167394 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

心象スケッチ

PR

Freepage List

Profile


superkucky

Free Space

がまだせ市場「鬼八の蔵」、旧高千穂駅上新都観光跡地「匠の館」にて、CD販売しております。
「村唄」「心唱スケッチ」共に1300円です。
よかったら聴いてください!

Calendar

Nov 20, 2018
XML
カテゴリ:村々探訪
私の住む本組という場所の紹介を少しでしていきたいと思います。

天孫降臨の際、この地には良い水がなかった。

そこで、ニニギノミコトはアマノムラクモノミコトに高天原へ戻り、水の種をもらってきてくれ〜と頼んだ。

アマノムラクモノミコトは高天原でアマテラスオオミカミより3つの水の種をもらって高千穂へ帰ってきた。


これを藤岡山の麓、神代川のほとりに置かれた。


ここを天眞名井という。

神話に興味がある方は何となくでも聞いたことのある話だと思います。

この神代川は以前は水も今以上に沸き、子供達は川で水遊び。


高千穂小学校の校歌の頭に『神代川の清き水』とあり、作った当時の面影を感じられます。


しかしながら、生活排水など、浄化はできておらず、汚い川と成り果てていたそうです。

その後は浄化槽や下水道などの普及により水質は以前よりは改善され、まて改修しコンクリートで整備されました。



rblog-20181120222740-00.jpg


県の事業で昔の川の風景を、そこに暮らす住民と共に戻しましょうというプロジェクト、かわまちつくりが今実施されました。

この写真は整備前、僕が高千穂へ来てから変わらない神代川の景色です。



rblog-20181120222740-01.jpg

今現在はこんなにきれいになりました。


小魚や蟹など、生物も確認できるようになったそうです。


詳しくはこちらをご覧ください

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/chiiki/shityoson/nishiusuki_shityo/jindaigawa/


さて、この天眞名井の川向こう側には夜泣き石という岩が置かれていました。


夜泣き石とは、災いのあるときに、この石がうごめいて皆に知らせたという伝説やコノハナサクヤヒメがあまりにも難産でこの石にしがみついて産んだこともあるそうです(火をつけた建物の中で産んだという伝説もあるのだが…)

そして、赤子の夜泣きがひどい時はこの石に触ると夜泣きがおさまるという伝説もあり、なんと我が子も夜泣きの時はこの石にお願いしたものでした。



rblog-20181120222740-02.jpg


以前はこんな感じ。


rblog-20181120222740-03.jpg

現在は場所を変えていました。

正直、久しぶりに見たら、川の側にあるのですが、なんか神々しくないというか、ただの岩のような感じであまり凄みを感じません。


さてさて、話は戻り、天眞名井には昔妙見社が神代川に建っていたそうです、今はその柱の跡が2つ、今現在は埋められています。


rblog-20181120222740-04.jpg

この写真でも確認できるかなと思います。


rblog-20181120222740-05.jpg

神代川の上流の方です。


農場高校入り口辺りから下に下る道があり、川沿いを歩くことができます。

いくつか水神様もあり、お祭りの時は一つ一つしめ縄を張っていくそうです。

来年には参加したいと思っています。

水神様の事はまた後日にでも。


この辺りはかわまちつくり対象の場所ではありません。

対象は荒立神社の下の鳥居から道路から見て右手側天眞名井周辺までです。


神代川については以上です。

もう少し長くなりそうなので、この辺で。

また、次回。


参考文献

神々の里本組 たかまがはら

本組公民館発行







Last updated  Nov 20, 2018 10:29:16 PM
[村々探訪] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.