167326 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

心象スケッチ

PR

全1131件 (1131件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

Dec 26, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
君の名は。


という映画を観た。


二人が入れ替わってしまう作品は過去にもいくつかあったし、ちょっとコメディだったり、恋愛ものだったりすることが多いので、この映画もきっとそんな感じなのかなぁと、少し敬遠していた。



でも、言の葉の庭という作品を観たときに、とても綺麗て美しさを感じ、新海作品に興味をもった。



というのが、前ふりで、この映画を観て思ったことを書こうと思う。



ストーリーの事を書くとネタバレになってしまうから、割愛するが。



きっと僕らは人と繋がる縁というものは、以前から何かしらで繋がっていたのではないかと考える。


それは、結婚であったり、友人だったり。


前世の話になってしまうのかも知れないが、それは失われてしまった記憶がその縁で結び付いたときに、あっ、なんかこの人は。


みたいな。


それは場所だったりもするのだろうけど。



たまたま高千穂へ縁あって来たのも、おそらく何かしらの縁があったのかもしれないなぁ。



初めてあった人とも今でも繋がっていて、不定期だけど、一緒に演奏する名古屋の古屋さんのように、フィーリングが合うというか。



バンドメンバーってのも、何かしらの縁があったのかもしれないなぁ。




だから、思い出せないだけで、未来というものは何度も何度も変わっているのかもしれない。




って、こんな変な話をしてしまう僕自身が少し気持ち悪いけど(笑)



だからこそ、切れてしまう縁もあるけども、出逢う縁は大切にしなきゃいけないなと思うのだった。


rblog-20171226210528-00.jpg








Last updated  Dec 26, 2017 09:05:30 PM


Dec 19, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
シュトレンを食べながらクリスマスを待つ。


ということで、uipanのシュトレン、旨いです👍

rblog-20171219174429-00.jpg


シュトレンって何!?

って去年初めて食べるまで分からなかったのですが、大杉レンでもなく、マクラーレンでもないです。


ドイツの菓子パンでクリスマスまでの4週間ほど、スライスして少しずつ食べながら、今日より明日と楽しみが近づいてくるという習慣がドイツにはあるようですね。


あっという間に年末に近くなり、クリスマスももうすぐでした。


先日は高千穂Fiveのすんごい久しぶりの飲み会。


創刊号は2006年らしい。


編集長で友人の児嶋君を中心に定期的にフリーペーパーFiveを発行していました。


僕が高千穂へ来てわりとすぐに、メンバーでもあるてつろーさんに紹介され児嶋君たちと知り合いました。


その頃はもうNo.4は出てたのかなぁ。



同年代だし、「おっ、高千穂面白そう✨」

って思ったのが最初ですね。


あの頃は僕も20代。


その後は2度ほど僕も記事を書かせてもらい、そして、5TVとして、ネット番組みたいなのも挑戦してみたり、神楽の日に合わせて、千人の蔵でバーをやったりしましたね。


僕も10年も経つと、久しぶりにメンバーが集まるということが同窓会のような感覚を味わう事ができ、嬉しく思います。


rblog-20171219174429-01.jpg


また、今だからこそのことをやりたいなぁと思うのでした。


ただ、この次の日は二日酔いで1日が丸つぶれ。



飲みすぎには気を付けましょう。








Last updated  Dec 19, 2017 06:06:37 PM
Dec 12, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
rblog-20171212191722-00.jpg

丁度、去年の今頃は次女がアレルギー性紫斑病というのに、かかって入院していた。


保育園の発表会の日に退院したんだけど、まだ症状も落ち着いてなくて、再度入院してしまうという平井家、最大のピンチを迎えていたのだった。


せっかく、発表会には参加できずに本人にとっても、とても残念な昨年だったが、先週土曜日は保育園最後の発表会。


今回は初の人形劇で、いったいどんなものになるのかと思っていたけど、とても上手に発表できていて、ほっとしたところだった。


rblog-20171212191722-01.jpg


息子も大きなかぶの犬役で、出てきたときは恥ずかしがっていたけど、1度しゃべったら、元気に楽しそうにやっていたのが印象的で、こっちも上手にできていて一安心。


rblog-20171212191722-02.jpg


そして、これは次の日に日之影の深角にて手作りピザ&かっぽ鶏パーティーにて、オカリナ演奏の一幕。


オカリナを習ってる子の横で急遽歌うことになった子供たち。


次女はマイクを離したくないようで、人前で発表することが好きみたい(笑)



息子もその横で歌っている風で楽しかった。


rblog-20171212191722-03.jpg


rblog-20171212191722-04.jpg


rblog-20171212191722-05.jpg


成長していく姿が嬉しくもあり、今しかないのだと、少し寂しく今が貴重な時間なのだと感じるのであった。



rblog-20171212191722-06.jpg


昨年はちゃんと誕生日会が出来なくてかわいそうだったんだけど、今回でついに10才になった。


早いものだなぁ。








Last updated  Dec 12, 2017 07:17:26 PM
Dec 6, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
まだ暗く夜明けには少し早い12月2日の早朝に家を出た。


今年は実家に帰省するのは2回目。


ゴールデンウィークの時には、飛行機と新幹線を使用したが、今回の帰省は少しでも長く実家にいようということで、飛行機の乗り継ぎとした。


飛行機は揺れも強く、時間が遅くなったりと安定しないと僕は思っている。


だから、できれば新幹線に乗りたいのだけど、やっぱり早いほうがいい。


そして、空からの景色は格別だ。


東北に入ると、山は雪景色。


一気に懐かしさを感じテンションが上がる。



今回の帰省は一人だけだったので、心細いところもあったが、祖母に会うという大切な任務があったのだから、仕方がない。


以前も書いたが、祖母は10月に亡くなった。


納骨まで済ませる予定だったのだが、大雨が降った影響なのか、お墓の下は水浸しになっており、納骨できなかったそうだ。


きっと、まだ入りたくないと僕を待っていてくれていたとしか考えられない。


そのお陰で、祖母をしっかりと見送ることができて、ほんと有り難く思っている。


rblog-20171206123541-00.jpg


rblog-20171206123541-01.jpg


rblog-20171206123541-02.jpg


rblog-20171206123541-03.jpg


2泊3日ということで、あっという間の帰省となり、友人たちにも会いたい気持ちもあったのだが、今回は家族とお酒を飲んだり、ご飯を食べたり、買い物したりと久しぶりに家族連れではなく、一人の息子として過ごさせてもらった。


最後にまた、祖母に別れを告げ、今飛行機の中でこれを書いている。



伊丹空港では乗り継ぎが15分程しかなく、搭乗口も違ったため、ちょっと小走りし、少し汗ばむ位だった。


あとは、熊本に着いたら、コンビニでおにぎりでも買おう。


お腹がすいて、仕方がない。


追記、


今作成中の作品を家族に聴いてもらって、まあまあ好評だったので、自信をもって、残りを仕上げようと思う。



また、来年の帰省に向けて、お金貯めをがんばらないと!






Last updated  Dec 6, 2017 12:35:44 PM
Nov 28, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
ザ コブラツイスターズ

運命船サラバ号出発



の冒頭の歌詞ですが。



rblog-20171126203135-00.jpg


rblog-20171126203135-01.jpg

rblog-20171126203135-02.jpg

先日、家族全員でむすびカフェ千人の蔵にランチを食べに行ってきた。


その前日にはいっちゃんのライブ。


どんどん素敵になるいっちゃん。


言葉一つ一つに魂が込められ、言葉を聞こうと努めようとする。


いっちゃんの歌には土、人を感じる。



もうすぐ、1stアルバムがでるので、楽しみだ。


写真は唯一1枚だけ撮ったんだけど、上手に撮れなかったから、載せないこととする(笑)



rblog-20171127213515-00.jpg


店長の、のりちゃんには沢山お世話になった。


この千人の蔵で、どれくらいの人と縁を結んできたのかなって、ふと思う。



沢山のアーティストに逢った。


むすびカフェとしてからはもちろんのこと。


以前のも入れると、ほんと沢山の方とのご縁があったなぁと思う。



以前にも書いたのだけど、この石蔵は沢山の音たちを吸収してきたに違いない。



おむすび、カレー、旬の飲み物、デザート。


ほんと美味しかった。


閉店してしまうのは、とても残念だけど、全ては始まり。終わる頃には。



今まで、ごちそうさまでした!!


rblog-20171127213515-01.jpg


ほっと心もお腹も

満たされる場所

むすびカフェ

未来へつなぐ

千人の蔵





rblog-20171127213516-02.jpg






Last updated  Nov 28, 2017 08:31:15 PM
Nov 21, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年の夏から高千穂町内でオカリナを演奏されている方との共演が2度ほどあった。



そもそも、オカリナってなんぞや!?



と思って調べてみた。



と言っても、Wikipediaだけども(笑)



イタリア語の小さいガチョウという意味らしい。

オカリナ(オカリーナ)はエアリード(無簧)式の笛であり気鳴楽器の一種である。発音に唇の振動を用いないらしい。


なんか、奥深いとは聞いたけど、調べてたら、長くなりそうだから、それくらいにしておこう(笑)


オカリナと聞いて、悪魔くんをイメージしちゃって、調べたら、オカリナの形をしたソロモンの笛だった。。


俺が思ってたのはソロモンの笛だったのかぁ。


rblog-20171121173334-00.jpg


さてさて、こないだの町民のつどいにて、オカリナ演奏にギターで伴奏させてもらった。

なんか俺だけ大きくてアピールしてすいません(笑)


オカリナの音色ってやさしい。



聞いてて郷愁を感じたり、懐かしい感じがするのはなぜだろうか?



普段は一人でやることが多いから、他の人と一緒にやると、合わせる難しさと楽しさ両方で、練習もしっかりやらないといけない。


知人にえらい真面目に弾いてるねぇと言われたのだが、普段の不真面目さは、さすがに町民のつどいではださない。



みんな音楽が好きなんだなぁと思うと、やっていて楽しくなるし、気持ちがいい。

また機会があれば、一緒にやりたい。



追記、

だいぶ寒くなってきた。


岩手に帰る際、熊本空港までの峠が心配。


恐らく、岩手は雪だろうなぁ。。


でも、祖母が待ってくれてるから、帰ろう!!










Last updated  Nov 21, 2017 05:33:34 PM
Nov 14, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
僕は楽器屋さんと本屋さんが好きである。


今はネットで購入が当たり前の時代だから、どこに住んでいても購入できてしまう。


確かに便利だ。



実際僕も使う。



確実に手にはいるし。



それでも昔ながらに自分で足を運んで、自分の目で見て選ぶ方が好きだ。


格好いいギターが並んでるのをみては、嗚呼!!と、嘆いてしまうのだけど、そこがまたよくて、まったく飽きがこない。





実際、田舎に住んでいるとお店がないので、品がないことが多く、一番近い楽器屋でも2時間近くかかる。


最近、楽器屋へ行ったところ、なんか品数が少ない。


大分のショッピングモールでは、なかなか楽器屋が入っていることがなく、楽器屋の需要が少なくなっているのかなぁと、なんとなく感じてしまった。



ギターは特に、直に見て触ってみないと、買う気がしない。

人それぞれ手の大きさもあるから、自分に合ったギターを見つけたいから、直接的に見つけたいところだ。


ギターの弦やピックなどの消耗品も直接見たいところだけど、店に行く頻度に追い付かないから、ネットで買った。



あるか、ないかの保障がないから、ネットで買う方が確実なのは確か。

それでも、本屋さんに関しても、長時間いてもいい。


ネットだと、興味をもったり、知ってから調べることが多いので、実際行ったときに、「おっ、面白そう」的な出会いがある方が僕には合っている。


ということで、ショッピングに出掛けた際には、そういった店に行く事のほうが服屋さんよりは楽しい。


だけども、子供たちも一緒になるので、ゆっくり見ることはできないけどね(笑)


追記


rblog-20171114124536-00.jpg


rblog-20171114124536-01.jpg



こんにゃく作りを体験。

rblog-20171114124536-02.jpg


おむすびまつりも無事に終わった。

rblog-20171114124536-03.jpg

子供たちも美味しいとたくさん食べた。


rblog-20171114124536-04.jpg

ライブも無事に終わって良かった。


また、改めて書こうと思う。

rblog-20171114124536-05.jpg



アンパンマン、ありがとう😃






Last updated  Nov 14, 2017 12:45:38 PM
Nov 7, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
すっかり秋めいたこの連休で、家族で大分県は湯布院、別府へ旅行に行ってきた。


実は昨年は次女がアレルギー性紫斑病というのにかかってしまい、その最中に湯布院へ旅行に行っていたので、彼女が苦しんでいるのを見るのがとても辛い旅行となった。


そして、今年もリベンジ!


前回は見られなかった湯布院の街並みを今回は歩き回った。


由布院駅からは真っ正面に由布岳が見え、金鱗湖まで繋がる湯の坪街道では、たくさんのお店が並び、魅力的だった。

rblog-20171105213533-01.jpg


中でも気に入ったのは「jazzとようかん」というお店で、ピアノの鍵盤の形をした羊羮が有名。


店の奥には雑貨やら衣料が置いてあり、ギターの絵がのっているスウェットに惹かれ、購入した。


山もだいぶ紅葉し、金鱗湖ではもみじがきれいに赤々としていた。


rblog-20171105213533-00.jpg



一番のメインは馬車に乗ること。



rblog-20171105213533-02.jpg



街並みをパッカパッカと通り抜けた。


その日の夜は、別府に移動し、アルコールが入ったのもあり、疲れもあり、20時には寝るという、一番早く寝てしまうという偉業を達成してしまった。


次の日は別府の地獄めぐり。



地獄というから、ちょっと怖いものも想像させるが、自然の神秘を実感することができるスポット。


いくつかの地獄というスポットがあり、全て回った。



これで、もし死んで地獄に行っても、見たことがある景色だなぁと、懐かしむこともできるかもしれない。


rblog-20171105213533-03.jpg


その後は九重を通り、小国町へ。


ずっと気になっていた鍋ヶ滝へ。


ここは、滝の裏側から見られることができる珍しい場所で、連休のためか、廃校になったのであろう、小学校跡地に車を泊め、そこからはシャトルバスで移動した。


rblog-20171105213533-04.jpg



なるほどなぁ、と体に感じる水しぶきでマイナスイオンを感じることができた。



rblog-20171105213533-05.jpg



最後は阿蘇の夕陽を拝み、この旅も終わりを迎えた。



まだまだ、知らない九州もたくさんあるのだなぁと、つくづく感じられた。



子供たちも楽しめたようで、いろいろなな体験もできて、よかった。


さて、いつのまにか、ライブまでもうすぐとなってきた。



練習もしっかりしていかねば!!



rblog-20171105213533-06.jpg



rblog-20171105213533-07.jpg






Last updated  Nov 7, 2017 07:47:39 PM
Oct 30, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
rblog-20171028224840-00.jpg


台風一過。


朝晩が急に冷え込んできて辛い。

昔から末端神経が弱く、指の感覚が無くなり痺れてしまう。


一時、養命酒を飲んでいたが、飽きてやめてしまった。


もう10月も終わり。


何かとイベント事が無事に片付いた。



先日は町主催のハロウィンパーティー。


子供たちを連れていった。


長女がハロウィンのカボチャのお化けの由来を教えてくれたが、今一よく分からなかった。


rblog-20171030213303-00.jpg


ハロウィンにおける日本の経済効果はなんちゃらみたいな話を聞くけど、確かに出費も多い。


手作りで上手に仮装をしてくるのは見ていて楽しい。



rblog-20171030213303-01.jpg

相変わらず、暇を作ってはせこせこ録音。


ストックが無くなったから、改めての曲作り。


いわゆる、サウンドトラックのような感覚で、インストでジャムセッションのように作っていくから、上手くはまったときには喜びを感じられる。


あと、5曲程になってきたかな。


現段階で9曲。

時間的に35分なので、約束の60分にはあと25分。


気が遠くなる。



でも、音楽には触れておきたい。




実は先日、実家の祖母が亡くなった。


老衰なので、お疲れ様という気持ちが一番強いが、距離を感じ、すぐに行けないジレンマと戦いながら、遠い地で涙を流した。


思えば、私のあだ名というか、一部に言われている愛称「クッキー」とは、この祖母が命名してくれたことは、なぜか忘れなかった。


遺影は私と一緒に写っていたものか選ばれたことも、とても嬉しく思った。


子供の頃の記憶が蘇り、祖母の家の廊下に落書きをしたこと、それを消さずに残していてくれたこと。

泊まりに行って、体験したお風呂の形、みんなでプロ野球のオールスター感謝祭なるものをテレビで観たこと等々、尽きない。



また、実家に帰った時に、改めてお墓参りをしたい。


可愛がってもらって、とても感謝している。



rblog-20171030213303-02.jpg

rblog-20171030213303-03.jpg

rblog-20171030213303-04.jpg



11月のライブ情報


みさとわくわく祭りではアンパンマンが来るので、息子がとても楽しみにしている。


アンパンマンのように、困っている人に命を削ってでも手助けできる人になりたい。








Last updated  Oct 30, 2017 09:33:07 PM
Oct 19, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
むすびの蔵






2009年2月
初めてこの石蔵で歌った。

それから何度か歌わせてもらった。





五ヶ村の夜神楽に合わせてFIVEメンバーでBARもやった。












一体、どれくらいの縁を結んでいったのだろうか??


形態を変えながらも、生き続けてきた千人の蔵。

今の形態になって初めてライブをしたのは、ここから。
















rblog-20171019211134-00.jpg






様々なアーティストとの対バン、コラボもしてきた。











ちょうど一年前には高千穂移住9周年ライブもした。





録音もした。


rblog-20171019211135-01.jpg

飲み会があれば、必ずと言っていいほど、ギターを弾いていた。

rblog-20171019211135-02.jpg

子供たちもジュースが大好きだった。


今のこのむすびカフェ。

たくさんの縁を結んできたに違いない。


たくさんの糸を紡いできたのだろう。


12月3日をもって、今のむすびカフェとしては終わりを告げる。


店長を中心にほんと素敵な場所で、時間を過ごさせてもらった。


そして、今までもそうであったように、これからも千人の蔵というものは変わらない。


形を変えながらでも、そこにあるには変わらないのだ。


店長の、のりちゃん、お疲れ様!!

正直、寂しいけども、これは始まりでもある。

従業員もたくさんの人が働いていたなぁ。


この蔵ももう少しで10年。

これからも、この蔵で歌っていければと思う。


まずは、2014年の11月に行われたむすびまつりで一緒にやったIKKYUさんと再び、ライブする来月11月12日のむすびまつり。

その後も何回かは対バンさせてもらったが、二人では久しぶり。

ちょっとドキドキ。


rblog-20171019211135-03.jpg


音玉後の写真。


こんな感じ。


rblog-20171019211135-04.jpg



今まで、ありがとう!

そして、これからもよろしくお願いします。

「むすびの蔵」
https://soundcloud.com/kucky918/uuup1yqb3khz

「岩戸五ヶ村蔵の唄」2014年11月の映像
https://youtu.be/ozFy6beTZ5w




追記、高千穂へ移住してから昨日で丁度10年となりました。
ゼロに戻ったということで、また新たな気持ちでがんばります!!






Last updated  Oct 24, 2017 11:36:20 AM

全1131件 (1131件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.