1298328 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塾講師ママ中学受験サポート国語-合格だけでいいんですか-

全4件 (4件中 1-4件目)

1

本・参考書

2017年11月28日
XML
カテゴリ:本・参考書

ここ数年の大学生対象に文章表現や言葉遣いについての講座の内容をまとめ、就活講座の講師仲間と書いた本が出版になりました。成美堂出版より。
もし、就活について考え始めた大学生がお近くにいらっしゃいましたら、参考まで。
小学生~高校生に紹介したいのは、こちらではなくその下の画像です。↓



これまで自分の講座のテキストは作成してきましたが、本屋さんに並ぶのは初めてでしたので実際に確認して感慨にふけっていたのですが、その近くでぜひ小学生にも読んでもらいたい面白い本を見かけたので紹介します。

職業とやりがいとなるための過程や生涯収入が、まるでゲームキャラクターの攻撃力やポイントのように紹介されています。
フィクションを交えつつ、なかなか現実的な描写もあります。

漠然とした「将来像」をもう少し具体的に、リアルに楽しみながら読めます。
選ぶ職業で生涯収入が5000万円~何億 と差が開くこと。
生涯収入が高い仕事は、努力や才能が求められること。
初めて知る職種もたくさんあって、大人が読んでもとても興味深いです。
一見華やかな仕事が、実は短期間しかできなくて「生涯」と考えるとなかなか現実的ではないということなどが、読み取れます。

もちろん職業の選択は、金銭面だけが決め手ではないのは当然ですが、
なかなかリアルな知り合いには尋ねられない内容もありますし、若いうちに一度眺めておくのもいいですよね。

『日本の給料&職業図鑑plus』​​




一見大きな数字の職業も、「プロ野球選手は、上位100名による換算」等シビアな解説も興味深く読めます。クラブDJ、メイドカフェ店員、ユーチューバー、おでん屋なども。


↓クリックすると似たテーマのブログが読めます。このブログの応援1票入ります。

教育・学校ランキング







最終更新日  2017年11月28日 12時45分47秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年10月25日
カテゴリ:本・参考書
読解問題の途中で、知らない語句が出てきて集中が切れてしまう。
ことばの知識の問題に苦手意識がある。
自信があるから、さらに自信をつけたい。
どのレベルの生徒さんにとっても取り組みやすくて、定着に繋がるような語句のテキストです。
お薦めです。​「中学受験」「〇年生」「小学生用」と書いていないのもいいですね。
どの学年から始めても使いやすいです。
らくらく国語語彙力 2週間でつかめる受験国語のコツ 
(シグマベスト)​
エデュケーションフロンティア
​​



​​上段では、語句のインプット。
曖昧な知識をかっちりと明確にしたり、初めて出会った語句を確実に意味まで理解するのに使います。
音読するといいですね。目で見て、口も動かして、耳からも情報を入れましょう。
下の段では、問題に取り組みます。
文脈に合う語句を選択しましょう。
問題を解くと、すぐそこに正解が印刷されているのもポイントが高いです。
ムダな時間が省略できて、すぐに答え合わせができ、間違ったものを訂正できます。
 
いくつかの単元をこなすと、まとめ問題が出てきます。
また入試問題から抜粋した問題でも練習できるページもあります。​






最終更新日  2017年10月26日 18時31分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月14日
カテゴリ:本・参考書
10年ぶりぐらいに漫画を買い、何度も読み返しています。
昔はよく漫画も読んでお気に入りの作品は多々あるのですが、私の中の漫画ランキング1位はこれになりました。「ちはやふる」

競技かるたの世界、高校生の部活動への情熱、友人の影響、噛み合わないもどかしさ、周囲の大人との関わり、人としての成長、体験して学べる数々、劣等感との戦い、理想に近づくための地道な努力、極めた人だから見える世界…。
魅力でいっぱいです。主人公が成長するお話はたくさんありますが、この作品はちらっと出てきた脇役の子から師匠クラスの年配の人まで、どの登場人物も全員がそれぞれの成長を見せてくれ、自分も頑張ろうという気持ちにさせてます。
一瞬の音をとらえて、その歌の世界と自分のつながりを自信に変えて、札を取る。
1秒が長く感じる世界、濃い時間を過ごしたいとも思わせてくれます。
アニメが途中まではあるのですが、全話してもらいたいです。
小5の息子も気に入って読んでいます。
小1の息子も雰囲気だけ真似っこして、「国旗かるた」をたった一人の取り手なのにいちいち飛ばします。

競技かるたの聖地、近江神宮にも息子と足を運びました。
紅葉し始めているこの時期、とても美しかったです。


500円で貸してもらえる袴も着てきました。
眼鏡男子の息子は、新になりきっておりました。

また、タイトルと作者とあらすじだけは知っているけど読んではいなかった名作を読むというのが電車移動中の限られた時間ではありますがマイブームです。
あらすじと書評だけで知ったような気になっていたことを反省。
比喩や独特の描写や構成にはっとさせられます。
魅力的な描かれ方に当時のベストセラーとなっているのは当然だなと納得したり、
この時代でこんな価値観を描かれていて、もっと窮屈な時代だと思っていたけど精神的な部分はしがらみやネットがないから現在よりも却って自由だったんじゃないかなとか、いろいろ考えさせられて楽しんでいます。






最終更新日  2016年11月14日 02時11分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月06日
カテゴリ:本・参考書


「ざんねんないきもの事典どうしてそうなった?」今泉忠明監修


長男が本屋さんで見つけてきて、買いました。
これ、理科的な興味にもつながりますし、内容がとにかく面白いです!

「カツオは、興奮するとそれまでの縞模様の向きが変わる。けど、それが何ってことはない。」
「ダチョウはいろいろ大きいけど、脳は、目玉より小さい。」

こういうのが、細かい解説つきでたくさん載っています。
大人でも、「えっ!」と声を出して驚くようなのもあります。

夏休みの一冊にいかがですか。
ストーリー系が苦手な生徒さんにとっては、オムニバス形式のこの本は読みやすいですし、
前半の「進化について」の部分といくつかの例を組み合わせることで読書感想文も書けそうです。
 






最終更新日  2016年08月06日 00時52分53秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.