1345113 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塾講師ママ中学受験サポート国語-合格だけでいいんですか-

2018年10月29日
XML
カテゴリ:国語
中学受験の勉強をしていて、算数は高得点が取れるのだけど国語が悪くて…という方、けっこういらっしゃいます。
もちろん子どもの性格や好奇心の方向などで興味を持てる持てないということから教科のバランスがうまく取れないというのは小学生ならよくあることです。

ですが、国語には「公式」があります。
採点基準にもルールがあります。

それをきちんと順序立てて説明されて、活用するための練習問題であるということがきちんと整理されて指導してもらえている子は少ないようですね。
数多く国語の読解問題に取り組んで、採点していくうちに、読解力は自然発生的に育つような感じだと思われている。
読書量も確かに関係するのですが。

例えばM塾に通う生徒さんが、算数と差がつきすぎているような気がすると数回だけ国語の個別指導を申し込まれました。

比較的読みやすい随筆文で、試しに解いてもらいました。
(赤ペンでの採点が1回目という印です。)




「×」が目立ちますね。国語の「公式」を理解していない子が陥りやすいパターンです。
彼女にはこの不正解だらけの答案はまだ見せません。
問2「イ」に〇も×もついていないのは、そのときには空白だったからです。
そして、この文章の解説は一つもせずに、随筆文における「公式」を説明しました。
本文の内容には一切触れていません。
随筆文というジャンルに共通する公式の説明です。
もし、これを理解できれば、随筆文ならなんにでも応用が効くわけです。
この説明をしてから先程空欄のままだった問2を解いてもらうと彼女は「イ」と書き込みました。
改めてポイントを使ってさっきの問題をまっさらなプリントで解いてもらいました。
(この段階で問2「イ」が正解か不正解かも言っていません。)

2回目の方は青ペンで採点しました。




全問正解できましたね。

そうなんです。
国語の講師の中には答え合わせのときに「この文章」の「この設問」の解説ばかりに注力する人が多いのですが、生徒たちが未来に出会う問題に使える技術や考え方についての説明がきちんとできるかどうかが大切です。

↑の生徒さんは、次の模擬テストで順位100番上がったー♪と喜んでくれていました。

5年生の春の時点では、要求される「公式」が少ないのでこうやって急激に成績が上がることもあるのですが、6年生になると様々な約束事が絡み合ってきまして、そう単純ではありません。
その複雑な要求に応えられて、さらに時間内に「読み解く」ことと「設問に合う解答を作成できる」こととを迅速にこなせたときに、初めて納得いく点数に届くようになります。

正しい理論とそれを叩き込む千本ノックのような練習が必要です。
(目先の得点上昇だけなら、―線部の周辺だけを拾うとか、設問を先に読むとかそういう手法もあるのですが、先々を見るとこのやり方が一旦しみ込んでしまうと平均点程度しか取れなくなってしまうんです。相当苦手意識が強くて平均点が最終目標の人以外にはお勧めしません。)

とある6年生の模擬テストの国語の部分だけを抽出しました。
第3回は7月、第4回8月末、第5回9月末でした。
夏休み前は、暗中模索という感じですね。でも、一問一問正しいルールを叩き込み、点数は気にせずとにかく自分の理解を深めて、武器を増やしていきました。





「つながった!」という瞬間が来ました。

彼は第一志望校に合格できました。
偏差値50前後の平均的な成績から、偏差値70を超える生徒さんもいます。
初年度のAくんは、灘中に合格できました。
(そうそう前の塾で関わって灘中に進学したY君は、先日医師として活躍していると聞きました。)

たまたま、そのばーんと上がる成績になる前に入試を迎えてしまう生徒さんもいます。
毎日の学びには自信を持ってもらいたいです。
前進している。
必ずつながるときがくる。
そして、様々な物語に出会って疑似体験して心が揺れる震えるという時間を大切にしてもらいたいです。様々な論説文に出会って多くの考え方や物事の分析の仕方を学んでいることに誇りを感じてもらいたいです。

→ホームページ 進学教室manavi(大阪府堺市)






最終更新日  2018年11月09日 21時06分19秒
コメント(0) | コメントを書く
[国語] カテゴリの最新記事


PR

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


中学受験は親の受験/伸びる息抜き法


小学校の国語と中学受験の国語は全くの別物


「行きたくない」と言う時期


塾内偏差値と塾の意図


偏差値が上がらない(>_<)なぜ?


国語が苦手なら


国語・物語文対策


低学年の学習について 1


低学年の学習について 2


低学年の学習について 3


目標偏差値の信頼度


主体的学習のススメ


「ここ教えて」って質問にきたとき


自分に厳しくなれる?〈1〉


自分に厳しくなれる?〈2〉


精神年齢を上げたい!


読書のレベルアップ


食生活が合否を分ける?


勉強ばっかりでかわいそう・・・?


国語・語彙力


教育効果の高い生徒


アドバイスをもらいやすい生徒


小学校へ行く意味


エコへの意識


公立高校入試問題の国語を教材に


小学生の万引き


小学生の万引きのつづき


表現力を伸ばしたい


やればできる子を伸ばすために


テストに出るのは「例外」ですが・・・


5行の詩で想像力をチェックしてみよう


アルバイト講師の良し悪し


中学受験と習い事


塾の教室で一波乱


叱るにも技術がいる


たまったプリント処分で復習作戦


あいさつを見直すと集中力が上がる


個性を生かしていきる条件


俳句や短歌の単元


中学受験塾 manavi マナビ 生徒募集要項


◆中学受験・塾物語〈第1話〉


◆〈第2話〉


◆〈第3話〉


◆〈第4話〉


◆〈番外編〉


◇〈第6話〉


◇〈第7話〉


◇〈第8話〉


■〈第9話〉


■〈第10話〉


■〈第11話〉


■〈第12話〉


■〈第13話〉


6年生


合格1つは必ず


入試直前・子どもたちの不安


入試当日。


面接/自分の長所


入試当日までのおまじない


受験校と進学校


不合格という結果について


授業前のお話~授業をいかそう


~たとえば忘れ物をしたとき


~君こそ勇者だ!


~呪いをかけるか、魔法をかけるか


~君が主人公なんです


~めんどくさいことが作るもの


~数の世界の神秘


~占い勉強法(?)


~朝顔が花を咲かせる条件


~イヤな気分は過去に


~サンタはいるかいないか


~未来の自分はどこから来るの?


プロフィール


toyo-manavi


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.