1316910 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塾講師ママ中学受験サポート国語-合格だけでいいんですか-

全57件 (57件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

つぶやき

2013年10月18日
XML
カテゴリ:つぶやき
 
大阪、あべのハルカスの子ども服売り場で、ハロウィンのイベントがあります。

【ウイング館8階街ステーション】

10月20日(日)[参加費無料]

※お子さまは仮装してご参加ください。

仮装の記念撮影後、英語教室の先生から出されるクイズを探してフロア内を探検。

 解答されたお子さまにお菓子をさしあげます。

○対象:3歳~10歳までのお子さまと保護者

○時間:午後1時30分~、午後2時~、
    午後2時30分~、午後3時~

○定員:各回先着15組さま

あべのハルカス近鉄本店HP
http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/item/8/1381882641.8916.html


私も息子を仮装させて行きたかったのですが…中学受験6年生の授業が入っており、
残念っ、行けません。

こちらのまなぼスタジオでは、さまざまなジャンルの講座が開講されています。
教室も完成したばかりの「ハルカス」だけあって、とってもきれいな設備です。

工作、手芸、コーラス、実験教室、英会話、算数の文章題特訓などなど。

入会金や月謝のあるずっと習うタイプのものもありますし、
1回だけの単発講座も豊富です。
現在募集されている特別講座のもなかなか興味深い内容です。

○「親子で学ぼう応急手当・応急処置」

 ちょっとした、応急手当を身につけませんか。
 いのちの大切さ、助ける勇気が大事なことをお子さまと体験してもらえる教室です。
 11月2日(土)
 講師:大阪市消防局 救急救命士 受講料:無料

○「獣医さんの動物日記」
 天王寺動物園の獣医さんが、動物の卵、ウンチをみながら動物の体のふしぎを説明します。小さ なお子さまから保護者の方までお楽しみいただけます。
 11月3日(日) 対象:小学1~4年生
 時間:13:30~14:30 / 15:00~16:00
 講師:大阪市天王寺動物園 獣医師  芦田 貴雄  受講料:無料


○「伝統芸能で遊ぼ!能面を作ってみよう」
 11月10日(日)13:30~
 現役の能楽師さんが「能って?」分かりやすく説明します。能面の種類や役柄についてのお話を 聞いた後、自分で面を作ってみます。 実際にそれを着けて歩いてみると・・・。
講師:シテ方観世流 公益財団法人 大槻能楽堂 理事 武富 康之
対象:小学生  時間:13:30~14:30   受講料:無料




私も、作文講座のときにときどき講師として参加させていただいてます。
こちらの教室で来年の夏、読書感想文特訓講座(1回完結講座、入会金不要、講座費用のみ)、
またやります。(いくらなんでも先すぎる告知…。)

同じく担当している講師仲間と、教材を練りに練って、
読書感想文だけじゃなくその後の作文作成にも必ず役に立てていただけるように
内容の濃いテキストに改訂中なのです。

ハロウィンでせっかく仮装を用意されている方、ぜひ、かわいらしい仮装で歩き回ってくださいね~♪







最終更新日  2013年10月19日 10時12分24秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年10月17日
カテゴリ:つぶやき

家庭教師の生徒さんが 成績ぐいーんと上昇したと報告がありました~大笑い

算数・理科はけっこう好きなんですが、国語がどうにもこうにも苦手で…といっしょに勉強してきた公立中学3年生男子くん。

業者の模擬テストで、1000人に換算したら45位!
本人もびっくりの劇的アップで大喜びでした。(*^_^*)
私も、うれしいです。
私のそばでは解けるようになりつつありましたが、試験中にそのルールを意識して自分で解けたということは、考え方が身についたということですからね。
後は演習でより定着させていって、どんな文章題にも応用できるようにしていく感じでいけますね。


もうお一人、中2難関私立の特進クラスの生徒さんでなんとか平均点を超えたいとおっしゃって、いっしょに勉強してきましたが、今回現代文も古典も平均点をクリア。
古典の方は10点以上プラスです。

一度こういうことがありますと、きちんとした方向性で努力をすれば結果がついてくると実感できますし、「自分はこの教科は苦手だとか向いていない」とかいう自己暗示も解けますし、
次の得点も欲が出てきますし、前のめりの体勢で学習に向かえて、いい循環を作っていけますよね。








最終更新日  2013年10月17日 21時33分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月06日
カテゴリ:つぶやき
子どものときに、毎年登校日があり、原爆についての映画を見ました。
地獄のような残酷な場面は何日も夢に見てうなされましたが、
それすら「疑似体験」と言えるレベルでは決してなく、内容も子どもの未熟な理解でした。
大人になり、一瞬で何万人と焼き尽くすその爆弾の下に確かに存在していた人、
子どもたち…、想像して言葉を失います。


子どものときに、大人がオブラートに包んでくれた情報ですら、相当の恐怖でしたが、
こうやってネットで詳しい情報を得られるようになり、直視を躊躇する画像も今、見てきました。

そして、その人の生前の生活を想像しました。突然奪われたあまりに大きなもの。

当時のアメリカ国内で科学者達による無警告で爆弾を投下することに反対した文書が、
軍によって握りつぶされていたのは今日初めて知りました。
良心を持つ人が少数派では、社会は欲の強い方へと歪み、ねじ曲がっていくということがあるのでしょう。

歴史から、先祖の人たちが命をかけて作ってくれたヒントをしっかり読み取り、
次の世代へ大切に手渡さないといけないことがあります。

少しでも明るい未来のために、子どもたちのために、
できることは精一杯伝えていくことだと、
知識も分析ももちろん大事だけど、
人の苦しむところを想像すると自分も苦しくなる、
苦痛にゆがむ表情よりもだれかの笑顔を見ていたという根本的な感覚を
子ども達の心に育てていかなくちゃと強く思いました。

黙祷。






最終更新日  2013年08月06日 20時12分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月05日
カテゴリ:つぶやき
連日、夏期集中や個別指導やテキスト作成などでバタバタとしております。

目の疲れが肩こりや頭痛に響いてきておりまして。
お盆は連休なので、それまで乗り切らないと。

そんなときにパワーもらえるニュースが飛び込んできましたよ。
といっても数日前なんで反応鈍くてすみません。

母校が、夏の甲子園、初出場。
ひこにゃんも応援です。

ひこにゃん応援

フェイスブックでは、高校の大先輩の田原総一朗氏と細野豪志氏も写真をアップしていて、
盛り上がっています。

進学校の割に、当時はかなりゆるゆるな学校のスローガンは、
「自学自習」←本人任せ的な。

もう一つ。
「赤鬼魂」←謎。どっちかというと悪役的な。

高校時代を思い出すと、心底後悔しているのが、
どうしてもっと本気で勉強に取り組まなかったのかということ。

「意欲」この一つがないだけで、全科目の成績は下がり、だらしない自分を正当化するイイワケを探してすねていた時期があったことを悔やんでいます。

「意欲を持つ事」「地道に取り組む姿勢」「それを続けること」この3つが揃うと、
だいたいのことはある程度の結果につながりますよね。

この夏期集中でも中だるみしてしまいそうな生徒を見かけては、
小さな成長を評価して言葉にし、褒めて、おだててもみて、やんわり注意もして、
それでもだめなら低ーいトーンでお説教して、なんとか集中力の維持に働きかけています。

このくっそ暑い中、体力の限界までグラウンドを走っている球児も
エアコン効いた教室で、脳を使って闘う受験生も
それをサポートしている大人たちも、
みんなでがんばりましょう。






最終更新日  2013年08月06日 19時28分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月18日
カテゴリ:つぶやき

新聞ではちょっと難しい用語や背景を、丁寧に噛み砕かれた解説とイラストや図がわかりやすくて、
雑誌「ジュニアエラ」をオススメしてきました。

テーマが宇宙のときや、科学のときなんかは、「へぇ~なるほどなぁ~」と私も苦手意識を克服というか、そう説明してくれたら、もっと興味を持って勉強したのになぁなんて思って、
息子といっしょに楽しく読んでいます。

でも、政治的な内容になると、偏り・・・というのでしょうか。
雑誌を子どもに「はい」と手渡すだけというのに抵抗を感じます。
特に憲法第九条の改正と、愛国心の記事は、うーん…。

賛否両論あるものを、9対1のような紹介の仕方で、
これは子どもなら9の方を正しいと受け止めるだろうなと思う書き方だと、私個人は感じます。
中にはとても中立の立場と思えない主張も見受けられます。

朝日新聞社は、まぁ…そのような点はよく指摘されていますが、
小中学生を対象の雑誌ですので、きちんと賛成側の根拠、反対側の根拠を並べて、
子ども自身に子どもなりの考えを持たせるような記事にしていただきたいという希望があります。

他のところはいいのですが、この点だけ気になり、
「親子で意見を出し合う」、「またさまざなな角度からの意見がある中のこれも一つであるという理解」「調べて広げていこう」という捉え方での利用にしていく方がいいのかなと思います。








最終更新日  2013年07月18日 19時09分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月06日
カテゴリ:つぶやき
あれ、スケジュール帳を確認したら、今月休みありませんでした。(~_~;)
といっても実働時間は短いのですよ。2~5時間。短い日だと90分。
移動時間が長いのです。
90分のために往復3時間かかるところとかもあったりして。
「非常勤」の講師ですから、わがまま言えません。
このご時世、お仕事いただけるのはありがたいことですしね。

教材作成とか、レポ―トの成績つけとか、自宅での作業もけっこうあるので、最近「母」としてはかなりの減点です。「妻」としてはゼロ点かも…今週は、子どもの送り迎えも、夕食の準備も洗濯も掃除も夫がしてくれました。
いいヨメもらったダンナさんの気持ちがわかりました。
仕事終わったらご飯できているってすばらしく幸せなことですね!


中学受験を目指す小学4年生・5年生・6年生
高校入試突破を目指す公立中学3年生
もう大学入試準備に向けての大急ぎなカリキュラムに対応していく私立中高一貫校の中1・中3・高1
就活に向けてコミュニケーション能力を磨いていく大学生

といろんな学年の生徒さんの指導をしています。



小学生・中学生のうちに、ががががーっと集中して、夢中になって何かを得ようとするという体験をしてきた生徒さんとそうでない生徒さんと、集中力や積極的に行動に出るっていう点で大きな差がつくのだなぁと実感しています。勉強でもスポーツでも音楽でも、素材なんでもいいのですけどね。

少しやっていた人は、またやろうと思ったら勘を取り戻したら、ある程度できる。
料理とか趣味とかもそうですね。

将来、仕事するときに、集中力ってなにやっても必要ですよね。
「集中力」「積極的に取り組む力」って、何をするにしても基本というか、何をするのにも応用が利くというか、オールマイティだなぁと、最近しみじみ思います。

小学生1年生からそのトレーニングを”勉強”を通して、身につけていくのだとしたら、
大学卒業までのその12年間で個人差はかなり大きなものになりますね。

人間だから頑張れないときもあるし、気分の乗らないときもあるし、勉強より大事なことも出てきたりもするのでずっとずっとは無理ですが、12年間で自分の人生に向き合うための基礎とか、集中力とか、根気とかそういうのを育てていくと考えたら、やるべきときにやるべきことをすぐにやるって大事だなぁ。








最終更新日  2013年06月06日 11時23分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月20日
カテゴリ:つぶやき
十数年前に、国語の指導を担当した教え子の女の子の結婚披露宴に出席してきました。
教え子の結婚式に呼ばれたのは、初めてで、本当に嬉しい幸せな時間でした。

二人が、これから同じ時間を過ごしていく中で、
今日の特別な日が、より特別なものとなり、
幸せであることが、より日常のものとなりますように。
たくさんの希望が二人に注がれますように。
K0010216 - コピー.JPG image - コピー.jpeg


当時彼女は10歳でした。
私が入社して初めて担当するクラスに彼女がいました。
すごく集中力があって、理解が早くて、がんばりやさんで、
いつも笑顔で、周りに気遣いができて、
当時から私の方が見習わないといけないと思うようなキラキラした生徒さんでした。

彼女に充実した時間だった!と思ってもらいたくて、授業の予習にも気合いが入りましたし、
私の授業の守備範囲を広げてくれた生徒さんの一人です。
小学生が長時間塾で勉強することを「我慢」ではなく、「有意義」だと前向きに取り組めるように
授業前後に話を入れるようになったのも、この時期です。

旦那様となる人、とても優しくて、周りへの感謝を忘れない素晴らしい方でした。
本当にお似合い。
新郎の挨拶でここまで涙があふれたことはないのではないかしら、
丁寧に気持ちを表す言葉を紡いだような、心の伝わる言葉でした。

そうそう、パーティのときに新郎さん、テーブルに挨拶に来てくれたのですが、
私の息子二人の名前を出して、挨拶してくれたんです。
「○くん、○くんとお元気ですか?」
1度だけ食事をしたことがあるだけなんです。

人とのつながり、時間、思い出、そういうものを本当に大切にされている方で、
この方といっしょに生きていくことを決めたSさんの気持ちがわかるような気がしました。


弟くんも教え子ですし、お母さんとも何度も懇談会などでお話させてもらったものですから、
感情移入して、もう涙なみだでした。

弟くんも、もう20歳を越えた立派な青年で、スーツ来て白いネクタイ締めて
「先生、全然変わりませんね~。若いですね~。」なんてお世辞まで言えちゃうぐらいになっていて、
ビール飲んでたりするわけです。

私の頭の中では小3~小6の半袖半ズボンの男の子が、びゅんとこんな大人に。
タイムマシーンに乗っているような気分です。

うちの息子もいつかはこうやって大きくなるわけで、
できればSみたいな彼女とうまくいって欲しいなぁ~なんて、
そういう人として素晴らしい女性を見抜けるように育ってくれますように。
って、小1じゃ、早すぎる心配ですね。


席札の裏のメッセージの最後にSの文字で「先生が憧れです」と書いてありました。
もったいない言葉です。
私は今日のパーティで、彼女のようにありたいと思いましたし、
彼女のお母さんのようにありたいと思いました。
心して、彼女のくれた言葉に恥じないよう、明日からもまた頑張っていきます。







最終更新日  2013年03月20日 21時09分12秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年01月31日
カテゴリ:つぶやき
現在は、大学で就職活動の講座を主に担当している非常勤講師としての活動がメインです。

子どもが6歳と2歳ですので、どうしても深夜になる塾での仕事は生活との両立が難しくて。

私の時間の都合の良いとき、日曜・祝日は子どもが隣の部屋にいるかもしれない、
そんな条件でも良いと言ってくださった2人の生徒さんだけは、それぞれ個別で家庭教師として私の自宅で国語の授業をしてきました。

6年生の男の子と女の子と2人。どちらも友人の友人のお子さん。

2人とも、無事、第一志望校に合格しました。

女の子は、清風南海。男の子は灘。

よく頑張った2人なので、本当にうれしいです。

特に男の子の方は、算数・理科に比べて国語がネックでした。

ですが、いっしょに勉強しだして、彼の弱点の補強をしていくとめきめきと本来の力を発揮できるようになり、わずか3か月で偏差値にして20up。
模擬テストの順位でいくと、2千数百人中6年の9月:500番台→10月:200番台→11月:10番台という上昇。

成績を見て鳥肌がたった!と言っている彼の横で私も鳥肌がたちました。


就活に向けて頑張っている大学生の力になれるのもとてもやりがいを感じますが、
まだまだ未来への可能性を感じさせてくれる小学生の指導は、またちがうやりがいがあります。


中学受験の指導をしていた社員時代の先輩が、この春独立して教室を開くことになりました。
大阪南の方です。

それで、私の方も国語科講師として参加させていただくことになりました。
非常に楽しみです。
子どもたちを先輩の奥様が見てくださるということで安心して私も引き受けることができました。

出会ったすべての生徒にプラスとなる授業、国語の世界の楽しさを理解した上で成績を上げる。
今年また、精一杯頑張っていきます。









最終更新日  2012年01月31日 19時25分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年03月26日
カテゴリ:つぶやき
ご無沙汰しております。(こればっかりですね(^_^;))

年末に次男を出産し、1月いっぱいは実家に甘えさせてもらいました。

2月、いよいよ家族4人そろっての生活スタート~と同時に
長男(4才)がインフルエンザに。
12月に新型インフルエンザにかかったのに、また。
季節性で予防接種していたのともちがう型だったらしいです。
1ヶ月の次男にうつらないことを祈りつつ、全員マスク着用、とにかく手洗い・うがいをしまくって、なんとか長男のみですみました。

3月に入ったら、作文添削のお仕事を50件ほどいただきましたので、
授乳の合間に赤ペン先生。

あと、塾の卒業生達が高校卒業・大学進学先決定だと連絡をくれまして、
時間が合った生徒たちと会ってきました!

私のいた塾では規定で、高校卒業までは教室以外の場所で会うことが禁止されています。
今回会った生徒さんたちは、みんなこの点をクリアしていますので、何人かは赤ちゃんを抱っこしたいということで自宅にも来てくれました。
今年の上半期は自宅でできるお仕事がたま~に入る程度で、
体力面では睡眠不足もあり波がありますが、時間の融通は利くので、
連絡をくれて会える人にはできるだけ会ってきました。

ちょうど現役の講師の先生たちは、春期講習や新入生の対応でとてもお忙しいので、
生徒達もそれを重々知っていますから、教室には行きにくいようです。
私みたいなのがちょうど手があいていてよかった。
何回かに分かれて、合計20人の生徒さんと再会することができました。
うち3人は、お母さんともお電話でおしゃべりさせてもらいました。
気がついたら1時間経っていて。



きっかけは、高校の同窓会の連絡を受け取るために登録したmixiでした。
ほんとにそれだけを目的にしていたので、本名も塾の名前も載せていませんでした。
日記も公開していませんでしたし。コミュも高校の同窓会のそれだけ。
少ないヒントなのに、「まちがっていたらすみません。○○という塾の国語の○○先生じゃないですか?私は○○です。」とメッセージが入りました。

元教え子のはるみでした。
びっくりしました。
はるみは、国語キライな生徒でしたし。笑。

せっかく見つけてくれたのに断るのもどうかと思い、マイミクに。
一人だけというのは贔屓になりますから、少しヒントを増やして、見つけてくれた生徒とはときどきメッセージのやりとりができるようになりました。

関わった生徒のその後を知ることができるのは、とても嬉しいことです。
あのときの「未来」に会える。
実際に会ってみると、みんなキラキラしていて、まぶしかった~。

こんなふうに、笑顔で「怖かったよなぁ~」と、いかに私に叱られたかって言い合って
爆笑する生徒達に会えると知っていたら、もっともっと張り切って叱ったのになぁ。笑。
今年高校卒業の学年では、それぞれも6年ぶりに会って、12人が集まりました。

3つの教室の生徒たちです。
日曜日のクラスでいっしょだったとか、合宿でいっしょになったとか、進学先が同じだったということでつながって、「久しぶりで緊張する~。私のこと覚えている人いるかなぁ。」なんて言っていましたが、思い出すエピソードが満載で、すぐに盛り上がっていましたね。

そして、長男の遊びにつきあってくれたり、こわごわと次男を抱き上げてあやしてくれるのを見て、じーんときました。
赤ちゃんを抱っこしたら、みんなそれはもう優しい表情になりました。
そして、なかなかはなさない。(^-^)

再会した生徒たちが、
「しんどかったけど、それなのに楽しかった。」
「今振り返ってみたら、自分がいちばん成長したのはあのとき。」
「あの受験と塾での時間がなかったと想像したら、自分はどうなっていたかと想像したらぞっとする。」
「真剣に頑張るってかっこいいと思えた。」
「本気で叱ってくれる人は自分を大事に思ってくれている人だって小学生のときに思えたから、その後も厳しい先生の言葉を素直に受け止めようとできた。」
というようなことを言ってくれました。

中学受験をスポーツにたとえることがありますが、まさにそんなことを感じました。

付け加えると、当時思うように成績が伸びずに、進学先を妥協せざるをえなかった生徒もいます。ですが、大学受験でそれを取り返している子も多いのです。

「オリンピックに出場しようとハードな練習を乗り越えてきた。
けれども、残念ながらオリンピックの選手には選ばれなかった。
しかし、彼の人生はそれでは終わらない。
その後もこつこつと努力を重ねた結果、
その次のオリンピックではメダルを手にした。」

こんなふうに、目の前の受験ではなくて、その先で花を開かせることもある。
大学受験とわかりやすいたとえにしましたが、それは受験ということだけでなくて、
自分を磨いてきたことで身につけるのは学歴だけではないんだなと、
生徒たちを見て感じました。

男の子なんか、もう、あのずんぐりむっくりしてぼよよーんと幼い表情していたあの子が、
しゅーっと背が伸びて髪型決めてて、おしゃれな服着ていて、声も低くなっていて、
見違えましたね。

町で声かけられたら、おばさんナンパされたと勘違いしてしまうわ。みたいな。笑。

女の子たちも、メイクしていたり、凝った髪型をしていてね。
でも、にっこーと笑ったときの表情は、面影が残っています。

育休のおかげで、とても幸せな時間を持たせてもらいました。
彼ら、彼女らと会えて、私自身の育児にも希望というか、楽しみが増えました。



クリックしてくれたらうれしいです♪
↓↓
応援ありがとうございます(*'-'*)/  

学習塾ブログランキング



中学受験・塾物語
 塾講師から見た生徒達の中学受験。

※過去の中学受験関連記事を読む。→TOPの「フリーページ」の欄からどうぞ。

※コメント欄は、迷惑書き込みが繰り返されたので制限をかけています。
 たまたまそのプロバイダをお使いの人で書き込めない方がおられましたらすみません。
 その場合は、メッセージくださるとうれしいです。メールにて返信します。











最終更新日  2010年10月26日 21時08分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年09月14日
カテゴリ:つぶやき
長いこと更新できていませんでした。

まず、新規の塾の立ち上げで全学年のカリキュラムがまっさらから
教材選び、教材研究、作文指導のオリジナルシート作成、テスト対策などで
業務がたっぷりあったこと。
春期や夏期集中講座は久しぶりに連続5コマとか授業して、
達成感も味わいつつ、年令も感じました・・・。(^-^)

就職活動対策の短大、大学の講座のお仕事が増えてきたこと。
後期は、短大の非常勤講師の仕事もありその準備、打ち合わせも。

週末に家庭教師。
似顔絵の団体さんの依頼もあったり。

でバタバタしているところに第二子の妊娠が判明しまして。
今日で7ヶ月に入ります。
今、うにうにと元気に動いているのを感じて眠れなくて、この記事を書いています。

ツワリは1人目よりは軽いと思うのですが、ニオイには敏感なのと、強烈な眠気。
また、どうも視力と集中力が落ちているような気がします。
パソコンに向かうと教材作ったり、資料を集めることが多く、
ブログの更新にまで手が回ませんでした。
ちょくちょくのぞいてくださっている方、すみません。

夜が中心の塾の授業は、今月~来月の間に少しずつ他の講師にお願いすることになり、
その研修も一段落着きまして、ここに来ました。

また、国語に関すること、生徒達の成長っぷりを記録していきたいなぁと思います。
のぞいてくださる方、どうぞよろしくお願いします。







最終更新日  2009年09月15日 03時02分22秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全57件 (57件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.