2537213 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

傀儡師の館.Python

PR

日記/記事の投稿

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

フリーページ

プロフィール


kugutsushi

サイド自由欄

設定されていません。
2016年01月09日
XML
カテゴリ:Raspberry Pi
Raspberry Pi を使って、情報表示機能付の鏡を作ってみようかと の続き。マジックミラー(2 way mirror) を使うと、ちょっと高いので、もう少し安くできないかと、賞状用の額縁にシルバーミラーを貼り付けたらどうかと試してみた。

結論から書くと、よほど器用かつお金を節約したい人でない限りは、素直にマジックミラーを買ってしまった方がよいかもしれないということ。額縁のガラスにシルバーミラーを貼り付けたて撮った写真がこれ。



フィルムの張り方が下手だったので、あちこち気泡ができてしまった。スマホを手で持っているところなど、ブチブチになっている。加えて、鏡としては一応使えるというレベルで、白く曇った感じであまりきれいでない。とはいえ、千数百円でできるのでコスト的にはいけているかな。

とりあえずは、これをベースにやってみることにする。使い続けるようであれば、たぶんマジックミラーを買うことになると思う。

実験として、スマホを直接置いて撮ってみた。いけそうな感じ。あとは、何をどう表示するかと、固定の仕方を考えれば、なんとなくそれっぽいものが簡単にできそう。でも、スマホだとガラス越しに操作ができないから、やっぱり、Raspberry Pi とディスプレイをつけてやってみるかな。









最終更新日  2016年01月09日 20時10分51秒
コメント(0) | コメントを書く
[Raspberry Pi] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.