000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

口美庵 kuchimi-an ~シドニーゲイの日々

vol, 4 「おばあちゃん大好き!」

たまに実家へ電話をする。離婚した父親とは仲が悪いので
父方の祖母と母親とだけ話す。

祖母は松山で小さな小料理屋を一人で営んでおり、
松山では知る人ぞ知る老舗となっている。

もう軽く80を越すおばあちゃんであるが現役で働いている。
仕入れにはスーパーカブを乗り回すヤンキーババアである。
家族をはじめ、客の誰もが心配して、『もう乗りなさんな』
と懇願するが、『誰が仕入れしてくれるんぞな、あんたかいな!』
と逆切れされる。

私が子供の頃、祖母のお店で留守番をしていると
額からダラダラ血を流しながら祖母が帰ってきたことがある。
『バイクで空き缶踏んでしもうた!』彼女は笑っていた。
彼女は強い。

数年前、当時付き合ってたニュージーランド人と一緒に帰省した。
もちろん私の彼氏です、などとは言えず、友達として紹介した。
なぜかこの男と祖母は意気投合し、ゲロ吐くまで飲み明かした。
今も小料理屋の奥座敷には私と元彼の写真が飾られている。
電話をすると必ずこの男が元気かどうか、と聞いてくる。
彼は元彼であり、もう終わったのだよと言えるものなら言いたいが
大正生まれの彼女にはちょっと刺激が強すぎると思われる。

先日電話したときも、最後はお決まりの結婚話になった。
強く言ってくるわけではないが、やはり結婚して欲しいらしい。
幸せになるために結婚と子供は欠かせないものだと彼女は信じる。
3つ上の兄はもう結婚して子供もいる。私だけが不安材料らしい。
自分は興味が無いし、そんな余裕もない、とシラを切る。
『早く孫の顔が見たいがな』と言われた。

・・・私があんたの孫やがな


私の一番尊敬する、そして愛する人物である。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.