわいそう・・・?


国語・語彙力


教育効果の高い生徒


アドバイスをもらいやすい生徒


小学校へ行く意味


エコへの意識


公立高校入試問題の国語を教材に


小学生の万引き


小学生の万引きのつづき


表現力を伸ばしたい


やればできる子を伸ばすために


テストに出るのは「例外」ですが・・・


5行の詩で想像力をチェックしてみよう


アルバイト講師の良し悪し


中学受験と習い事


塾の教室で一波乱


叱るにも技術がいる


たまったプリント処分で復習作戦


あいさつを見直すと集中力が上がる


個性を生かしていきる条件


俳句や短歌の単元


中学受験塾 manavi マナビ 生徒募集要項


◆中学受験・塾物語〈第1話〉


◆〈第2話〉


◆〈第3話〉


◆〈第4話〉


◆〈番外編〉


◇〈第6話〉


◇〈第7話〉


◇〈第8話〉


■〈第9話〉


■〈第10話〉


■〈第11話〉


■〈第12話〉


■〈第13話〉


6年生


合格1つは必ず


入試直前・子どもたちの不安


入試当日。


面接/自分の長所


入試当日までのおまじない


受験校と進学校


不合格という結果について


授業前のお話~授業をいかそう


~たとえば忘れ物をしたとき


~君こそ勇者だ!


~呪いをかけるか、魔法をかけるか


~君が主人公なんです


~めんどくさいことが作るもの


~数の世界の神秘


~占い勉強法(?)


~朝顔が花を咲かせる条件


~イヤな気分は過去に


~サンタはいるかいないか


~未来の自分はどこから来るの?


プロフィール


toyo-manavi


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.