1486372 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

腹筋とくびれ

PR

プロフィール


たこ麗子

カレンダー

コメント新着

 まんぺ@ Re:ジャムウスティックとカンジダ膣炎(07/09) 五千円?そんなにしませんよ?高くて千円…
 ようこ@ Re:クラスメイトの角銅秀人くん(04/09) 私も角銅君と同級生です。 小学校、中学校…
 ようこ@ Re:角銅秀人くんの今(07/11) 私も角銅君と小学校、中学校、高校と同じ…

バックナンバー

2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

フリーページ

2007年08月24日
XML
カテゴリ:本と映画と音楽
エパンチン将軍が死んで、アグラーヤが囲われることだってありえたのよ。
----------------------
旅行中はドストエフスキーの“白痴”を読んでいたの。
身勝手な男たちと、身分差別という暴力にさらされる無力な女。胸が痛むわ。
無神論と信仰の欠如、真理の探求というテーマにも心ひかれるの。
ほら、あたくし聖書に親しんでいるから、ついそこに目が行ってしまって…。
旅行先で出会った大学教授のご夫婦ともこの件について語り合ったのだけれど、

ここでニュースをお伝えするわ。
新訳「カラマーゾフの兄弟」異例のベストセラー
 ※消えていたらこちら 書店も混乱気味…カラマー族

新訳が26万部突破で出版業界騒然?
はん、ブームの理由が分からないなんてマスコミはどうかしてるわね。
バー・スメルジャコフ”のせいに決まってるじゃない。
“カラマーゾフの兄弟”を読み終えたら無条件に入れる架空の会員制バー。
またの名を『カラ兄』読了クラブ
我が家のロシア文学ブームも例に漏れず村上春樹ではじまったのよ。

“カラ兄”なんて実家に昔からあったけれど一度も開かなかった本だわ。
だって、
「ロシアの農民三兄弟が大自然と役人の虐げの中で生き抜く話」
ぐらいに思ったんだもの。つまんなそうじゃない?

ぜんぜん違う話だったわ

私たちは時代を超えてワイドショーと火サスと昼ドラから逃れられないのね。
文学大作であると同時に思わぬ娯楽傑作だった。やるわね、ドストエフスキー。
登場人物の行方より衝撃的だったのはあとがき知った作者の死。
遺作? ちょっと、続き、続きは?
“罪と罰”は大島弓子の漫画で満足していたけど、今度ちゃんと読むわ。

そうそう、“白痴”はムイシュキンの馬鹿がほんとうに馬鹿でむかついたわ。
何よ、あんたただの面食いじゃない。上巻の感動を返してよ。
この本の難所は自己憐憫に酔った若造イポリートの告白。
長文うざいと書かれるタイプ。あいつのおかげで危うく挫折するところだった。
典型的ツンデレのアグラーヤってかわいいと思う?
あたしは張り倒してやりたかったんだけれど。

あとトーツキイとかエヴゲーニイ・パーヴロウィチとかエパンチン将軍。
すべての節操のない女垂らしがもれなく野垂れ死にしますように。

ちなみにキャップはロゴージンに自分を重ねながら読んでるみたい。

スメルジャコフ対織田信長家臣団

新訳 カラマーゾフの兄弟

関連日記
 ナボコフのロリータをわたしが認めない理由
 "読書目標一日二冊 一年一回

"くびれと腹筋物語"人妻からの返信
楽天自腹列伝

楽天ブロランキング







最終更新日  2007年08月24日 09時24分31秒
コメント(6) | コメントを書く
[本と映画と音楽] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.