1344436 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塾講師ママ中学受験サポート国語-合格だけでいいんですか-

2016年03月05日
XML
カテゴリ:国語
「話し言葉」と「文章言葉」という言われ方をしていますが、
日本語の場合、相手との意思疎通がうまくいけばいくほど省略する傾向にありますよね。
特に価値観が一致している間柄でしたら、以心伝心、阿吽の呼吸、言葉すら必要なくなることも。

よく出される例ですが、ファミリーレストランで
「迷うなぁ。今日、ぼく、ハンバーグ。」。

家族で行ったレストランで、
「今日のぼくの夕食に何を食べようかな。メニューがいろいろと魅力的で迷ってしまう。
 決めた。ハンバーグを注文することにしよう。」
とは言わないですよね。こんなことつぶやいている人、逆に違和感あり。

女子高生の「かわいい~」もそう。多くの情報が省略されているけど仲間内では十分に伝わりますよね。
色合いがどうの~とかニュアンスが~とかよりも「かわいい~」の方が通じる。

お互いの関係性が成り立っていると、言葉はどんどん省略されていく「会話言葉」。
文字で伝える際には、それとしっかり区別する必要があります。

日常生活の中では、自分の気持ちを少ない言葉で理解してくれる家族や友達と会話をしているのですから、その切り替えを意識できていなくて、試験で言葉が足りず減点されるケースが多いです。


物語文を読んで、「―線部の気持ちを答えなさい。」という設問があったとします。

・「すごく悔しかったから。」 足りません。       

・「信じてくれなくてすごく悔しかったから。」足りません。

・「サトシ君が信じてくれなくてすごく悔しかったから。」足りません。

・「ぼくじゃないのにサトシ君が信じてくれなくてすごく悔しかったから。」足りません。

・「サトシ君の作品が壊れたのは自分のせいだと疑われて悔しかったから。」OKです。


今、本文も何もない状態で↑を見たので、みなさんは不十分な解答と十分な情報の解答とのちがいがすぐにおわかりいただけたと思います。
しかし、本文を読むとその情報が自分の解答の隙間を補ってくれてしまうので、生徒達は、「信じてくれなくてすごく悔しかったから。」と書いたまま次の問題にいってしまうのです。

採点者は、本文を読んでいないわからずやの怖いおっちゃんだと思ってください。
特に字数制限がない問題の場合には、詳しすぎるぐらいでちょうどいいと思って、必要な情報をきちんと明記する練習を積んでくださいね。



ちなみに就活の履歴書でも、「会話言葉」で書いてしまう学生もいるんですよ。困ったものです。
「こう見えて実は」とか。履歴書に。  あなたの姿、見たことないし。
「○○が好きで、だから頑張れました。」頑張るって何をどんなふうにどうしたことを指しているの?


必要な情報は入っていて、かつ端的にまとまっている説明ができるというのは、社会に出ても活躍できる部分ですよね。練習積めば積むほど、できるようになります。







最終更新日  2016年03月05日 23時09分05秒
コメント(0) | コメントを書く
[国語] カテゴリの最新記事


PR

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


中学受験は親の受験/伸びる息抜き法


小学校の国語と中学受験の国語は全くの別物


「行きたくない」と言う時期


塾内偏差値と塾の意図


偏差値が上がらない(>_<)なぜ?


国語が苦手なら


国語・物語文対策


低学年の学習について 1


低学年の学習について 2


低学年の学習について 3


目標偏差値の信頼度


主体的学習のススメ


「ここ教えて」って質問にきたとき


自分に厳しくなれる?〈1〉


自分に厳しくなれる?〈2〉


精神年齢を上げたい!


読書のレベルアップ


食生活が合否を分ける?


勉強ばっかりでかわいそう・・・?


国語・語彙力


教育効果の高い生徒


アドバイスをもらいやすい生徒


小学校へ行く意味


エコへの意識


公立高校入試問題の国語を教材に


小学生の万引き


小学生の万引きのつづき


表現力を伸ばしたい


やればできる子を伸ばすために


テストに出るのは「例外」ですが・・・


5行の詩で想像力をチェックしてみよう


アルバイト講師の良し悪し


中学受験と習い事


塾の教室で一波乱


叱るにも技術がいる


たまったプリント処分で復習作戦


あいさつを見直すと集中力が上がる


個性を生かしていきる条件


俳句や短歌の単元


中学受験塾 manavi マナビ 生徒募集要項


◆中学受験・塾物語〈第1話〉


◆〈第2話〉


◆〈第3話〉


◆〈第4話〉


◆〈番外編〉


◇〈第6話〉


◇〈第7話〉


◇〈第8話〉


■〈第9話〉


■〈第10話〉


■〈第11話〉


■〈第12話〉


■〈第13話〉


6年生


合格1つは必ず


入試直前・子どもたちの不安


入試当日。


面接/自分の長所


入試当日までのおまじない


受験校と進学校


不合格という結果について


授業前のお話~授業をいかそう


~たとえば忘れ物をしたとき


~君こそ勇者だ!


~呪いをかけるか、魔法をかけるか


~君が主人公なんです


~めんどくさいことが作るもの


~数の世界の神秘


~占い勉強法(?)


~朝顔が花を咲かせる条件


~イヤな気分は過去に


~サンタはいるかいないか


~未来の自分はどこから来るの?


プロフィール


toyo-manavi


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.