000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塾講師ママ中学受験サポート国語-合格だけでいいんですか-

2016年10月04日
XML
カテゴリ:つぶやき
昨日は、大学で1コマ、短大で2コマ、manaviで2コマ授業をしました。

まず朝、大学1回生の授業。もう半年のつきあいがあります。
私は学部内学力テスト最下位のクラスを担当していますが、非常に意欲的に取り組めているので、彼らはきっとこれから伸びていきます。
講義のポイントを活用しまずまずのレポートが書けるようにはなってきていますが、誤字が多いです。
「特微がある」「講議」「初体面」「思孝」「文野」…積み重ねてきている人とそうでない人とこういう点でも差がつきます。
どの学生も見た目はしらけているようですが、なんやかんや言って真面目にやるんで、一つ一つ指摘して修正しています。

学ぶ意味に納得がいくと、最近の学生は本当によく頑張ります。
朝1限目ですが、うたたねもいません。無駄に私語をする人もいません。
テキストにもびっしり書き込みをしています。
レポートに「生まれて初めて勉強が楽しい」「大学入って学ぶことって大事だなと思えた」とありました。「人生で今、いちばん勉強しています。」とも。

何週間か授業を重ねているからこそ、こちらもその変化に気づきますし、認めて言葉にしていくことも可能です。「褒める」効果は、大学生にも同じです。必要です。

単発の講座だとはなかなかこうはいきません。
100名ほどのクラスで、やはり後ろの方の座席の学生さんは最初から机につっぷしていたり、
こっそりスマホをいじっていたり、なかなか難しいですね。
限られた時間でカリキュラムまで進みたいですし、初対面に説教されても聞くようなら初めからそんな態度ではないわけで…。
目をキラキラさせて聞いてくれている学生さんが受け止めてくれている手応えを感じて、時々オチをつけた具体例を出し、より噛み砕いて説明したりしていくうちに、私語とうたたねはなくなったように見えましたが、もう少し伝えたいことがあるのになと思うこともあります。
だいたいそういう日は悪夢を見ます。
巨大化した虫の世界にいる夢見ることが多いです。

そして、夜は塾の教室で4年生と5年生のクラスの国語。

あぁ、やはり子供たちのパワーはすごいですね。
「大造じいさんとがん」を一部だけでなく、お話全編通して読み込んでいったのですが、
もう目をキラキラさせて、大造じいさんと残雪の知恵比べを楽しんでいます。
そうなんですよね。
「楽しめる」のです。
言葉の世界から広がるイメージや「たかが鳥」と言っていた最初のシーンから、最後のシーンでは「おれたち」ということの変化など、単なる字面からの情報だけでなく、光や温度や心の動きをつかむ練習をしてきた子ども達は、楽しむ力が強いです。

小中学生の間に、もっと日本語の知識を持って、伝わる面白さ、伝える技術を使いこなす楽しさというものをつかんでもらいたいと思っています。
コミュニケーションとして、まずは母国語のスキルに自信を持つこと。
古典や漢文を削ってでも、そちらに力を入れるべき時期ではないかと、そういうのができてから英語じゃないかとも思います。

そして、付き合いの長さは、教育効果には大きいものがあると実感します。
もちろん出会った生徒さん学生さんすべての応援を全力でしますが、
生徒さんの性格や現在の得意分野と課題を知って授業すると、それだけ教育効果も高いです。
厳しい言葉も、心からの称賛も。共有する時間が長ければ、それだけ応援の力も入ります。






最終更新日  2016年10月21日 01時08分48秒
コメント(0) | コメントを書く
[つぶやき] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


中学受験は親の受験/伸びる息抜き法


小学校の国語と中学受験の国語は全くの別物


「行きたくない」と言う時期


塾内偏差値と塾の意図


偏差値が上がらない(>_<)なぜ?


国語が苦手なら


国語・物語文対策


低学年の学習について 1


低学年の学習について 2


低学年の学習について 3


目標偏差値の信頼度


主体的学習のススメ


「ここ教えて」って質問にきたとき


自分に厳しくなれる?〈1〉


自分に厳しくなれる?〈2〉


精神年齢を上げたい!


読書のレベルアップ


食生活が合否を分ける?


勉強ばっかりでかわいそう・・・?


国語・語彙力


教育効果の高い生徒


アドバイスをもらいやすい生徒


小学校へ行く意味


エコへの意識


公立高校入試問題の国語を教材に


小学生の万引き


小学生の万引きのつづき


表現力を伸ばしたい


やればできる子を伸ばすために


テストに出るのは「例外」ですが・・・


5行の詩で想像力をチェックしてみよう


アルバイト講師の良し悪し


中学受験と習い事


塾の教室で一波乱


叱るにも技術がいる


たまったプリント処分で復習作戦


あいさつを見直すと集中力が上がる


個性を生かしていきる条件


俳句や短歌の単元


中学受験塾 manavi マナビ 生徒募集要項


◆中学受験・塾物語〈第1話〉


◆〈第2話〉


◆〈第3話〉


◆〈第4話〉


◆〈番外編〉


◇〈第6話〉


◇〈第7話〉


◇〈第8話〉


■〈第9話〉


■〈第10話〉


■〈第11話〉


■〈第12話〉


■〈第13話〉


6年生


合格1つは必ず


入試直前・子どもたちの不安


入試当日。


面接/自分の長所


入試当日までのおまじない


受験校と進学校


不合格という結果について


授業前のお話~授業をいかそう


~たとえば忘れ物をしたとき


~君こそ勇者だ!


~呪いをかけるか、魔法をかけるか


~君が主人公なんです


~めんどくさいことが作るもの


~数の世界の神秘


~占い勉強法(?)


~朝顔が花を咲かせる条件


~イヤな気分は過去に


~サンタはいるかいないか


~未来の自分はどこから来るの?


プロフィール


toyo-manavi


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.