000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塾講師ママ中学受験サポート国語-合格だけでいいんですか-

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

授業風景

2020年07月12日
XML
カテゴリ:授業風景

塾で、元々1クラス8名の少人数クラスだから一人ずつじっくり見られるというのもある。

それに加えて、それぞれのバイオリズムと得意不得意と性格ともあるので、最初の15分は「漢字・語句のプリント」を答え付きで配付して、各自学習。

得意な生徒はテスト代わりに、苦手な生徒はこの時間に答えを見ながらインプット、そして、先週の宿題がまだできていなかった生徒はその時間に文章だけでも目を通してこの後の解説についてこられるように(その場合は漢字語句は少しだけして宿題になるけど)。
早くできる子にはハイレベルプリントをさらにプレゼント。

カスタマイズできるのが個人塾のいいところ。

20年前なら「宿題していないとか中学受験生がありえない!」と叱っていたし、それで実際伸びた子もいたのだけど。
今はそれぞれのペースでの学習の機会を気持ちよく共有できるように工夫する方向に。

塾長が担当している算数でもそうです。
「講義」の時間、新しい算数のルールのお話を集中して聴いた後、それぞれが問題演習に取り組みます。今習った例題の類題ができた後は、自分に合ったものを。

単元別の問題集①~⑫になっているのですが、ある子は早く進んで⑩の問題集まで進んでいるし、ある子は②のまちがい直しをしてつまずいたら質問できる。

目標も性格も今日の意欲もちがうけど、全員伸びる!そういう環境を作っています。







最終更新日  2020年07月12日 11時07分32秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年04月30日
カテゴリ:授業風景
web講義というと、一般的には、録画した授業を配信というところも多いのですが、少人数のmanaviでは、ビデオもマイクも使って、生徒さんに発問し、答えてもらうという普段の授業のやりとりも可能であることがわかりました。
カメラを通して全員の表情や手の動きを1画面の中で確認できて、その反応に合わせてテンポの調整ができる点は、リアルタイムのweb講義の良さと言えそうです。
操作に戸惑う友達に、すっと「あ、下の方にある○○さわるとできるよー」ってアドバイスしてくれたり、「先生 画面のプリントがどっかいってもーた」「あ、わかりました。一度消してまた表示しますねー」と、慣れていないなかでも調整しながら算数と国語の授業をちょっとやってみて、その感覚も味わいました。
授業終わった後にも「まだ切らないでー」と残って雑談する子達、いつの間にか、手元でイラストを描いて見せ合うというプチイベントが自然発生したりもして、かわいらしかったです。
モニターごしの雑談なら感染の心配もないですしね。
これを機に、スマホのビデオ電話を利用した個別指導なども活用していきます。
課題のページができた人から、画像で送ってもらう。
その画像に書き込む形で採点をし、つまずきや伝えるべきポイントがあるときには、アポをとってその時間にビデオ通話で個別指導していけたら、短時間でも濃厚な学習ができそうです。









最終更新日  2020年07月11日 23時52分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月08日
カテゴリ:授業風景
小4の国語の授業で、芥川龍之介の「トロッコ」の読解に取り組みました。
設問になっているのは物語の一部だったのですが、昔話のような雰囲気と主人公良平の心理状況と情景の色味が重なるところが面白かったようで、「続き読んで!」とせがまれました。
青空文庫に収録されていて無料で読めますから、少し補足説明を入れながら、最後まで読みました。
「面白い!」「自分も風を感じた」「息苦しかった」「我慢していた涙があふれてくる感じ、わかる!」とそれぞれ五感を使って味わえたようです。
トロッコに乗れて、うれしくて仕方がない時には、みかん畑。
オレンジの〇とつややかな緑がたくさん目線より上にある感じ。
そこからしばらくすると、竹林になり、遠く来過ぎたことに不安になるときには、線路にかぶさる落ち葉を見ます。視線の高さと色味の変化、ここを解説すると生徒達も感心していました。
この次の問題は下村胡人「次郎物語」の一説。
こちらも現代っ子にはなかなかなじみのない風景や設定です。「生みの親」と「育ての親」が別。大好きな育ての親のところから、生みの親の方へ帰されるシーン。
ここも生徒達は大変興味を持って読み込み味わいました。
「タイムスリップしたみたい。今、頭の中だけ時代がちがうところにいた、今、戻ってきたー。」という生徒さんもいました。
少し古い言葉遣いで書かれた物語。
全く違う人生を疑似体験して楽しめる。
読書の醍醐味ですね。
画像は、勤務途中で見かけた紫陽花です。









最終更新日  2019年06月09日 14時04分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月18日
カテゴリ:授業風景
5/18 
4年生の理科の授業は、塾長先生の実験教室。
塩と氷でジュースを固めるぐらいまで温度が下がることを体験しました。
割り箸をさして、キャンデーにして、みんなで食べました。
理科を楽しむ、そして感覚で理解する。
大切な勉強です。






最終更新日  2019年05月18日 19時51分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月26日
カテゴリ:授業風景
6年生は、新書等から抜粋されたような論説文が素材となった長文読解に取り組んでいます。
文章のポイントをつかんで印をつけてあるのか、一段落ごとに解説し、問いの意図と正解と不正解の違い、筆者の主張が抽象的なときには生徒達に身近な例やたとえ話もまじえて説明。

時々は、解説一切なしに、一人ずつ採点して自力でもう一度考え直してもらうことがあります。
その際には一人ずつ個別指導という形になります。
少人数制の個人塾だからできることですね。

今日、問8まであった文章題で、1問だけ正解だったA君のテキストを見て、私は褒めました。
「A君、この段落のこの一文に線が引けている!ポイントつかめているね。
 ってことはさ、この部分が筆者の意見の部分てわかったわけでしょ?
 じゃあさ、この問2の選択肢の中でこの線引いたことがちゃんと説明できているのを選んでごらん?
 今みたらどうなる?」

「あ、そうか。じゃ、ウ!」

「そうだよね。惜しいね。答えに導くための準備は万端だったのに。
 自分のつけた印を信用して解こうね。じゃあ、この段落のこの印を使ったら、問3はどうなる?」

「あ、そうか。『調節機能』って言葉を使って答える!」

「そうそう。それが入ってたら正解ですね。」

「問4、これまたとてもとても惜しい答えを書いています。『ひとつづきの2文の初めの5字』って書いてるから、そこに注意してごらん。」

「A君、これまでの宿題のやり方と変わったね。しっかり文章読み込むところまではできるようになっているよ。設問でたずねていることと、自分の印を結び付けて考えるという次のコツがつかめそうだから、この調子で頑張れたら夏休みぐらいにぐぐぐぐっと〇が増えますね。急に成績上がるように見えるタイプだわ。」


生徒の書いた答えが、的外れなものなのかある程度理解していての答えか、それが見えると説明の仕方も変わってきます。

A君は、前向きに取り組んでいることが不正解の答えかもわかりました。
惜しいミスをどうすれば正解につながるか。どのようなルール・システムを追加してあげれば、彼の実力アップとなるのか。そういうプロデュースやコーディネートという側面も使って授業をしています。






最終更新日  2018年06月08日 21時29分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月17日
カテゴリ:授業風景

塾の4年生の国語で、《大造じいさんとがん》の読解問題。

構成と心情描写とが巧みで、記述問題の良いトレーニングになるのですが。

今時の子たちには少々古く感じる言葉や、日常では聞かないフレーズもけっこうあるので1回目は読み聞かせて、時々言葉の意味の説明も加え、質問にも答えます。

「がんって、病気じゃないよ。鳥の種類ね。
こういうの(画像を見せる)」
「かんたんの声、簡単じゃなくて、感動してため息つくの感嘆ね」
「たにし?たにしっていうのはね、」
「りょうし?りょうしっていうのは」
「なんで鳥とかつかまえるのかって?」
「『えば』って、えさのある場所ね。ちがうちがう、エヴァンゲリオンじゃないよ。」

物語の世界観になかなか到達せず…。



それでもなんとか解説し終わった後には、80字近い記述問題にも取り組みました。
単純な解答文では、全然情報が足りないこと、詳しく詳しく書き加えるパーツを考えて、順番を整理して、何十分もかけて記述問題を仕上げました。

最初は、「×」と「△」にしょんぼりしていた生徒達ですが、一段一段積み上げるようにして上手に説明ができ、花丸がついていい笑顔です。
💧







最終更新日  2018年05月18日 19時35分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月02日
カテゴリ:授業風景
中学受験の結果が出そろった1月後半から、昨日までは4月から使用する大学のテキストの改訂と就活生への文章力講座でバタバタとしておりました。

ちょっと聞いてください。
大学生の文章力関係のテキストで、「レポート作成」というものをテーマにしたものもあるのですが、最近の学生はすぐにコピペして自分で考えたり文章作成したりしないで課題をこなそうとするわけですよ。
その理由の一つが「どうやってレポートを書いていいのかわからない、つか、そもそもレポートがどんなのかもわからない」からでして。

ですから、テーマをどう分析するのか、アウトライン(段落構成)は主にどういうものかあるのか、参考文献はどうやって探すといいのか、引用の仕方、Wordを使った作成の仕方、提出までの流れ、文体…。
それはそれは、一段一段、噛み砕いて、限界までスモールステップにして「それならできそう」と思えるようなものをと作成いたしました。

これは、なかなか好評でして、中には自由テーマのレポート作成に、「戦争と経済」「電気自動車の普及が思うように進まない理由について」「コンビニエンスストアとAI」など、学生のいい着眼点で複数の専門家の意見にも頼りながらではありますが、読み応えのあるレポートに仕上がっているものも出てきました。
1000人を超える対象学生のうち、下位層の学生も含めて、「コピペ」のレポート提出はなくなりました。
学生からのアンケートにも「この講義のおかげで、他の先生からの課題のレポートですごく高い評価をもらえた」「レポートが書けて大学生になったなという実感が生まれた」など。

「できない」と批判したり諦めたりしないで、どうしたらできるようになるのか、どこまでならできるのか、それをみつけて導くのは、相手が小学生でも大学生でも新入社員でも同じことですね。


さて、2月から新年度の進学教室manaviでも、新しい学年での授業が始まってみんななかなか頑張ってくれていますよ。
これまで、毎週注意されてからしぶしぶ取り組んでいるような姿勢だったAくんが、3週連続漢字テスト一発合格。
長文読解は逃げ腰だったBくんが、粘りに粘って目標点に到達。

新入生の新4年生のCくんは、「漢字大嫌い~」「文章読むのもきらーい」と1週目には言っていたんです。
だから、こちらもまずは苦手意識を解除しようと、「指示語の内容を答える問題」や「接続詞」などあまり長く集中しなくても取り組める問題を先にやり、漢字は「読み」だけで連続〇をもらえるように。

2週目の先週には、びっしり字の並んだ長文に挑戦しましたが、「宇宙人のしゅくだい」というなかなか面白い話だったので、一気に集中できて、連続正解。
「先生の解説なしでこんなに正解が続くなんて!素晴らしい!」と拍手。そして、ヒントなしで正解した問題には二重丸◎。
授業後、帰り支度の際に「お話問題、面白いなぁ。」と言っているのを聞き逃しませんでしたよ。

3週目の昨日は、「今日も集中して頑張れたね。時間が来たのでここまででおしまい。」というと、
「え!もう終わり!?まだまだいけたのにー。」ですって。
にこにこ笑顔で帰っていかれました。

柔軟な子供のうちに、自分の思い込みである「苦手」という呪いを解くチャンスがあると、その分未来の可能性は大きく広がりますね。


今後も子どもたちの目が輝く瞬間を数多く作れるように作戦を練っていきます。
個人塾で少人数制だからこそできる、オートクチュールのような授業です。






最終更新日  2018年03月02日 16時51分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年01月03日
カテゴリ:授業風景
算数において、抜群のセンスと取り組む問題量でめきめきと力をつけている6年生A君。
課題を精力的にこなし、飛び級でテキストを進めてきました。
算数の問題演習の時間は、複数の算数の講師が質問対応しますが、A君の質問には数分では説明できない難問ばかり。
それもとても楽しそうです。

一方、国語に関しては苦労してきました。
国語と算数でここまで差がつくものかというぐらい。
彼の解答は予想を超えるもので、外国人か宇宙人か・・・
個別指導も交えて、難問にも粘り強く取り組む日々。
少々時代設定の古いものに苦戦し、80字や100字の記述問題には何度も×がつきました。
それが、△が増え、先日、とうとう模範解答そっくりの解答を自力で書くことができました。

苦手なものから逃げず、前向きに素直に取り組み、自分に変化を起こす。
それで得た自信。

入試本番は10日後ですが、この受験という取り組みの中で、
すでに大きなものを得ていると感じます。
あとは、志望校の合格という証をいただきたいですね。


A君だけじゃありません。

何度全くテストをしても満点取れずにいたB君。
同じ数字で同じ順番のテストなのに、それでもまた同じところで間違うなんてことがしょっちゅうだった。それでも、一回も塾を休まず、質問して質問して、×ばっかりのテキストを一つ一つやり直して青い〇をもらって、何冊ものテキストを埋めてきました。
志望校のプレテストで、得意科目だった国語の点数を抜いて算数で80点が取れていました。
結果が届いて、「やった!」ガッツポーズがでました。
本番もこの調子でね。

Cさんは、受験を目指し始めたのが6年の夏。
6年の夏期集中講座からのスタートでしたが、持ち前の集中力と素直さでぐんぐんと吸収。
先日は、国語の得点で塾内2位という好成績まで取れました。
準備期間が短いため、難関校にはチャレンジするというタイプの受験スタイルではありませんが、入学後にもまだまだ成長するに違いありません。
ここで学んだことや身につけたことは、確実に彼女の力となっています。

前の塾で心が折れてしまって、少人数の塾に通うことになったDくんEくんにも、変化が見られます。
以前は聞き流している感じでしたが、今は食らいつくように真剣に授業を受けています。
宿題忘れも全くなくなりました。講師のアドバイスの使い方がとてもうまくなっています。
無理だと諦めていた記述問題が埋まっています。部分点もらえる△のときと〇のときとあります。
中学進学のスタートで、また新しい友人ができて、心の傷も癒えて、自分を信じて頑張れるぐらいには回復したように見えます。

それぞれに「軸」のようなものができてきたような、そんな成長を感じます。
点数自体には現れてない部分にも、中学受験を通して得るものはたくさんあります。
合否ももちろん大事ですが、プラスになったことをきちんと言葉にして、伝えて、意味ある時間を積み重ねたことを自信につなげてもらいたいです。


↓クリックすると似たテーマのブログが読めます。このブログの応援1票入ります。

教育・学校ランキング







最終更新日  2018年01月03日 20時36分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年10月24日
カテゴリ:授業風景


6年生は、模擬テスト演習が多くなってきています。
自分の力で考えて、解いて、解説聞いて、調整を重ねていきます。

じわりじわりと実力を上げてきている生徒、
なかなかの難問が解けているのに、集中が切れてしまって空欄が目立っている生徒、
焦りや睡眠不足でスランプ気味の生徒、
ここんところ難しめの問題ばかりに目がいっていたのもあるのでしょうか、ごく基本的な問題にうっかり引っかかってミス連発の生徒、

「こら!こんなごく基本的な問題間違えるのは、塾行ったことのないコだけ!
 しっかり復習!自分の穴を発見したらすぐに埋める!いいね。」
厳しい声に一瞬、表情が引き締まります。
隣の教室にも緊張感が走ったのが気配でわかります。

「君らの持っている武器、今のままだとわたがしとこんにゃく!戦えませんぞ!」
と言ったら、みんな想像したんでしょうね。
大きな敵に立ち向かう勇者自分が、ふわふわとくにゃくにゃの剣を持っているところ。
笑い出しました。
「どうする?」
「磨く!」「固くする!」と口々に。

《宿題》
今日のテストで発見した自分の弱点を補強してくること。
記述問題・抜き出し問題に不正解が目立つ人は、読解問題のテキスト。解答欄の箱の大きいページを狙って解く。
語句・漢字・文法の人は、オレンジのテキストの方ね。

自分で考えて取り組む宿題は、先生に出されて強制的にやるものよりも主体的である分、効果が高いです。次の授業で一人ずつその取り組みの意味を認め、褒めたいと思っています。

真剣に取り組む横顔、ぎゅっと握って問題に取り組む時の手のいとおしいこと。






最終更新日  2017年10月24日 03時30分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月18日
カテゴリ:授業風景

5年生後半、6年生になってから入ってきた生徒さんも何人かいましたが、ようやくペースに慣れて来たようです。

以前通っていた大手塾ではなんとなく座っていたら授業が終わったのでしょうね、
最初は指名して質問しただけで驚いていました。
宿題も翌週にきちんとやったか確認したら、やっていませんでした。
学習習慣、姿勢、そういうのから一つ一つ積み重ねるように説明していきました。
長文に対する苦手意識を取り除くため、小3・4の読解問題もプリントを混ぜて、「高得点が取れる」という事実も確認しました。

あくびが出なくなりました。
時計を何度も見ていたのもなくなりました。

この文章の種類は?
「随筆!」と即答できました。

では、どのようなポイントに印をつけますか?
「筆者の意見と理由」

すばらしい。
では、ちょっと難しめの文章ですが、一緒に各段落のポイントを抑えていきますよー。

各段落に下ごしらえのチェックを入れるところまで確認しました。
「お、A君、そのマークは(例)ってことか!分析できてるね~。」

「B君その段落3か所線入れたの、いいね。特に「一途」という言葉だけを目立たせてあるのが特にいいね。それ絶対に役立つよ。」


記述問題も3問含む設問10問、A君は一発で全問正解です。
「やった!」ガッツポーズが出ました。

それを見て、B君も、「先生ここの問題はさ、〇〇っていうことですか?」

「そうそう、そういうこと。だからさ、どの段落に戻ればいいかな?」
「ここやんな?」
「そうやね。」
自分のつけた印に気が付きます。
「『一途』を使って答えればいいってことか!」
「そうやね。答え見えてきたねー。」

文章の内容をまずはしっかり理解すること。
当たり前ですが、さーっと目を通して、設問から真剣に取り組むような形では今後対応できなくなります。
まず、筆者の考えに忠実に、丁寧に読み込んで、軸を掴んでいきましょう。
そのポイントに印をつけておくと、それが式のように答えを導きだしてくれます。

その感覚が掴めてきた生徒さんは、あとは抽象的な文章や表現が大人っぽい文章に慣れるためにトレーニングを積むだけです。







最終更新日  2017年04月18日 10時31分11秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.