188883 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

口美庵 kuchimi-an ~シドニーゲイの日々

PR

プロフィール


black moet

日記/記事の投稿

コメント新着

yuka@ Re:vol, 190 「Day7 ~さよなら野菜スープの巻」(06/07) 記事拝見しました! 私も今日から脂肪燃焼…
どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
お猿@ やっちまったなぁ! http://feti.findeath.net/0-3rsj6/ ちょ…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/f4ji3ih/ 今…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
バーサーカー@ ヌォォオオ!!!!!! http://bite.bnpnstore.com/rp4gvrt/ お…
ディック橋本@ ギリ3人です(笑) http://iikoto.chories.net/pwy83al/ 降…
旋風脚@ いそぎ中継す!!!! http://kuruma.koreikura.net/-e77r79/ …
すぱいす@ なんぞコレおもしろ!!!! とりあえずは今月の目標50万かなー? …
ヴぁなる@ しょしあおしょししああしょ!!! http://play.donune.net/cieshno/ キャー…

お気に入りブログ

2020年ピアノ生活 himawari1221*さん

まったりDEAR's… ☆ディア☆さん
のぶと愉快な下僕達 nob marleyさん
★ オパールブリス … オパールブリスさん
お笑い!国際結婚日記 kimosabiさん
銀座ジュエリー・ブ… 銀座ジュエリー・ブランドショップ応援館管理人さん

フリーページ

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

カテゴリ

カテゴリ未分類

(65)

日記

(169)

クッキング

(3)

コスメ

(0)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

2006年11月28日
XML
カテゴリ:日記
dog

キュ~~~ン クゥ~~~ン


ある晩家にいると犬の鳴き声が聞こえた。普通のワンワンキャンキャンという鳴き声なら気にもしないが、その鳴き声は悲痛の叫び。犬が寂しがっているときや悲しいときに放つ声。苦痛と悲哀の混じったなんとも切ない鳴き声。

( ゚o゚) 『聞こえた?』

(゚o゚ ) 『うん、聞こえた』

大の犬好きな私はその鳴き声を無視するわけに行かなかった。すぐさまベランダへ飛び出る。もしかしたら野良犬が事故にあったのかもしれない。もしかしたら心無い誰かにいじめられているのかもしれない。→そしたら私はその犬を助けよう→その子は我が家に迎えよう→晴れて私も犬オーナー!(*´∀`)ノ ワーイ

しかし見当たるとこに犬はいなかった。空耳かとも思ったが、旦那もちゃんと聞いていたので間違いではなかったようだ。気になりつつもその日は就寝。しかし翌朝よりそれは頻繁に聞かれるようになった。



キュ~~~ン クゥ~~~ン


何度窓を開け放して外を確認したことだろう。夜中に聞こえて飛び起きたこともあった。しかしどうやらそれはビル内から聞こえているようだ。以前隣にボクサー犬を飼う夫婦がいて、何度か鳴いているのを聞いたことがある。彼らはもう引っ越してしまったが、もしかしたら別の老いた一人暮らしの飼い主が倒れてそれを伝えようとしているのかもしれない(想像1)。それともまた別の乱暴な飼い主に毎朝毎晩暴行を加えられているのかもしれない(想像2)。

日に日に鳴き声は増していく。朝も晩も何度も聞こえる、悲痛な叫び。こんなとき私はどこへ連絡すればいいのだろうか。とりあえずビルのレセプション?とりあえず警察?日本なら保健所?私と旦那は悩んだ。


【口美悩むの図】
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . ::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

成す術もなく私は地団駄を踏む毎日を過ごした。悲しみにも苦しみにも聞こえるその嘆きを聞きながら。老人説(想像1)はいつの間にか脳裏から消えていた。「動物虐待」、そんな言葉が何度も頭をよぎった。許せない、私はそんな人間のクズをどうしても許せない。

そんなある週末、私と旦那が出かけようとエレベーターを待っているとき、2台ある内のいつもは来ない大型の方のエレベーターが珍しく着いた。あら久しぶりねと、そのドアが開いた、その時







キュ~~~ン クゥ~~~ン







(‘ё‘)(‘ё‘) 『・・・・・・・・・』

乗り込まずにドアが閉まるのを見届け、もう一度ボタンを押す。
ドアが開くと同時に悲痛の声が聞こえる。

キュ~~~ン クゥ~~~ン

でも鳴いているのは犬じゃなくて、エレベーターのドア。
二人とも無口に乗り込み、ドアを閉める。一階に着いて開くドア。

キュ~~~ン クゥ~~~ン

他の住人が乗り込もうとボタンを押す。ドアがまた開く。ドアが鳴く。

キュ~~~ン クゥ~~~ン




(゚д゚ ) 『これだったんだね・・・』

( ´_ゝ`) 『・・・・・・』

(゚д゚ ) 『犬じゃなくてよかったね・・・』

( ´_ゝ`) 『それはそうなんですが・・・・・・』





管理会社ちゃんとメンテナンスしろや!!!
(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

って感じです。っていうよりも





(/ω\) ハジカシィー


banner
お手数ですがワンクリックお願いいたします。






最終更新日  2006年11月28日 10時13分45秒
コメント(2) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.