114905 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りら

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

ベジタリアン

October 8, 2009
XML
カテゴリ:ベジタリアン
『~生物多様性を考えるクッキング教室:小学生親子ら108人参加--安城 /愛知~感謝の気持ちかみしめる...食材の命を実感するため、サバは切り身を使わず、さばくところから始めた。できた料理は全員で食べ、感謝の気持ちをかみしめた。』

生物多様性をどう教えたのか、そこが知りたいものです。
だって記事には食材の命を実感するためにサバをさばいた、とあるのです。
サバはもう死んでいたのですよね、きっと。

ポイントはどこなんでしょう。

次回は、牛や豚を一頭解体するところから始めて牛丼とトンカツを作りますか?
「命」を実感するなら、屠殺からのほうが効果的です。

毎日jp









最終更新日  October 8, 2009 11:15:26 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 7, 2009
カテゴリ:ベジタリアン
タイトルが「第2回アースカフェも盛り上がりましたよ」だったので、どれどれと思って読んでみたら:

『ブタを見て、「かわい~」とか、言った後にそのブタを食うのか?と良く言われますが、畜産というものの在り方を正しく理解して食べなければなりません。』

下までスクロールすると豚の動画が見られます。背景に「かわい~」という声が聞こえます。

かわい~と言ってから食べると「畜産というものの在り方を正しく理解して食べる」ことになるとは、今日まで知りませんでした。

アースカフェ???







最終更新日  August 7, 2009 11:21:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 13, 2009
カテゴリ:ベジタリアン
牛乳市民講座「ミルクですこやかな毎日を」

こんなタイトルの講演を目にしました。主催は日本酪農科学会。

「牛乳類の消費が低迷している現状を打破しようと、2007年から全国で市民講座を開催している」そうです。

お気持ちは分かりますが、「『牛乳の飲み過ぎで骨粗しょう症になりやすくなる』などの間違った情報が出回っている。牛乳に関する正しい情報をサイエンスの立場から、積極的に発信していきたい」などと言うのは、無理というものです。

基調講演は大学教授や管理栄養士など、「その道」のプロが行います。残念ながら古い知識を更新する能力のない方々ばかりのようです。

牛乳の効用を科学的データを示しながら紹介する?
それはもちろん可能ですが、当然マイナス面もきちんと伝えてくれるんでしょうね。
いいところだけを紹介して「牛乳は健康維持に最適な食品だとアピールする」のは科学者としては片手落ち。
講演料がいくらかは知りませんが、科学者魂を売り渡すほどの金額ではないでしょう。

消費拡大のためにウソはいけません。

本当に人々の健康を願うなら、「牛乳を飲んではいけません」と発信しましょう。

日本酪農科学会がそう言えば、効果は絶大です。
とはいえ、サイトを見た限りではどんな団体やらよくわかりませんでした。






最終更新日  July 13, 2009 09:09:36 PM
コメント(2) | コメントを書く
June 10, 2009

Soy

カテゴリ:ベジタリアン
わたしは、この商品を買って食べたことはありません。
これからも多分買わないと思います。
でもトップページがしゃれているので、紹介します。

soyjoy

カーソルを根っこの“TODAY”に合わせると画面が変化します。
どんどん下がっていくと大豆の歴史がたどれます。

大豆はやっぱり納豆。
黒豆が気に入ってます。







最終更新日  June 10, 2009 07:51:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 31, 2008
カテゴリ:ベジタリアン
ビーガンであり続けることは不便なことだと、確認することの多い一年でした。

動物性の食品を食べない。

説明をここまでシンプルにしても「普通の人」にはあまりにも突飛で、理解してもらえることはまずありません。

来年、わたしはやはりビーガンであり続けます。
すべきことはこれだけ。
シンプルです。

そして、「ビーガン」という言葉を一度は聞いたことがある、という人を増やそうと思います。

2009年へ。
年を越えて生きることの喜びをかみしめています。

みなさんに、しあわせを星









最終更新日  December 31, 2008 06:11:58 PM
コメント(8) | コメントを書く
November 26, 2008
カテゴリ:ベジタリアン
知人に連れられて入った「うまいそばを出す飲み屋さん」。

カウンターの片隅で、ご主人らしき人がごりごりとそばの実を粉にしているんです。

石臼でですよ。

ごりごりしているご主人に

「そば2枚くださ~い」

「粉ひいてますから、ちょっとまって」

しばらくして、入り口にある半畳ほどの部屋にご主人が入り、せっせとそばを打ち始めました。せま~い店なんですが、絶対必要な空間なんでしょうね。

どのくらい時間がたったか忘れてしまった頃、
さらりとならんだそばがでてきました。

おお、そうだ、そば、頼んだんだ。

喜々として一口。

びっくり

これまでそばだと思っていた味とは全然違うのです。

わさびと小口切りのねぎをすこし加え、めんつゆなしで食べました。
つゆの出しはきっと鰹節でしょうから、ビーガンを貫く私は遠慮しませんと。

めんつゆなしでそばが食えるかって?

ダイジョウブ。

こんなおいしいそばは初めて、というしあわせな経験になりました。







最終更新日  November 26, 2008 12:40:32 PM
コメント(2) | コメントを書く
November 3, 2008
カテゴリ:ベジタリアン
ビーガンカップケーキ。

こんなかわいいの、見つけました。

目と口の黒は何を使ったのでしょう。

ビーガンチョコレートは、
うちの近所のお店にはないので、
車で出かけて買い込んできます。

歩いていけるお店にあるといいのになあ。






最終更新日  November 3, 2008 06:48:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 27, 2008
カテゴリ:ベジタリアン
Vegan.com 23日のブログで、冬野菜のスープを保存するのにいい季節だと紹介しています。掲載写真には、著者のエリック・マーカス氏が作った瓶詰めが写っています。

瓶で保存するのはジャムや乾物だと思っていましたがスープだって瓶詰めしていいんだ! 

大好きなピーナツバターを食べるたびにりっぱな瓶が残るので、空き瓶だらけの台所。これからは、料理の保存は瓶、と新たな希望を見いだしました。

湯せんして滅菌すれば、これからの季節、1~2週間は台所の隅っこでダイジョウブではないか、と無理矢理思っています。

最近の冷蔵庫は大型化してますが、うちのは古いのであんまりスペースがありません。

保存方法を工夫すればそんなに大きなものはいらないようにも思いますが、どうなんでしょう。

大きいといえば、アメリカの冷蔵庫。
知人宅で、台所の壁に「埋め込まれた」冷蔵庫を見て、めまいがしました。

アメリカが本気で省エネに取組んでくれたら、と思いますが、
日本だってよその国にそんなことを言えるような立場ではありません。
比較の問題ですから。

地球全体で、絶対量は減らせるんでしょうか。









最終更新日  October 27, 2008 04:05:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 26, 2008
カテゴリ:ベジタリアン

時々カレーが食べたくなります。
どうしてでしょうね。

味覚は手強い記憶です。

今夜のカレーは、さつまいもと小豆入り。
次回の料理教室で紹介するレシピの試作も兼ねました。

ついでにチャツネも作りました。
市販のチャツネは種類も少ないし気に入った味が見つからず、しかも高い。

自分で作れると分かったら、うきうきします。

今が旬のラフランスに、タマネギ、黒砂糖、米酢、オールスパイス、カルダモン、クローブ、ジンジャー、レッドチリを入れて煮込み、液体がシロップ状になったらできあがり。

甘い、酸っぱい、辛い
チャツネの味ですわい!

日本のカレーには福神漬。

これはひょっとしてチャツネの代用品として考えられたのでしょうか。

と思って検索してみたら、福神漬が先にあって、あとからカレーと組み合わされたようです。

日本人のカレー好きはすさまじいものがあります。
でも、カレーに必要なスパイスはほとんど輸入品。

「日本にはもうカレー粉、売ってやんない」と言われたら、困るだろうなあ。








最終更新日  October 27, 2008 02:53:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 21, 2008
カテゴリ:ベジタリアン
Vegan.com  10月20日の記事です。

時代の兆し
マンハッタンの街角にうるさいほど広告が出ているグレイズパパイヤの「リセッション・スペシャル」。問題は、リセッションをあおってきた商いが安い肉の時代の終焉を告げるという事実だ。本物のリセッション時代に「リセッション・スペシャル」価格で販売されるホットドッグが、皮肉にも、危ないらしい。
広告の写真はこちら

《りら記》
写真を掲載したニューヨークタイムズの記事によると、ホットドッグチェーンのグレイズパパイヤは、1980年からずっと「リセッション・スペシャル」メニューとしてフランク2本とドリンクをセットで販売してきました。価格はその時の物価を反映して少しずつ上がってきました。リセッション・スペシャル価格が求められる今こそ安くしてもらいたいのに、そうなっていないのが現実です。ちなみに今週の価格は4ドル45セント。2006年から続いた3ドル50セントから跳ね上がりました。

創立者、ニコラス・グレイ氏のコメントが載っています:「安いランチはいつの時代も魅力的だ。うちの客になる人たちにとっては、毎日がリセッションだけどね」。電話インタビューでは、自殺したいよ、と心境を述べたそうです。






最終更新日  October 21, 2008 02:14:13 PM
コメント(0) | コメントを書く

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

お気に入りブログ

北海道ドライブ旅行… New! 天地 はるなさん

横浜のカジノ構想 New! tente10さん

何杯飲んだら飲みす… 為谷 邦男さん

アフリカマイマイ本… 松下一郎さん

住宅街のど真ん中に… ビジベンさん

コメント新着

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
りら88@ Re[1]:tomatoes(10/19) happa615さん >ご無沙汰してます。 こ…

日記/記事の投稿

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.