2556480 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

傀儡師の館.Python

PR

日記/記事の投稿

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

フリーページ

プロフィール


kugutsushi

サイド自由欄

設定されていません。
2014年01月12日
XML
カテゴリ:Python
matplotlib でデフォルト表示したら、こんな風になったとする。これじゃあ、よくわからないよ。。。。もっと簡単きれいに出力できないんだろうか。デフォルトでも次のようにきれいに出力できたらうれしいのに。
fill_between_matplotlib_default.jpgfill_between_prettyplotlib_default.jpg

scatter_matplotlib_default.jpgscatter_prettyplotlib_default.jpg


prettyplotlib は、Edward Tufteさんのインフォメーションデザインについての成果や、Cynthia Brewerさんの color perception の成果に触発されて、Olga Botvinnik さんが githb 上で公開しているもの。

このライブラリそのものとは別の話だが、Olga Botvinnikさん、女性なのね。 RNA, data visualization, and computational reproducibility の研究している方。Cynthia A. Brewerさんは Professor of Geography。インターネットが普及して、地道にあれこれやって公開している人が一般の人の目に触れるようになってる。この数年、女性の活躍が一段と目立ってきた印象がある。YouTube 見てても、それなりに動画あるしね。もっとも現状では、女性でもこういう活躍している人がいるのねと思ってしまう程度にメジャーではないというのもあるけれど。

話は元に戻って、Olga Botvinnik さんの貢献しているプロジェクトを見てみると、Seaborn: statistical data visualizationpython-pds: Toy Implementation of Probabilistic Data Structures in Pythonmatplotlibpandas: Flexible and powerful data analysis / manipulation library for Python, providing labeled data structures similar to R data.frame objects, statistical functions と、バリバリ Python 使っている感じ。R でなくて、pandas 使ってるし。Python で全部やってしまうというのが、どんどん進んでるのね。R は R で進化しているみたいだけど。

prettuplotlib を使うには、numpy、matplotlib、brewer2mpl などをインストールしておく必要がある。

安易に現状の Google の検索結果から Matplotlib と Pandas のリンクをメモ。時間をおいて検索してみると、どの程度普及が進んだか分かるかなと。

Matplotlib



Pandas



書籍


Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理


【送料無料】Pythonによるデータ分析入門 [ ウェス・マッキニー ]




無料アクセス解析






最終更新日  2014年01月13日 01時39分05秒
コメント(0) | コメントを書く
[Python] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.