1345117 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塾講師ママ中学受験サポート国語-合格だけでいいんですか-

2018年01月07日
XML
中学入試において、「作文」や「面接」がある場合のポイント。

1)作文について

・事前に志望理由などを書いて提出する場合と、試験時間内に与えられたテーマ書く場合とあります。
 
小学生の書く文章で、大きく差が出る部分としては1つ目「構成」です。
 思いついたままにその順番に書いていく文章ではなく、ざっとした流れをまず決めて軽くメモをしましょう。
 その際、「まとめ」を最初か最後に配置します。
 そして、1つは「詳しく具体的に述べる段落」を作ります。
 例や体験などを交えて詳しく説明するのです。
 
そうすると、めりはりがついて個性のある文章になりますよ。

・ 字数がやや多い場合もう少し原稿用紙を埋めないといけない場合には、「例・体験」をもう一つ増やしたり、「テーマ」を噛み砕いて説明するといいですよ。

 例えば、「思いやり」についてというテーマであったとします。
 ①「思いやり」とは何か、噛み砕く。自分の言葉で説明しなおす。
  (例)「相手の気持ちや価値観に寄り添って、手を差し伸べたり言葉をかけることです。」
     「自分がしたいことを押し付けて満足するのとは違います。」
     「普段から周囲に気を配っていることが大切です。」
     「相手によって、かける言葉も違ってきます。」など。
 
 ② 自分が「思いやり」を感じた体験談を思い起こして説明します。
  
 ③「まとめ」を作ります。
  「自分」と「未来」を入れて考えを述べましょう。
  「自分が今後そのテーマとどう関わるか」ということについて書くとまとめっぽくなります。

・「思います」は別の語句にしましょう。
 癖のように繰り返して使う人が多いのですが、文章の中での「思います」はなくした方が力強い意志が浮かび上がりやすくなります。せめて「~と考えました」「と気づいたのです」など別の表現も検討しましょう。

・「がんばります」は使わない。「目標」と「具体策」で述べること。
 何をどうすることを「がんばる」と言うのか、その中身を明確に示しましょう。
 「〇〇できるように、□□と△△に計画的に取り組んでいきます」など。

・できれば語彙力のアピールを意識しよう。
 少し余裕のある人は、ぜひこの点を意識してみてください。
 漢字テストや論説文の読解問題で出てきたちょっと難しめの語句、慣用句など使えそうなら使ってください。
ひらがなが続いたときに、少し漢字を使う言葉にするだけでも印象はぐっと変わりますよ。
 
 「ちょっとだけ」→「多少」
 「わかりました」→「理解できました」
 「できるだけ」→「可能な限り」
 「ちょっと変だなと思った」→「違和感を覚えました」

志望動機は、「知ったきっかけ(過去)」よりも、「入学後の自分の活躍のイメージ(未来)」を中心に。

 「志望動機」を尋ねるとほとんどの人が知ったきっかけを伝えがちなんですね。
相手が求めているのは「入学してからのあなたがどんな活躍ができるか」に繋がる情報。
その材料となる話を伝えないと意味がありません。きっかけだけで終わらないように。
「特に〇〇に力を入れたい」「〇〇という目標に向けて〇〇をしたい」勉強面はもちろん、先生や友達との関係、部活動や行事ごとなど、新しい学校生活に向けての自分の意欲や期待について詳しく述べることを忘れずに。


2)面接

ある程度は先生方も想定してくれ、緊張のせいだろうと理解もしてくれますが、
背中が丸まったり、視線が定まらなかったりということのないよう、少しは練習しておきましょう。

明るく元気に自己紹介できるように。
名前は、緊張していると早口になりがちです。
気持ちゆっくりとはっきりと発音しましょう。

咄嗟に答えが出ないことだってあるでしょう。
沈黙でもじもじとするぐらいなら、はっきりと

「わかりません。」
「今は思いつきません。」

と言っていいんだよと教えてあげてください。
わからないことをわからないと言えることも学力が伸ばす人の一つの条件です。
これが即座に不合格になる理由にはなりません。

面接で志望動機を訊かれたときも、上と同じです。
入学説明会の印象なども交えながら、「入学後に〇〇をしたくて、□□だから◎◎中学校を選びました。」





↓クリックすると似たテーマのブログが読めます。このブログの応援1票入ります。

教育・学校ランキング







最終更新日  2018年01月07日 18時59分34秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


中学受験は親の受験/伸びる息抜き法


小学校の国語と中学受験の国語は全くの別物


「行きたくない」と言う時期


塾内偏差値と塾の意図


偏差値が上がらない(>_<)なぜ?


国語が苦手なら


国語・物語文対策


低学年の学習について 1


低学年の学習について 2


低学年の学習について 3


目標偏差値の信頼度


主体的学習のススメ


「ここ教えて」って質問にきたとき


自分に厳しくなれる?〈1〉


自分に厳しくなれる?〈2〉


精神年齢を上げたい!


読書のレベルアップ


食生活が合否を分ける?


勉強ばっかりでかわいそう・・・?


国語・語彙力


教育効果の高い生徒


アドバイスをもらいやすい生徒


小学校へ行く意味


エコへの意識


公立高校入試問題の国語を教材に


小学生の万引き


小学生の万引きのつづき


表現力を伸ばしたい


やればできる子を伸ばすために


テストに出るのは「例外」ですが・・・


5行の詩で想像力をチェックしてみよう


アルバイト講師の良し悪し


中学受験と習い事


塾の教室で一波乱


叱るにも技術がいる


たまったプリント処分で復習作戦


あいさつを見直すと集中力が上がる


個性を生かしていきる条件


俳句や短歌の単元


中学受験塾 manavi マナビ 生徒募集要項


◆中学受験・塾物語〈第1話〉


◆〈第2話〉


◆〈第3話〉


◆〈第4話〉


◆〈番外編〉


◇〈第6話〉


◇〈第7話〉


◇〈第8話〉


■〈第9話〉


■〈第10話〉


■〈第11話〉


■〈第12話〉


■〈第13話〉


6年生


合格1つは必ず


入試直前・子どもたちの不安


入試当日。


面接/自分の長所


入試当日までのおまじない


受験校と進学校


不合格という結果について


授業前のお話~授業をいかそう


~たとえば忘れ物をしたとき


~君こそ勇者だ!


~呪いをかけるか、魔法をかけるか


~君が主人公なんです


~めんどくさいことが作るもの


~数の世界の神秘


~占い勉強法(?)


~朝顔が花を咲かせる条件


~イヤな気分は過去に


~サンタはいるかいないか


~未来の自分はどこから来るの?


プロフィール


toyo-manavi


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.